アルファードの維持費はいくらかかるの?節約術も徹底解説!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

最近、トヨタの車で乗ってみたいものがあります。それが『アルファード』です!とってもかっこいいですよね♪あの、重厚感といいデザインといい憧れます。車内も広く乗り心地も最高なんだとか☆それを知ったら、ますます気になってきますよね!

今乗っているノアも愛着がありとっても気に入っているので、大事に乗っています!ですが、次の車はアルファードもいいな…。と密かに野望を抱いています♪妻のマイにはまだ内緒ですよ(汗)

そこで、大変になってくるのが車の維持ですよね。大きな車になればなるほど、維持費が高くなるイメージがあります。そこで、アルファードの維持費はどれぐらいなのか調べて見ました!これを使って妻を説得するつもりなので、徹底的に調べあげましたよ~(笑)

スポンサードリンク

アルファードの維持費はこれだけかかる!

引用:TOYOTA公式HP

車の維持費って何が必要か皆さんご存知ですか?結構ややこしいんですよね(汗)今となっては慣れてきたので、理解もできるようになってきましたが、初めて車を買ってときは「こんなにかかるの!?」「これもいるの!?」とアタフタしていたのを覚えています(笑)

では、車を維持するにはどんな出費があるのでしょうか?

車を維持に必要な出費
  1. 車本体のお金(ローン)
  2. 保険(任意保険)
  3. 自動車税(税金)
  4. 車検代
  5. ガソリン代
  6. メンテナンス代(タイヤやオイルなどの消耗品)
  7. 駐車場代
ベテランディーラー
もっと細かくすると【高速道路代】などもかかってきます。綺麗に良い状態で長く乗りたいなら【洗車代】なども考えられます。

だいたい維持するのには、これぐらい必要ではないでしょうか。駐車場代は必要な人もいれば、自分の家の敷地内に停めれれば必要ない人もおられます。

車を使ってお出かけするなら、ディーラーさんの言う通り【高速道路代】など細かいところもかかってきますよね。では、アルファードはどれぐらいの維持費がかかるのでしょうか?はっきりした数字が知りたいですよね☆

そこでアルファードの売れ筋グレードを例にあげて見ていきましょう!

アルファード 2.5 scパッケージ(ガソリン 2WD)の年間維持費

【自動車税】

  • 45,000円

【保険(任意保険)】

  • 87,800円

《条件》[年齢]30歳以上[等級]20等級[免許種類]ゴールド[走行距離]年間11,000㎞[運転者限定]家族限定[運転者年齢限定]30歳以上[対人・対物]無制限[車両保険]つける

【車検代】

  • 約150,000円

【ガソリン代】

  • 約155,000円

《条件》[年間走行距離]11,000㎞[価格]150円/L[平均実燃費]9.7㎞/L

【メンテナンス代】

  • 約100,000円

【駐車場代】

  • 8,200円(全国平均)

ーーーーーーーーーーーーー

合計546,000円

【月々の維持費】

約46,000円

※細い条件も表記していますが、どの項目も少し多めに出しています。

ベテランディーラー
アルファード2.5scパッケージは、必要な装備がほぼ標準装備されており、エアロボディやエグゼクティブパワーシート、内装など人気の高い高級感あふれるものになっているため、売れ筋となっている様です。また、人気グレードなので乗り換えの際は高く売れる事もあり、買取相場は376万円だそうですよ。綺麗に乗れば乗るほど、高く売れる可能性がありますね。

せっかくアルファードに乗るならある程度の装備は欲しいし、高級感だって欲しいですよね!ちょうどいいとこ取りをして、なおかつ頑張れば手が届きそうな金額で、乗り換えの際は高く売れるとなれば売れ筋なのは納得です。

ですが、年間546,000円の月々約5万円の維持費…しかもここに、車本体のお金が加わってきます。そう思うと、維持が難しくて結局手放すことになりそうですよね。

しかし、諦めるのはまだ早いですよ!アルファードにもリーズナブルなグレードがあるんです♪それが、アルファードXシリーズです☆他のグレードに比べると、大きくて100万ほどの差があるようです。(グレードの詳しい内容については、また別の記事で紹介しますね!)

