アクアのグレード別の魅力!いちおしグレード教えちゃいます!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

トヨタのアクアと言えばコンパクトなハイブリッドカーとして有名で知らない人はいないんじゃないでしょうか。そしてアクア最大の魅力は超低燃費ですよね。ハイブリッドカーの中でもかなり優秀です☆

そんなアクアですがグレードは大きく分け4種類、特別仕様車も含めると8種類あります。皆さんは車の購入を考えたときにグレードを決めて車屋さんに行きますか?知らないで行くとディーラーさんは結構な確率で少し上のグレードをおすすめしてくるわけですよ。

そんな時に我が家にそのグレードが本当に必要なのか知っていた方が絶対に失敗しないですよね。それよりもたくさんある中で、どのグレードがいちおしか知りたくないですか?知りたいですよね~♪いちおしグレード教えちゃいます!
スポンサードリンク

初心者さんのためのグレード豆知識

車の話で良く出てくる【グレード】という言葉ですが、よく使う割に意味が分からなかったりする人も多いと思います。グレードはその車種の等級・階級・段階といった意味で、例えばお弁当とかの松・竹・梅みたいな・・・分かりにくいですかね(笑)

お弁当とかの松・竹・梅と言うことは同じ車でも価格がピンからキリまであると言うことになのですが、価格だけではなく機能性も大きく変わりデザインが違ったり、カラーラインナップが違ったりするわけです。

例えば、松のお弁当と梅のお弁当では容量と値段が違うだけではなく容器が少し豪華だったり、おかずに松茸やいくらが入ってたりしますよね。そんな感じに車もお弁当みたいに値段と共に機能性やデザイン性が高くなっていきます。

お腹が満たされれば良い場合は梅のお弁当、きちんと走ってくれれば良い場合はグレードの低いもの。お腹も目も食材でも満たされたい場合は松のお弁当、外装や内装、機能性もこだわりたい場合はグレードの高いものということになるんですね。

マイ(妻)
そうなのね!私なら無難に竹のお弁当を選ぶかな~♪
ケンタ
ママ!選ぶのはお弁当じゃなくて車だよ、く・る・ま!
マイ(妻)
ああ、そうだったね~。今日は車の話をしてるんだった(笑)
新人ディーラー
・・・(苦笑)

アクアの場合、グレードによって装備品や機能が違いますが、基本的なエンジンやハイブリッド車であることに違いはありません。排気量もすべて1,500ccです。まずはトヨタ公式HP掲載の8種類をまとめてみました。

アクア 全グレードの価格と燃費(価格順)
  • L・・・1,785,240円〜 38.0km/L
  • S ・・・1,886,760円〜 34.4km/L
  • S”Style Black” ・・・  1,979,640円 34.4km/L
  • G/G”ソフトレザーセレクション”・・・2,052,000円〜 34.4km/L
  • Crossover・・・2,052,000円〜 34.4km/L
  • Crossover”Glam”・・・2,123,280円 34.4km/L
  • G”GR SPORT”・・・2,322,000円〜 34.4km/L
  • G”GR SPORT・17インチパッケージ”・・・2,527,200円〜 34.4km/L
マイ(妻)
う~ん・・・1番安いLと、1番高いG”GR SPORT/17インチパッケージは約74万円も違うけど何が違うの?名前からして高そうだけど(笑)
新人ディーラー
値段によって装備品が異なってくるんですよ。装備は本当にたくさんありますが人によっては必要ないものもあるので、そこも選ぶのに重要になってきます。

価格・安全性・デザインに満足!S”Style Black【特別仕様車】

引用先:トヨタ公式HP

まず一番最初にご紹介します【S”Style Black】は特別仕様車でグレードSをベースに先進安全機能とスマートエントリー&スタートシステムを搭載していて『この価格でこんなに揃っていていいの?』というくらいメリットしかないと思う、いちおしグレードです!

エクステリア・インテリア共に【S】からグレードアップして約10万円のプラス。しかも【S”Style Black】はセーフティ・サポートカーSでToyota Safety Sense+インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が装備されています。

セーフティ・サポートカーSとは自動ブレーキ(対歩行者)ペダル踏み間違い時加速抑制装置車線逸脱警報先進ライトなどの安全運転を支援する4つの装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートする車のことを言うそうですよ。

マイ(妻)
なるほどね☆ところでToyota Safety Sense ってなに?
新人ディーラー
ぶつからない・はみださない・ハイビームの自動切換えの3つをパッケージングした予防安全性能で、衝突被害軽減ブレーキを中心に、衝突事故を未然に防ぐことを目的とした装備です。衝突回避支援パッケージとも呼ばれてるんですよ。
補足

【インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)】

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加しました。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

引用先:トヨタ公式HP

最近ニュースで良く耳にしますよね?ブレーキとアクセルを踏み間違えて店内に突っ込んでしまったとか、人と接触事故を起こしてしまったとか。

オートマ車が増えてきて、こう言った事故はとても増えていますが簡単な操作だけに十分な注意も必要ですよね。自分の運転技術を補ってくれる機能があるならぜひ装備した方がいいと思います。

『自分は大丈夫』なんて思っちゃだめですよ。自分を過信することほど怖いことはないですからね。高齢ドライバーに限らず家族や色んな人の命を守るためにも、ぜひ安全予防機能搭載車は検討されることをおすすめします。

ケンタ
自分では大丈夫だと思っていても、ドキッとすることあるよね。ついていれば安心な機能だよね!
新人ディーラー
こういった安全予防機能のおかげで高齢ドライバーに限らず、すべてのドライバーの運転において事故が軽減されています。これから先必要不可欠な機能ではないでしょうか

そしてスマートエントリー&スタートシステムは慣れてしまうと本当に便利で、たまにレンタカーなんかで付いてなかったりすると不便さを感じる装備かもしれませんね。

カバンの中のカギを探してなかなか見つからなかっとことありますよね。僕は良くやっちゃうんですけど、これをやると良く奥さんが『早くしてよ~』ってせかすんです。しかも子供たちまで(笑)

カギを探さなくてもピッと触るだけなんてスマートですよね☆しかもエンジンまでスイッチ一つでOKなんて車も進化したなと思いました。

補足

【スマートエントリー&スタートシステム】

スマートキーをポケットやバッグに携帯していれば、キーを取り出すことなくドアハンドルを軽く握るだけでドアを解錠、ドアハンドルのセンサーに触れるだけで、ドアを施錠します。エンジン始動(ハイブリッドシステム起動)もブレーキを踏みながらスイッチを押すだけです。

さらに【S”Style Black】はボディーカラーをより引き立てるメッキ装飾が施されていて、とてもおしゃれです。インテリアも黒で統一されていて大人のアクアをイメージして作られていて、シックでエレガントと言う言葉がぴったりなんですよ☆

グレードS”Style Black 選べるカラー
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • ダークブルーマイカ
  • ジュエリーパープルマイカメタリック

シルバーのメッキ装飾がぴったりなシックなカラーラインナップですね。このバランスはかなり考えられているんだと思います。だってイエローにシルバーメッキ・・・どうですか?

素人にはこの辺のバランスがとても難しいです。そこで5色に限定されているのも【S”Style Black】の高級感を引き立てるためのこだわりなのかもしれません。

ファミリーにも高齢ドライバーさんにもオールマイティーに対応できる【S”Style Black】はトヨタでもアクアいちおしグレードだと思います。これだけの装備を備えて200万切ってるんですよ!これなら間違いなくうちの奥さんも賛成してくれそうです。

他のグレードも魅力いっぱい!

最初にいちおしをご紹介しましたが、アクアにはその他にもグレードはたくさんあります。どのグレードがどんな人におすすめか調べてみました。

シンプルすぎるほどシンプルなグレード L

引用先:トヨタ公式HP

1番低価格の【L】ですが最初の価格表に出てくる燃費では断トツ1番走ります!なぜかというと必要最低限の装備品で軽く作られているので、当然良く走るんです。ただ安い分、物足りなさも目立ってしまうのが現実のようですね。

例えば後部座席にパワーウィンドウがなかったり、運転席&助手席のヘッドレストの高さ調節ができなかったりが少し気になるところです。音楽を聴く人にはスピーカーが2つというところも気になるかもしれませんね。

パワーウィンドウがないってサラッと言ってしまいましたが『じゃあどう開けるの?』って思いますよね?特に若い皆さんは(笑)昔は一般的だったんですが、クルクルハンドルを回して手動で窓を開けるんです。

40代以降の方にはちょっと懐かしい、よく言えばレトロなものが最新のアクアに付いてるところがまた可愛いという方もいるそうですよ!

