エスクァイア/アルファード/ベルファイアを徹底比較!違いはどこ?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

ミニバン型の車で内装や外装にこだわりたいってなおかつ広さも欲しいなんて考えているとアルファードやベルファイア、エスクァイアが候補に出てくると思います。

見た目はどれも迫力があってかっこいい、となると外装・内装はもちろん燃費や価格から比較しなくてはいけませんよね。

ということでエスクァイアとアルファード・ベルファイアを徹底比較しました!

スポンサードリンク

エスクァイアとアルファード/ベルファイアの大きさの差!

エスクァイアとアルファード/ベルファイアを比較すると真っ先に分かりやすい違いとしてはその大きさです。

エスクァイアはエスクァイアは中型アルファード/ベルファイアは大型のミニバンです。一般的なサイズ感で言うとMサイズとLサイズくらいの違いがあります。

では具体的にどのくらい大きさが違うのか調べました。

圧倒的な大きさの違い!

エスクァイアは全長が4695ミリ・全幅は1695ミリで5ナンバーサイズに収まっています。また、アルファード/ベルファイアに比べて取り回し性が高いです。

アルファード/ベルファイアはグレードで違いはありますが標準ボディの全長が4935から4950ミリ・全幅は1850ミリと圧倒的に大きいです。ですがその大きさのわりに小回りが利いて運転しやすいという利点があります。

全長はおよそ300ミリ、全幅はおよそ240ミリも大きいんですね。これは全長はA4紙の長辺、全幅はB5用紙の長辺くらいの差があるということなんです。

3車は背の高いミニバン・ワンボックスタイプですが、アルファード/ベルファイアの方が全体的に大きいということですね。

さらに口コミではエスクァイアの方が小さく女性の方でも運転しやすいというのもありました。

またアルファード/ベルファイアは3ナンバー登録車で、エスクァイアは5ナンバーで登録できます。大きさで登録できるナンバーが変わるため、登録可能なナンバーが違います。

ケンタ
大きさはアルファードとベルファイアの方が大きいんだね!
マイ(妻)
エスクァイアの方がコンパクトで取り回しがしやすいんですって
ケンタ
アルファードやベルファイアも大きいのに運転しやすいって、いや~迷っちゃうな~
マイ(妻)
……買わないわよ

内装の広さは?

全長と全幅の差を見て「あれ?思ったより差がないな」と思った方いると思います。私はそう思った一人ですが、この大きさの差は内装の広さにも関係してます。

ではさっそく内装の広さを見ていきましょう!

引用元:トヨタ公式HP

まずエスクァイアは室内長2930ミリ・室内幅1540ミリ・室内高1400ミリです。

引用元:トヨタ公式HP(アルファード内装)

そしてアルファード/ベルファイアは室内長3160ミリ・室内幅1585ミリ・室内高1400ミリです。

それぞれ室内長は230ミリ、室内幅は45ミリの差があります。これは室内長は女性の平均的な足のサイズほど、室内幅は握りこぶしほどの差があるということです。

エスクァイアの方が全体的に小さいですが、画像を見るとアルファード/ベルファイアに負けず劣らず広々していますね!

内装の豪華さで言うと、アルファード/ベルファイアはファミリー向けのグレードから社長が乗る社用車としての豪華なグレードまで幅広いです。

エスクァイアはどうしても豪華さという点で見るとアルファード/ベルファイアには負けてしまいます。が、一般タクシーに利用されている為、一般的な乗用車よりも豪華という印象です。

それでは今度は価格でエスクァイアとアルファード/ベルファイアを比較してみましょう!

価格で比較!

性能も気になることながら、常に頭にちらついてしまうのがお金の問題ですよね(笑)

今回は新車で購入した場合の価格と中古車の相場価格で比較したいと思います!

性能はアルファード/ベルファイアはあまり差はないのですが、価格では結構な差があったので3車で比較しますよ!

エスクァイアの価格
  • 新車・・・259.2~335.9万円
  • 中古車相場・・・149~430万円
アルファードの価格
  • 新車・・・300~1514.1万円
  • 中古車相場・・・63~1299万円
ベルファイアの価格
  • 新車・・・300~1514.1万円
  • 中古車相場・・・59.8~818万円

どの車も新車価格はグレードによって大きく差がありますね(汗)

でもアルファード/ベルファイアに憧れていたけど金額的に手が出ないと思っていた方は、グレードやオプションによってエスクァイアと同じくらいの金額で買えることもあるようですよ!

