アルファードのサイズは正に規格外!車体も本当にビッグなの?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さんは車を購入するときの基準ってありますか?例えば車体価格や車の性能、燃費、デザインとか人によって優先順位が違うと思います。家族で乗るのか、独身なのか、子供がいる等、家族構成でもどの車種を選ぶかが違ってきますよね。

僕は子供もいるので大きいサイズの車がいいと思っているんです。その方が車内でも家族でゆっくりくつろげますし、長距離のドライブでも何となく疲れない気がするんですよ。今、僕が購入を検討しているのはアルファードです。

アルファードの広々した空間は実際どれくらいのサイズか知りたいのとサイズからくる気になる点をまとめましたので紹介していきます♪

スポンサードリンク

アルファードのサイズはどれくらい?

 

View this post on Instagram

 

加工したらカタログみたいになった🤔 カッコ良し‼️ #アルファード #アルファード30後期 #アルファード30

嘉寿-YoshI-さん(@yoshitares)がシェアした投稿 –


アルファードって遠くから見てもカッコいいですよね。対向車がアルファードだったら思わずよけちゃいそうになってしまいます。そんなアルファードですが、現在販売中の新型アルファードのサイズを調べてみました!

新型アルファードのサイズ
  • ボディサイズ【全長×全幅×全高】     4,950×1,850×1,935㎜
  • ホイールベース              3,000㎜
  • 室内長×室内×室内高          3,210×1,590×1,400㎜
  • 最大乗車定員               7名
  • 最小回転半径               5.8m

数字だけではわかりにくいですが、画像を見るとまるで突進してくるかのような威圧感とカッコよさがありますよね。男性ならデカい車に乗りたくなりませんか?家族もきっと喜んでくれると思いますよ!運転するだけで至福の時を味わえそうです。

アルファードのサイズはトヨタ人気のミニバンとどう違う?

トヨタのミニバンはどのサイズも大人気です。家族連れなら広々とした車内で長旅でも疲れない車種ばかりです。アルファードは他の車種よりも車体価格が高いこともあって、上品なイメージがあります。

そんなアルファードのサイズは人気のミニバンとどれくらいサイズが違うのかまとめてみました。

トヨタの人気ミニバン一覧
  • アルファード
  • エスティマ
  • ノア
  • ヴェルファイア
  • ヴォクシー
  • シエンタ

トヨタのミニバンだけでも種類が多く、悩んでしまいますね!ファミリーカーといえば今やミニバンの時代ですからどの車種も非常に人気があります。アルファード推しの私ですが、どの車種も個性的でできればすべて試乗してみたいな♪と思っています。

それではアルファードとトヨタ人気ミニバンとのサイズはどう違うのか、車種ごとに違いを紹介していきますね!

エスティマのサイズ
  • ボディサイズ【全長×全幅×全高】     4,820×1,810×1,760㎜
  • ホイールベース              2,950㎜
  • 室内長×室内×室内高          3,010×1,580×1,255㎜
  • 最大乗車定員               7名
  • 最小回転半径               5.7m

アルファードは車高が175mmエスティマより高くなっています。わずかコミック本程度の車高の違いですが、見た目ではアルファードの方が大きく見えませんか?アルファードは実際に車高が高い割には空気抵抗が少なく、エスティマとの燃費もさほど変わりません。

車内の広さもアルファードの方がスペースが広く、4人家族であれば十分な広さですね。バーベキューや温泉に出かける時なんかは荷物ケースが入りますし、帰宅時のお土産も問題なく収納できます。

ノアのサイズ
  • ボディサイズ【全長×全幅×全高】     4,695×1,695×1,825㎜
  • ホイールベース             2,850㎜
  • 室内長×室内×室内高          2,930×1,540×1,400㎜
  • 最大乗車定員               7名
  • 最小回転半径               5.5m

ノアも家族乗りには持ってこいの人気ミニバンです。アルファードとの違いはやはりそのサイズ感ですね。全長でも255mmも広いアルファードの方が乗り心地は優れています。アルファードはその広さから来る安心感があるので、長距離の旅行でも全く疲れを感じさせません!

