アルファードのエグゼクティブラウンジ仕様の魅力とは??大公開!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

遠出するなら、せっかくだから自分の愛車でまったりなんて思っているケンタです。愛車で出かければ、時間も自由だし、子どもも奥さんもゆったりできるし、荷物もたくさん載せられるしで魅力満載なんですよね。

末っ子が生まれて車を買い替えたけど、やっぱり気になるのは憧れのアルファードなんです。トヨタの高級ミニバンのひとつで見た目がかっこいいんですよ!

アルファードはグレードによって仕様が変わってくるみたいなのですが、今回は最高級グレード・エグゼクティブラウンジについてまとめました。

スポンサードリンク

「エグゼクティブラウンジ」ってどういうこと?

アルファードを調べていると様々なグレードが出てくるのですが、その中でも1台700万円越えしているのが、エグゼクティブラウンジ仕様なんです。

このエグゼクティブラウンジは他のグレードではメーカーオプションとなっているような装備も標準装備している全部入りのまさに最高級グレードとなっています。

そもそも、Executive(エグゼクティブ)には、「支配人・管理人・社会的に重要な地位を有する階級にある人」といった意味があります。その意味から派生してなのか、「高級な・贅沢な」という意味でも使われます。

ちなみに、ホテルにもエグゼクティフロアというものがあって、通常と比べると、施設や設備などがワンランクアップされたフロアのことだそうです。

そして、Lounge(ラウンジ)は「ホテルなどのソファーなどを置いた社交室・休憩室」という意味があります。この2つの言葉を繋げあわせたエグゼクティブラウンジはまさにホテルのような高級さを兼ね備えた休憩室仕様なんてイメージを持っちゃいますね。

そんなExecutive Lounge(エグゼクティブラウンジ)について、TOYOTAの公式HPでは、「『劇場のロイヤルボックスがごとく空間全体で最高のおもてなしをする』をテーマに開発された」と書かれています。

そのテーマの通り、極上の心地よさを叶えた特別なセカンドシートや工芸品の味わいを持つ3D木目調パネルなどなど、数々のデザイン・快適にまつわる技術が息づいているようなんです。

エグゼクティブラウンジの最大の特徴・セカンドシート(2列目シート)

エグゼクティブラウンジの魅力といえば、まずはエグゼクティブラウンジだけに採用された特別シート・エグゼクティブラウンジシートです。もともと、エグゼクティブラウンジ仕様の最大の特徴は、左右独立タイプの最も豪華な2列目シートといわれています。

このシートの魅力や特徴を1つずつ見ていきましょう☆

エグゼクティブラウンジならではの特別なシート・エグゼクティブラウンジシート

引用元:TOYOTA 公式HP

その名の通り、このシートは座り心地と触り心地を徹底して追求した特別なシートとなっているんです。

この座席は肩口が丸みを帯びた構成となっていてそのことによってワイド感が表現されているだけでなく、他グレードに存在するセンターの通路を廃止して実際のシート座面も片側10cmづつ拡大しています。

さらに大型のひじ掛けを活かして、ゆったりと包まれるような座り心地を実現しているんです。先ほど、エグゼクティブラウンジのイメージは高級ホテルの休憩室という話をしましたが、大きくてゆったり包まれる座席はまさにその通りですよね。

そして、高級ホテルの休憩室にある座席のイメージといえば革製ではないでしょうか。この座席シートの表皮には、革本来の風合いと柔らかな肌触りを実現するために、芳香族化合物「アニリン」で染めた革に、顔料を薄く塗ったプレミアムナッパ本革を採用しているんです。

ナッパレザーとは
強くてしなやかながら滑らかな質感でモッチっとした柔らかい感触が特徴の高級レザー。アメリカのNapa(ナッパ)地域で作られていた革が語源。

このナッパ本革は顔料を多く用いて仕上げた表皮と異なり、顔料が革の呼吸を妨げないため、耐久性にも優れているそうなんです。その他、大型のひじ掛けの内側などにもソフトな素材を配置してあり、徹底して触り心地の良さを追求しています。

この巨大なひじ掛けに工芸品の味わいを持つ3D木目調パネルや金属調素材が自然と溶け込むかのように使われて入れ、ますます高級感がアップしています。ちなみに、エアロタイプのExecutive Lounge Sには、シルバー木目調/ホワイトシートの専用インテリアも設定されているんですよ。