エスクァイアの最上位グレードとアルファード/ベルファイアの下位グレードが同じくらいの価格帯というのは驚きです。

価格帯で見るとアルファード/ベルファイアはエスクァイアより2クラスほど上の車種となります。

具体的に調べてみると、エスクァイアの最上位グレード(フル装備のハイブリッド車)と同じ価格帯のアルファードは2.5Lの最下位グレードは選択可能とのことです。

また中古車相場を見ると、エスクァイアは新車価格を超える中古車があるようですね。これは以外でした。状態の良さやオプション、グレードなどで変わるんでしょうね!

それでは次は燃費で比較したいと思います!

スポンサードリンク

燃費で比較!燃費と実燃費で比べてみました

価格は初期費用で掛かる費用ですが、燃費の良さはその後の家計に密接に関わる費用ですよね。

燃費とは「1リットルあたりの走行距離」で判断されます。1リットルで走行距離が長いほど、燃費が良いと言われます。

燃費が悪いとガソリンなどの燃料費がより掛かってしまうので、できるだけ燃費の良い車の方が良いですよね!

アルファード/ベルファイアは共通している部分も多く、エンジン部分も共通しています。その為、燃費なども共通です。

ということでエスクァイアとアルファードでの比較をしていきたいと思います。

エスクァイアの燃費
  • 排気量・・・1800cc~2000cc
  • カタログ燃費・・・16km/L
  • 燃料タンク容量・・・50~55L
  • 動力源・・・HEV、ガソリンエンジン(レギュラーガソリン)
アルファードの燃費
  • 排気量・・・2400cc~3500cc
  • カタログ燃費・・・12.8km/L
  • 燃料タンク容量・・・65~75L
  • 動力源・・・ガソリンエンジン(ハイオク、レギュラーガソリン)

エスクァイアの動力源HEVとはハイブリッド電気自動車のことです。HEV自動車はガソリン代が安いです。

ただ今のガソリンエンジン車の燃費も優秀なので、年間5000kmくらいの走行距離であれば燃料代で大きな差は生まれづらいとのことでした。

そもそも大抵の場合、ハイブリット車の方が値段設定が高いですよね。なのでガソリン代が安い≠ハイブリット車の方が安いという関係になるようです。

ガソリン代だけを考えて安易にハイブリット車を選ぶと望んでいない結果になるかもしれないので要注意ですね!

さらに「燃費は前に乗っていた車と同じくらいだったけど排気量があがったので満足」なんて口コミもありました。

ちなみに実燃費でもエスクァイアとアルファードは口コミの満足度が高かったです。それぞれの口コミもまとめてみました!

エスクァイアの燃費の口コミ
  • 燃費計での計測ですが、都内や近郊の混んだ道だと9~10km/L、流れの良い幹線道路で12km/L、高速で14~16km/Lくらいです。
  • 平均で12km/Lくらいです。
アルファードの燃費の口コミ
  • 街乗りで9km/L弱、高速で12km/L弱。満足です。
  • エコモードで走ると燃費が街乗りでも12km/Lくらいまで伸びます。

実燃費はエスクァイアは平均9~12km/Lアルファードも9~12km/Lほどとあまり変わらないようです。どちらも一定の速度で走れる高速道路だと燃費が良くなりますね。

アルファードは実燃費とカタログ燃費がかなり近くなる場合もあるようなので、口コミから見た実燃費ではアルファードの方が燃費が良さそうです。

口コミで比較!それぞれの特徴とは!

ここまで色々比較しました。一番の違いは大きさでした。そして価格と燃費を見て、結局自分はどっちにすれば良いだろう?と思っている方もいらっしゃると思います。

口コミからそれぞれの車の良い所・不満な所をまとめてみたのでそこからどんな方に向いているのかを見ていきましょう!

エスクァイアのメリットデメリット

引用元:トヨタ公式HP

まずはエスクァイアです。ノア/ヴォクシーをベースに「高級感」「上質感」を持たせることを目的に開発されています。

7~8人乗りの中型ミニバン型乗用車で、その大きさに着目し一般タクシー用途での導入例もあるんです!

