アルファードの乗り心地はどうよ??試乗で試しに乗ってみた!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

「アルファード」の第一印象は、全面銀歯のグリルが威圧的で、どこにいてもその“存在感”を感じずにはいられない、インパクトに残る車…かしら。

ここ数年、子育て世代を中心に、毎日の生活に便利なミニバンが広まってきました。アルファードは子育て世代だけでなく、多趣味で遊び心を持った熟年層「ヤンジー(いつまでも元気で、やんちゃな50代60代の男性のこと)」もターゲットに作られた、といわれています。

みなさんは「アルファード」と聞いて、どんなイメージを持たれますか?乗り心地はどんな感じでしょうか。一度試しに乗ってみたいと思います♪

スポンサードリンク

アルファードに乗ってみよう!乗り心地は?

この「ヤンジー」向けの、ちょっとギラっとした車に、「ヤンバー」も、おしゃべり仲間と一緒に、チャレンジしてみました。

細かいところまでの気配りが

車に乗ると、人によって運転席のシートの感じとか、背もたれの角度が微妙に違いますよね。アルファードには、乗車したときにスイッチ一つで運転席のポジションを自分仕様に設定してくれる機能、マイコンプリセット ドライビングポジションシステムという便利なシステムがついています。

そのシステムには、前後のスライド・リクライニング・シートの上下・座面前端上下・ドアミラーポジションの調節を電動で3パターンまで登録できるので、あらかじめ設定していると便利です。

もちろんサードシートまでしっかり守る7個のエアバックシステムもついているので安心です。さらにヤンバーには大敵の紫外線を前席だけでなく後席まで99%カットするガラスを全方位に採用

また広い室内なので、後席用のルーフスピーカーを17個、最適にレイアウトしています。3列目まで最高品質の音が楽しめちゃいますよ♪みんなでセレクトした曲を聴きながら、さぁ出発です!

アルファードに乗る前は、その大きさに圧倒されていましたが、想像以上に運転席が高くフロントが短いため、前が見やすい!ちょっとした優越感を味わうことができます。

スマートフォン感覚で地図画面を操作できるナビも、大きな画面で見やすく、行先設定も最新の情報で、あれ?道がない!なんて基本的なミスもありません。

開発者イチオシのシート

アルファードの製作者が徹底的にこだわったといわれる乗り心地。シートはファブリックでも厚みがあり、幅もたっぷりあるのでとてもやさしい乗り心地となっていて、ちょっとしたセレブ気分を味わえます♪ひじ掛けも必要十分で、運転中はもちろん助手席でも不満はありません。

アルファードには7人乗りと8人乗りがありますが、7人乗りの2列目のシートはセパレートタイプのキャプテンシートとなっています。

引用先:トヨタアルファード

折りたたみ式のサイドテーブルやオットマン、カップホルダーなどの装備がついていて、まるでリビングにいるような居心地です♪

引用先:トヨタアルファード

8人乗りのほうは、3人乗りのベンチシートとなっています。いろいろな装備はありませんが、シートアレンジができやすく、エアマットを敷けば車中泊もかなり快適に過ごせそうです。フルフラットシートになるので、災害時にも役に立てそうです。

アルファードは運転も楽しいですが、ひょっとしたら後ろに座る人のために作ったのでは?ゆったりと座れるグリーン車?と思えるほど、後部座席が充実しています。運転席は、じゃんけんか、くじで負けた人の席になるかもしれませんね。

ケンタ
見た目で目を引くだけでなく、乗り心地にまで力を注いだのはさすがだね。
友人
トヨタの数ある車の中でも、アルファードを社長や会長が社用車として使っているってことは、トヨタの中でもイチオシの車なんだろうね。

静かさにこだわる

パワーもあるから、街中の上り坂や赤信号からの発信や、黄色だからとまるねーなんて言ういう場面でも、なんとスムーズな動き。ギュッと発信停車するのではなく静かに動いてくれます。

また「おしゃべりヤンバー仲間」の会話も、運転手だけが話に入れない状態はなく、3列目のヤンバーとも会話ができるほどの静かな動き。「さっきの話、何だったの?」なんて、サービスエリアで聞き直す必要なしです。

さあ、バック!というときにでも、超音波センサーとカメラを使って駐車スペースを検知し、目標駐車位置を自動設定。スイッチを押すだけで適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作のみ自動でアシストしてくれます。

自動アシストのおかげでスムーズに駐車できたし、ここで運転を交替しますね。あら?エンジンスイッチ/パワースイッチをオフにしたら、運転席が降りやすいように後方へと移動したわ!なんとスムーズに降りることができるんでしょう♪

今から、先ほど説明したイチオシの後部座席で、セレブ気分を満喫しまーす。

アルファードの名前の意味と人気の秘密

アルファードとは、「星座の中で最も明るい星」を意味するギリシャ語のalpha(α)に由来する造語だそうです。そういえば、アルファードには「α」のエンブレムがついていますよね。

 

ちなみにトヨタ企業サイトを検索すると、ほかのトヨタの車の名前の由来も教えてくれて、結構楽しめますよ♪

アルファードが好まれる理由

たくさんあるミニバンの中で、お値段のする高級車のアルファードが人気なのはなぜなのか、少し調べてみました。

好まれる理由
  • 室内スペースの広さ。
  • 時間待ちのときにでも快適に過ごせる。例えばエアコンをつけっぱなしでとまっているときにでも、エンジン音が小さい。
  • 大型4ドアと比べても、まったく見劣りしない存在感。
  • 派手なデザインなので、大きな車に見える。
  • 威圧的な顔。

トヨタの役員の方は、社用車にレクサスを使われていることが多いのですが、会長と社長は広い空間であることと、移動中の打ち合わせに便利なことで、アルファードのロイヤルラウンジを使用されているそうです。

気を付けたいところ

アルファードの乗り心地は十分ですが、初めて大きな車に乗る時の注意すべき点をならべてみますと、狭い道や住宅街、駐車場のスロープを走行するときに、ミラーやバンパーなどをこすってしまわないようにする事と、立体駐車場やタワー駐車場などには、サイズオーバーで駐車できない場所もある事です。

購入の際、ご自宅で使われている駐車場にアルファードが入るかどうかの入庫寸法を確認し、狭い道のハンドルさばきは、運転技術を向上させましょうか。

アルファードについてもっと知りたい!方にはトヨタアルファードの口コミや評価は?実際の声を紹介します!!で詳しく紹介していますのでご覧になってください♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

  • アルファードはおもてなしの空間が魅力。
  • 細かいところまで設備が整っている。
  • 若い世代から熟年層までが乗りやすい仕様。
  • 安全で安心できる装備が完備。

威圧感で印象に残る車…というファーストインプレッションは吹き飛びました。まさに至れる尽くせりの仕様で、家族での旅行でも大活躍すること間違いなしのおすすめの1台です。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です