アルファードは車中泊に向いている!?その理由を検証してみた!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

最近流行の車中泊!そして最近流行のミニバン!!その中でも特に人気があるのがトヨタのアルファードです。ではアルファードは車中泊に向いているのでしょうか?

ここではアルファードが車中泊に向いているのか検証し、車中泊を快適に過ごすためのポイントについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

アルファードは車中泊に向いている?

みなさんはどんな車が車中泊に向いていると思いますか?キャンピングカーのような大きな車?もちろんキャンピングカーはそれを目的として作られているのですから当たり前ですよね。

ただ、キャンピングカーは価格の面でも駐車スペースなどの条件面でも、そうそう購入できるものではありません。私達が普段使っている車で車中泊がしたい。そんなお車をお探しの方にはトヨタのミニバン、アルファードをオススメします!

快適な車中泊の条件とは?

車中泊って何だか冒険に出かけるみたいで大人でもワクワクしちゃいますよね?冒険といえども、やはり快適に過ごせるに越したことはありません。では、車中泊を快適に過ごすためにはどのような条件で、何が必要なのでしょうか?

快適な車中泊の条件
  • 大人が足を伸ばして寝られる広さ
  • フラットになるシート
  • PHV・EVであること

快適な車中泊の条件としてまず挙げられるのが室内の広さです。横になった時に足を伸ばしても余裕のあるスペースが欲しいですよね。荷室の全長が自分の身長+10cmくらいあるのが理想ですね。これくらいあると膝を曲げることなく思いっきり足を伸ばして熟睡できること間違いなし!!

次に条件として挙げられるのがシートがフラットになること。フルフラットになれば申し分ないですが、凹凸ができる場合はエアマットなどを敷いてフラットな状態を作れば快適に過ごせます!!

3つ目の条件、こちらは必須という訳ではありませんが、快適に過ごすためにはあると便利という条件。プラグインハイブリッド(PHV)や電気自動車(EV)であることです。こちらの場合は車内で家電製品も使えますし、携帯電話の充電もできちゃいます。

アルファードは条件を満たしている?

車中泊を快適に過ごすためにはある程度の室内空間とその空間をいかにしてぐっすり眠れる状態にするかが重要なようです。さらに電気を使えれば言うことなし!では、アルファードは上記の条件を満たしているのでしょうか?

まずは室内の広さ。アルファードの室内の広さは、室内長 321cm × 室内幅 159cm × 室内高 140cm です。2列目、3列目のリヤシートをフルフラットモードにした場合の長さはおよそ220cm。身長180cmある大人が横になっても十分に足を伸ばせる広さです。

(引用先 : トヨタ公式

次の条件である、シートがフラットになることですが上の写真の通りアルファードは2列目、3列目のシートをフラットにすることができるんです。ただ、凹凸や段差ができてしまうので、エアマットなどを使用してフラットな状態を作ることをおすすめします。

(引用先 :  トヨタ公式

3つ目の条件ですが、アルファードにはハイブリッド車もあります。上の写真のようにハイブリッド車には車内に家庭用電源と同じAC100Vのコンセントプラグが装備されています。これで携帯電話の充電を気にする必要なし!家電製品を使うこともできるので本当に快適に車中泊できちゃいますね♪

以上の点からアルファードは車中泊に向いていると言えそうです。

車中泊を快適にするためのおすすめアイテム

アルファードで車中泊をするならやっぱり快適に過ごしたいですよね?車中泊を快適に過ごすためにはどんなものを準備すれば良いのでしょう?

マイ(妻)
車中泊を快適に過ごすためにはどんなものを用意すればいいのかしら?
ケンタ
いくつかあるんだけど僕がこれからおすすめのアイテムを紹介するよ!

エアマット

上にも書きましたが、アルファードのシートはフラットにした時に凹凸や段差ができてしまいます。その段差を解消するのにおすすめなのが「オンリースタイルの車中泊専用マット」です。

こちらのマット、長さ198cm×幅66cm×厚さ10cmで、厚さが10cmあるためシートの凹凸や段差を気にすることなく快適に寝ることができます。

実はこのマット、空気バルブを開くと自然に空気が吸い込まれて膨らむんですよー☆自分で空気を入れるのって結構大変なのでとっても便利ですよ♪

さらに収納する場合は空気を抜いて丸めればコンパクトになるので車内でも場所をとりません。Amazonなどのネット通販で16,000円くらいで購入できます。

室内カーテン

車中泊といえどプライバシーは守りたいもの。外から車内が丸見えでは安心して眠れませんよね。そんな時におすすめなのが室内カーテンです。

アルファードには専用の室内カーテンを取り付けることができます。カーテンを付けることで目隠しができるだけでなく、昼間の車内温度の上昇を緩和することもできますよ。こちらもAmazonなどのネット通販で17,000円前後で購入可能ですよ。

寝袋

車内で寝る場合でも布団は欲しいですよね。でも車内に布団を持ち込むのは大変だし場所もとっちゃう。そんな時は寝袋がおすすめです。

寝袋があれば寒さ対策にもなりますし、寝相の悪い人も安心です!寝袋もネット通販などでも購入できますが、安く済ませたいという方にはレンタルがおすすめです!

こちらの記事海遊館でおとまりスクール体験を親子で一緒に体感しよう!!で寝袋のレンタルについて書かれているので興味のある方は見てみて下さいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

  • アルファードは車中泊に向いている
  • 快適な車中泊には室内の広さが重要
  • フラットシートにした時の凹凸や段差を解消するには厚さ10cm以上のエアマットがおすすめ
  • 室内カーテンは目隠しだけでなく昼間の室内温度の上昇緩和にもなる
  • 寝袋を使うならレンタルがおすすめ

いかがでしたか?アルファードが車中泊に向いているか検証してみましたが、結論としてはアルファードはかなり車中泊に向いている車と言えそうです。快適に過ごすためのアイテムを揃えてみなさんも車中泊を体験してみてはいかがでしょうか?

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です