カローラスポーツVSプリウス!乗り心地と燃費を徹底比較!    

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

ハッチバックボディを復活させた新型車カローラスポーツとマイナーチェンジされた4代目プリウスの発売日が近かったことで乗り心地燃費、予防安全性能価格など「どう違うのか?」が気になりますよね。

3代目プリウスのオーナーであれば乗り換え時期の方も多くなってくるころですし、ハッチバックならC-HRやホンダ「ヴェゼル」なんかも気になるところです。カローラスポーツにいたっては「スポーツ?」といった感じで以前からある僕のイメージからは想像がつかないですし・・・。

そこで今回は、カローラスポーツとプリウスの乗り心地や燃費、さらには予防安全性能や価格帯まで比較してみました!さっそくチェックしてみましょう!!

スポンサードリンク

カローラスポーツVSプリウス 燃費対決編!

カローラスポーツは、「TNGAプラットフォーム」を搭載しています。これは、プリウスと同じハイブリッドシステムになります。同じハイブリッド車なら「燃費も同じでは?」と思いがちですが、これが以外とそうでもないんですよ。

ここからはカローラスポーツとプリウスの燃費の違いを細かく紹介します!

マイ(妻)
ねぇねぇちょっと待ってくれる?燃費の違いを説明してくれる前にTNGAプラットフォームって何なのかを説明してほしいな。
ケンタ
あっ、そうだね。TNGAプラットフォームと言うのはトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの略で簡単に言えば、少ないエネルギーでいかに長いを距離を走れるか?これを追求とすると◎△$♪×¥・・・
マイ(妻)
もういい!もういい!もうわかったから・・・ぜんぜん簡単じゃないじゃない!
ケンタ
ごめんごめん。とにかく、クルマの性能を上げるためのシステムのことを言うんだよ!
マイ(妻)
はじめからそう言ってくれたら良いのに・・・。
TNGAプラットフォームとは?
走りに欠かせない“根幹”。TNGAでは、人間に例えるなら骨格や体幹にあたる部分を、徹底的に鍛え上げました。個別開発から一体開発へ。全体最適という考えのもとで開発を進めました。その結果、シンプルな形状で軽量・高性能なプラットフォームと、低い位置への搭載を前提に開発されたパワートレーンユニットによって、飛躍的な運動性能の向上を実現しています。

引用先:トヨタ公式 

ベテランディーラー
TNGAプラットフォームをご理解頂けところで燃費の説明をさせて頂きますね

今回は、カローラスポーツもプリウスもハイブリッド車で比較をしています。

燃費対決(ハイブリッド車編)

カローラスポーツ(HYBRIDGZ):30km/L

プリウス(E):39km/L

※メーカー発表JC08モードのデータで比較

こうして見るとやはりプリウスの方が9km/Lほど性能が良いことがわかりますね。ただしプリウスは、燃費特化グレードでカローラスポーツは、燃費特化グレードは設定されていません。

それでも9km/Lの差は大きいですよね。例えば20Lのガソリンでの走行距離を比較すると、

  • カローラスポーツ:684km
  • プリウス:780km

走行できる距離の差は96km近く!ちょっと燃費を意識して走れば100kmも夢ではありませんね。100kmの距離というと東京から熱海まで行ける距離です。そう考えるとかなりの距離だと思いませんか?

マイ(妻)
なんだったら温泉代もまかなえちゃうわね
ケンタ
そうだね。そう思うと燃費の差はクルマ選びには重要なポイントだね

ついでに金額でも比較をしてみましょう。仮に年間10,000km走行する場合、ガソリン単価を140円/Lで計算すると、

  • カローラスポーツ:46,666円
  • プリウス:35,897円

かかる計算になります。その差は約10,760円!!ここまで差がつくと街乗り派でもプリウスの方が良く見えますし、お仕事で使われる場合は更に差がついてきますね。

マイ(妻)
これって日帰りどころか1泊出来る金額じゃない!!
ケンタ
そうだね。でも燃費だけじゃなくて乗り心地も大切だよ!
ベテランディーラー
もちろんです。乗り心地にも車の個性がございますので、次は乗り心地についてご説明いたしましょう。

カローラスポーツVSプリウス 乗り心地編!