ノアやヴォクシーよりも高級感・上質感のあるものに乗りたいけどアルファードやベルファイアほどに大きくて高いものはいらない方に向いていると思います。

それではまず、エスクァイアのデメリットを見ていきましょう。よく目にしたデメリットは3つありました。

  • 同じ道を走っても運転席や助手席では問題ないが、2・3列目に乗るとガタガタ感じる。きしみ音も伝わってくる。
  • 2列目の窓が半分までしか下せない。
  • Giグレードのシート素材の合成皮革はすべりやすく運転中や急カーブ又は急ブレーキなどで体がずれてしまう。

三つ目のシート素材のデメリットは革のシートであれば他車でもそのようなこともあるので確認が必要ですね。

席に置いた荷物も強めのブレーキなどで下に落ちてしまうこともあり、夏に熱く冬に冷たいという特性もあるためとても大きなデメリットに感じます。

しかし飲食物などをシートにこぼした時ふき取りやすいというメリットもあるので実際に試乗や展示場などで見て、自分にとってメリットなのかデメリットなのかをお試しください!

エスクァイアのメリット
  • アルファード/ベルファイアに比べて小さい。
  • 二列目のロングスライドがとても快適!
  • 2列目に乗り込む時の段差が360ミリしかないので子供やお年寄りのいる家族に向いている。

先ほどの滑りやすいシート素材である合成皮革掃除のしやすさから見て、お子様がいらっしゃる方にはオススメです

子供はどうしても食べ物や飲み物をこぼしてしまうこともあります。購入する時に滑りやすさか掃除のしやすさ、どちらを重視するかは結局は自分自身や家族などのライフスタイルによりますよね(笑)

そして新型エスクァイアでは安全性能が足されました。衝突回避支援パッケージに昼間の歩行者も検知できるプリクラッシュセーフティ衝突被害を軽減する安全性能インテリジェントクリアランスソナーなどです。

ぜひ安全性能も上がったエスクァイアで、より安心してお出かけをお楽しみください!

エスクァイアのグレードの違いを比較!コスパが良いのは◯◯だ!!

2019.01.11

アルファード/ベルファイアのメリットデメリット

https://www.instagram.com/p/BsSm2qpFKhw/?utm_source=ig_web_copy_link

続いてアルファードとベルファイアのメリットデメリットを調べました。

アルファードとベルファイアは兄弟車の為、メリットデメリットも共通のものが多いです。

「長所も短所になる、短所も長所になる」なんてことを見聞きしたことがある人は多いと思います。調べてみるとアルファードとベルファイアのメリットデメリットはそんな風に思えるものが多い印象です。

  • トヨタらしい古臭い感じがある。
  • シート中央にある格子状の模様がおっさん臭い。
  • オプション込みで価格が上がる。
  • 2.5Lガソリンエンジンではパワー不足

内装ではおよそ1割の方が古臭いと感じる方がいるそうです。豪華さゆえに「成金趣味に見える」「バブル時代のようだ」というものから古臭いという印象に繋がるようですね。

そしてオプションでは特にナビ込みの値段だと総額が高くなるようです。ナビのオプション価格は10~70万円になります。10インチ以上だと30万円からとなるので一気に総額が高くなってしまいます。

道が分からない時に小さなカーナビの画面を見つつ運転するのは結構ストレスになっちゃいますから、やっぱり出来るだけ大きな画面が良いと思いますよね(笑)

それでは次に2.5Lガソリンエンジンのパワーについてのデメリットについて詳しく見ていきましょう!

補足
2.5Lガソリンエンジンとは・・・ハイブリットよりもリーズナブルで満足度の高い2.5L4気筒ガソリンエンジンのことです。価格が ハイブリッド車よりも手頃な為、最も売れ筋のグレードのようです。

アルファード/ベルファイアは2トンあるかなり重い車なので、100cc増えた2.5Lガソリンエンジンでもパワー不足になってしまいます。そのせいで走り出しがもっさりとする感触が気になってしまう方もいるようです。

他にもハイブリットのエコモードで発進加速が鈍いと感じる方も多いようでした。

デメリットのなかでは走り出しや加速に関してのものが目立ちます。しかし内装や価格に関してはオーナーさんによるところが多いようですね。

それではお待ちかね、メリットについてまとめていきたいと思います!

