トヨタアクアのフルモデルチェンジ前に歴史と機能性能に迫る!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

2011年12月よりから販売している、『アクア』。そのアクアが2019年にフルモデルチェンジを行うという情報を入手しました。詳しい情報はまだトヨタの公式ホームページからはその内容が明らかになっていません。

が、ネットではずいぶん前から予測が飛び交っています!アクアの購入を検討してる方は今買うべきか、フルモデルチェンジした後に買うべきか悩みますよね。

そこで2019年フルモデルチェンジで何が変わるのか調べてみました!そして僕が知りたくて調べちゃったアクアが今に至るまでの歴史も軽ーくご紹介しちゃいます☆

スポンサードリンク

2019年モデルチェンジするアクアの予想

「アクア」の画像検索結果

引用:トヨタ公式ホームページ

2019年の春を目途に、大きなモデルチェンジを行う『アクア』。これまではエンジンやバッテリーなどの性能向上や、ブレーキシステムの改良、また社内外のデザインの変更を細かく変えてきましたが、今回のモデルチェンジは2011年12月の発売以来、初めてとなります。どのような、改良をするのでしょうか?

プレミアクアを参考にモデルチェンジ

プレミアクア,国産車,2013東京モーターショー,コンパクトカー,近い将来,プレミアム,アクア

引用:Yahoo!知恵袋のページより

2013年の東京モーターショーで発表された、アクアの派生モデルカー『プレミアクア』。このモデルカーを参考にして2019年アクアをモデルチェンジを行う予定です。名前からすると高級感を高めるモデルとなっていますので、高級車を買い求めるユーザーに対応したケースになると予想します。

外観およびエクステリア(内装)の変更

前面デザインとエクステリアはまず改良する事は間違いないでしょう。前面のフロント部分はもちろんのこと、エクステリアは少々狭いという意見がありましたので、居心地の環境を整えると思われます。

TNGAプラットフォームの採用

TNGAプラットフォームの採用。これは、『トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー』という、トヨタのプラットフォームを根幹とした車両作りの開発方針・開発手法です。低重心化、低フード化によって、運動性能、視界良好がさらに高くなり、運転もしやすくなるという事になります。

エンジン及びバッテリーの改良で42km/L

エンジン及びバッテリーの改良。現在のアクアは、1世代前の『プリウス』と同じエンジン及びバッテリーを搭載しています。現行のプリウスと同じエンジンとバッテリーを搭載する事により、さらに燃費が良く走れるという事になります。技術は同等ですがバッテリー容量の増加や、エンジンの最適化によってより燃費よく走れるという事になります。

第2世代のトヨタ・セーフティー・センスの導入

第2のトヨタ・セーフティー・センス導入。さらに機能が向上したブレーキシステムを搭載する事によって、より安全な車として運転できるという事になります。

室内空間にゆとりをもたせ、より快適にドライブできる。

引用:トヨタ公式ホームページ

車体のサイズがや作り方が変更になり室内空間も変わってきます。室内長、室内幅が変わる事によって、車内空間がより快適になり、またトランクスペースも大きく確保する事が出来ます。車体の造りが変わる分、その分のスペースも有効活用することが出来るので、広々とした空間の中で運転やドライブを楽しめる事が出来るでしょう♪

「アクア トヨタ 内装」の画像検索結果

引用:トヨタ公式ホームページ

エンジン性能および外観や内装を変更する事により、さらに運転しやすくなる『アクア』。内装も明るくなって良いドライブが楽しめそうです。

また、トヨタの次世代車両づくりのプロジェクトの一機種でもある事なので、今後さらなる進化が期待されます。

現在のアクアのモデルは?

「アクア」の画像検索結果

引用:トヨタ公式ホームページ

現在の『トヨタ・アクア』は2018年4月に販売された、4度目のマイナ―チェンジを行ったモデルです。安全性能を最優先にしたモデルであり、自動ブレーキシステム、『プリクラッシュセーフティ』をはじめとした安全ブレーキングシステムを取り入れたハイテク車です。自動ブレーキシステムを導入する事によって、衝突事故被害の軽減につながるハイテクシステムとなっています。

引用:トヨタ公式ホームページ

プリクラッシュセーフティは、レーザーと単眼カメラにより道路上の先頭車と人を検出。衝突が予想される場合は、警報ブザーとディスプレイにより衝突の可能性を知らせてくれ、自動的にブレーキをかけてくれるシステムです。これらはトヨタの別の車種でも導入される事となっており、『Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティー・センス)とも呼ばれています。

引用:トヨタ公式ホームページ

また、アクアでは『パーキングサポートブレーキ』というシステムも搭載しています。これはアクセルの踏み間違いや踏み過ぎで起きる衝突事故を防止し、被害を軽減できるシステムです。車体に8つあるソナーが静止物を検知し、ハイブリットシステムを抑制、自動的にブレーキをかけてくれます。このシステムは、なんとコンビニエンスストアのガラスまで検知する事が可能です。