ケンタ
そうすると、月々の支払いがかわってくるな!それに、車検代や税金とかは年単位で必要になってくるから上手くやりくりすればいけるかも☆
ベテランディーラー
やりくりするのは、奥様なのでは…(汗)確かに、ケンタ様の言うように車検は2年に1回行い、税金は1年に1回必要になります。車検代は次の車検までにボーナスの一部などを貯金したり、少しずつ貯めて足りない分を月々の支払いにプラスするやり方もありますね。

本当に維持費はこんなにかかるの?

例に挙げて細かい設定条件も表記してみましたが実は、はっきりここまでかかります!とは言い切れないんです(汗)その理由は、保険料は乗る人の条件によって変わってきますし、ガソリン代もその都度変わってきます。細かいところで違ってくるので、維持費は人それぞれで違うんです!

「ん?」とクエスチョンマークが出てきそうですよね(笑)僕も初めて車を買った時はそうなりました。そこで、簡単に各維持費の内容を説明していきますね☆

車の本体代

  • 車の本体代に関しては、ディーラーさんとの値引き交渉や頭金をどれだけ払うかなどによって月々の支払いが変わってきます。
  • 残価設定プランや、残額据え置き払いなどローンを組むプランや、ローンをどこで組むかでも変わってきます。
ケンタ
付き合いの長いディーラーさんや、ベテランのディーラーさんだと購入価格の端数を無くしてくれたり、大幅に値引きをしてくれます。噂によると、ディーラーの裏事情があるとかないとか…。そのところどうなんですかね?
ベテランディーラー
……。お客様により快適に、より楽しくお車に乗っていただけるよう、提案させていただいております。(汗)

自動車税

自動車に関する税金は大きく分けると5つあります。

  1. 自動車所得税
  2. 自動車税(軽自動車税)
  3. 自動車重量税
  4. 消費税
  5. ガソリン税

1番は購入時にかかる税金で、1度払ってしまえば次の車を購入するまでかからない税金です。なので、車を持ち続ける限りかかる税金ではないので省略しています。

4番の消費税はどこにでもかかっているので、もうわかりますよね(笑)5番は給油にかかる税金で、給油をしたら払っているお金です。この2つはその都度払っているのでここの計算には入れません。

ケンタ
という事は、2・3番の自動車税と自動車重量税が維持する上で必要な税金って事になるね!

この自動車税、アルファードの場合だと2,500cc以下になるので45,000円毎年かかります。重量税は、2010kgなので25,000円車検の際にかかります。

詳しくは、「ヴェルファイアの税金を決めるには排気量!?かかる金額とは??」で、税金のことを紹介しているので参考にしてみてください☆

自動車保険(任意保険)

この自動車保険には、2種類あります。それが自賠責保険任意保険です。

保険の内容

【自賠責保険】

  • 自動車損害賠償保障法によって加入が義務付けられている保険で、全ての自動車が加入しなければなりません。そのため、「強制保険」とも呼ばれています。
  • 交通事故の被害者に対する最低限の救済をおもな目的とする保険です。そのため、保証範囲や補償額にかなり限定されています。
  • 保証内容はどの保険会社で見ても同じです。なので、保険料も変わりません。

《支払うタイミング》

新車購入時は新車代と合わせて支払い、それ以降は車検の時に支払う決まりになっています。

【任意保険】

  • 自賠責保険ではカバーしきれないところを、保証してくれます。
  • 幅広い保証内容になっているので保険会社で、保証範囲や内容、保険料も大きく変わってきます。

《支払うタイミング》

掛け金を一括で払うか、月々で払うかのどちらかになります。

※自賠責保険については、この後の車検代のところで説明します!

保険料は乗る人によって料金が変わると言いましたが、簡単に言うとその人が事故をおこすリスクが高いか、低いかによって掛け金が変わってきます。

このリスクの高い低いを保険では『等級』で表しています。1等級〜20等級まであり、1年間保険を使うような事故を起こさなければ等級が上がります。

等級が高ければ高いほど、事故を起こすリスクが少ないと判断され保険料も安くなります。20等級になれば、63%の割引が受けられるんです。10,000円が3,700円になるんですよ☆これは大きいですよね!

