クラウンはリコールがあり過ぎ??トヨタの誠実さと対応とは??

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さんは車を購入するうえでリコールの情報とか気にしたことありますか?僕はありません。でも、もしかしたら車を購入するうえでリコールの情報はある程度耳に入れておいた方がいいかもしれませんね。

というのも、リコールばかリ起こしている車はやはり購入を躊躇ってしまいますよね?小さなリコールならいいですが、重大な事故に繋がるようなリコールだと最悪の場合取り返しのつかないことになってしまいます・・・。

今回は、トヨタの車であるクラウンのリコール情報を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

クラウンのリコールについて

トヨタクラウンのリコールについて2000年に入ってからの情報をまとめてみました。

情報を公開する前に、皆さんはそもそもリコールという言葉をご存知でしょうか?よくニュースとか見てると「○○がリコールになりました」とか報道されてますよね。

補足
リコール:リコールとはre(再び)、call(呼ぶ)で再び呼ぶ、つまり「一度販売したものを再び呼び戻す」という意味を持っています。
マイ(妻)
リコールと聞くと、車に何らかの欠陥が見つかったというイメージだね
車の仙人
その通り!リコールは販売した車に欠陥が見つかって、生産者が無料で修理するというところがポイントなんだカー。つまり、リコールは生産者にとってかなりの痛手を負うことになってしまうんだよね(汗)

そんなリコールですが、クラウンにはどれだけのリコールが存在するのでしょうか。

引用先:TOYOTA公式HP

クラウンリコール情報

【2000年~2018年のリコール回数】※リコールがなかった年は省きます。

  • 2003(平成15)年 3回
  • 2005(平成17)年 3回
  • 2007(平成19)年 3回
  • 2010(平成22)年 3回
  • 2013(平成25)年 2回
  • 2014(平成26)年 3回
  • 2016(平成28)年 2回
マイ(妻)
リコールってこんなにあるの!?
ケンタ
2000年から見るとほぼ毎年のようにある上に、中には年に2回とか3回ある年もあるからちょっと怖いな。

リコール情報

リコールが発表された年度を見てみると結構何年かにわたってリコールが起きてます。リコールが起きた回数も気になりますが、その理由も気になるところですよね?

それぞれのリコールはどのような理由があって発表されたのでしょうか。簡単に、ご紹介させていただきます。

2000年

クラウンのパトロールカーや道路巡回車についてのリコール。灯火装置の配線に不具合あり。最悪の場合、点灯しなくなってしまうのです。

2003年 3回

  1. ハンドルの据え切り操作を頻繁に繰り返すと、異音やハンドル遊びが大きくなり、確実な操舵が出来なくなってしまいます。
  2. 燃料ポンプの作動の振動でゆるみが発生してしまい、チェックバルブの締め付け部から燃料が漏れてししまいます。
  3. 燃料圧力センサの取り付けが不十分であり、燃料圧力センサの取り付け部から燃料が漏れる可能性があります。

2004年

自動変速機の内部にある接続用金具の形状が不適切なため、チェンジレバーをパーキングにしてもパーキングロック機能が作動しない場合があります。

2005年 3回

  1. クラウンの警察車において、ブレーキブースター内にあるゴム製ダイヤフラムの耐久性が不足しているため、そのまま使用し続けると倍力操作が失われ、制動停止距離が伸びてしまいます。
  2. ブレーキマスタシリング後端のゴム製シールの形状が不適切なため、最悪の場合制動力が下がってしまいます。
  3. エンジン燃料パイプ及び燃料噴射ノズルのオーリング形状が不適切なためそのまま使用し続けると燃料が漏れてしまいます。

2007年 3回

  1. 燃料圧振動減衰器のダイヤフラムの材質が不適切なため、そのまま使用し続けると最悪の場合燃料が漏れてしまいます。
  2. 燃料パイプのパイプ材溶接部に対する曲げ位置が不適切なため、最悪の場合燃料が漏れてしまいます。
  3. に同じ

2010年3回

  1. バルブスプリングという部品の中に異物が入っている可能性があることが判明しました。異物が入っているとエンジンが不調を来たし、最悪の場合は走行中にエンジンが止まってしまいます。
  2. 燃料タンク内の燃料ポンプ用の電線が屈曲しにくい材質であり、そのまま使用し続けると、燃料ポンプがが停止し、エンジン始動不能や走行中にエンストを起こしてしまいます。
  3. ブレーキマスターシーリングにおいてポリマー成分の少ないブレーキ液を使用してしまうと、最悪制動力が低下してしまいます。

2011年

エンジンのデリバリパイプに取り付けている燃料圧力センサの締め付けが不十分であり、そのまま使用し続けると燃料が漏れてしまいます。

2013年 2回

  1. 前方障害物衝突軽減装置の障害物探知ソフトの不具合で突然制御がかかる恐れがあります。
  2. 原動機の吸気測可変バルブ制御装置において、吸気バルブが制御できなくなりエンストすることがあります。

2014年 3回

  1. 熱圧センサ締結面の平滑度が不適切なため、燃料が漏れてしまいます。
  2. 制御装置のブレーキマスタシリングにおいて、シール構の形状が不適切なため、制動力が低下する恐れがあります。
  3. 後部左右席の座席ベルトにおいて、リトラクタ構成部品の図面指示が不適切なため、シートベルトとしての機能がうまく作動しない場合があります。