カラーも高級さを引き出すシックなブラックと車内を明るくするベージュ色のフラクセン、シックさと明るさを兼ねそなえたブラック&ホワイトの中から指定できるので、ぐっと自分好みの高級感を作り出せちゃいますね☆

マイ(妻)
わぁ、高級ホテルのソファーに座っている気分で車に乗れるなんて、これは助手席じゃなくて後部座席に乗らなくちゃね。
ケンタ
えー、マイ~。それはないよー。僕の助手席はキミだけのものでしょ?
マイ(妻)
あなたったら…。冗談よー。

くつろぎは足の先までしっかりと!利用者の声を反映させたパワーオットマン(伸縮機構付)

このシートは座り心地がよく、高級な素材を使用していてくつろげるというだけでは物足りませんよね。くつろぐためには、足だってしっかり伸ばせてこそです。

そこをちゃんと理解した設備がパワーオットマン(伸縮機構付)です。体格の大きな方も快適に使用できるように計算して、前後方向に最大14cmも電動で伸縮するものとなっています。

従来は、電動で角度の調整ができるオットマンとフロントシート下に設置されたフットレストとの組み合わせで、ゆったりと脚を伸ばしてくつろげる姿勢を可能にしていたそうです。

しかし、「フロントシートの位置に左右されるフットレストはあまり使わない」「オットマンが短く、ふくらはぎが圧迫される」と利用者から声があったため、この声をもとにフットレストを廃止し、オットマンだけで脚を支える手法へ変更したそうです。

さらに、「脚のどの位置を支持できれば快適と感じるのか?」を実験部署と検証し、膝関節からくるぶしまでの約70%を支持することで最大限に快適性を得られることを算出したそうです。

暑さ・寒さに対していつでも快適に過ごせるベンチレーションシート&快適温熱シート

長旅で気になることの1つといえば、夏場の暑さと冬場の寒さですよね。いくらエアコンを入れていても、座席まではなかなか届かないなんてことが悩みの種だったりしませんか?

そんな悩みを解決するのが、ベンチレーションシート&快適温熱シートです。ベンチレーションシートは座席の接触面である背中や太もものあたりから爽やかな風を送り出し、夏の移動をさらに快適にしてくれるんです。

また、快適温熱シートは即温性に優れた温熱シートを採用しており、座席の肩・背中・太もものあたりにヒーターがあるんです。長時間座っていると負担のかかりやすい肩や腰、寒い日に冷えやすい太ももやふくらはぎなどの脚部に快適なぬくもりを伝えてくれるんです。

ベテランディーラー
この快適温熱シートは冷房中でも使用可能なんですよ。
マイ(妻)
あら、そうなのね!冷房って効きすぎて足とか冷えがちなことが多いから、とっても嬉しいわ♪

まるで飛行機のビジネスクラスのような設備の数々

シートの質感・サイズ・素材だけでなく、「これ、車なの!?飛行機のビジネスクラス座席なんじゃ…。」と疑いたくなるような設備の数々でが用意されています。

ひじ掛けを使っていても安心な設計の格納式テーブル

引用元:TOYOTA 公式HP

エグゼクティブラウンジシートには、タブレットや手帳が置ける大きさとして、15cm×25cmサイズの格納式スライドテーブルが設定されています。この大きさはiPad Mini(7.9インチ)のサイズが13.5cm×20.3cmなので、余裕で置けてしまう大きさですね。

iPad Air(9.7インチ)だとサイズが17cm×24cmなので、縦はちょこっとはみ出てしまいますが、それでも落としてしまったり使うのに支障が出るほどではないです。かなり使い勝手がよさそうだなとイメージできますね。

この格納式テーブルは片手で容易に取り出しと格納ができるように設計されているので、ひじ掛けに腕をのせながら使用することももちろんできちゃうわけです。

その際、テーブルアームが勢いよく倒れないよう、ダンパーという振動エネルギーを消散させて衝撃や振動の振幅を軽減する装置を設定し、安全性への配慮もされているんですよ。

ここにも工芸品の味わいを持つ3D木目調パネルや金属調素材が使われていて、高級感が出されています。

読書やゲームにも最適!読書灯(リヤ2個/LED調光機能付)&パーソナルランプ(フロント2個・リヤ4個)