スポンサードリンク

アクアのマイナーチェンジの歴史

引用:トヨタ公式ホームページ

2011年12月から発売開始されている『アクア』。現在アクアは大きなモデルチェンジは行っておらず、ボディカラーやエンジン、バッテリー等の駆動面をはじめとした、ボディカラーや車内などの内外装を中心にマイナーチェンジを行っています。

S(ディープアメジストマイカメタリック)

引用:トヨタ公式ホームページ

まず、アクアは2014年に最初のマイナーチェンジを行います。その時は、全グレードタイプにフロントバンパーとヘッドライトを採用し、faceリフトを実施。また、リアコンビネーションランプと、シャークフィン型ラジオアンテナを装備して、外見のリフレッシュと空力性能を向上。さらに、エンジンとモーターを改良し、燃費の向上しました。

「アクア トヨタ」の画像検索結果

引用:トヨタ公式ホームページ

2017年6月のマイナーチェンジでは、車体をリニューアルフロントマスクのボリュームを増し、丸みが伴った存在となります。また、ヘッドランプのデザインや、フードとフェンダー、パンパーの変更も行いました。

さらにサスペンションの伸縮性も良くなり、タイヤサイズも変更され、操縦面での安定性をも持たせ、運転しやすい車体に仕上がっています。

過去のモデルは、全体が尖った場面や性能にも差があったため、丸みを作る事や燃費のよいエンジンやモーター、バッテリーを開発することで『アクア』の目指している誰が乗っても優しいハイブリットカーというコンセプトを大事にしています。

ケンタ
車は日々進化するもの。マイナーチェンジを繰り返すことでユーザーにとって、快適な運転を出来る車を目指しているんだね。

現在販売されているアクアのグレードと価格

アクア「Crossover」<オプション装着車>

引用:トヨタ公式ホームページ

『アクア』を購入する際、気になるのはグレードです。アクアの基本グレードは4種類あります。必要最小限の装備と最安値&低燃費グレードの『L』価格と装備のバランスが良い標準グレードの『S』Sよりも装備を充実させた上級グレードの『G』。そして専用の外装パーツをつけ、車高もアップしたSUV版『クロースオーバー』があります。

車体価格は、トヨタ公式ディーラーで購入するとなった場合、最小限グレードの『L』が179万円から、標準グレードの『S』が189万から、上級グレードの『G』カスタマイズできる『クロスオーバー』が207万からとなっています。

また、基本グレードの他に、『S』と『G』をベースにした派生グレードが4種類もあり、合計すると8種類のグレードがあります。また、トヨタのディーラーでは、カーオプション用品などが割引で購入出来たり、ホームページでは事前にグレードとカラーデザインを選んでから、お店で相談するという事も可能です。最新の情報に注意して、検討してはいかがでしょう。

なお、アクアのグレード内容を詳しく知りたい方は、『アクアのグレード別の魅力とどんな人におすすめかを徹底調査!』の記事も合わせてご覧ください。

トヨタ・アクアとは?

引用:トヨタ公式ホームページ

『トヨタ・アクア』は、2011年12月に販売が開始された小型ハイブリット乗用車です。2003年に発売された『プリウス』以降、小型ハイブリット乗用車として開発されました。車名の『アクア』という意味はラテン語で『水』という意味。

詳しい内容については、『トヨタのアクアの意味とは?話のネタになること間違いなし!!』に掲載されていますので、そちらをご覧になってください。

ベースとされたのは、1999年から販売されている『トヨタ・ヴィッツ』。モータースポーツのエントリーモデルとして、現在でも日本をはじめ多くの諸外国で販売されています。また2017年からはハイブリット機能タイプが追加され、アクアと共に販売されています。

ケンタ
ヴィッツを見てみるとアクアと雰囲気が似ていますね。ヴィッツには前身モデルがあったの?
ベテランディーラー
トヨタでは、ヴィッツの前身タイプとして、スターレットという車種が1973年から1999年まで販売されていました。販売終了後、そのスターレットを改良して作られたのが、ヴィッツです。

アクア×スターレット×ヴィッツ

引用:カーセンサー公式ホームページ

上の画像が、ヴィッツの前身となるスターレット(1996年~1998年生産モデル)。なんだか懐かしい感じがしますよね。車のデザインには流行があるので、見るだけで時代を感じることができて楽しかったりもします。

「ヴィッツ トヨタ」の画像検索結果

引用:カーセンサー公式ホームページ

そしてこれが、1999年から販売された初期のヴィッツ(1991年~2005年生産モデル)。

どうですか?スターレットの最終モデルはなんとなく、初期のヴィッツに似ていますよね。ヴィッツは改良を重ねながらも現在でも販売をしています。そのヴィッツの車体に、『プリウス』のハイブリットの機能を移したのが、『アクア』だったんです!

