カローラスポーツのシートヒーターってどう⁈GRの噂もチェック!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

カローラといえばセダンタイプを想像する人も多いのではないでしょうか?しかし、今の時代カローラのバリエーションは多岐に渡っているんです!

定番のセダンタイプであるカローラアクシオ、ワゴンタイプのカローラフィールダー、そして人気のコンパクトカータイプのカローラスポーツ!!コンパクトカーは乗りやすさと程よい手軽さから大人気ですよね。今回はカローラスポーツのオプション、特にシートヒーターに注目しました!

さらにカローラスポーツGRの気になる情報まで徹底チェック!快適なカローラライフを夢見る人はぜひ一緒にチェックしていってくださいね!

スポンサードリンク

シートヒーターの機能性&使い勝手について

シートヒーターとはそもそもどんなものでしょうか。シートヒーターはその名の通りシートを温めてくれる装置のことを言います。寒い冬にはとてもありがたい装置ですよね。

一言にヒートシーターと言っても、その機能はそれぞれです。新型カローラスポーツのシートヒーターはどうなのでしょうか?その特徴をメリット・デメリットでチェックしていきたいと思います!早速見ていきましょう!

ヒートシーターのデメリットは?

新型カローラスポーツのシートヒーターについて調べてみると、マイナス要素として大きく2点の意見がありました。

シートヒーターのデメリット
  • スイッチが小さいし、運転席から離れているから操作がしづらい
  • 後部座席にないのが残念

まずシートヒーターのスイッチの操作性に難を感じている点です。スイッチ自体が小さく、しかも運転席から少し離れているため、操作がしずらいという意見もあります。やはり運転席から少し動いて操作するのは若干めんどくさかったりもしちゃいますしね。

ただ、運転中の操作がしづらいということは、言い換えれば「ながら運転」の予防にもなるんじゃないでしょうか?シートヒーターを使うような寒い日は路面が凍結していることも考えられるし、その分事故を起こす可能性も増えてしまいます。

日頃から停車しているときに操作する癖をつけることで、安全運転を心がけ、事故を防ぐことができそうですね!

またカローラスポーツの場合、シートヒーターをつけることができるのは運転席と助手席のみです。後部座席にシートヒーターがないことを残念がる声もありますが、ライバル車にも後部座席のシートヒーターがない車が多数あるので、他車と同じ流れに乗ったのかもしれませんね。

シートヒーターのメリットは?

続いてシートヒーターのメリットについてです。こちらについては大きく3点をピックアップしました!

シートヒーターのメリット
  • 2段階の温度調節が可能になっている
  • 座面だけでなく背もたれにもヒーターがついている
  • 広範囲を温めてくれるので、すぐに温かくなる気がする

メーカーオプションのヒーターには”ハイ(High)とロー(Low)”の2段階で調節できる機能がついています。

ずっと座ってると温かいから熱いに変わってくることもありますよね。そういったときのことを考えると温度調節機能が設置されているのは良いですよね。

また、車によっては座面しか温めないシートヒーターもありますが、この新型カローラスポーツのシートヒーターはなんと背もたれまで温かくしてくれるんです!

マイ(妻)
背もたれまで温めてくれるなんて素敵ね!これでしっかり温めてもらえれば、あなたと暖房の温度でもめることもなくなりそう!
ケンタ
温かさの好みは人それぞれだから、乗っている一人一人に合った温度調節ができてしかも全体を温めてくれるヒートシーターは本当にありがたいね。

さらに新型カローラスポーツに用意されているシーターヒーターは加熱エリアも広くなっているため、温かくなるスピードも早く感じることができるのが良いですね。

さらに寒冷地仕様をセットにすれば、ハンドルを温めてくれるステアリングヒーターが装着されるので温かさが倍増しますよ!

シートヒーターの価格は?!

2018年、6月にフルモデルチェンジして新発売された時には3つのグレードがありました。それぞれのシートヒーターのオプション価格をチェックしましょう。

グレード別のオプション価格

⚫︎ GX系グレードオプション価格: 16,200円

⚫︎G系グレードオプション価格:  16,200円

⚫︎GZ系グレードオプション価格: 175,500円

”GX系グレードとG系グレードでは、シートヒーター単体でも装着可能となっていて値段としても比較的買うことができる価格なのではないかなと感じました。

一方で最上級のGZグレードシートではシートヒーターのオプションをつけると、シートがウルトラスエード×本革のシートに変更されるようになっているようです。シート変更も含まれる為、GZ系は一気に価格が跳ね上がります。

少し値段は張りますが、特別感を味わいたい人にはGZグレードのシートもオススメですよ!

スポンサードリンク

カローラスポーツGRってどんな車??

ところで、カローラスポーツのGRスポーツってどんな車でしょうか?実は2020年発売予想をされている新型カローラスポーツのことなんです!2018年6月にトヨタからデビューを果たした新型カローラスポーツ(COROLLA SPORT)がパワーアップするようですよ。

GRとは、トヨタが展開しているブランドのひとつです。GRMNというサーキットでの走行を想定した最上位シリーズの要素を盛り込んだ量販仕様のスポーツモデルで、動力性能が大幅に強化されています。現在GRモデルはヴィッツと86が出ていますが、カローラスポーツもGRモデルが登場すると噂されているのです!

そもそもカローラスポーツとはミドルサイズの5ドアハッチバックで、全幅がワイドな3ナンバー車になっています。走行性能に力を入れていて、DCM(通信機能)を全車に標準装着したことも特徴のひとつです。

エンジンは直列4気筒の1.2リッターターボと1.8リッターをベースとしたハイブリッド車。走行性能の良さが人気の車種となっています。

引用先 トヨタ公式 

トヨタは主要ハッチバックモデルとなるカローラスポーツをベースにホットハッチモデルの開発の検討を進めています。豊田章男社長の「面白い車への意欲」を見ていると、期待ができますね!

また、トヨタ・オーストラリアのよると「86/スープラ」の開発に携わっている多田哲也氏が、「Gazoo Racing(GR)パフォーマンスサブブランドでの最も実績を作り出せると考える一台がカローラスポーツである」とコメントしているみたいなんですよ。

2020年発売予定ということで、これからの動向に目が離せませんね!カローラスポ―ツGR、これからも注目していきたいと思います!

カローラスポーツは内装も魅力的な車です。こちらの記事では内装について詳しくご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

カローラスポーツの内装はどう?? バリエーションを徹底調査!!

2019.02.16
スポンサードリンク

まとめ

  • カローラスポーツにはオプションでシートヒーターがつけられる!
  • グレードによってオプション価格やオプション内容が変わる!
  • カローラスポーツGRは2020年発売予定!

シートヒーターについてはGXグレード系オプション、G系グレードオプションですと単体でも装備が可能で、価格も比較的安価なのではないかと思います。

新型カローラスポーツの最上位モデルGZグレート系にシーターヒートを付けたい方は値段とシートヒーターの必要性をしっかり考えたうえで決めてみてはいかがでしょうか。寒い冬の時期に温かいシートヒーターで温まって快適な運転をしたいものです。

さらには2020年発売予定のトヨタのカローラスポーツGR!これからのカローラスポーツの展開に期待が高まります!要注目です!!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です