カローラスポーツモデリスタの最低地上高とは?下に擦らない??

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

カローラと言えばトヨタのベーシックカーのひとつの車種で知っている方も多いと思います。以前から気になる車のひとつだったのですが、2018年にカローラスポーツが大胆に進化しさらに魅力がアップしました。

その中でも、純正で車検の心配もいらないのにかっこいいカスタマイズ出来ちゃうモデリスタは知ってますか?エアロパーツやその他にもたくさんのカスタムパーツがそろっているんですよ。

でもエアロパーツを付けたときの最低地上高とか、本当にかっこよくなるのか気になりますよね。そんな方のためにモデリスタ徹底リサーチしてみました!

スポンサードリンク

モデリスタって?

車の記事に時々出てくるモデリスタですが、モデリスタってそもそもが何なのか知らない方もいますよね。うちの奥さんなんかは車に詳しくないので変な質問されちゃいました。

マイ(妻)
カローラスポーツモデリスタって書いてあるけどあるけど、カローラスポーツとは何が違うの?
ケンタ
おーっと!マイちゃん、来たね~。モデリスタっていうのはカローラスポーツの名前じゃなくて、カスタマイズするパーツを出しているブランドの名前なんだよ
マイ(妻)
え??そうなの?私はてっきり車種の名前だと思ってたわ・・・。お友達とかに言わなくて良かった(笑)

モデリスタ エアロパーツ

引用先:トヨタ公式HP

今でこそエアロと言えばドレスアップ、ドレスアップと言えばエアロというくらい当たり前に通じますが、エアロパーツはもともとレーシングカーで装備されていました。なのでエア(空気)の流れをスムーズにしたりとそれぞれ装着する意味があるんですよ。

カローラスポーツの「モデリスタエアロ」は、Emotional(感情的)そしてDynamic(ダイナミックに)をテーマとしています。プレミアム感のあるシャープな細部へのメッキ加飾で個性あふれるパーツを見ていきましょう。

フロントスポイラー

引用先:トヨタ公式HP

塗装済 53,000円(税抜)
素地 47,000円(税抜)
材質 樹脂(ABS)+メッキ
地上高 オリジナルより約25mmダウン
全長 オリジナルより約59mmプラス

フロントスポイラーは車のフロント部分やバンパーに取り付けるパーツで、エアダムとも呼ばれ車体の下に空気が流れていくのを防ぎ車体が浮いてしまうのを防ぐ役割を持っています。

サイドスカート

引用先:トヨタ公式HP

塗装済 48,000円(税抜)
素地 38,000円(税抜)
材質 樹脂(ABS)
地上高 オリジナルより約37mmダウン

サイドスカートは車のドアの下に取り付けられるパーツで【サイドスポイラー】・【サイドスカート】とも呼ばれています。横から空気が入り込むのを防いで車体の浮きを抑えてくれます。車高を低く見せるドレスアップ効果が高いので人気のパーツなんですよ。

リヤスパッツ

引用先:トヨタ公式HP

塗装済 29,000円(税抜)
素地 25,000円(税抜)
材質 樹脂(ABS)
地上高 オリジナルより約68mmダウン

リヤスパッツは後ろのタイヤを覆うカバーのことで、タイヤ周辺の空気抵抗を少なくする役割があります。

マイ(妻)
なるほど!ずいぶんと車の雰囲気が変わるのね。よく見ると車の高さが違うように見えるんだけど・・・。
ベテランディーラー
良いところに気が付きましたね!エアロキット装着後の方が地面に近くになるんですよ。データーに書かれている地上高に注目して下さい。
最低地上高
高さの要素の一つを表す自動車用語で、水平な地表面から車体の一番低い箇所までの垂直の距離のことを最低地上高と言います。良く耳にする言葉で言うと「車高」とですね。低い箇所は、各車によって違い、マフラーやエンジンのオイルパンなどの一番低い場所で最低地上高が決まってます。

カスタムしても下に擦らない?大丈夫?

日本の保安基準では、9センチ以上が必要となります。しかしエアロパーツは除外となります。

最低地上高が高い車は、でこぼこの道路で車体下部の部品損傷する危険を回避出来るんです。そうした路面を走る事を考慮した車種は、比較的高く設定されているんですよ。例えば最近はやりのアウトドア向けの車なんかは最低地上高が高いですよね。

一方、スポーツカーなどは重心を下げたり、高速走行時の空力特性を重視したりといった理由で比較的低く設定されているんです。

新人ディーラー
カローラスポーツの最低地上高は、ハイブリッドの2WDとターボガソリン車の2WDは135mm、ターボガソリン車の4WDは130mmと記載されているんですよ。
ケンタ
最低地上高のことは分かったけど、このエアロキットを付けたときの注意点はあるのかな?
ベテランディーラー
エアロパーツを装着した場合、路面とクリアランスが狭くなり縁石などの段差、スロープなどで路面と干渉しやすくなってしまうんです。また、積雪時ラッセルしたまま走行したり、凍結や着氷状態で使用し場合、パーツが破損する恐れがあるんですよ。

ドレスアップでかっこよくはなりますが、ぶつけてしまってはかっこ悪いので運転には少し気を付けた方が良さそうですね。

ただ、ノーマル車高であれば、ガソリンスタンドやコンビニの入口、コインパーキングなどのちょっとした段差に気を付けていれば大丈夫ですよ。

実はここまで紹介してきたエアロパーツは3点一緒に購入すると塗装済で121,000円(税抜)、素地で102,000円(税抜)。別々に買うよりも塗装済で9,000円(税抜)、素地で8,000円(税抜)も安くなるので購入するときはセットがお得です。

