新開発技術が駆使された!?カムリハイブリッドを徹底調査!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

車に乗る人にとって『ハイブリッド車』は重要なキーワードになってきていますよね。

ガソリンの値段は年々上がり続け、少しでも家計を良くするためにハイブリッド車に買い替えようと考える人も多いんじゃないでしょうか。

2017年7月にフルモデルチェンジして発売されたトヨタのカムリもハイブリッド車の一つなんです。クラストップレベルの燃費性能と優れた走りを両立するハイブリッド車として生まれ変わった新型カムリのハイブリッド機能と燃費について詳しく調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

新型カムリのハイブリッド何がすごい?

引用:トヨタ自動車公式HP

ハイブリッド車は、ガソリンエンジンと電気モーター等、複数の動力源を搭載している車のことですよね。色々なメーカーからハイブリッド車が出ていますが、新型カムリのハイブリッドって実際どこがすごいのでしょう?

先代モデル

カムリは先代モデルにあたる9代目から国内仕様はハイブリッド専用車となりました。その時から2.5Ⅼエンジン+ハイブリッドシステム「THSⅡ」を採用していたんです。

THSⅡ(TOYOTA Hybrid System Ⅱ)とは
エンジンとモーターの両方を動力源として上手く使い分ける「シリーズパラレル方式」を採用したハイブリッドシステムのことです。発進時や低走行時は低回転域から最大出力を出せるモーターを使用し、速度が上がると燃費効率の良いエンジンを使用します。エンジンで発生するパワーを使い切れない場合は、電気に変換してバッテリーを充電します。強い加速が必要なときには、モーターとエンジンを併用し、スムーズに加速します。 

新型モデル

一方、新型は同じ2.5Lエンジンでも新開発された2.5Lダイナミックフォースエンジン(直列4気筒2.5L直噴エンジン)+マルチステージハイブリッドシステム「THSⅡ」を採用しています。

新しく開発されたこのエンジンは、熱効率を向上させ、かつ出力も高められています。同様に新開発のハイリッドシステムは、高い発進加速性能を実現。高速度で走行している時もシステムを効率をよく動かして、エンジンを間欠運転させることが可能になったため、スピードが出ていても燃費が向上出来るようになりました。

間欠運転とは?
機械を連続して稼働するのではなく、一定の時間をおいて稼働と停止を繰り返すこと。

引用:トヨタ自動車公式HP

このエンジンとハイブリッドシステムの組み合わせによって新型カムリは世界トップレベルの最大熱効率41%を達成しています。熱効率があがったのはもちろん、低燃費を実現することも出来たんですね。

先代モデルの燃費と比べると一目瞭然です。

JC08モード燃費

【先代モデル】

  • 23.4km/L

【新型モデル】

  • Xグレード:33.4km/L
  • G、Gレザー、WS、WSレザーグレード:28.4km/L

10kmって東京駅~ディズニーリゾートまで車で行ける距離なんです。子供と楽しい時間を共有する機会が増えて嬉しいですよね。

他のハイブリッド車との燃費比較

引用:トヨタ自動車公式HP

ハイブリッド車というと、トヨタのプリウスやアクア、日産のノート、ホンダのフィット等が有名ですよね。他のハイブリッド車の燃費と新型カムリの燃費を比較してみたいと思います。

代表的なハイブリッド車の燃費(JC08モード)

【トヨタ・プリウス】37.2~40.8km/L

【日産・ノート】34.0~37.2km/L

【トヨタ・アクア】34.4~38.0km/L

【ホンダ・フィット】37.2/L

ケンタ
あれ?新型カムリって燃費そうでも無いんじゃ……。
ベテランディーラー
いいえ。ハイブリッド車の王と言っても過言では無いトヨタのプリウスはカムリと同じセダンタイプですが、アクア、ノート、フィットはコンパクトカーですよね。セダンタイプでこの燃費を実現できる車は少ないんですよ。
ケンタ
そっか!子供もいる我が家ではコンパクトカーだと小さく感じてしまうからな。カムリはセダンで高級感や重厚感も充分に感じられるのに燃費が良いってまさに僕好みだ!
ベテランディーラー
そうなんです!しかもプリウスの排気量が1.8Lなのに対し、カムリは2.5Lありますからね。評価に値しますよ。
排気量が多いことのメリット
車の排気量が多いと、より多くの動力を生み出すことができるためエンジンパワーが増します。そのため、加速がスムーズにできたり、上り坂も楽に登れたりと、より快適な運転が可能になります。また、エンジンの回転数が少なくて済むので エンジン音も静かです。
スポンサードリンク

新型カムリの実燃費は?