他にも、保険適用の対象者を自分だけか家族全員にするか、年齢によっても変わってくるので保険料に関しては、その家族や個人で大きく変わってきます。

車検代

車検の費用には、業者に払う車検基本料国や保険会社に払う法定費用の2つに分かれます。

車検基本料
  • 車検の際、業者に払う料金なの車検を受ける業者によって大きく値段が変わります。
  • 点検・整備費用や代行手数料などからなっています。

車検代を大きく変えてしまう1つに車検基本料が入ります。業者でどれぐらい差があるのでしょうか?

  • ディーラーにお願いする場合:約4~10万円
  • 車検専門店や民間の整備工場:約2万5千~8万円程
  • ガソリンスタンドや車用品店で受ける場合:約2~7万円
  • 代行にお願いする場合:約1~3万円
  • ユーザー車検の場合:0円
補足【ユーザー車検とは?】
車の持ち主が自分で車検を行うことです。「セルフ車検」とも言われます。

運輸支局や車検場に自分で持っていき、職員さんの指示に従いながら点検を行っていきます。自分で点検を行うので基本料金はかかりません。

このように、どこで車検を受けるかによって差が出てきます。1番安心できるのはディーラーさんですが、ここまで差があるとちょっと考えてしまいますね。

それに、こんなにたくさん車検を受ける方法だあるなんてびっくりですよね!料金にもここまでの差があると悩んでしまうし、ややこしくなるのも頷けます(汗)

法定費用
  • 車の種類に応じて金額が決まっており、法定費用はどこの業者で車検を受けても金額は変わりません。
  • 自賠責保険料・自動車重量税・検査手数料(印紙代)の3つをまとめて法定費用と呼ばれており、車の重量やエコカーであるかにより金額に大きな違いがあります

法定費用の料金はどこで受けても変わらないのですが、車の種類によって値段が変わってくるので、把握しておくことをオススメします!

車を買った時にたくさん書類の入ったケースをもらいますよね。車検証とか入っているあれです(笑)あの中に【自賠責保険証明書】が入っています。そこに保険料が記載してあります!もし、料金がわからなくなったらここを確認するといいですよ☆

重量税は、税金の項目で説明した通りで車の重さで変わってきます。こちらも車検証に【車両重量】と重さが記載されており、ここを見て重量税を割り出します。

検査手数料とは、印紙代とも言われ手続きを行う際に支払う手数料のことです!役所とかで、住民票や戸籍謄本などを発行してもらうとき、お金をはらいますよね。あれと同じ感覚です!これもだいたい料金は決まっており、普通乗用車だと1,800円程です。

ケンタ
車検の相場は、だいたい10〜15万と聞いたことがあるけどそうなんですか?
ベテランディーラー
はい。それぐらいになります。ですが、例外もございます。それは、古い車走行距離の長い車です。古い車については、13年以上経つと自動車重量が高くなり、また18年以上となると更に高くなります。そして走行距離が10万キロを超えると部品交換が増えてくるため、どうしてもその分高額になってしまいます。

オイル交換やワイパーの交換などで、料金がまた変わってしまうので注意が必要です。僕も部品交換を行った時は15万近くまで行きました。この時はびっくりしましたよ(汗)「なんでこんなにかかるの!」と焦りました。

もし、聞けるのであれば事前にどれくらいかかるのかなど聞くのもいいと思います。ベテランの方だと、この車でこれくらいの距離を走るとこの部品の交換が必要など、知識や情報が豊富なので教えてくれますよ♪

ガソリン代

ガソリン代は、皆さんもご存知の通り日によって値段が変わります。また、運転する人の癖や乗り方で燃費が違います。燃費が変わってくると、月々のガソリン代もかわってきてしまいます。

日産のe-POWERのような電気自動車でも、ガソリン代は変わってきます。ここも、個人差が出てくるところですね!

