カムリの意味って何!?トヨタのセダンに意外な共通点を発見!?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

洗練されたボディ!卓越した走り!ひとたびハンドルを握れば気分はまるでレーサー(でも公道では安全運転ですよ)!!セダン好きが国産スポーツセダンを語るうえで欠かせないのがトヨタのカムリではないでしょうか。

ところで「カムリ」ってどんな意味なんでしょう?皆さんはご存知ですか??僕はずっと「日本の神様か何かかな?」と思っていました。「神の車カムリ」みたいな。でも調べたら全然違ったんです・・・。

僕のような勘違いをしている皆さんのために、「カムリ」の名前の正しい意味をお伝えします!カムリの車名を調べてみると、トヨタ車の意外な共通点も見えてきましたよ。それではさっそくアクセル全開で行ってみましょう!

スポンサードリンク

カムリとは「冠(かんむり)」

引用元:TOYOTA公式HP

さっそく核心に迫ります!カムリとは「」を基にした造語なんです!あれ、全然神様関係ないじゃない・・・。ソッコーで出ばなをくじかれました。でも僕は諦めていませんよ!だって、冠ってことは神様に近いと思いませんか!?

マイ(妻)
ごめん、ちょっと言っている意味がさっぱりわからないんだけど・・・
ケンタ
え、どうしてわかってくれないの・・・!?

「冠」とは元々地位の高い王族であったり君主であったり国や地域、そのコミュニティのトップが身に着けていたものですよね。いわば世界のトップ、つまりと言っても過言ではありません!

・・・いや、さすがにちょっと無理がありました。でもそれくらい高貴で気品のある気高い自動車なんだ、というのは伝わってきます!

そしてトヨタを代表するスポーツセダンとして、今ではその名に恥じない確固たるブランドを確立しています!!そのスタイルは1980年の発売から今もなお、脈々と受け継がれています♪うーん、やっぱり最高に格好良いです!

「冠(かんむり)」を与えられたトヨタ車は実は他にもある!?

引用元:TOYOTA公式HP

ここまでカムリを持ち上げておいてなんですが、トヨタ車の「冠」と言えば、皆さんきっとほかの車を思い浮かべますよね。そう、トヨタの最上級セダンであるアイツです。

でも実は、アイツ以外にも「」の名を持つトヨタ車は他にもあるってご存知でしたか?「冠」を冠する自動車たち!ダジャレじゃないですよ!!どんなラインナップなのか早速チェックしていきましょう!

トヨタの「冠」勢ぞろい!

実はトヨタ車にはカムリのほかに「冠」が入っている車が3種類もあるんです!カムリも入れると合計で4車種もあるとは驚きですね!まずはそのラインナップを一挙にご紹介です。

トヨタの冠たち
  • クラウン(Crown)
  • カローラ(Corolla)
  • コロナ(Corona)
  • カムリ(Camry)

どうです!?もしかしたら予想外の車名も入っていたんじゃないでしょうか?実はこの4車種には共通点があります。それは、「トヨタを代表するセダンである」ということ!!

戦後の高度経済成長期の中で、自動車は僕たちの暮らしに欠かせない存在となっていきました。そんな自動車業界をけん引しているトヨタの顔ともいえる人気セダンには共通して「冠」が入っているのです!それぞれポジションは違いますが、どの車種もトヨタを代表する自動車ばかり!

さらにみなさん、気づきましたか?そうです、すべての車種の頭文字が「C」になっているんです!!代々、トヨタの代表的セダンは「C」で始まる車名になっているなんて、トヨタのこだわりと伝統が感じられますね!さすがは世界のトヨタ!

ではここからは、それぞれの車名の意味と特徴をチェックです♪

トヨタの冠といえばクラウン!!


トヨタ車の冠と言えばクラウン!こいつを置いて語ることはできません!!トヨタの最上級セダンの名にふさわしく、王冠をかたどったエンブレムを掲げて街をさっそうと走り抜けるその姿はまさに憧れです!