低価格ということで選ぶ方が多いと思うのでオプションをつける方は少ないと思うのですが、【L】は付けられるオプションがとても限られるので、そこは気を付けてほしいところです。

グレードLの購入メリット
  • 低価格でハイブリッドカーに乗れる。
  • 断トツの低燃費。
  • タイヤが小さい分、小回りが利く。

【L】がおすすめの方は、後部座席にほとんど人を乗せることがない、もしくはちょい乗りで利用の方でとりあえず安く・低燃費が良い方にはとても良いと思いますよ。距離を走る商業用としても大活躍ですし、ママさんの近所に買い物や塾の送り迎えならこのグレードで十分だと思います。

実は【L】だけがタイヤが14インチと小さいんです。だから運転が苦手なママさんにも小回りが利いておすすめできるんですね。

グレードL 選べるカラー
  • スーパーホワイトⅡ
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ

若干商業向けな感じが気になりますが、価格重視・燃費重視で考えればシルバーメタリックなんかは汚れも目立ちにくいですし、洗車もラクチンです☆洗車って結構手間暇かかりますからね~。

ここで時間の節約をして10分子供と向き合って遊ぶ、低価格で購入できた分で遊びに出かける、低燃費でガソリン代が浮いた分で遠くに遊びに行ける・・・そう考えたら【L】もいいかもしれません。

本当のベーシックはグレード S

引用先:トヨタ公式HP

【L】と10万円の違いですがほとんどの装備がついてくるので、迷ったら【S】を選ぶ方が圧倒的に多いです。もちろんパワーウィンドウもついてきますし、スピーカーも4つ、そして15インチスチールホイールが装着されています。

しいて言えばクルーズコントロールが装備されてないことくらいで気にならない方が多いと思います。そして【S】から上のグレードには高遮音性のUVカット機能付きのグリーンガラスが使われています

撥水機能がドライバー側の窓に設定されているので、雨の日の視野確認にも窓を開けなくていいんです。視野確認で窓を開けると雨が吹き込んで嫌な思いしたことありませんか?

ドアの内側は濡れるは服は濡れるは眼鏡してる方なんかは眼鏡に水滴まで・・・不快指数100ですよね(笑)それがこのガラスで解消されるのはかなりポイント高いです。

S】に足りないものと言えば、アームレスト。これはそれぞれ必要性が違うのでいつもしまっちゃってる人は気になりませんが『アームレストがないと疲れちゃってね~』なんて方には不向きかなと思います。

グレードSの購入メリット
  • グレードLに+10万円で装備はそれ以上。
  • 選べるカラーはモノトーンとフレックストーンで17パターン。
  • オプションの選択肢が増えて自分色のアクアに出来る。

【S】は運転好きでクルーズコントロールはなくていい方や、『やっぱり車は便利さと快適さも大事でしょ!価格も高すぎない方がいいよね♪』と思う方や、余計なインテリアが不要な方におすすめです!

マイ(妻)
何度も出てくるけど、クルーズコントロールってなんのこと?
新人ディーラー
いい質問ありがとうございます!クルーズコントロールとは設定した速度に合わせてアクセル操作を行い、その時の速度が設定以下なら機械的にアクセルの踏み込み量を増して増速、設定以上ならアクセルを緩めて減速するというものなんです。高速道路などの長距離ドライブでは非常に役に立つ機能なんですが、一部では運転が楽になる分眠気を誘発するとの意見もあります。あくまでも自分で運転していることを忘れなければ、とても便利な機能なんですよ。
グレードS 選べるカラー

【モノトーンカラー】

  • スーパーホワイトⅡ
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック
  • グレーメタリック
  • ブラックマイカ
  • ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
  • スーパーレッドV
  • オレンジパールクリスタルシャイン
  • イエロー
  • フレッシュグリーンマイカメタリック
  • クリアエメラルドパールクリスタルシャイン
  • ブルーメタリック
  • ジュエリーパープルマイカメタリック

【フレックストーン】

  • ブラックマイカ×スティールブロンドメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン×スティールブロンドメタリック
  • グレーメタリック×カッパーメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン×エアーイエロー

どうですか?このバラエティーに富んだ色は☆これは悩みますよね~。グレードが一つ上がるだけでこんなに個性的になるんですね。でも、ひとつ問題が・・・絶対に子供と一緒に選びには行けませんね(笑)もめること間違いなしです(笑)

アクアのカラーバリエーションは?アクアカラーを詳しく紹介!を読めばアクアのカラーについて詳しくなっちゃいますよ!

Toyota Safety Sense 標準装備のグレード G

引用先:トヨタ公式HP

上位グレードの【G】は【S】と約17万円の差で予防安全パッケージToyota Safety Sense ・クルーズコントロールが標準装備されています。

Toyota Safety Sense はオプションで【S】にも付けられるため、クルーズコントロール目的で購入される方がほとんどかもしれませんね。

このグレードでやっと運転席にアームレストが装備されます。一度アームレストに慣れてしまうと無いと手の置き場に困ったりします。どんだけ偉そうに運転してるんだと思われるかもしれませんが楽なんですよね~、あると無いとじゃ大違いなんです!

