アクアの維持費はいくら?知って安心!わかりやすく解説します!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

車ってとても便利ですよね!一度車を持つと、もう車がない生活は考えられない!って思ってしまいます。だけど、車ってとにかくお金がかかる。「車を買うぞ!」っていうときは、出費を覚悟しているものですが、思いがけずやってきた出費ってかなりの痛手になりませんか?

とつぜん修理代に〇万円なんて言われたら、「えぇ!?」って財布の中身や貯金通帳と相談しなきゃならない事態に陥りかねません(泣)とつぜんの出費にも慌てないよう、購入する前から、車に必要な維持費について知っておくことは、とても大切なことだと思います!

今回は、僕よりお金のことに関してちょっぴりシビアな妻が、トヨタから発売されているアクアの維持費について、詳しく知りたいというので、調べてみました!これからアクアを買おうかなーと検討している人は、自分の懐事情と照らし合わせながら読んでもらえればいいなと思います。

スポンサードリンク

アクアの維持費ってどのくらい?

僕たち夫婦が最近気になっているアクア。このアクアという車は、トヨタから発売されているハイブリッドカーで燃費がいいそうです。

ふむ、燃費がいいって、どのくらい?・・・とゆうか、そもそも車に詳しくない人からすると、燃費がよければなにがいいのかとかそこらへんからもうチンプンカンプンですよね。

僕の妻は車に詳しくないので、車のカタログなんかを見ているとき、車の用語や数字が並んでいると、それだけでもう面倒くさくなって見るのを止めてしまうんだとか・・・(汗)

マイ(妻)
車の維持費がいくらくらいかかるか知りたいだけなのに、燃費がどうって話をされても・・・

それでは結論からいきましょう!

アクアにかかる年間の維持費はおおよそで30~40万円です!

高いと感じましたか?安いと感じましたか?年間30万ていわれてもピンとこないですよね・・・。とりあえず、維持費とは何にどれくらいかかるのか、ざっとですが一覧にしてみました。

アクアにかかる年間の主な維持費
  • 自動車税・・・34,500円
  • 自動車重量税・・・7,500円(2年に一度のため15,000円÷2)
  • 自賠責保険・・・14,000円(2年に一度のため28,000円÷2)
  • 任意保険・・・8万~10万円
  • 車検代・・・40,000円(2年に一度のため80,000円÷2)
  • ガソリン代・・・5万~6万円
  • 駐車場代・・・8万円~
  • メンテナンス費・・・5万円~

合計 おおよそ30~40万

維持費の詳しい内容については後で説明することにして、まずは、おおよそで年間30~40万かかるとゆうことを頭に入れてみてください。もちろん任意保険やガソリン代、駐車場代など人によって変わってくる部分はありますので悪しからず!

けっこう高い・・・と思いますか?では次に、年間30~40万の維持費を1ヶ月単位で考えてみましょう☆12ヶ月で割ると・・・。

はい!1ヶ月25,000円~33,333円になります。1ヶ月おおよそ3万円前後と考えれば良いのではないでしょうか!

車の維持費が月3万円って高いですか?安いですか?ちなみに僕の友人で、お小遣いが月1万円だってよく嘆いてるやつがいるんですが、彼に聞いたら即答で「高い!」っていうと思います(笑)

維持費とはなにかかるお金?

大まかに維持費と言っても、税金や自賠責保険など必ず必要になるお金と、駐車場代や修理にかかる費用など人によってかかったりかからなかったりするものもあります。

車は欲しいけど、保険とかいろいろ面倒くさそうだなと思ってる人もいると思うので、ここで、車の維持費とは主にどのようなことにかかるお金なのか、なるべく簡潔にまとめてみましょう!

維持費にかかるお金
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 車検代
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • その他メンテナンス費用

自動車税と自動車重量税

車には2種類の税金があります。自動車税と自動車重量税です。

  • 自動車税とは車の排気量によって金額が変わる税金です。
  • 自動車重量税とは車の重量によって金額が変わります。こちらは車検時に2年分まとめて支払います。
マイ(妻)
なぜ車の税金は二つに分かれているんですか?
ベテランディーラー
簡単に言ってしまえば、自動車税は都道県市町村に治める税金で、重量税は国に治める税金になります
マイ(妻)
なるほどー・・・納得できるようなできないような・・・
ケンタ
・・・つまり納得してないんだね(笑)

まぁ、妻のように車のことがよくわからないよって人は、自動車税と自動車重量税の2種類の税金が車にはあるんだなーくらいに知ってもらえれば十分です!

