アルファードの全グレードの違いを徹底調査!!お勧めはどれ??

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

家族が増えると4人乗りの軽自動車が狭くなってきて、大型の車に買い替え時かな~なんて思いますよね!いつかは大きい車に買い換えて、家族みんなでお出かけできればいいなって思っています。

でも実際車を購入するときその車種のグレードはどれがいいかって結構迷ったりしませんか?ディーラーさんに聞いてみてもイマイチわからなかったり、ここって迷いどころだと思うんです!

なので今回は、トヨタ車でファミリー層に大変人気のある「アルファード」のグレードについて徹底的に調査してまいりました!

スポンサードリンク

アルファードのグレードはいくつある?

ミニバンの中でも高級車でファミリー層に人気の高い「アルファード」なのですが、グレードが沢山あってよくわからないってことありますよね。

車に詳しくない人だとどれがなんなのかさっぱり分からないと思うので、基本のタイプは4種類あってそのうち種類別で「4+4+4+5=1717種類の豊富なグレードがあるんです。

タイプ一覧
  • 基本ボディのガソリン車
  • 基本ボディのハイブリット車
  • エアロボディのガソリン車
  • エアロボディのハイブリッド車

搭載のパワーユニットに「ガソリンモデル」と「ハイブリットモデル」の2つ、そしてボディタイプが「基本ボディ」と「エアロボディ」で4つが基本のタイプだと覚えて置いてください♪

グレードの違いを簡単に説明すると、エクステリアやインテリアの基準装備の内容や、付けれるメーカーオプションの選べる数が変わってくるんです。

標準ボディとエアロボディの違いって?

基本ボディとは、車の外装などのカスタマイズ装備の付いていない車体のことをいいます。エアロボディよりもシンプルですが、やっぱり車体は大きいので、標準ボディでも十分かっこいいですよ!

標準ボディ
  • シンプルかつ重高感のあるボディ
  • カスタマイズパーツが付いていないので、好きなパーツをつけられる。
  • 外装のこだわりがあまりない人はお値段的に標準ボディがオススメ!

エアロボディとは、標準ボディにエアロパーツがついている車体のことです!標準ボディよりもちょっと高級感があってかっこいいので車にこだわりがある人はエアロボディを選ぶ人が多いんじゃないでしょうか。

エアロボディ
  • フロントとリアにエアロボディ専用のバンパーが装着されている。
  • サイドにもサイドマッドガードが装備
  • ヘッドライトにブラック加飾でキリッとした印象!

アルファードにはカスタマイズできる装備も充実しているので、車好きにはたまりませんね♪

安全装備は全グレード対応!?

グレードを選ぶとき、安全装備がついていなかったらいざ購入したときあれれ?ってなっちゃいますよね。

ですがご安心ください!このアルファードの安全装備「Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)」は全グレードに標準装備されているんです!なので、グレードを下げたとしても安全装備は代わらないということなんですよ。

基準装備だからもしもの時でも安心です。車を運転するには安全装備はついていて損はありませんからね。

しかも、自働ブレーキの対応速度が従来のものよりも優れているってご存知でしたか!?

ベテランディーラー
従来のセーフティセンスCは10~80km/hで作動していたのに対して、セーフィテセンスPは10km/hから車の最高速度まで対応しているんだよ。
ケンタ
えぇっ!それはすごい!!80km以上の速度で走っていても安全装置が作動するなんて、とてもすごい性能をしているんだね!

標準ボディ「ガソリンモデル」のグレートは4種類

引用元:トヨタ 公式HP

基本ボディで搭載エンジンが「ガソリンモデル」のグレードは「X」「G」「GF」「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」の計4種類!

中でも、「X」は8人乗り設定にされていてファミリー向けなんです。他に8人乗り設定されているグレードは「HYBRID X」、エアロボディの「S」のみになるんです。

「ガソリンモデル」の中で「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」はハイエンドグレードになるので、お値段はちょっとお高めですが、標準装備もゴージャスになってきますよ♪

ガソリン車でいいところといえば経済的なところですよね。ガソリンは値段の上がり下がりはあるけれど、他の燃料よりも格段に安いので、パパママには嬉しいですよね。

お値段もお手頃のベースグレード「X」

ガソリンモデルで、アルファードのグレードの中で、一番値段も安く全てのグレードの基準となるグレードが「X」なんです。8人乗り設定されていて、ファミリー向けのグレードになっています。

ベースグレードといっても、フルオートエアコンやアルミホイールが標準装備の内容はめちゃくちゃ充実しています♪価格が一番安いので、ベースグレードを購入して、自身でカスタマイズしていく人も多いのではないでしょうか!