気になるインテリアはシート表皮がスエード調で少し高級感も出てきます。少しの違いですが車ってシートが占める割合が高いので印象も大きく変わりますし、何より座り心地だって違いますよね。

カラーラインナップは【S】と同じでモノトーン13色のフレックストーン4色です。

グレードGの購入メリット
  • Toyota Safety Sense (予防安全性能)標準装備。
  • クルーズコントロール標準装備。
  • インテリアも高級感UP。

【G】からは機能性もググっとアップし、更に高級感もプラスされてくるのでただ走ればいいという方よりも、僕的には旅行の多い家庭のファミリーカーとしておすすめです。

家族での旅行など長距離運転にはクルーズコントロールで高速の運転が楽ですし、安全性もちゃんと装備されていれば家族も守れるのでいいですよね

実はこのクルーズコントロールは高速の運転時に良いとされていますが、実は街乗りでも性能を発揮するんです!ルーズコントロールを使うことで一定の速度が保てるので低燃費に繋がるんですね。

ボタン操作さえ覚えてしまえば面倒ではないし、せっかくハイブリッドに乗るなら最大限に機能を生かしましょう☆家計に優しいので奥さんにも喜ばれます!(笑)

G”ソフトレザーセレクション”

【G】をベースに+約3万円で更にインテリアのシート表皮をレベルアップすることができる【G”ソフトレザーセレクション”】は、ラックレザーやホワイトレザーにすることでよりラグジュアリーなインテリアに大変身。

全部のシートを買えても3万円弱なら検討の余地ありですね。ただホワイトはうちみたいに小さい子供さんがいる家庭向きではないですけど、おしゃれな感じがいいですよね☆でもチョコなんか落とされた日には・・・ショックが大きくて凹みそうです(笑)

そしてToyota Safety Sense・クルーズコントロール も標準装備されています。

G”GR SPORT”

引用先:トヨタ公式HP

【G”GR SPORT”】はトヨタのモータースポーツチームのTOYOTA GAZOO Racingが【G】を改良したスポーツ仕様車で、走りの魅力を最大限に高めるために専用チューニングサスペンションなどを装備させ足回りを強化してあります。

そしてリヤバンパーリインフォースには専用パーツを採用。さらに専用エンブレム・専用フロントスポーティシート採用。専用本革巻きシフトノブに至ってはシルバーステッチまで施されています。

フロントドアスピーカーリングはクロームメッキ加飾を採用しエクステリア・インテリアにおいてもスポーツ仕様車の魅力満載なんです。

黒で統一された車内にシルバーステッチにクロームメッキは友人を乗せる時も自信を持って乗せられそうな気がしますよね。しかも足回りまで強化されているならドライビングテクニックも身につけなきゃ車負けしそうです(笑)

ちなみに・・・【G】に+27万円。清水の舞台から飛び降りる位の気持ちがないとここまでこだわるのは厳しいかもしれませんね。ましてや僕みたいに家庭のある方は大蔵大臣に即却下されそうな気がします。

G”GR SPORT” 選べるカラー
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック
  • グレーメタリック
  • ブラックマイカ
  • スーパーレッドV
  • イエロー
  • ブルーメタリック

選べるカラーは若干減ってしまいますが、【G”GR SPORT”】の購入を検討される方は多分、足回り重視される方が多いと思います。なのでベーシックカラーは揃っていそうなので、さほど気にならないかもしれませんね。

G ”GR SPORT・17インチパッケージ”

引用先:トヨタ公式HP

G”GR SPORT”をベースに更にグレードアップされた【G ”GR SPORT・17インチパッケージ”】は名前のごとく、タイヤのインチアップを行い17インチ専用アルミホイールに変更。そしてG ”GR SPORT・17インチパッケージ”専用装備品がなんと7か所にも装備されてるんです!

かなり自己主張したスポーツカーと言えるんじゃないでしょうか。アクア最高装備を備えた【G ”GR SPORT・17インチパッケージ”】はアクアの中でも最高値の250万超えで、カラーラインナップは【G”GR SPORT”】と同じです。

ここまでくると完全に実用的な車を通りこして、趣味の車のような気がしますよね。『アクアはいいけどみんなと同じはちょっと・・・』という方や『車はやっぱり足回りにこだわってないとだめだろ?』という方にはぴったりです☆

アクア+SUV=Crossover

引用先:トヨタ公式HP

まず『SUV』ってなんだかご存知ですか?僕も『RV』は聞いたことがあったんですけどSUVは聞いたことがなかったので知らべてみました。

SUVはアメリカで使われていたカテゴリーの名称で『Sports(スポーツ)』『Utility(実用的な・万能の)』『Vehicle(乗り物・車両)』の頭文字をとったもので、日本では【多目的な空間を持った車】などと言われています。