ちなみに、季節によっても燃費は変わります。どの季節が1番燃費が悪いと思いますか?実は冬なんです☆次に夏が燃費が悪くなります。逆に燃費のいい季節が、春と秋という事ですね。

ケンタ
これは知ってるよ!冬は車内を暖めるのにエアコンをつけるのと、寒すぎてエンジンの動きが悪くなるからなんだよね。正座をしていて痺れた足でいきなり自転車を漕いで!っていわれても思うように動かないのと同じで、エンジンの回転が悪いと暖めよう動かそうとしてエネルギー、つまりガソリンを使ってしまうんだ。
ベテランディーラー
その通りでございます。夏場もエアコンをつけるといっても、窓を開けてからつけると車内はすぐに冷えますからね。それにエンジンも冷えないので回転もいい状態ですからね。

メンテナンス代

メンテナンス代とは、車を綺麗に長持ちさせるために必要な維持費です。メンテナンスの項目はたくさんありますが、中でも重要なのが【エンジンオイル】【オイルフィルター】【タイヤ】の3つの交換は非常に重要になります。

心臓に病気がある人に走れ!なんて言えませんよね。砂利道を裸足で走れませんよね。この3つはそういう事なんです。エンジンオイル・オイルフィルターはエンジンをいい状態に保ってくれるものです。タイヤは車の足になります。足元が悪かったら走りに影響するのはわかりますよね。

なので、これらのメンテナンスを怠ると、燃費が悪くなったり、タイヤに至ってはスリップしたりして大きな事故にもつな繋がります。

この交換時期も、よく乗る人ほど速くなってしまいます。また、ディーラーさんに頼むとどうしても高くなります。なので、どこで部品交換をしてもらうかで料金も変わってきます。

駐車場代

車を所有するのに【車庫証明】が必要になります。これが無いと車を買うことができません。なので必ず駐車場代が必要になってきます。もちろん、自分の家に駐車スペースがある人はかかりません。

もし、駐車場代が必要になるとどれくらいなのでしょう?実はこれ、その土地で値段が変わってくるんですよね(汗)立地のいい場所だったりするとお値段が上がります。マンションを借りる時も、使う人は駐車場代が家賃に含まれますよね。

ちなみに、全国の駐車場料金平均は8,000円だそうですよ!これを知った時結構かかるんだなぁと思っちゃいました(汗)

ちょっと各説明が長くなってしまいましたが、このように維持費はその人の条件車の状態土地柄などで少しづつ変わってきます。なので、全く同じアルファード2.5scパッケージの車を持っていても維持費の差が大きくなったりする可能性もあります。

ケンタ
もしかすると、高くなる可能性もあるのか…。車の維持を優先して、奥さんに無理をさせるぐらいなら別の車にしようかな…。アルファードは諦めるべきなのかな…
ベテランディーラー
私どもも、なるべく負担が軽減されるように提案はさせていただきます。ですが、無理をされるぐらいならご提案はできませんし、審査にも引っかかるでしょう。何より私どもの願いは、私どもがご提案・販売した車で楽しく、快適に、幸せな生活を送るアイテムの1つになればと思っております。
スポンサードリンク

アルファードの維持費節約法はこれ!

無理に購入をして、維持ができなくなり結局手放すことになったらもったいないですよね。それに、乗りたくて購入したのだから少々無理をしてでも…と考えてしまいますよね。

ですがもし、それで奥さんの負担が大きくなりケンカが増えてしまったら?あり得ない話ではないですよね。やっぱり、諦めるほかないのでしょうか…。

新人ディーラー
ちょっと待ってください!僕なりに、維持費の節約方法がないか調べてみました☆これを見てから判断しても遅くはないと思いますよ!