アルファード/ベルファイアのメリット
  • 革と木目調の使い方が良い。心地よさと優越感を感じる。
  • 安いグレードでも十分な装備。
  • 周囲の見切りが良くサイズ感がつかみやすい。
  • ミニバンなのに高い静粛性がある。

アルファード/ベルファイアでは内装の豪華さはやはり社長が乗る社用車に起用されるだけあって、かなり満足度が高いです。

安いグレードでも十分というのはかなりメリットですよね!安いグレードというのが件の2.5Lガソリンエンジンのグレードなので、走り出しなどにストレスを感じない方だったら欠点だと感じないと思います!

やはり初めは車体が大きいので運転に不安を覚える方も多いようです。ですが、アルファード/ベルファイアには運転をサポートする機能が満載です

例えば、バックギアに入れるとサイドミラーが下に下がり白線が見やすくなる機能がついています。他にも前席だけでなく前席のサイド、後部座席のサイドカーテンエアバッグが標準装備なんです!

他にオプションまで含めると他にも安全性能がたくさんついています。例えば衝突を軽減してくれる自動ブレーキ機能障害物を検知するとブザーで知らせてくれるインテリジェントクリアランスソナーなどです。

ついつい高級感ばかりに目が行ってしまいますが、サイズ感もつかみやすいなんて運転しやすさなど隅々にまで気を配って作られた車なんですね!ますます憧れちゃいます(笑)

それでは最後にアルファードとベルファイア最大の違いである外装の口コミで比較しましょう!

アルファードの燃費はどうなの!?初代から新型まで調べてみよう!

2018.11.27

ヴェルファイアハイブリッド車の中古!知られざる秘密を大暴露!!

2018.11.27

アルファードとベルファイア外装の違い

外装によってどんな印象を持つのでしょうか?口コミから調べてみました。それではアルファードの口コミから見ていきましょう!

  • 落ち着いたフロントがカッコいい。
  • 重厚感がある。
  • フロントグリルに高級感がある。

では次にベルファイアの口コミです。

  • 押し出し感のある厳つい見た目が良い!
  • 色がフォルムにあっている。

アルファードは高級感があり重厚感を感じる方が多くベルファイアはひたすらかっこいいという口コミが多かったです。

またアルファードとベルファイアの外装に対する不満を感じる方もいます。その場合は双方ともに「派手」「ゴテゴテしていて品がない」などの印象を持つことが多いようです。

またベルファイアでは見た目がヤンキーっぽいという印象を抱く方もいるそうですよ。

外装はやはり好みの問題です。アルファードもベルファイアも迫力がありますし、それぞれ重厚感と厳つさがあり、他にはないかっこよさがありますよね!

アルファードとベルファイアの違い

View this post on Instagram

#新型アルファード #かっこいい #社長の

A post shared by 杉本圭 (@made_in_japan.1122) on

アルファードとベルファイアは4~8人乗りの大型のミニバン型高級乗用車豪華な内外装が大きな特徴です。その豪華さに憧れる人も多いのではないでしょうか?

アルファードとベルファイアは兄弟関係にあり、共通している部分も多いのでよく外装が違うだけと言われたりしています。その理由も調べてみました。

「大空間高級サルーン」をキーワードに開発されていて、豪華・勇壮をテーマにしたエクステリアデザインが特徴です。現在はトヨタが販売するミニバンの中でも最上級に位置します。

上品さや洗練さ謳っているアルファードとは反対に、ベルファイアは力強さや先進性を謳っていて、アルファードより先鋭なデザインとなっています。

初代ではアルファードGとアルファードVとして販売店を分けて、かつ外装の違いを持たせていました。

二代目からアルファードVをベルファイアとして分割し、その後も外装に違いはあるもののエンジンなどはアルファードと共通しています。

元は同じ車の外装違い、これが兄弟車と言われる由来です。それが今でも別の車種になっても共通部分が多い理由なんですね!

スポンサードリンク

まとめ

  • エスクァイアはアルファード/ベルファイアより小さいので女性でも運転しやすい!
  • アルファード/ベルファイアは安全性能がたくさん装備されているので子供を乗せるにも安心です!
  • 内装の満足度ではエスクァイアよりもアルファード/ベルファイアの方が高いです。

どちらもファミリー向けの車にも向いていますので、安全性能や運転のしやすさや予算で選ぶと良いと思います。他にも外装など家族や自分自身と相談して納得のいく車と出会いたいですね!

外装が気に入ってエスクァイア・アルファード・ベルファイアで悩む方も多いそうなので、その場合は目的に応じてサイズ感でエスクァイアかアルファード/ベルファイア、その後はカラーや外装で選んでみると良いかもしれませんね!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です