トヨタアルファードの4WDは果たして必要なのか??徹底的に調査!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

アルファードと言えば、超人気の大型ミニバンですよね。アルファードは車がおおきいので、荷物をたくさん載せてキャンプに行ったり、雪山に行ったりといろんなことができます。

よく車で遊びにいく人は山道や雪山に強い4WD(四輪駆動車)に乗っている人が多いのですが、大人気のアルファードにも4WD(四輪駆動車)があります。実際にアルファードの4WDとはどんな性能があるか気になるところですよね。燃費とかも気になる人も多いと思います。今回はアルファードの4DWについて調査してみました

スポンサードリンク
スポンサードリンク

4WDがおすすめの訳は?

4WDは、雪の多い地域の他に山道や雪道で凍った道路にも安定して走ることができるのでスキーやスノボーが趣味という方にオススメです。特にアルファードは、室内空間が広いため、車中泊ができるんです。なのでカー用品売り場などで車中泊セットを購入して家族でキャンプというのは、どうでしょうか?

友人
キャンプでふかふかのお布団じゃないと寝れないっていう人いると思います。アルファードだったらお布団ひけるくらい広いですよ。

アルファードの車中泊について詳しく知りたい方は、こちらにどうぞ☆

アルファードの4WDについての口コミは?

悪い口コミはコレ!
  • 燃費はあまり良くない。
  • 大きさもあってか、とにかく小回りは効かない。ちょっとした駐車場で困る。
  • 燃費が思った以上に悪い。平均で5.8km/Ⅼで、街乗りでも5.0km/Ⅼいかない場合がある。
  • ガソリン代がバカにならない。

アルファードって大きいので駐車場に止める時って大変なんですよね。そして何より、ガソリン代がかかるので、購入時にはよく考えて購入する必要がありそうですね。ですが、良い口コミがあることも忘れないでください!口コミをもとの紹介します。

良い口コミはコレ!
  • 以前、アルファードの2WDに乗っていたが、スキー場で、アイスバーンや、積雪で山道が登れなかった。今回は、4WDを購入したが、2WDのときよりも、安心してスキーに出かけられるようになった。(口コミより)
  • 朝に凍結・積雪することがあっても、4WDなら女性でも不安無く通勤でき、いざという時も安心。
  • 車内はとても広く、長旅もあまり疲れない。長旅によく行くが、家族が五人家族であり、荷物やサーフボードなども入れることができ、それでもまた広いので本当にいい。いろいろ収納スペースもあり、困ったことはまだない。
マイ(妻)
人や車がめったに走らない道路でヒヤッとした経験あるわよね!スリップした時や身動きがとれなくなった時に助けがないと困るけど、4WDは、雪道や泥道、凍結した道に強く、安定して走ることができて安心ね!
ケンタ
ハイブリッド仕様とガソリン仕様では、4WDの駆動方式に違いがあるみたいだけど、極端に冬の走行中の性能に開きはないみたいだ!よくスキーに行く人や、雪国に住んでいる人たちにとったら、4WD車はおすすめだな!

4WDはどいうシステムなの?2WDとは何が違うの?

車を買い替えようと思ってカタログを見た時に2WD、4WDとか書いてあるのを見たことないですか?あれって何だろうって気になりますよね。

【4WD】とは四輪駆動と言って四輪すべてが駆動する方式の名称で、エンジンが4つのタイヤに伝わり動いているので安定していて山道や雪道に適しています。4WDシステムを装着している車は、部品が多く車の重量も増えます。そしてエンジンへの負担と燃費も悪くなります。しかし最近の4WDは、進化しており燃費もよくなっているんです。最近の車は、電気自動車や自動運転といろいろ進化していてすごいですよね。

前輪駆動車の一般的な4WDシステムは、プロペラシャフトで後輪に駆動力を伝えるというものですが、アルファードのハイブリッドには「E-Four」と呼ばれる4WDシステムがすべてのグレードに設定されているんです!