「X」の標準装備
  • 16インチアルミホイール
  • 2眼ヘッドライト
  • 本革巻きステアリング
  • ファブリックシート
  • スタンダードコンソールボックス

グレード「X」に搭載されているエンジンは2.5Lの直列4気筒。駆動方法は2WDと4WDの2種類でガソリン車は全てこの駆動方法となっていますよ。

キャプテンシートが特徴のグレード「G」

このグレードから上位のグレードは全て7人乗り設定になってるんです。何故7人乗りなのでしょうか?

それは2列目の座席がキャプテンシートになっているからなんです!ベンチシートのように、後ろの座席に座るために一度シートを寄せる必要がなく、乗れる人数は減ってしまいますが、1人1人がゆったりと座れるという特徴があるんですよ♪

キャプテンシートとは、座席が1つ1つ個別に分かれているシートのことを言います。
「G」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(ハイパークロームメタリック塗装)
  • 2眼ヘッドライト
  • 本革巻き・メタルブラウンウッドステアリング
  • 合成皮革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

ホイールが17インチとすこし大きくなり、運転席パワーシートやステアリングが本革巻きとメタルブラウンウッドとなり、シートもファブリックから合成皮革になるので車内全体の高級感が一気に増しますよ!

「G」のさらに上のグレード、装備も充実♪「GF」

搭載エンジンが3.5L、V型6気筒となるので、2.5L直列4気筒よりもパワフルな走りを実感できるんです。7人乗車したり、沢山荷物を積んでいても、発進や加速時のちょっとしたストレスを感じることがすくなくなるんです!

普段車を運転していると沢山荷物を積んだときや、フルで乗車すると車体が沈んでしまって発進時や坂道、加速するときにストレスを感じることがありますよね。そのストレスがないって結構爽快なんですよ~(笑)

「GF」標準装備
  • 17インチアルミホイール
  • 2眼ヘッドライト
  • 本革巻き・メタルブラウンウッドステアリング
  • 本革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

2.5Lエンジンよりも、パワフルな走りをするこのグレードですが、燃料はハイオクとなるのですこし燃費は悪くなっちゃうんです。ガソリンよりも割高なので、経済的にちょっと痛いかもしれませんね。

最上級グレードで装備も内装もゴージャスに!「Executive Lounge」

標準ボディの「ガソリンモデル」で最上級グレードとなるこの「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」は標準装備がかなりゴージャスになってきます。

正規品でカスタマイズをこだわる人にとっては、憧れとなるグレードでしょうね♪一度は運転してみたいです(笑)

「Executive Lounge」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(スパッタリング塗装)
  • LEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リヤ)
  • 3眼ヘッドライト
  • LEDクリアランスランプ
  • 本革巻き・ブラウンオリーブ木目調ステアリング
  • プレミアムナッパ本革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

こちらも3.5LV型6気筒のエンジンとなるので、燃料はハイオクになりますが、このクラスを乗っている人にとったら燃料の値段なんてあんまり気にしないとおもいます(笑)

シートは合成皮革ではなく、もちろん本革!ステアリングも本革と内装は本革尽くし!メーターも専用のものにかわり、細部まで高級感にこだわった車内となっております。

スポンサードリンク

標準ボディ「ハイブリット」のグレードは4種類

引用元:トヨタ 公式HP

基本ボディ「ハイブリット」のグレードは「HYBRID X」「HYBRID G」「HYBRID GFパッケージ」「HYBRID Executive Lounge」の全4種類あります。

ハイブリットとは2つの異なる動力源をもっているという意味、なので自動車の場合は「ガソリンエンジン」と「電力モーター」の2種類の動力源を搭載する自動車のことを言うんです。