2017年に追加された【Crossover】は、他のグレードより全体に少し大きくて車高も約30mm高く(1円玉を3枚並べたくらい)背の高い方や、年配の方の乗り降りがしやすいという優しい車でもあるんですよ。

確かにうちの祖父や祖母が普通車の乗り降りに苦労していました。少しの高さの差でグッと乗り降りが楽になるのであれば、かっこいいの見た目だけではなくこういった利点も購入の際に重要視してもいいかもしれませんね。

そして【Crossover】はToyota Safety Sense標準装備で安全性にも優れています。そしてエクステリアは専用のフロントグリル・サイドマッド/7フェンダーアーチモールを装着し、16インチのアルミホイールを採用。SUV的な魅力も十分アピールされてますよね。

インテリアは合成皮革とファブリック(布を使った生地)を組み合わせステッチの入ったシートは何ともおしゃれですが、それだけではないんですよ。体にフィットする感じが長時間乗車の身体への負担も軽減してくれるんです☆

【Crossover】には限定色のベージュが登場してモノトーンカラーを含め、全14色から選べるのですが限定色って嬉しくないですか?僕だけですかね…限定という言葉に弱いのは(笑)

実はCrossover】と【G】は同価格なんです。なので【G】のクルーズコントロールを選ぶか【Crossover】の乗り降りのしやすさを選ぶか、あとはインテリアの違いなどが比べる基準になるかと思います。

Crossoverの購入メリット
  • 他のグレードより30mm車高アップで乗りやすさもアップ。
  • アウトドアな感じのエクステリアも楽しめる。
  • 限定色【ベージュ】も選べる。
  • Toyota Safety Sense標準装備。

アクアの中でも更に、エクステリア・インテリアの細部までこだわって作られたグレードですね。『燃費ももちろん、見た目だって大事だろ?ついでに座り心地だって妥協しないよ!』という方におすすめです☆

Crossover”Glam”

引用先:トヨタ公式HP

Glamは英語で『魅力的な』という意味を持っていて、その名のごとく【Crossover】に+約7万円、アクアの中の最高峰で機能性・安全性・エクステリア・インテリアとこだわりの逸品

【S”Style Black】と同じくToyota Safety Sense+インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)搭載で高齢者に多いブレーキとアクセルの踏み間違えによる衝突も防いでくれるいう優れものなんです。

他にもたくさん特別装備されていますが、この装備で+約7万円ならかなりお得な気がしますよね~。

Crossover”Glam”の購入メリット
  • セーフティ・サポートカーSである。
  • インテリアのこだわり・高級感はぴかいち。
  • スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/ハザードアンサーバック機能付/スマートキー2本)&スタートシステム搭載。
  • 限定色オリーブマイカメタリックがある。

とにかくインテリアのブラウンブラックは高級感もあり、何と言っても落ち着きますよね。細かい部分にまでこだわりを感じるグレードです。

ボディーのカラーは【Crossover”Glam”】限定のオリーブマイカメタリックも含め5色。インテリアのブラウンブラックとも相性ばっちりです☆

市場でアクアは人気車なのでオリーブマイカメタリックのような個性的な色は目立ちますよね~。駐車場で見つけやすい色は本当に助かります。子供も『あ!あれうちの車!』なんてね☆

Crossover”Glam” 選べるカラー
  • オリーブマイカメタリック(限定色)
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラックマイカ
  • スーパーレッドV
  • ベージュ

【Crossover”Glam”】はせっかくアクアに乗るなら燃費だけじゃなくって、インテリアにもことんこだわって高級感のあるものをという方におすすめです☆

スポンサードリンク

まとめ

  • アクアいちおしは価格・安全機能・インテリアで満足な特別仕様車【S”Style Black】
  • 低燃費No.1は【L】
  • 一番のベーシックは【S】
  • クルーズコントロール標準装備は【G】・【G”ソフトレザーセレクション”】のみ
  • 車高の高さは乗り降りしやすさ【Crossove】・【Crossover”Glam”】

ざっと紹介させていただきましたが、お気に入りのグレードは見つかりましたか?使用用途やこだわりによって選ぶグレードはそれぞれだと思いますが、これだけ安全予防機能が標準装備になってきていることに僕が驚きました。

みなさん、低燃費・インテリア・エクステリア・価格全て大事ですが安全が一番ですよね。楽しいカーライフを過ごすために車選びは慎重に☆

スポンサードリンク

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です