車の中で読書って酔うんじゃ…なんて思いますが、最近の高速バスにも窓際の席に座るとちょっとした明かりは標準装備っといった感じですよね。そんな読書灯がまさかの乗用車に標準装備されているのがエグゼクティブラウンジなんです。

手元を優しく照らし出してくれるということで、少し暗く感じる車内でも快適に読書が楽しめますし、子どもたちが携帯ゲームで遊んでいるなんてときにも手元を明るくしてくれるので、目に優しく大活躍ですね。

また、パーソナルランプは多彩なシーンに対応しているLED仕様で、夜間でも使いやすいスイッチ照明により、暗がりでもスイッチが見つけやすくなっているんです。

さらに、3段階で光を調節することができ、間接照明のような効果をもたらすラウンジモードも設定されています。

様々な操作が手元で可能なのに目立たない・集中コントロールスイッチ(アームレスト格納式)

引用元:TOYOTA 公式HP

あれこれ機能があるということはそれだけ操作ボタンも多いということですよね。リクライニングの位置を調整するためのボタンはどこにあったっけ?なんてなっても快適さが半減してしまいます。

そんなことがないようにと集中コントロールスイッチ(アームレスト格納式)です。このコントロールスイッチでは6つのことが調整可能なんです。

集中コントロールスイッチで調整可能なこと
  • シートポジションメモリー・リターン機能(シートの位置を記憶させて移動しても戻すことができる機能)
  • リクライニング(座席の倒し具合)
  • オットマン(足を伸ばした時に使うものの位置)
  • 読書灯
  • ベンチレーションシート
  • 快適温熱シート

この集中コントロールスイッチはアームレスト格納式と括弧書きがあるように、普段はひじ掛けの中に収納されていて目立ちません

コントロールスイッチがむき出しだと、せっかくの高級感がぐっと落ちてしまいますが、さすがにその点は考慮されての設計となっています。

スマホだけじゃなく、ゲーム機もタブレットも充電可能なアクセサリーコンセント(AC100V)

充電できる場所といえばシガーソケットなんてイメージの人も多いのではないでしょうか。シガーソケットとなると、運転席のあるファーストシート(1列目のシート)にあるので、充電や電源を引くところは運転席か助手席が定番だと思います。

そのコンセントがなんとセカンドシートについているのがエグゼクティブラウンジなんです。AC100Vではありますが、ハイブリッド車は1,500W、ガソリン車は100Wとなっているようです。

ちなみに、エグゼクティブラウンジではコンセントの個数について、このセカンドシートについているものも含めてハイブリッド車は全部で5個、ガソリン車でも4個もあるんです。

〇〇でサードシート(3列目シート)にだってスムーズに乗車可能!

これだけすごいセカンドシートだと気になるのはサードシート(3列目シート)への乗車です。ゆったりくつろげるようにとセカンドシートが大きいため、サードシートへ移動する隙間がないんです。

そこで、取り付けた機能がウォークインレディスイッチです。これは、3列目席に素早くスムーズに乗降できるようシートの背もたれがワンタッチで倒れるし、前方スライドもするし、オットマンも収納されるという機能なんです。

これがあれば、車内で寝ちゃっている我が子を起こさなくて済みますし、雨の日の乗車も楽々にできますね。

スポンサードリンク

運転席や助手席のあるファーストシート(1列目シート)だって心配りがすごい!

エグゼクティブラウンジ仕様の最大の特徴は、左右独立タイプの最も豪華な2列目シートだとは言いましたが、購入者は運転することが多い人になることは間違いありません。

そんな運転席や隣の助手席が普通ではゴージャスとは言えませんよね。もちろん、運転席や助手席だって快適設計になっていますよ!

運転者には快適な環境を提供!細やかなアシスト設計

長旅で疲れるのは車に乗っている人だけじゃなく、運転者もですよね。大切な人たちを乗せているからには責任重大ですし、事故なんて起こせないからめっちゃ集中していますし…。そうなると、疲れも負担もかなりあるわけです。

じゃあ、運転を交換しようかってなると困るのはシートの位置です。毎回毎回、運転者が変わるたびに直すのも手間ですよね。そんな声を拾ってくれたかのような設計がエグゼクティブラウンジには備わっているんです。

快適な温度に手も体も調整して、運転に集中できる!