自賠責保険と任意保険

保険も2種類あります。自賠責保険と任意保険の2種類です。

  • 自賠責保険・・・加入が義務付けられていて、加入しないと処罰の対象になるため”強制保険”ともいわれています。事故相手の身体に関する損害のみ補償されていますが、補償には上限があり、それを超えた場合は自己負担になってしまいます。
  • 任意保険・・・自賠責保険で補えない相手の車や物損、自分のケガや死亡、自賠責保険の上限を超える相手の身体に関する補償などがあります。年齢やノンフリート等級、保証内容によって金額が大きく変わります。
マイ(妻)
保険の名前をもっと親しみやすい名前にしたら、覚えやすいしわかりやすいと思います☆例えば、自賠責保険は「強制保険」任意保険は「自分保険」みたいな・・・
ベテランディーラー
いや、それは・・・ははは・・・(汗)

名前はともかくとして(笑)自賠責保険は義務づけられているので必須ですが、任意保険の方も、義務ではありませんがいざというとき役立つものなので、入っておいた方が安心です!事故を起こしてから「入っておけばよかったー」とどれだけ後悔しても、遅いですからね・・・(汗)

車検代

【車検】は、”次の車検までの期間、その車が問題なく日本の公道を走ることができる”という検査です。いわば車の健康診断といったところでしょうか。新車の場合は3年、その後は2年ごとに行うよう国によって定められています。

ガソリン代

【ガソリン代】は一番身近な維持費ではないでしょうか。ガソリンスタンドの前を通ると「また上がった!?」なんて言葉がついつい出てきてしまうものです・・・(笑)

ガソリンの値段は上がったり下がったり変動が激しいですから、「もうちょっと下がったら入れよう」なんて思っていると、値段が下がるより前にガソリンが底をつきそうになって、けっきょく高い値段のときに入れる(泣)なんて、経験ありませんか?

アクアは燃費がいいので、1リットル140円で年間10,000km走ったとしても、年間5~6万円、ひと月4,000~5,000円で済むんですね☆

駐車場代

【駐車場代】は、駐車場付きの一戸建てに住んでる人には無縁のものかもしれませんが、賃貸や自宅に駐車場がない場合は、月極駐車場などを借りることになりますよね。これがまた値段の幅が広いんです(汗)

地方ではだいたい3,000~5,000円。都心では8,000~といわれています。都心の駅近駐車場と田舎のアパートの家賃が変わらなかったりしますからね・・・。ひえ~って感じです(汗)

メンテナンス費用

車検時には各部分の点検によって、修理が必要な箇所や消耗品の交換などが行われますが、車検時以外にも突然の故障や不調によって修理や消耗品の交換が必要となる場合があります

主なメンテナンス費用
  • エンジンオイル・・・4000円~
  • ラジエーター液・・・5000円~
  • タイヤ・・・4輪4万円~
  • ワイパーのゴム・・・2000円~
  • エアコンフィルター・・・2000円~
  • ブレーキパッド交換・・・15,000~20,000円
  • 補機バッテリー交換・・・20,000~30,000円
  • ブレーキフルード交換・・・5,000~8,000円
マイ(妻)
メンテナンス費用ってひとくくりにされても、なにがどの部分にあるのかもわからないし、いつ必要なのかとか、まったくわからないんですけど・・・
ベテランディーラー
そうですね。メンテナンスについて知っていて損はしませんが、車に詳しくない方は、信頼できるディーラーや整備士にお任せいただければ良いかと思います。
ケンタ
まずは信頼できるディーラーさんや整備士さんを見つけることが大事なんですね!
ベテランディーラー
そうですね。それから、車検時だけではなく、車検のない年も一度は定期点検に出していただけると、より安全安心で快適なカーライフが送れると思います

なるほど・・・車も人と同じで、調子が悪くなってから直すのでなく、常に健康に気を使うことが大切なんですね!

 

スポンサードリンク

節約の味方!エコカー減税

エコカー減税・グリーン化特例という制度です。2018年現在アクアはその対象車となっています。

  • 自動車税が購入した翌年は75%減額9,000円に☆
  • 自動車重量税は購入後5年間0円となります★

これはとっても嬉しい制度ですよね!しかし、改変されることも珍しくないので、詳しい内容はトヨタ公式HPをご覧になっていただければ間違いないと思います!

そもそもトヨタのアクアってどんな車?

ここで、今更ではありますが、トヨタのアクアとはどんな車なのかご説明しましょう。僕の妻のように車に詳しくない人にも覚えてもらえるよう、簡潔に紹介したいと思います(笑)

トヨタから発売されてるアクアは、コンパクトなハイブリッドカーです!ちなみに、ハイブリッドカーとは、ガソリンエンジンと電気モーターなど、動力を複数持つ車のことを言います。

アクアの特徴
  • 燃費がいい
  • 車両重量が軽い
  • 加速がスムーズで運転しやすい
  • 安定性があり乗り心地がいい

アクアの名前についてはトヨタのアクアの意味とは?話のネタになること間違いなし!!で詳しく説明しているので、気になった方はぜひ読んでみてください!

スポンサードリンク

まとめ

  • アクアの年間維持費はおおよそで30~40万円くらい
  • 1ヶ月で考えるとおおよそ3万円前後になる
  • 維持費には、税金や自賠責保険など必ず必要なものと、駐車場代や修理にかかる費用など人によってかかったりかからなかったりするものがある
  • その他メンテナンス代は
  • アクアが対象となっているエコカー減税は、節約の大きな味方
  • トヨタから発売されているアクアとは、コンパクトなハイブリッドカー

アクアはエコカー減税の対象となっているので、買ってからも恩恵を受けることができます。また、燃費もいいですし、少々燃料代が上がっても安心です。コンパクトでよく走るアクア。これからの時代にはぴったりの車だと思いますよ。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です