最近は環境にいいエコカーだなんてよく聞きますよね。ハイブリット車はガソリン以外にも、電力モーター」を使って自動車を動かしてくれるのでとっても燃費がいいんです♪

ハイブリット唯一の8人乗り設定「HYBRID X」

こちらはガソリンモデルの「X」と同じで、ハイブリットの基準となるグレードです。ハイブリットの中で唯一の8人乗り設定でファミリー向けグレードになっています。

搭載エンジンが「ガソリンエンジン」と「電力モーター」2種類になるので、ガソリンモデルよりもすこしお値段があがっちゃいます。ですが、基本は「X」とかわらないので、基準装備はもちろん充実しています♪

「HYBRID X」の標準装備
  • 16インチアルミホイール
  • 2眼ヘッドライト
  • 本革巻きステアリング
  • ファブリックシート
  • 大型スタンダードコンソール

ハイブリットの駆動方法は全てE-Fourの4WDとなっているので2WD設定はないんです。アルファードのグレードで一番燃費がいいのがこの「HYBRID X」なんですよ。

キャプテンシートのハイブリット!「HYBRID G」

ガソリンモデル「G」と標準装備の変わりはありません。7人乗り設定で、キャプテンシートが魅力の上位グレードになります。ハイブリットになって、燃費がよくなったところが一番の違いなんです♪

「HYBRID G」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(ハイパークロームメタリック塗装)
  • 2眼LEDヘッドランプ
  • 本革巻き・メタルブラウンウッドステアリング
  • 合成皮革シート
  • 大型ハイグレードコンソール

こちらのグレードから、3眼LEDヘッドライト・フロントとリヤのシーケンシャルターンランプ・LEDコーナリングランプのカスタマイズがメーカーのオプションでつけられるようになりますよ~!

シートが本革!パワースライドドアもパワーアップ!「HYBRID GFパッケージ」

「HYBRID G」のグレードをさらに装備を充実させたのが「HYBRID GFパッケージ」他のグレード同様7人乗り設定ですが、このグレードはシートが全て本革になってメーカーオプションされていないステアリングヒーターアクセサリーコンセントが5つも追加されるんです♪

「HYBRID GFパッケージ」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(ハイパークロームメタリック塗装)
  • 2眼ヘッドライト
  • 本革巻き・メタルブラウンウッドステアリング
  • 本革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

パワースライドドアの性能もパワーアップして予約ロック機能以外にも、ウェルカム機能も標準装備されちゃうんですよ。

ハイブリットで燃費もいい♪最高級グレード!「HYBRID Executive Lounge」

基本ボディのハイブリットでもっとも最高級のグレードとなるこちら、基準装備はガソリンモデルの「Executive Lounge」と変わりはまったくありません。

本革はもちろん、メーターはオプティトロンメーターとなり、17インチアルミホイールはスパッタリング塗装!装備も内装もゴージャスで細部までこだわった内容となっていて、さらに燃費もいいハイブリットとなれば、高級感がさらにましますね♪

「HYBRID Executive Lounge」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(スパッタリング塗装)
  • シーケンシャルターンランプ
  • 3眼ヘッドライト
  • 本革巻き・ブラウンオリーブ木目調ステアリング
  • プレミアムナッパ本革シート
  • 大型ハイグレードコンソール

エアロボディ「ガソリンモデル」グレードは5種類

引用元:トヨタ 公式HP

エアロボディのグレードは「S」「SAパッケージ」「SCパッケージ」「SC」「Executive Lounge S」の計5種類。

エアログレード全てに、フロントバンパー・リヤバンパー、さらにサイドマッドガードにエアロ専用パーツが装備されていて高級感がアップ!ヘッドライトにはブラック加飾されているので表情がキリッと引き締まった印象なんです。

標準ボディと違い、エアロボディには標準で専用のエアロパーツがついているのでお得にドレスアップを楽しむことができます♪見た目もかっこよく、重高感があるのが特徴ですよ。

エアロボディのベースグレード「S」

ガソリンモデルの「X」と違い、7人乗り設定されています。搭載エンジンは標準ボディと同じく2.5L直列4気筒になっています。

「S」の標準装備
  • 18インチアルミホイール
  • 2眼ヘッドライト(ブラック加飾)
  • 本革巻きステアリング
  • ファブリックシート
  • スタンダードコンソールボックス

駆動方法は2WDと4WDの2種類あります。標準ボディとの違いは外装だけでなく、ホイールのサイズが18インチと変わってくるので購入の際は注意しましょうね。

助手席が最大1160mm移動できる!「SAパッケージ」

エアロボディ「S」をベースにコンソールボックスがハイグレードに変わります。さらに、メーカーオプションであったフロントドアガラスのIRカット・撥水加工が標準装備になるんですよ!