マイ(妻)
そういえば子どもの頃「いつかはクラウン」なんてフレーズを耳にしたかしら
ケンタ
今も昔も、クラウンはみんなの憧れの存在なんだよ!

この名前には「国産車を常にリードし続ける王座のしるし」という意味も込められているそうです。そしてそんな作り手たちの想いに応えるかのように、1955年の発売開始から現在に至るまで、国産車セダンの最高峰の地位を維持し続けていますよね!

男のロマン、憧れ!僕もいつかはクラウンを・・・あぁ、でも妻にきっと反対されるだろうなぁ。

クラウンの各グレードの価格や違いを比較!自分に合うグレードは?

2019.02.02

みんなのカローラは「花冠」

 

View this post on Instagram

 

El modelo más familiar de la gama #Corolla. ¡Descubre el Touring Sports! 😎 #KobeMotor #Motor #Coches #Híbridos

Toyota Kobe Motorさん(@toyotakobemotor)がシェアした投稿 –

トヨタ人気をけん引する大ヒット車種と言えば、カローラですよね!1997年には累計販売台数世界一でギネス世界記録に登録されたほどの大人気車種であるカローラも、実は「冠」の意味が込められていたってご存知でしたか?

カローラをアルファベット表記すると「Corolla」、ラテン語で「花冠」という意味です。そこには「自動車社会に花を咲かせる」「人目を惹く美しいスタイルのハイ・コンパクトカー」といった意味が込められているとか。高級志向のクラウンが直球の「王冠」なのに対し、大衆向けのカローラが「花冠」なんて、親しみやすさを感じますね。

ベテランディーラー
中国ではそのまま「花冠」という名称で発売されております。それにカローラは発売当初、「C」の上に花冠をあしらった可愛らしいエンブレムがついていたのですよ。
マイ(妻)
花冠のエンブレムなんて可愛らしいわね!女性受けも良かったんじゃないかしら♪

そんなカローラは1966年の発売開始から今に至るまで、その名の通り多くの方に親しまれ、トヨタ車の中でも最も愛されている車種の一つとなっています。

太陽冠・コロナ!

 

View this post on Instagram

 

#oldschool #jdm #rt132 #classiccars #toy #toyotacorona

Enrique Cruzさん(@enriquecruzrt132)がシェアした投稿 –

コロナという車種をご存知ですか?きっと団塊ジュニア世代のダンディなおじさま方にはピンと来るはず!1957年〜2001年まで発売されていたトヨタの伝統的なセダンです!

コロナという言葉、聞いたことありませんか?理科の授業をきちんと受けていた人は覚えているはず!そう、太陽の周りの散乱光のことです!皆既日食の時には太陽本体が隠れてもその周りのコロナが見えるので、その存在が良くわかります。

コロナを日本語にすると「光冠」「太陽冠」となります。皆を照らす太陽の冠をその名に持つ自動車、コロナ。なんだかそれだけで格好良すぎます!

高度経済成長期のマイカーブームをけん引したコロナは、激動の時代を生きる人々の生活の光となっていた事でしょう♪ちなみに「クラウン」の語源は「コロナ」からきているって知っていましたか?ということはある意味トヨタの冠シリーズの元祖とも言えますね!

ケンタ
「車と言えばコロナだった」なんて話を父がしていたっけ。それだけたくさんの人に愛されていた自動車なんですね。
ベテランディーラー
今は「コロナ」という車名の自動車は製造販売されていませんが、その伝統は残っているのですよ。

そうなんです。残念ながら現在はコロナの名称では発売されていませんが、その流れはプレミオに今も引き継がれています♪伝統は続いているのですね!