ノアはトヨタミニバンの中でも大衆車といえる存在かと思います。ノアはアルファードに比べて小回りも効くので、狭い住宅地やお子様の送り迎えといった短い距離での走行時には安心して運転できます♪

ヴェルファイアのサイズ
  • ボディサイズ【全長×全幅×全高】     4,935×1,850×1,950㎜
  • ホイールベース             3,000㎜
  • 室内長×室内×室内高          3,210×1,590×1,400㎜
  • 最大乗車定員               7名
  • 最小回転半径               5.8m

ヴェルファイアはアルファードと兄弟車という事もあって、どちらが兄かわからないほど(笑)デカいですね!サイズはアルファードとほぼ変わらないないのでどっちがいいか、サイズで選ぶと迷います。

細かい点をいいうとアルファードが全長がヴェルファイヤより15mm長く、車高はアルファードの方がヴェルファイアより15mm低いという設計です。自分で書いていて、余計にややこしくなりました(汗)

もちろん、外観はアルファードとヴェルファイアは違いますので好みの方を選べばいいのかなと思います。ちなみに車内の広さもほぼ変わりませんので、ゆったりくつろいで運転できるのもほぼ同じですね。

ヴォクシーのサイズ
  • ボディサイズ【全長×全幅×全高】     4,595×1,695×1,825㎜
  • ホイールベース             2,825㎜
  • 室内長×室内×室内高          2,930×1,540×1,400㎜
  • 最大乗車定員               7名
  • 最小回転半径               5.5m

トヨタのミニバンの中で人気No.1を誇るのがヴォクシーです。その魅力はミニバンでありながら、高性能でアルファードよりも低価格な点ですね。さらにヴォクシーは最小回転半径が5.5mで小回りが利くので街乗りにはピッタリです。

しかし、アルファードの特徴はそのデカさにあります!ヴォクシーと比較しても全長で355㎜も違いますから、外観の迫力にはインパクトがあります。車高もヴォクシーよりも110㎜高いので僕がアルファードの後ろにいても気づかないかもしれないですね(笑)

シエンタのサイズ
  • ボディサイズ【全長×全幅×全高】     4,260×1,695×1,675㎜
  • ホイールベース             2,750㎜
  • 室内長×室内×室内高          2,535×1,470×1,280㎜
  • 最大乗車定員               7名
  • 最小回転半径               5.2m

シエンタはテレビCMでもバンバン流れているトヨタの人気ミニバンです。ミニバン欲しいけど価格が…という方にはオススメの車種ですね。家族4人なら十分な広さで、荷物もたっぷり入る車内設計となっています。

やはり車体サイズはアルファードが断然の大きさですね。全長ではシエンタよりも690㎜も違います!約70㎝というと、男性のビニール傘が70cmほどありますからかなりの広さです。高級感と安定感を兼ね備えているのがアルファードです♪

高速道路を走行する時なんかはアルファードの迫力からカッコよさは満点ですよ!あっ、僕がアルファードを見た時の感想です。しっかり前を見て運転しないと危ないですね(汗)皆さんも安全運転には気をつけましょう(笑)

スポンサードリンク

アルファードのサイズで車庫入れは大変?実際はどうなの?

繰り返しますがアルファードのサイズは全長4,950mmのビッグサイズです。この車体の長さは外国車にも引けをとりません。大きい、見栄えがするアルファードでスイスイ運転したい!と思っている僕なんですが一つ不安材料があります(汗)

ココだけの話、車庫入れが苦手なんです。免許を取って初めて購入したクルマで車庫入れするのにどれだけハンドルを切って入れた事か、数知れません。しかもアルファードのサイズじゃなく、普通車でですよ!

アルファードに憧れる反面、せっかくの愛車をこすったらどうしようと思ったのでアルファードの車庫入れは大丈夫か、調査しました。

一般的な駐車場の広さは?

駐車場の広さは地方自治体によってスペースが異なるようです。調べてみると一般的な駐車場の広さはコチラになります。

駐車場スペースとアルファードのサイズをおさらい
  • 駐車スペースの基準    幅:2.3m以上  奥行:5.0m以上  車路幅:5.0m以上
  • アルファードのサイズ  全幅:1,850㎜  全長:4,950㎜
  • 奥行:5.0m以上
  • 車路幅:5.0m

ちなみに車路幅とは駐車場内の通路幅の事で車と車がすれ違う幅がどれくらいか、の事です。アルファードの奥行、つまり全長は4,950㎜なので奥行とはわずか50㎜しかありませんね(汗)さすがにデカすぎます!