冬場の運転って暖房を入れていてもなぜか手元だけ冷えたりしませんか?かといって、手元を温めるために温風をステアリングの近くから出そうとすると、乾燥したり、温風が当たって嫌だななんてこともありますよね。

エグゼクティブラウンジにはまさにステアリングの手元だけを温めてくれるステアリングヒーターが備わっているんです。これで、冬場の運転も快適にできますね。

さらに、セカンドシートの紹介に出てきたベンチレーションシート&快適温熱シートももちろん完備されています。長く座っていると、蒸れたり、冷えたりしますからね。それを気にしなくていいのは、より快適な運転ができるというものです。

いちいち座席を直さなくてもOK!座席の移動を自動でアシスト!

運転するとき、僕は座席を少し前に移動するんですが、降りるときは後ろに下げないと降りれないんですよね。そういう時、いちいち座席を移動するのは面倒だなーって思うんです。勝手にやってくれたらななんて思うことも。

そんな僕の願望を実現してくれたのが、運転席オートスライドアウェイです。エンジンスイッチやパワースイッチのオン・オフやシートベルトの脱着をすると、座席が自動的に移動してくれるんですよ!

車から降りるときは運転席が後方へ、車に乗るときは運転席が元の位置(設定位置)へ自動的にスライドし、スムーズな乗り降りをサポートしてくれるなんて、まるで執事にサポートされているかのようですね。

そして、もう1つ手間な運転者が変わったときのシート位置の調整はマイコンプリセットドライビングポジションシステム(ポジションメモリー)がアシストしてくれるんです。

もともと、アルファードには電動で8方向に移動する「8ウェイパワーシート」が備わっていて、乗車する人の体格に合わせてシートポジションを最適な位置へスイッチ操作で簡単に調整できるようになっているので、自分にぴったりの好きな姿勢に合わせることができます。

ちなみに、運転席は前後スライド・リクライニング・シート上下・座面前端上下の調整(チルトアジャスター)が電動で無段階に行えちゃうんです。

そして、このマイコンプリセットドライビングポジションシステム(ポジションメモリー)でぴったりの姿勢を3人分記憶させることができるので、違う人が運転する時、面倒な調整がいらないんです。

ぴったりの姿勢というのは運転席のシートだけでなく、ドアミラーポジションも含まれているので、本当に面倒なことが一気に解決されますね!

助手席だって最大限に足を伸ばせちゃう!後部座席との距離も縮まって会話も広がる!?

引用元:TOYOTA 公式HP

助手席も運転席と同じで前後への移動はあまりできないんじゃ…と思っている人の常識を覆すかのような設計が、ロングスライドレールです!

このレールの採用により、助手席だって最大で116cmもスライドが可能となりました。画像のようにほぼ、セカンドシートの位置まで下がることができ、マニュアルオットマンと併用すればゆったりくつろぎながらの移動も可能なんです。

どうしてこんなスーパーロングスライドが可能なのかというと、これまで助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域を同一レール上にシートを設置したからです。

シートサイドのスライドレバーを引くことで、助手席が後方に移動しますが、フロントエリア最後端で一旦停止します。そして、再度レバーを引くことで、さらに後方への移動が可能になり、これまでセカンドシートの領域と思っていた場所まで動くのです。

もちろん、助手席も電動で前後スライド・リクライニングの調整を無段階に行えますよ。

マイ(妻)
助手席でもこんなに快適に過ごせるなら、やっぱり私はあなたの隣がいいわ。
ケンタ
マイ~!良かった。キミが隣にいてくれるから安全運転ができるんだよ。
スポンサードリンク

まとめ

  • エグゼクティブラウンジは名前のごとく、最高級のおもてなし空間を実現している
  • 最大の特徴はセカンドシートで、サイズがほかのグレードより大きく、高級ホテルに置かれているソファーのような座り心地
  • 使いやすさと快適さを追求した設備がたくさんで、サードシートへの乗車も楽ちん♪
  • もちろん、運転席や助手席も心配り満載で、快適な運転や移動を可能に!

最高級グレードというだけあって、アルファードのエグゼクティブラウンジは設備も機能も充実していて運転者も一緒に乗った人も快適に過ごせるようになっていました。

知れば知るほど欲しくなってしまうアルファードの気になる乗り心地もしっかりまとめているので、あわせて読んでくださいね!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です