スポンサードリンク

カムリの歴史

数々の輝かしい歴史を持つトヨタの冠を掲げるセダンたち。このラインナップを見ただけでも、トヨタのセダンに対する想いは伝わってきますね。

そしてそれぞれの時代の変化に応じながら、時代そのものもけん引してきたはず!そんな中、1980年に発売開始されたカムリは他のセダンに比べると正直言って歴史は浅いかもしれません。

でも言い方を変えれば、カムリはトヨタの新しい時代を切り開く先駆車ともいえるのではないでしょうか。しかも現在のカムリは実は10代目!新しい車種でありながら、今日に至るまでには数多くの変遷があったのです!!

それではここからは、そんなカムリの主な歴史を振り返っていきたいと思います♪

初代(1980年-1982年)

カムリの初代は「セリカのセダン版」として登場しました。正式名称も「セリカ・カムリ」と、セリカのサブネームとして登場したカムリ。はい、正直言ってこの頃はセリカをベースに部分的に変更されただけのものだったのです。

そのため、厳密にいえばこの車種は初代カムリではなく、2代目こそ初代カムリと言われています。カムリがそんな曖昧なスタートを切っていたなんて驚きです。

1980年代のセダンらしく、角ばったボディが特徴的な初代カムリ。このカクカク感は3代目前期まで色濃く残っていきます。

2代目(1982年-1986年)

「これこそ初代カムリ!」と言った声がある2代目。見た目は先代とそこまで大きく変わりません。しかし変わったことはキャッチフレーズがつくようになったということ!カムリの初めてのキャッチフレーズは「大きなカムリ」。当時はあのクラウンよりも広々とした車内だったとか!?

そしてこの代からコロナに代わってトヨタを代表するミドルセダンとしての位置づけとなり、世界中に輸出されるようになりました。トヨタの世代交代と、カムリの世界進出が始まったんですね♪

3代目(1986年-1990年)

新しきセダンの象徴」のキャッチフレーズのもとに登場した3代目カムリは、2代目までのカクカク感から少し丸みを帯びたボディになってきました。なんだか昭和から平成へと変わった時代の流れを感じさせます。

3代目の特徴は、ハイソカー(上流階級向けの車の略)の流行を取り入れた豪華な装飾とインテリア!フロントウィンドウの傾斜がきつくなったことで先代のような広々とした空間は感じられなくなったものの、スタンダードなトヨタ車セダンとなりました♪

僕が子どもの頃はセダンといえばこんな形だったなぁ、なんて懐かしい気持ちになる車です。

4代目 (1990年-1994年)

4代目のキャッチフレーズは「ゆーゆー」。いったいどういう意味でつけたのか、さっぱりわかりません・・・(笑)。「悠々自適」の「ゆーゆー」なのでしょうか?

そんな不思議なキャッチフレーズの4代目ですが、ボディは3代目以上に丸みを帯び、昭和のスタンダードボディから平成の流線型ボディへ変化しつつあることを感じさせます♪

ちょうどバブルの時代に開発されただけあって装飾やインテリアは質が高く、高級感が漂っているのが特徴です。

5代目(1994年-1998年)

5代目カムリは前期と後期でキャッチフレーズが異なります。前期は「LIFE」、後期は「妻子あるカムリ」。これらのキャッチからも日常生活や家庭に目を向け、高級感を残しつつもファミリー向けといった思考が生まれたのかなと感じます。

ちょうどバブルもはじけて不景気に突入する時代背景もありコストカットが求められた頃です。3ナンバーから5ナンバーへサイズダウンしたほか、性能を維持しながらコストを抑えるためインテリア等は簡易的なものになっています。

特に前期はフロントグリルのエンブレムがないほどコストカットは徹底されたとか!景気低迷の不遇の時代を生き抜いた努力の跡が見えますね。

6代目(1996年-2001年)

6代目カムリはカムリ・グラシアの名前で登場しました。カムリ・グラシアは北米で展開していたセプター(北米カムリ)、そして3代目カムリから展開されていた「プロミネント」というグレードの後続車種として発売されました。

初代カムリと比べると、ずいぶん角が取れて丸くなった印象ですね。北米カムリと統一されたところを見ると、世界的な人気車種だったんだなというのが実感できます。

7代目(2001年-2006年)

これまでのカムリにはステーションワゴンタイプもでていましたが、7代目からはセダンに統一されました。やっぱりカムリと言えばセダンですよね!