引用先:トヨタ公式

次に気になるのは乗り心地です。ひとりで乗る場合もそうですが、家族乗りで使う方も多いはず。特に子供の乗り物酔いには神経を使いますよね。

また、僕は特にそうなんですけど、家族以外の方を乗せて運転する時は、いつも以上に車内の空気感?相手の雰囲気が気になります。「乗り心地はどうかな?」とか「狭くないかな?」とか。

プリウスは社用車で運転をしていましたのでその時の感想を。カローラスポーツは試乗した時の感想を紹介します。

プリウスの乗り心地は?

まずはプリウスの乗り心地についてポイントをまとめました!

プリウスの乗り心地
  • 段差を乗り越えるときのショックの無さが凄く良かった
  • 運転席に腰を掛けるとくの字になるような姿勢になるので運転がし辛いかな
  • 坂道のカーブを曲がる時は不安定で乗っていて不安感があった

段差で「ガクッ」っとなると「何かに当たった?」と思わず焦ることがありますし、少しの衝撃でも「車体に傷がいってない?」とか「バンパーに当たってないかな?」と心配になりますよね。そういった心配事が軽減されるのは運転する人にとっては安心です。

また、一番重要な運転席。座ると腰が運転席の奥に持っていかれる感覚になるので、少し姿勢を正すように意識して乗らないと運転がし辛いです。

カーブを曲がる時の不安定さを感じるなら早めのブレーキングで対象するのが一般的ですが、僕も早めのブレーキ対処でカーブを曲がっていました。安全運転は基本ですからね。

カローラスポーツの乗り心地は?

次はカローラスポーツ。見た目の第一印象は「カローラっぽくない」って感じました(笑)僕のイメージは「おじさんが乗るクルマ」だったのでその雰囲気の良さにはびっくりです。室内は視野が良くて従来のハッチバック車より開放感があるなって感じました。

カローラスポーツの乗り心地
  • トヨタ車によくあるフワッとしたような感じはなく快適だった
  • 下から突き上げてくるような不快感がないから長時間の運転でもストレスは感じなかった
  • これまでのハッチバックと比べると乗り心地は良いよ
  • 運転していると多少のロードノイズが気になった

トヨタ車といえばあの「フワッ」と感ですよね。あの感覚が解消されるだけで運転もしやすくなります。それと同時に下から突き上げる感じも乗っていて不快さを感じたこともありましたがこちらも解消されているのは心強いですね。

これまでのハッチバックタイプは圧迫感に加え運転席も狭く感じるクルマが多かったですがカローラスポーツの乗り心地が良いということは、そういった圧迫感も少ないということですから新世代のクルマに相応しいですね。

総合すると乗り心地はとても良くて、長時間運転しても疲れにくく腰に優しいと感じたとか。さらにこれまでのハッチバック車には無い広さを感じとれたから運転に慣れていない方にも乗りやすい車と言えそうですね。

ケンタ
ロードノイズは僕も気になるタイプ。いつもバックミラーを確認してしまう癖がついてしまって思った以上のストレスを感じていました。僕の対処方法は、少しだけ助手席側の窓を開けて、外と車中を一体化させてロードノイズの軽減対策をしています。

ロードノイズがそれでも気になる!という場合は、タイヤをグレードの良いものに変更してみたり、室内のフロアマットを音を吸収してくれる”吸音マット”に変えてみるのも一つの手です。タイヤはお金がかかるから…と言うなら手軽に手が出せる吸音マットを敷いてみましょう!

マイ(妻)
フワッと感で酔う場合もあるから軽減されているのは嬉しいよね
ケンタ
そうだね。子供にも優しい車だね。

燃費ではプリウスが良さそうですが乗り心地はカローラスポーツかな。うん。やっぱりトータルで見ると僕はカローラスポーツの方がオススメだなって思います!

ベテランディーラー
カローラスポーツを気にいって頂けたみたいですね。それでは安全面についてもご紹介させて頂きます。
マイ(妻)
そうようね。安全面は大事だもんね。危うく忘れるところだったわ!
スポンサードリンク

カローラスポーツVSプリウス 予防安全性能対決編!

カローラスポーツやプリウスにも予防安全性能が備わっていますがその内容もさまざまです。例えばカローラスポーツには先行車発進告知機能というのが備わっていますがプリウスには備わていないなどですね。

ここからはその予防安全性能の違いや種類について紹介していきます。

マイ(妻)
で、その予防安全性能って簡単に言うとどういうことなの?
ケンタ
うん。それはね、衝突が避けられない場合に自動でブレーキをかける技術な
ど自動車の先進安全技術のことを目的として作られた機能のことを言うんだよ。
マイ(妻)
なるほど。だから「予防安全」という名前なのね。
ケンタ
そうだね。

プリウスの予防安全性能は7種類 その役割は?