新型カムリのカタログ燃費がすごいことはわかりました。でも実際に乗る人が気になるのは実燃費ですよね。そこで実燃費の口コミを調べてみました。

実燃費の口コミ
  • Gグレードに乗っていますが、高速道路で24km/Lを記録しました!文句のつけようが無い数値です。
  • 燃費を気にした走りで20km/L弱。気にせずの街乗り中心で16km/L。セダンタイプにしては充分だと思います。(Gグレードレザーパッケージ)
  • 約20km/Lをキープしているので、まぁまぁだと思います。(Gグレードレザーパッケージ)
  • 市街地と高速で28km/Lを記録しました(Xグレード)

実燃費は天気、車道、運転の仕方よってもかなり変化が出るため、カタログ燃費の7割を超えていれば上出来とよく言われます。新型カムリは売れ筋のGグレードで約20km/L程度をキープしているようなので、充分な出来と言っても良いのではないでしょうか。中には9割で走れる人もいるようですよ!

ケンタ
どれくらいを記録できるか、挑戦してみたくなってきたな。カタログ燃費9割を記録できたら快感だろうな。
マイ(妻)
どんな記録を出せるか、運転も楽しくなるし、節約にもなっちゃうなんて一石二鳥ね

新型カムリのバッテリーの寿命って?

ハイブリッドカーに乗ろうと考える人には、バッテリーの寿命も気になるところですよね。

ケンタ
確かに!ハイブリッドカーが出始めたころは、バッテリーの交換が必要で数十万かかったなんて話を聞いたことがあるな。
マイ(妻)
数十万円!?そんなにかかったらいくら燃費が良くでもお得感がなくなっちゃう!

新型カムリは駆動用バッテリーとしてリチウムイオン電池を使用しています。使い方や走行条件によって寿命は変わってくるようですが、トヨタは新車登録した日から5年間、または走行距離10万キロまでは保証がついています。

ベテランディーラー
整備士達の話をきいていると、現在のハイブリッドカーの駆動用バッテリーは走行距離15~20万キロ程度が目安になっているみたいですよ。
ケンタ
20万キロ!?それは走ろうと思ってもなかなか走れないな。

毎日、相当な長距離を走るような人でなければ、駆動用バッテリーの交換については、あまり気にすることは無さそうです。

ただ、もし中古車で新型カムリを購入する場合は、駆動用バッテリー交換が必要になる可能性もあります!交換費用の相場としては、バッテリー本体が13~30万円に加えて、工費が数万円程度だと思われます。昔に比べて安くなっているとはいえ、痛い出費になりそうなので注意が必要ですね。

また、駆動用バッテリーの他に、補機バッテリーもあります。こちらは4~5年を目安に交換する必要があり、費用は3~5万円程度です。ガソリン車が1~2万円程度なので、少し割高にはなりますね。

スポンサードリンク

まとめ

  • 新型カムリは、新開発されたエンジンとハイブリッドシステムが搭載されている
  • セダンタイプで高い熱効率と低燃費を実現している
  • 実燃費もカタログ燃費の7割程度を記録している

いかがでしたか?気になった方は店頭に足を運んで試乗してみるのもいいかもしれません。僕みたいに休日子供と何して遊ぼうと悩んでいる人にはもってこい!新開発エンジンとハイブリッドシステムを子供と一緒に実感できるはずです。新型カムリは高級感もあるのでリッチな気分も味わえちゃいますよ!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です