日本のみならず世界での人気はとどまることを知らず、このモデルからフィリピン、マレーシア、インドネシア、台湾での海外生産も始まっているとか!驚異的な展開です。

8代目(2006年-2011年 )

7代目カムリから海外生産は拡大していましたが、8代目カムリからはなんとロシアでも生産が開始されました!その後2009年には韓国でも生産開始・・・。恐るべしカムリ、恐るべしトヨタ!

目標月間販売台数は国内では1,000台なのに対し、北米では30,000台というから更に驚きです!マーケットの大きさの違いはあれど、これだけの目標差。国内向けというよりも海外向け車種としての位置づけの強さがうかがえますね。

2005年に生産終了された「ウィンダム」という車種の統合もあったという8代目カムリは、それまでの「ザ・セダン」といった外観から一転、スタイリッシュでアグレッシブなものになっています。さらに上質感もプラスされ、大きなイメージチェンジがなされています。

ちょうどこのころはオバマ政権誕生やリーマンショック、さらには東日本大震災の発生と、時代が大きく動いた時期でした。世界的な不況のあおりを受けてトヨタもしんどい時期だったはず。それでもカムリは世界中の人に愛されていたんですね。

9代目(2011年-2017年)

9代目カムリで特筆すべきはハイブリッド専用車となったことが最大のポイントではないでしょうか!世はまさにハイブリッド車ブーム。その流れにカムリも乗ったわけです。

さらに高級感と重厚感がプラスされたデザインとなっているのも印象的です。エクステリアは空気抵抗も計算され、走行性に優れたスタイルに。インテリアはいわばクールモダンともいうべき、ブラックを基調とした落ち着きのある洗練された空間を演出しています。

ここまでくるともはや初代カムリの面影は全くありません。時代の流れと技術の向上によって車も日々進化しているんだということを実感しますね。

10代目(2017年-)

引用元:TOYOTA公式HP

最後は2017年から発売されている10代目です。見てくださいこのボディの曲線!流れるような美しさです。フロントの厚みが重厚で大人のセダンといった印象を受けますね。

9代目のカムリの特色を引き継ぎつつ、よりスポーティで快適な走りが楽しめます。低めの運転席からの眺めはまるで飛行機のコックピット(操縦席)のようです!

さらに安全性能が強化され、衝突回避システムや自動ブレーキシステムを搭載した「セーフティサポートカー」となっています。近年は自動車の安全性が強く求められています。これも時代性なのでしょうか。

ちなみに、車による事故は2004年のピーク後、減少傾向となっています。2017年の交通事故件数は2004年の半分以下!驚きですよね。

自動車の普及台数が減っていないのに交通事故が減っている背景に、このような安全機能の普及があることは間違いなさそうです。誰もが安心して暮らせる社会が広がっているんだな、というのを車の発展からも感じ取ることができますね。

10代目、通称新型カムリの詳細はぜひこちらでもチェックしてみてください!

新型カムリはどう変わったのか?その魅力について考えてみた!

2019.01.29
スポンサードリンク

まとめ

  • カムリの車名は「冠」から来たものだった
  • 「冠」に由来するトヨタ車は他に4車種もあった!
  • 1980年の発売以来、カムリは今も世界中で愛されている!

カムリの車名ってどういう意味だろう?という好奇心から、カムリの歴史まで紐解いてみました!こうしてみると本当に魅力的なセダンなんだということがわかりますね。

これからも「」の名の通り、セダンの王道を走り続けること間違いなしです!世界中の人々を魅了し続けてきたカムリ、今後の展開に目が離せません!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です