駐車場の白線で囲っている部分をみたら「これがアルファードのサイズかぁ」と思ったらわかりやすいかもしれません。奥行はほぼ余裕がないまでバック駐車する時にはクルマ止めまでピッタリくっつける必要があります

少しでも余裕を残してしまうとリア部分が前にはみ出してしまい、他の車の邪魔になるか、最悪擦られてしまうので注意しましょう!

バック駐車でも安心!女性でも楽勝で駐車できる機能を搭載!

僕はバック駐車が苦手んなんです。ましてや高級車のアルファードをガガガッて擦りたくないですよね!サイズが超大きいアルファードを簡単に車庫入れできるか、不安なのでその辺りも調べてみました。

アルファードを楽勝に車庫入れ出来る装備
  • インテリジェントパーキングアシスト
  • クリアランスソナー

インテリジェントパーキングアシスト機能があれば余裕で駐車できます!

インテリジェントパーキングアシストは名前からして賢そうな感じですが、僕のような駐車が苦手な方には神のような機能なんですよ!

動画確認されました?なんと駐車スペースに勝手に誘導されるがまま、動いていますよね?アルファードはカッコいいいけど、駐車場止めるの苦手だなという方のために研究されたのがインテリジェントパーキングアシスト機能なんです。

ミニバンにはほぼバックカメラが必須ですが、そのさらに上を行っていますね。これなら女性でも安心してスーパーのお買い物でも駐車できますよ♪

アクセルとブレーキを踏み間違えない!クリアランスソナー内臓でもう大丈夫♪

クリアランスソナー?耳慣れない言葉ですが、言い換えるとパーキングサポートブレーキの事です。うーん、まだわかりにくいですね。最近毎日のようにニュースで流れていませんか?高齢のドライバーが運転する車がコンビニやお店に突っ込んだっていう話がありますよね?

大きな雷のような音をしてコンビニのレジに突っ込む!という事故が多発しています。その原因のほとんどがアクセルとブレーキの踏みまちがいから起こるものなんです。自分では意識していないところが怖いですよね。

クルマに乗っていたら誰にでも起こりうるこの事故ですが、その点アルファードは安心なんです。このクリアランスソナーが搭載されているので、障害物が急激に近付いてきた時、自動的にブレーキがかかります。

この機能のおかげで、万が一の衝突を避ける事ができます。アルファードは車載センサーを前後8つにすることで視認できない箇所もしっかりカバーしてくれています!アルファードで7人も乗っていたら後ろが見えないよ~となりますがこの2つの機能で安心して駐車できますよ♪

アルファードのサイズでビビる事はない!通常運転時でも安心です♪

ミニバンの中でもビッグサイズのアルファードですが、車高が高く、車幅も目いっぱい取っているので運転中も対向車や左ハンドルを切る時ぶつからないか、気になりますよね。

でも安心してください。さすが日本の誇るトヨタが開発したアルファードです!安全装備をしっかり備えてあります♪

前方左右も安全機能搭載
  • 高速道路で威力を発揮するレーンモニタリングシステム
  • 見通しが悪くてもサポートするブラインドコーナーモニター
  • 左前方に補助ミラー搭載
  • フロント、サイドガラスもビッグサイズなので視界は良好

高速道路で威力を発揮する!レーンモニタリングシステム

高速道路では時速100km前後で走行しますよね。アルファードは車幅が広いため、並行走行の車との車間が気になりませんか?接触でもしたら、ぶつかって危険どころか、命にもかかわる重大事故にもなりかねません。

それを一足早く危険を察知するのがレーンモニタリングシステムです。このシステムはバックカメラで白線を検知し、ラインに近づくとセンサーが反応して、警告音を鳴らすとんでもない優れものなんです。

長距離の運転で眠くなってしまい、運転がふらついた時も白線をはみ出さないように指示してくれます!このシステムのおかげでアルファードのサイズでも安心して高速道路を走る事が可能ですよ♪

見通しが悪くても完全サポート!ブラインドコーナーモニター

アルファ―ドは目線が高いミニバンなので、ボディ周りには多数視認できない箇所があります。特に前方左右は見えにくいです。歩行車が急に飛び出してくるかもしれません。そんな時にサポートしてくれるのがブラインドコーナーモニターです。