スポンサードリンク

モデリスタ ガーニッシュスタイル

引用先:トヨタ公式HP

ガーニッシュスタイルは、エクステリア(外装)が充実していてヘッドライト、サイドドア、ドアハンドル、バックドア、バックドアエアロプレート、リヤーナンバープレトライトのLEDもあり、選び方で個性を発揮してくれます。

ホイールも16インチと15インチとあるのでGXグレードから楽しめるということですね。インテリア(内装)では、室内灯のLED、乗り降りするところのカバー(スカッフプレート)も2種類あります。

夜間の乗り降りに非常に便利なLEDフットライトやハッチバックのラゲージLEDなど魅力が満載のカスタマイズアイテムが盛りだくさんです。

新人ディーラー
ガーニッシュスタイルのラインナップは、どれを選ぶか?全て選ぶか? 選ぶのがとっても楽しくて、ワクワクしますよ。

ヘッドライトガーニッシュ

引用先:トヨタ公式HP

ヘッドライトガーニッシュは24,000円(税抜)です。これ一つで切れ長の目も顔に大変身ですよ。

サイドドアガーニッシュ

引用先:トヨタ公式HP

サイドドアガーニッシュは34,000円(税抜)です。よりスポーティーなボディーを演出してくれていますよね。

ドアハンドルガーニッシュ

引用先:トヨタ公式HP

ドアハンドルガーニッシュは12,000円(税抜)です。乗り込む際に絶対に見るところなので、満足度が高いですよ。

バックドアガーニッシュ

引用先:トヨタ公式HP

バックドアガーニッシュは20,000円(税抜)です。こちらもサイドドアガーニッシュ同様、スポーティーさを演出してくれます。

バックドアエアロプレート

引用先:トヨタ公式HP

バックドアエアロプレートは20,000円(税抜)です。程よくボディーを引き締めて見せてくれシャープな印象になります。

LEDライセンスランプ

引用先:トヨタ公式HP

LEDライセンスランプは左右2灯セットで8,000円(税抜)です。これは明るさによっては車検に通らない場合があるので純正商品が確実ですよ。

モデリスタ セレクション

もっと細かいところまでこだわりたい方におすすめのカスタマイズです。

スカッフプレート

引用先:トヨタ公式HP

スカッフプレートは1台分で21,000円(税抜)です。色がブラック×シルバー/レッド×ブラックと選べるのでボディーカラーに合わせて楽しめます。そしてステップへの傷つきも防いでくれるのでおすすめですよ。しかもモデリスタでは初めての登場です。

LEDルームランプセット(面発光タイプ)

引用先:トヨタ公式HP

LEDルームランプセットはフロントパーソナルランプ(2灯)、ルームランプ(1灯)、ラゲージルームランプ(1灯)のセットで34,560(消費税抜き32,000円)です。車内を明るく照らしてくれるので、暗いところで探し物もしやすくなりますよね。

LEDスマートフットライト

引用先:トヨタ公式HP

LEDスマートフラットライトはセンターピラーの前方に取り付ける小型LEDライトで左右2灯セット22,000円(税抜)です。双眼レンズから運転席・助手席それぞれのドア開閉に連動して、点灯するホワイトビームが足元を広角に照射し、夜間の乗降をサポートしてくれます。

 ラゲージLED

引用先:トヨタ公式HP

ラゲージLEDは23,000円(税抜)です。バックドアの開閉と連動して光るLEDを3灯搭載し、明るさを3段階に調整可能できてしまう優れものなんですよ。夜の荷物の取り出しも楽になりますよね。

16インチ アルミホイールセット

引用先:トヨタ公式HP

16インチアルミホイールセット(サイズ16×7.0J)は1台分で68,000円(税抜)です。凄く早く走れそうな気がしませんか?くれぐれもスピードの出しすぎのは注意してくださいね。

15インチ アルミホイールセット

引用先:トヨタ公式HP

15インチアルミホイールセット(サイズ15×6.5J)は1台分で47,000円(税抜)です。15インチなのでGXグレードでも楽しめます。

ケンタ
いろいろと教えてもらってモデリスタが分かってきたよね。
マイ(妻)
うんうん。モデリスタは、エアロキットを付けるとスポーティーになってアクティブになるのね。でもモデリスタガーニッシュも捨てがたいよね!ハイセンスでとってもエレガントだからどの年齢層の人も楽しめそうね。

口コミサイトでは「断然かっこいい!」がやはり多かったですね。エアロキットは、車高がひくくなるので段差などに注意とも書かれていました。

ケンタ
選び方で1つで、それぞれの個性が出てくるということなんですね
マイ(妻)
いろんな選び方が出来るなんてすごくわくわくしちゃう。どれがいいかな。
補足
原則として、標準車(ノーマル車)への装着を前提としております。(MODELLISTA公式HPより)
スポンサードリンク

まとめ

  • カローラスポーツモデリスタとは、カスタムパーツのブランド名である。
  • モデリスタには、エアロキットとガーニッシュスタイルがある。
  • 最低地上高とは、地表面から車体の一番低い箇所までの垂直の距離のこと。
  • 保安基準で9センチ以上であること。
  • エアロパーツは、それぞれオリジナルより地上高が下がる。
  • ガーニッシュスタイルは、エレガントに進化する。

こんなにたくさんのなカスタムパーツがあって、LEDライトなどの乗り手に対する優しさもですよね。さりげなさの中の気品やスマートなかっこよさはユーザーが満足できる車だと感じています。どのシーンも似合う。それがカローラスポーツモデリスタです。

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)


車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。知ってたら誰でも使えるテクニックですね。

それだけ変わればオプションやグレード上げれますからね。
やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試す価値ありです。

この8項目だけ入力すればOK↓



→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、教えちゃいます。
→すぐに使える裏テクニックを手に入れる 車の値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓



→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です