プリウスの予防安全性能は全部で7種類装備されています。それぞれの機能について要点をまとめた説明をしていきますね。

7種類の予防安全性能
  1. プリクラッシュセーフティ・・・歩行者の飛び出しや危険をいち早くお知らせし、衝突回避または被害軽減をサポート
  2. レーンディパーチャーアラート・・・白線(黄線)を踏み越えそうな場合、ブザーとディスプレイでお知らせ
  3. オートマチックハイビーム・・・先行車や対向車のライトを認識し、ヘッドライトの上下の向きを自動で切り替え
  4. レーダークルーズコントロール・・・前のクルマの加速・減速に合わせ、一定の車間距離を保つための機能
  5. インテリジェントクリアランスソナー・・・アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる不意の衝突を緩和するための機能
  6. ドライブスタートコントロール・・・シフト操作ミスによる急発進・急加速を抑制し、衝突の被害軽減に寄与するシステム
  7. ブラインドスポットモニター・・・車線変更時の後方確認をアシストするシステム

引用先:トヨタ公式

この7種類の機能の中でも特に凄いなと思ったのがプリクラッシュセーフテ車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで確認して検知するとブザーでお知らせをしてくれますが、そのあとが凄いんです!!!

「あっ!」と思ってもブレーキが踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキが作動して衝突回避または被害軽減をサポートをしてくれます。

車の運転をしていると、どうしても「ヒヤリハット」は付きもの。踏切待ちや渋滞などでは、ちょっとしたよそ見から追突事故なども起きていますので、こういった機能が付いていると心強いですね。

カローラスポーツの予防安全性能は10種類 その役割は?

カローラスポーツの予防安全性能は、プリウスよりも3種類多い10種類となっています。その中でもアクセルを踏まなくても自動で一定の速度を保ってくれるレーダークルーズコントロール必読ですよ!!

プリウスと同じ機能
  1. プリクラッシュセーフティ・・・歩行者の飛び出しや危険をいち早くお知らせし、衝突回避または被害軽減をサポート
  2. オートマチックハイビーム・・・先行車や対向車のライトを認識し、ヘッドライトの上下の向きを自動で切り替え
  3. インテリジェントクリアランスソナー・・・アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる不意の衝突を緩和するための機能
  4. ブラインドスポットモニター・・・車線変更時の後方確認をアシストするシステム
  5. ドライブスタートコントロール・・・シフト操作ミスによる急発進・急加速を抑制し、衝突の被害軽減に寄与するシステム

引用先:トヨタ公式

カローラスポーツに採用された機能
  1. レーントレーシングアシスト・・・白線(黄線)を踏み越えそうな場合、ブザーとディスプレイでお知らせし、レーンの中央を走るようにハンドル操作をサポート
  2. レーダークルーズコントロール・・・設定速度を一定にキープし続け、先行車に追いついた際には、自動で減速し一定速度で追従する
  3. ロードサインアシスト・・・見落としがちな道路標識をディスプレイに表示
  4. 先行車発進告知機能・・・信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ
  5. リヤクロストラフィックオートブレーキ・・・駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで、自車後方の歩行者をカメラで検知

カローラスポーツは新型クラウンと同等の予防安全機能が搭載されていますので、こうやってプリウスと見比べると、もの凄くお得感がありますね。

そして何よりもレーダークルーズコントロールが凄い機能なんですよ!

高速道路のような信号もなく、一定の車道を走る時は常にアクセルを踏んでいる状態になり、足首やふくらはぎなどが疲れやすくなってきます。そんな時にサポートをしてくれるのがレーダークルーズコントロールです。

クルーズコントロールは「アクセルを踏まなくても自動で一定の速度を保ってくれるシステム」のことです。そしてここにレーダーが付くことで「前方車を感知して、一定の車間距離を保つようにブレーキ制御」をしてくれます。

もちろん、設定を解除するか、ブレーキを踏むかのどちらかをすると、クルーズコントロールは解除されますのでその点も安心です。

マイ(妻)
私達もよく旅行で高速道路を使うからこの機能は便利だよね。
ケンタ
そうだね。でもマイちゃん。こういった機能はあくまでアシストサポートだから運転をする僕たちが十分に気をつけて安全運転をする必要があるんだ。
マイ(妻)
そうよね。これからは助手席で寝てばかりじゃなく、私がケンタくんのアシストサポートをするね。
ケンタ
ハッハッハ。よろしくね。
ベテランディーラー
これまで、燃費と乗り心地、予防安全性能について比較をしながらご紹介をしてきましたが、最後にカローラスポーツとプリウスの価格をグレード別に紹介いたします。

カローラスポーツVSプリウス 価格対決編!