2015年

ボンネット固定部の車体強度が不足しているため、ボンネットの主ロックが解除された状態で高速走行するとボンネットが開く恐れがあります。

2016年 2回

  1. オーディオアンプにおいて冷却用開口部の近くにあるスピーカー駆動用素子に保護する回路がないため、基板が焼損し最悪の場合火災が起きてしまいます。
  2. 原動機の燃料配管において、熱圧センサの締め付け指示が不適切なため、燃料が漏れることがあります。

2018年

クラウンの事業用の車において、前照灯を長時間点灯し続けると光度が徐々に低下し、最悪の場合、保安基準第32条を満足しなくなる恐れがあります。

補足
保安基準第32条:自動車の前面には走行用前照灯を付けなければならない。前照灯の色、明るさは基準に適合するものでなければならない。国土交通省HP
マイ(妻)
どれも「最悪の場合」とはいえ恐ろしいリコールばかりなのね
ケンタ
中でも燃料が漏れてしまうというリコールが多いのがちょっと気になるな

2000年から見てみたところ、30回近くものリコールがあることが分かりました。すごい数ですね・・・。数が凄いのが気になるところですが、この数が多いのか少ないのかも気になるところですね。

やはり、自動車も人の手で作ったものですから、どうしても不具合が出てきてしまうってことでしょうかね。2013年にあった前方障害物衝突軽減装置のリコールもちょっと気になりますよね・・・。

前方障害物衝突軽減装置といえば、恐らく今ではほとんどの車に付いているのではないでしょうか?前方の障害物(自動車や物)があった時に、「ピッピッピッ」ってアラームがなったり自動でブレーキがかかる装置です。

一度はテレビでも見たことあるのではないでしょうか?でもこうゆうことが一度でも起きてしまうと私の車は大丈夫なのかなとか考えてしまいますね。

今では、AIによる自動運転なんかも言われていますが、自動運転という機能は嬉しいのかもしれませんが、こういうリコールがあるとちょっと心配ですよね?

クラウンの他の車と比べてリコールは多いの?

クラウンのリコールは多いのでしょうか?少ないのでしょうか?

上記で2000年からのリコール情報を調べてみると30件近くあったわけですが、これが多いのか少ないのかが問題ですよね?

後ほど説明しますが、クラウンは1955年に誕生しました。発売から65年くらい経っています。発売からこれだけ長いと人が作ってる物だからという理由よりも経年劣化による故障が多くなってきてしまいます。

引用先:「ガリバーCAR-TOPICS」HP

経年劣化を考えるとクラウンはどうしても故障が多いのかもしれません・・・。しかし、一方ではクラウンは比較的丈夫な車である「20年以上乗っている」「20万キロ以上走っている」という人も少なくありません。

通常ですと、10年車に乗れば大体変え時というイメージがあると思うんですが、20年以上乗っていても大丈夫という口コミがあるというのを見ると、かなり丈夫な車という印象を受けますよね。

つまり、一概に故障が多いとも少ないともちょっと言えないですね(汗)また、自動車の故障率というのは一般的には公開されていないみたいでクラウンの故障の頻度はちょっと不明です。

しかし!!トヨタの車は信頼性が高い車ですので安心して乗っても問題はないと思います。

スポンサードリンク

日本が誇る世界のトヨタクラウンとは?

1955年に初代クラウンが誕生しました。1955年日本は海外の自動車メーカーと手を組んで乗用車の生産を行う中、トヨタだけはトヨタの技術だけでクラウンを作り上げたのです。つまり初代クラウンは純国産乗用車なのです!!

さらに、初代クラウンは「ロンドンから東京までの5万キロドライブ」を敢行し、見事に完走したのです!!これにより日本の技術力を世界にアピールする車となりました。

補足
ロンドンから東京までの5万キロドライブ:ロンドンから東京まで8ヶ月間という期間を掛けゴールした。ロンドンから東京までは山岳地帯や砂漠地帯など厳しい道路状況もあり、この道のりを制覇したことでクラウンの持つパワー、耐久性を証明することになったのです。

耐久性、操作性、安定性の高さや高級感などからタクシーや教習者、パトロール車といろいろなシーンに使われるようになりました。

マイ(妻)
クラウンって乗用車としてだけじゃなくていろいろなところで使われているのね

クラウンには現在「ロイヤル」「マジェスタ」「アスリート」の3種類があります。このクラウンのタイプによっても故障の頻度に多少のバラツキがあるみたいですよ。

トヨタクラウンの口コミ

クラウンは故障知らずだとか耐久性があるだとかいいますが、実際はどうなのでしょうか?

実際にクラウンに乗っている人の口コミでクラウンの耐久性を中心に口コミを見てみました。すると、下記の口コミにあるように、故障が少ないというような口コミがいくつか見られました。

  • 通常のメンテナンスだけで16年間持ちました。
  • とにかく故障知らず。
  • 中古車でも古さを感じさせない走行性能。
  • 15万キロ以上走っているが故障がない。

悪い口コミがあるとしても、燃費が悪いとかくらいで、故障についての口コミはほぼなかったです。

スポンサードリンク

まとめ

  • クラウンは1955年に誕生していた。
  • リコールの回数は30回近くあった。
  • クラウンは故障知らずであり、割と丈夫な車と思われる。

クラウンのリコール回数は30回近くもあり、数字だけを見ると多いんじゃないと思ってしまいそう。しかし、クラウンは発売から60年以上経過しており経年劣化を考えると多少の故障は仕方がないのかもしれません。

それでも、購入した人の口コミには故障が少ないという口コミがあることや、安定性や耐久性の高さからいろいろな用途に使われている車であるということを考えれば信頼できる車といえそうですね。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です