スターレットの機能と歴史
  • 生産期間:1973年~1999年
  • フルモデルチェンジ数:5回
  • 乗員定員:5人
ヴィッツの機能と歴史
  • 生産期間:1999年~
  • フルモデルチェンジ数:3回(2018年現在)
  • 乗員定員:5人
  • 2005年度グッドデザイン賞受賞 (2代目)

プリウスとアクアの違い

引用:トヨタ公式ホームページ

1997年、世界初のハイブリット乗用車として現在でも生産されている『トヨタ・プリウス』。ハイブリットという意味は元々遺伝学で使われる『雑種』という意味なんです。それが様々な分野で「2つの異なる要素を組み合わせたもの」という意味で使われ、その名前が付けられました。

車の業界でハイブリットカーというのは、ガソリンエンジンと電気モーターの2つを動力源としている自動車を全般を指しています。

プリウスの機能と歴史
  • 生産期間:1997年~
  • フルモデルチェンジ数:4回(2018年現在)
  • 乗員定員:5人

そしてセダンタイプのプリウスを小型化し、2014年に開発したのがアクアです。小型化された事により小回りもきき、価格の方もアクアの方が少し安くなっている事もあり、現在トヨタではアクアとプリウス、二分する人気があります。

車体価格は、プリウスは最低グレードで207万円から、アクアは最低グレードで179万円からとなっています。

プリウスはレンタカーやタクシー、会社等の公用車として利用される場面が多く、アクアはヴィッツと同じように家庭用としての自家用車としての販売が多いようです。ただし両車ともレンタカーでの需要は同じようです。

引用:トヨタ公式ホームページ

プリウスとアクアは環境に考慮したハイブリット車です。観光スポットでレンタカーを利用する方もいらっしゃいますが、旅行先での観光地を巡るのにちょこちょこ走るというのが、実はハイブリットカーの方が向いているのです。レンタル料金はガソリン車よりも高くなってしまいますが、旅先でハイブリット車をレンタルし、環境に配慮してドライブしたいという方には良いメリットである事が言えるのです。これはアクアやプリウスにも同じことが言えます。

関連画像

引用:トヨタ公式ホームページ

またタクシー会社で『プリウス』や『アクア』など多く使われるようになったのは、タクシー会社が『環境に配慮した車』を使っているという宣伝となる事。そして、トヨタが販売している商用車『コンフォート』が2018年を持って生産中止になってしまい、代わりの新車として『プリウス』か『アクア』を導入しているケースが増えた事です。

上の写真がタクシー会社で多く使われているトヨタの公用セダン『コンフォート』。2018年に生産中止されました。

「タクシー プリウス」の画像検索結果

引用:日本交通公式ホームページ

上の画像が、タクシー会社で使われているプリウス。

「タクシー アクア」の画像検索結果

引用:大阪 堺・松原の看板屋 スマイルサイン日記

そしてこちらが、『アクア』のタクシーです。

『ハイブリットカー』がタクシー会社に導入されるようになったのは、コストパフォーマンスも良い所。タクシーの燃料はガソリンではなく天然ガスを使用して運航していますが、近年、天然ガスの価格も石油と同じく上昇しています。プリウスは燃料電池の交換次第で、天然ガス車とほぼ同等の耐久性で走れる場合があります。そのため、生産中止した『コンフォート』に変わって『プリウス』または『アクア』が導入されているわけです。

中型タクシーの場合は『プリウス』、小回りのきく小型タクシーは『アクア』を使用するタクシー会社が多いようです。

街中の移動でも、燃費が良いのでその分『プリウス』や『アクア』と言ったハイブリットカーが、お金にも優しいケースになるというわけなのです。

ケンタ
プリウスをはじめ、アクアも最近タクシー会社で、よく見かけますね。
ベテランディーラー
ハイブリットカーは、価格や維持費、車検での修理費用が掛かりやすいですが、燃費が良くまた環境にも優しい事。エコカー減税の対象にもなります。プリウスが公用車として利用される頻度が高くなったのは、その背景がある事も理由としてあげられます。
ケンタ
なるほど。それにヴィッツの車体価格を調べてみると、アクアより少し割安になっているし、燃費もエコカーとほぼ同じぐらいだ。ガソリン車を買うかハイブリットを買うかは、お財布と今後の家庭状況によって購入しようという事だね。
スポンサードリンク

まとめ

  • 現在の『アクア』は自動ブレーキシステムを採用し安全性を重視。
  • アクアは、2回マイナーチェンジを行い、2019年にフルモデルチェンジを予定。
  • 『アクア』は、トヨタヴィッツをモデルに2014年に開発。
  • ハイブリットは、遺伝学で『雑種』という意味。
  • トヨタは、1997年の『プリウス』からハイブリット自動車を開発している。
  • 小型化された『アクア』は自家用車としての使用頻度が多いが、小型タクシーにも利用されている。

いかがでしたか?アクアの歴史や、その前身の車の歴史、おわかりにになっていただけましたでしょうか?もし、アクアを購入するという事を考えているのであれば、今回の記事を参考にし、ディーラーとよく相談して購入を決めてくださいね。自動車を買うというのは、人生で一番大きな買い物をする一つでありますから♪

 

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です