さあ、次はカローラスポーツとプリウスの価格です。燃費はプリウスの性能の良さが際立ち、乗り心地と予防安全性能はカローラスポーツの乗り心地の良さと機能の良さが目立ちました。そして最後に気になるのは、やはり価格ですよね?

カローラスポーツとプリウス。グレード別の価格を紹介します。

プリウスの価格は?グレードの見極め方は?

プリウスの価格
  • E・・・242万9,108円
  • S・・・247万9,091円
  • Sツーリングセレクション・・・262万8,327円
  • A・・・277万7,563円
  • Aツーリングセレクション・・・292万6,800円
  • Aプレミアム・・・310万7,455円
  • Aプレミアムツーリングセレクション・・・319万9,745円

プリウスは上位クラスと下位クラスの価格差が大きいですね。ここまで違うと「何が違うの?」って思いますが意外と簡単に見極めが出来ます。

各グレードの簡単な見極め方は、

  • E・・・基本装備
  • S・・・Eよりも多少装備が充実した標準グレード
  • A・・・安全と快適。そして豪華さが加わったグレード
  • Aプレミアム・・・Aの装備よりワンランク上のグレード
  • Sツーリングセレクション
  • Aツーリングセレクション
  • Aプレミアムツーリングセレクション

ツーリングセレクションとは「スポーツタイプ専用の装備が充実」している特別タイプです。こうして見ると、2つのタイプと4つのグレードから成り立っていることがわかりますね。

プリウスは、最新技術を搭載したクルマとして発売されてから絶大な人気を誇るハイブリッド車です。また、これだけのグレードがあるのも、すでに低燃費車だったとしても1円でも安く燃費を抑えたい購入者向けのクルマと考えられますね。

そしてさらに高級感を求めた購入者への配慮から、これだけのグレードになったかなと思います。

ベテランディーラー
トヨタ社は、プリウス販売台数累計1000万台を超えたと発表をしています。それだけ歴史があり、それだけ愛されているクルマなのです。

カローラスポーツの価格は?グレードの見極め方は?

カローラスポーツの価格
  • HYBRID G Z・・・241万9,200円
  • HYBRID G・・・252万7,200円
  • HYBIRD G X・・・268万9,200円

GZグレードとGXグレードの価格差が28万円。最近のハッチバック車と比較しても、グレード間の価格差がとても小さくなっているのがポイントですね。

カローラスポーツの各グレードの見極め方は、

  • HYBRID G Z・・・基本装備
  • HYBRID G・・・GZよりも多少装備が充実した標準グレード
  • HYBIRD G X・・・安全と快適。そして豪華さが加わったグレード

プリウスと比較すると、カローラスポーツのG Zグレードが、プリウスのSグレードと同じ価格帯です。これも燃費の差を考えるならプリウスの性能が上ですが、カローラスポーツには「Toyota Safety Sense」が標準装備となっています。

その点を考慮すれば、カローラスポーツは価格以上に安全、乗り心地を優先したクルマだと言えますね。

カローラスポーツの各グレードは、運転者やクルマを使う用途によって変わってきます。各グレードをさらに具体的に紹介した記事がありますので、ぜひ見て下さい!

カローラスポーツの内装はどう?? バリエーションを徹底調査!!

2019.02.16
スポンサードリンク

まとめ

  • ハイブリッド車の燃費は、プリウスが性能の良さを見せている
  • トヨタによくある「フワッ」と感が軽減されているので、乗り物酔いしやすい女性や子どもにもおすすめ
  • ハッチバック車の中では圧迫感が少なくその分、車内が広く感じる
  • 下から突き上げて来るような感覚がないから長距離運転も楽に乗れる
  • 予防安全性能は、プリウスは7種類。カローラスポーツは10種類ついている
  • カローラスポーツなら全グレードにToyota Safety Senseが標準装備

カローラスポーツとプリウスの燃費や乗り心地、安全面や価格などを比較をしてきましたが、トヨタ社は本当に運転をする方のことを考え、その周りの方までを深く考えた会社だなと感じました。

僕的には子供たちものることがあるから安全面が充実しているカローラスポーツがいいな。ぜひカローラースポーツの購入を考えている方は参考にしてみてください!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です