視認できない部分の前方を180度に渡ってモニターで確認する事ができちゃいます!狭い路地から出てくるときは歩道を横切る時には目視しつつ、モニターで見えない場所もわかるので非常に重宝しますよ♪

左前方の補助ミラーで運転席側から見えづらい部分をカバー

運転席側からだと助手席側って見えにくいですよね?特に左前方は距離感がつかめず、見づらいのですが補助ミラーのおかげで車幅の確認が可能です!この補助ミラーを活用すれば、しっかりとボンネットの先端が目視で確認できる役割をはたしてくれますよ☆

補助ミラーは見た目がイマイチとの声もありますが、車を乗る人にとっては安全第一ですから、装備されて損はしません!

フロント、サイドガラスもビッグサイズなので視界は良好

アルファードを一度でも試乗された事があればわかると思いますが前方左右の視界は広すぎます!車体サイズもデカければ、フロント、サイドガラスも広いんです。さらに、アルファードはダッシュボードの位置を低く設定しているのでより視野を広くしてくれています。

運転席から見て斜めにある三角窓もピラーと呼ばれる窓の間の柱が狭く設計されているため、このクラスのミニバンにしては、見やすいです。そのためサイドの視界も非常にわかりやすくなっています

マイ(妻)
助手席の見晴らしもよさそうだね♪
ケンタ
僕もこれなら運転しやすそう!
補足
安全装備が満載のアルファードですが、機能にお任せするのではなく、自分の目でしっかりと安全運転をしましょう♪過信は禁物ですよ。 

アルファードのサイズが大きくて小回りが利くか心配!?

道路幅が狭いと擦らないかな、ぶつけないかなと心配になりますよね。日本の住宅地はただでさえ道が狭いのにアルファードのようなサイズの大きい車はどれくらいの道路幅だったら走れるんでしょうか?その辺りを調査しましたのでご紹介します。

アルファードの最小回転半径は5.8m

最小回転半径とはハンドルを左右どちらかに切った状態でどれくらい小回りが効くかの事を意味します。アルファードの最小回転半径は5.8mです。先ほどのトヨタの人気ミニバンと比較しても5.8mは最大となっています。つまりこの数字が大きいほど小回りはしづらい、という事ですね。

アルファードでUターンできる道路幅も5.8m以上

最小回転半径は5.8mなのでアルファードでUターンしようとおもったら道路幅が5.8m以上ないとハンドルを切り返さないといけませんね。ちなみに片側1車線の一般道では4mなので1車線でのUターンは厳しいですね!

どれくらいの道路幅なら大丈夫?

道路幅が6mあれば余裕でアルファードを乗りこなせます!ただし道路幅が4mほどない所でも先ほどあげたアルファードのさまざまな運転支援システムで愛車を傷つけずに乗られているユーザーは多くいらっしゃるようです☆

アルファードを乗るのに向いていない道路
  • 狭い住宅地
  • 片側1車線
  • 山林や川沿い
  • アスファルト舗装されていない道路
アルファードを乗るのに最適な道路
  • 片側2車線以上の道路
  • 道路幅が6m以上
  • 高速道路

アルファードを乗るのにお家の駐車場を変更する事はできませんから、あらかじめ駐車スペースの幅を知っておく必要がありますね。それでもアルファードを乗りこなしていく内に自分の運転技術が向上すると思います!

車庫入れもバックから入りの角度さえ間違えなければ、切替せず一発駐車できるはずです☆

ベテランディーラー
駐車場に入るかご心配でしたらご自宅の駐車場まで試乗する事もできますのでお問い合わせしてください!
スポンサードリンク

まとめ

  • アルファードの車体サイズはトヨタ人気ミニバンと比べても群を抜いて大きい
  • アルファードの車庫入れには様々な機能で楽々サポートしてくれる
  • 通常運転時でもそのサイズを気にすることなく安全運転できるしくみがある
  • アルファードの小回りは5.8mでそれなりの道路幅は必要

アルファードは迫力のあるサイズを誇っていますが、実際に見た時の印象と試乗した時の印象とは違うかもしれません。外側からみる車体のカッコよさと実際に運転する時の豪華さ、優越感を是非アルファードで味わってほしいと思います!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です