なんといっても特徴なのが、助手席が最大1160mmも移動できるスーパーロングスライドシートとなっているんです!これだけ移動できるということは、自転車やサーフボードはもちろん、沢山の荷物を積むことが可能になりますね♪

「SAパッケージ」の標準装備
  • 18インチアルミホイール
  • 2眼ヘッドランプ(ブラック加飾)
  • 本革巻きステアリング
  • ファブリックシート
  • ハイグレードコンソールボックス

エアコンで排気ガスを除去!ブラック塗装がかっこいい「SCパッケージ」

コンソールボックスが大型になり収納が大幅にアップします。さらに本革巻きのみだったステアリングにメタルウッドが追加され、車内がより一層ゴージャスになるんです♪

フルオートエアコンは排気ガスを検知すると自動的に内規循環になるシステムが搭載されるので、嫌な排気ガスの臭いや空気を吸わなくてよくなりますよ!

「SCパッケージ」の標準装備
  • 18インチアルミホイール(光輝・ブラック塗装)
  • 2眼ヘッドライト(ブラック加飾)
  • 本革巻き・メタルウッド
  • 合成皮革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

3.5Lのエンジンを搭載でフル乗車でもノンストレス♪「SC」

基準装備は「SCパッケージ」と同じになりますが、搭載エンジンが3.5LV型6気筒となりパワフルな走りを体感できます。フル乗車でも、沢山荷物を積んでいても、発進加速のストレスはほぼありません♪

「SC」の標準装備
  • 18インチアルミホイール(光輝・ブラック塗装)
  • 2眼ヘッドライト(ブラック加飾)
  • 本革巻き・メタルウッドステアリング
  • 合成皮革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

迫力あるエアロボディに豪華な内装と装備の最高級グレード!「Executive Lounge S」

マイナーチェンジで追加されたこの「Executive Lounge S(エグゼクティブラウンジS)」エアロボディの基準装備であるエアロパーツに加えて、内装や基準装備がさらに充実しているんですよ。

標準ボディの「Executive Lounge」同様に3眼LEDヘッドライト、本革巻き、プレミアムナッパ本革シートとなり、車内は高級車さながらなんです。セカンドシートにはエグゼクティブシートが使用されていてゆったりとくつろぐことができるんですよ。

エアロボディの特徴であるエアロパーツのサイドマットガードの部分にメッキモールが追加されているのはこのグレードのみになります。

「Executive Lounge S」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(スパッタリング塗装)
  • リヤLEDシーケンシャルターンランプ
  • サイドマッドガード(メッキモール付き)
  • 3眼LEDヘッドライト
  • 本革巻き・シルバー木目調ステアリング
  • プレミアムナッパ本革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

エアロボディ「ハイブリット」のグレードは4種類

引用元:トヨタ 公式HP

アルファードのグレードの中で、車両価格が高額になるものが、こちらのエアロボディの「ハイブリット」となります。燃費もよくて、さらに基準でエアロパーツがついているので納得ですね。

エアロボディで「ハイブリット」のグレードは「HYBRID S」「HYBRID SR」「HYBRID SRCパッケージ」「HYBRID Executive Lounge S」の計4種類。

キャプテンシート7人乗り設定のベースグレード!「HYBRID S」

エアロボディ「ハイブリット」でベースとなるグレードですが、こちらはキャプテンシートとなっていて7人乗り設定なのでご注意くださいね♪

「HYBRID S」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(ハイパークロームメタリック塗装)
  • 2眼ヘッドライト
  • 本革巻きステアリング
  • ファブリックシート
  • 大型スタンダードコンソールボックス