「E-Four」って何?
後輪専用のモーターのことで、必要な時にこのモーターが動いて後輪を駆動させるものです!通常は前輪駆動のみで駆動していますのでモーターが動くことはありませんが、ぬれた路面などでタイヤがスリップしたときに瞬時にモーターが動いて後輪を駆動させます。 

こうしたモーターを駆動させる4WD車は、最近ハイブリッドカーで増えてきましたが、様々なメリットがあります。まずモーターを取り付けるだけですので構造が簡単な点です。そしてプロペラシャフトを取り付けると車が重くなりますが、モーターの場合そうしたデメリットがありません。

一方、4WD車としての性能はエンジン車とほとんど変わりません。そしてモーターで駆動する4WDは一般的なものに比べると性能が良くないと考えられていますが、ほとんど変わらないですね!

2WDとは?

【2WD】とは、前輪あるいは後輪どちらか二輪が駆動する方式の総称です。

機構の単純さから重量やコスト軽減がしやすく燃費の解消にも繋がる為、多くの車種で採用されていますが駆動を二輪に任せる為に、スリップのしやすさ、雨や雪道ではタイヤを取られるなど、車体の安定性には欠けてしまいます!

エンジンとタイヤの配置位置によって分類される

【FF】(フロントエンジンフロントドライブ)
前方にエンジンがあり前輪のみに駆動するタイプの車で他の形式に比べるとコンパクトに納められて、デザインに自由が生まれやすい。

【FR】(フロントエンジンリヤドライブ)
前方にエンジンがあり後輪に駆動するタイプの車で前輪は操縦、後輪は駆動とタイヤの役割をわけることによって、素直なハンドリングが生まれる為、スポーツカーなどに採用されます

【MR】(ミッドシップエンジン・リヤドライブミッドシップ)
中央にエンジンがあり後輪で駆動する車で車体の安定性がよくコーナーリングがしやすい一方で、車体中央にエンジンを置くため、車内空間が狭くなりやすい

【RR】(リヤエンジンリヤドライブ)
後方にエンジンがあり後輪に駆動します。車内空間の広さと発進・ブレーキ時の安定性が高い一方で、整備の難しさから一般車への採用は少ない

2WDにもいろんなタイプがあるんですね。エンジンが前方以外にもあるなんて初めて知りました!車を買い替えるときは駆動方式を参考にして車を選んでみるのもいいですね。

4WDと2WDの違いは何?

4WDと2WDについて上記で説明しましたがこの2つの違いを比べてみると4WDでは、エンジンが4つのタイヤに伝わって動くので安心して山道や雪道を走ることができる、一方で2WDは、スリップのしやすさから雪道には適していないことがわかります。違いは他にもあります、下はアルファード2.5Gのフルタイム4WDとFFになります。

フルタイム4WD

新車価格        4,456,080円

型式          DBA-AGH35W

全長×全幅×全高        4945×1850×1950mm

車両重量        2050kg

燃料タンク容量          65リットル

JC08モード燃費     12.0km/リットル

上記のスペック表を見ると4WDはあきらかに値段が少し高めですが山道や雪道を安定して走ることが出来るのでアウトドアによく行く家族には滑りにくい4WDがオススメです。日常のちょっとした雪の日にスタッドレスタイヤを着けるの忘れたってゆうことありますよね?そんな時でも4WDは大丈夫なんですよ!

FF

新車価格         4,206,600円

型式           DBA-AGH30W

全長×全幅×全高     4945×1850×1935mm

車両重量         1990kg

燃料タンク        75リットル

JC08モード燃費     11.6km/リットル

まとめ

  • 4WDは、部品が多く重量が増えるけど車が安定する
  • 2WDは重量が少なく燃費もいいが雪道に適していない
  • 4WDは、山道にも雪道にも最適
  • アルファードは車内が広いので荷物がたくさん乗る

アルファードの4WDは広々とした空間で足が伸ばせて長旅も快適、荷物もたくさん乗るので家族旅行とか引っ越しの多い単身の方でも幅広く乗ることができますね!

 

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ
スポンサードリンク

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です