まず、税金関係は決まっているので節約することはできません。では、それ以外で節約できるところはというと…

  1. 保険(任意保険)
  2. 車検代
  3. ガソリン代
  4. メンテナンス代(タイヤやオイルなどの消耗品)

この4つは上手くすれば節約できるかもしれません!どんな方法があるのか見ていきましょう♪

その1「保険(任意保険)を見直し・比較する」

各維持費の説明でもしましたが、保険は【年齢】【等級】【車両保険の有無】などいろいろな条件で変わってきます。年齢が若いうちは、等級も低いのでどうしても高くなってしまいがちです。

新人ディーラー
だからこそ、もしもの時に安心できるので大事なことなんですよ!

では、どのように節約するのかというと見直しや他社と比較することです!保険の等級は無事故なら毎年上がっていきます。なので、できれば年に1度は見直しを行いましょう。

乗り換えを検討されているのであれば、いろんな保険会社と比較してみましょう!つまり、一括見積もりをするのです。そうすると、同じ条件でも大きな差があったりします。インターネットから申し込めば、インターネット割引なんかもあってさらにお得です☆

条件によって変わってくるので、どれほど差が出るのかはっきりは言えませんが、大きい人で年間の保険料が半分近く安くなった人もおられたとか。

今回のアルファード2.5scパッケージの例で考えると、87,800円→43,900円になります。もしこの値段になれば一括で支払うことが可能ですよね!

新人ディーラー
手数料などの関係で、月払いと一括払いとでは年間5%〜10%程の差がでてきてしまいます。もし、一括で払える額ならばここでも節約することができ、月々の支払いも安くなってきます!
ベテランディーラー
ネット自動車保険、通信型などと呼ばれており、以前は事故対応がイマイチと噂がありましたが、今は利用者が増えて質もどんどん上がっております。事故対応もしっかりしてきたそうです。ですが、メリットがあればデメリットもあります。何にでも言えることですが、デメリットが自分に不都合なのに「安いから」で決めないでくださいね。この任意保険は、いざという時のものです。備えあれば憂いなしですよ。

何が必要なのかしっかり把握して、保険選びを行うことが大切ですね!保険の見積もりは「保険スクエアbang」が他社と一括で見積もりできます。一度試してみてください☆

その2「状況に応じて車検を受ける場所を考える」

車検も各維持費の説明で出てきましたが、受ける場所によって値段が大きく変わってきます!同じ内容ですが、もう一度載せておきますね。

車検基本料の相場
  • ディーラーにお願いする場合:約4~10万円
  • 車検専門店や民間の整備工場:約2万5千~8万円程
  • ガソリンスタンドや車用品店で受ける場合:約2~7万円
  • 代行にお願いする場合:約1~3万円
  • ユーザー車検の場合:0円

このように、これだけの差があるので受ける場所を変えれば節約できます。もちろんメリット・デメリットがありますよ!

ディーラーで車検を受ければ、料金は高くなりますが車検中は代車を無料で貸してくれたり、自分の車にとても詳しい人が点検してくれるので安心ですよね!

それに「次の車検はいつですよ」とお知らせが来たり、丁寧なディーラーさんなら「そろそろこんな事でお困りではないですか?」と聞いてくれたりもするので、アフターフォローが充実しています☆

1番お金のかからないユーザー車検は、いくら工場の人が手伝ってくれるとは言え自分で行うのには不安があります。それに車検合格の手続きも自分で行わなければいけません。

平日に時間を作ったりと、結構手間がかかります。「車検があるので会社休みます。」とは言いにくいですもんね(汗)

でも、車をいじる事が好きな方はいいかもしれませんね!それに、安くすみます。ここはかなり大きいですよ。1番高いものだと10万近く差が出てきますからね!

その3「カードを使ってガソリン代を安くする」

まず、ガソリン代を節約するのに重要なことは「燃費を良くすること」なんです。そのために出来る事をまとめてみました!

燃費を良くする方法
  • 無駄なアイドリング
  • 急発進、急加速を控える
  • タイヤの空気圧を適正にしておく
  • オイル交換サイクルを守って燃費の悪化を防ぐ
  • 無駄な荷物を載せないでクルマを軽くしておく

これは皆さん知っておられる事だと思います!今回、紹介したいのは「ガソリン代をクレジットで払うことで値引きが受けられるサービス」なんです☆どれだけの割引を受けれるのかというと、リッター3円〜5円値引きしてもらえます。

そこに、ポイントも付いてくるのでそれで支払いもする事もできます。満タン30リッター入る車で、5円の値引きが受けられると150円浮きます。仮に月3回給油しいた場合、450円浮いてくるんです!