豪華な装備でアルファードを満喫♪「HYBRID SR」

「HYBRID S」に比べてシート素材・ステアリングやコンソールボックスの大きさがグレードアップしています。さらにこちらのグレードからメーカーオプションで設定できるカスタマイズが豊富になりますよ。

「HYBRID SR」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(ハイパークロームメタリック塗装)
  • 2眼ヘッドライト
  • 本革巻き・メタルウッドステアリング
  • 合成皮革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

本革シートでさらに高級感をプラス「HYBRID SRCパッケージ」

全シート本革になり高級感が一段と増すこちらのグレード。「HYBRID GFパッケージ」と同様のステアリングヒーターアクセサリーコンセントが5個つくなどの標準装備が追加されるので車内の快適度が抜群によくなります♪

「HYBRID SRCパッケージ」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(ハイパークロームメタリック塗装)
  • 2眼ヘッドライト
  • 本革巻き・メタルウッドステアリング
  • 本革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

アルファード至上最上級のグレード「HYBRID Executive Lounge S」

マイナーチェンジにともない、ガソリンモデルとハイブリットにも「 Executive Lounge」が追加されて選択の幅が広がりました。

ですが、エアロボディのカッコイイ見た目と、ハイブリットで燃費もよくて全シートがプレミアムナッパ本革シート、さらにはT-ConnectナビやJBLサウンドシステムも搭載されていて、アルファードの全てはここにあり!といったグレードとなっております♪

「HYBRID Executive Lounge S」の標準装備
  • 17インチアルミホイール(スパッタリング塗装)
  • 3眼ヘッドライト
  • フロント・リヤシーケンシャルターンランプ
  • LEDコーナリングランプ
  • 本革巻き・シルバー木目調ステアリング
  • プレミアムナッパ本革シート
  • 大型ハイグレードコンソールボックス

お勧めのグレードはどれ?

引用元:トヨタ 公式HP

17種類のグレードを紹介してきましたが、実際一番人気があるグレードってどれなんでしょうか?やっぱり大人数乗れる8人乗り設定のグレード?それともアルファードを買うなら多少は上位のグレードもいいな~。と思ったりしますよね。

ここで、アルファードの購入を考えている顧客の層を見てみると、やはりミンバンなのでファミリーカーとして使用する人が多いんです。そう考えると、8人乗り設定は捨てがたいし、上位のグレードとなってくると燃料のコスパが悪くなるんじゃないかな?と考えたのです。

ファミリーカーとして乗るなら8人乗り設定がオススメ!

アルファードを乗る上で、どこを重視するかにも寄りますが、ファミリーカーとして乗るのであれば「X」「HYBRID X」「S」の8人乗り設定のグレード使いやすく、価格もお安くなっていて維持しやすいのでオススメといえますね。

経済的な部分を重視するなら燃料がハイオクとなる上位グレードはオススメしません。ハイブリットでガソリンを使用するグレードを選ぶとコスパは高いといえますよ♪

こだわりあり!高級ミニバンを堪能したい人へのオススメ!

こだわりの強い人であればせっかくアルファードを乗るんですから、高級ミニバンを堪能したいですよね♪そんな人は上位のグレードをオススメします。ガソリンモデルなら「GF」「SC」が丁度いいグレードだと思います。

ハイブリットから選ぶと「HYBRID GFパッケージ」「HYBRID SRCパッケージ」がオススメですよ!

スポンサードリンク

まとめ

  • アルファードのグレードは全部で17種類。
  • ファミリカーとして使用するなら「X」「HYBRID X」「S」のベースグレードが使いやすくてオススメ!
  • せっかくならいいものをとこだわる人は「GF」「SC」、「HYBRID GFパッケージ」「HYBRID SRCパッケージ」がオススメ!
  • 購入の際は自分のこだわりはどこかしっかり見きわめる。

グレードは沢山あるけれど、基準さえ分かれば結構違いが分かりましたよね。そこにさらに、自分はこの車に何を求めているのかを考えていけばおのずと車のグレードって決まってくるんじゃないでしょうか!

「燃料はガソリンがいい」「内装はちょっと凝ったものがいいな」「シートは絶対本革!」などなど、こだわりは人それぞれですよね。車って大きな買い物なので、しっかり見きわめて自分のライフスタイルに合ったグレードを選んでいきましょう♪

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です