年間に置き換えると、5,400円節約できます☆5,000円も浮いてくるのはとても大きいですよね♪

新人ディーラー
よく使うガソリンスタンドを確認してみてください!もし楽天やイオン、dカードなどのクレジットならそれぞれのポイントもつくので、それぞれのお店で溜まったポイントを使ってお買い物もできます☆

その4「通販などを使ってメンテナンス代を抑える」

車にも消耗品がありますよね。それらを毎回、ディーラーやカーショップに持っていくと結構な金額になってしまいます。では、どうすれば節約できるのでしょうか?

それは、自分でできる部品交換は自分で行い、部品も自分で調達できるもは自分で買う事です☆例えば、タイヤ交換は大変ではありますが自分でできますよね。ワイパーのゴム交換も自分でできます。

今では、Amazonや楽天などの通販サイトでカー用品も充実しています。良いものたくさんあります。ディーラーに頼むと、どうしても純正品になるのでお値段が上がってしまうのでうまく通販を利用する方がお得な事もありまよ☆

ケンタ
これは客とディーラーの信頼関係というか、関係性が大きく関わってくる事だけど、自分で調達した部品をディーラーさんに頼んで付けてもらうんだ。この時に「工賃無しでお願いします!」と頼むのもありだよね。僕はよくこれをやるんだ♪
ベテランディーラー
ケンタ様は初めてお車を買われた時からお世話になっているお客様なので、こちらとしてもできるサービスはしていきたいと思っております。

他のメーカーでもあると思うのですが、トヨタにもメンテナンスパックがあり車の購入時にお金を払うと1ヶ月点検や6ヶ月点検が無料になったり、オイル交換が何回分か無料になったりするメンテナンスのプランみたいなものです!

このプランは、お店によって違うのでディーラーさんに詳しく聞いて検討するのも、節約になるかもしれません☆

新人ディーラー
メンテナンスパック絡みのお得情報として、車体の値引き交渉の際に「メンテナンスパックを無料でつけて」と交渉する事も可能です!そうすると、オイル交換のメンテナンス代も数回分は浮いてきますよね!

他にも細かいところだと、高速道路ではETCを使えば【ETC割引】が受けられ、駐車場代は安いところを見つけられれば安くすみます!ですが、駐車場はあまり遠すぎると不便になるので気をつけてくださいね(汗)

ベテランディーラー
いかがだったでしょうか?新人の説明だったので至らないところがたくさんあったと思いますがご了承ください。新人の指導者としてフォローを1つ。いくら節約したいからと、値段だけで判断されるのはお気をつけください。何事にもデメリットがございます。そこの判断をお間違えないようお願い申し上げます。
ケンタ
とても参考になりました!もう一度いろいろと見直してから考えようとう思います☆それに、この節約術は今からでも実践できるからやってみてから判断するのもありだね!
スポンサードリンク

まとめ

  • 例をあげて見てみましたが、アルファード維持費はだいたい55万ほどかかる。
  • 維持費は人それぞれなので、高くなったり比較的やすくなったりする。
  • 保険料は特に個人差が出やすい。
  • 維持費の節約できるものは、保険料・車検代・ガソリン代・メンテナンス代の4つがある。

車の維持はとっても大変ですよね。わからない事もたくさんあります。そんな時は、詳しい人に聞くかディーラーさんに聞いてみるのもいいと思います。それでもし、自分の利益ばかりを優先するようならお店を変えてもいいと僕は思います。それぐらいの、高価な買い物なんですから!

もちろん、お客様は神様なんかじゃありませんよ(笑)ただ、ディーラーさんと良い信頼関係ができるとお得な事がたくさんありますからね☆気の合うディーラーさんを見つける事も、節約の1つになるかもしれません☆

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です