エスクァイアをお得に手に入れる!限界まで値引きしてもらう方法

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

東京人と大阪人の違いって知っていますか?東京人は、自分の買ったものがどれだけ高かったかを自慢します。大阪人は、どれだけ安く買えたかを自慢します。大阪人は値引きしてもらうのが上手いんですよね。

そんなザ・大阪人の友人が、先日エスクァイア値引きしてもらって買ってました。「50万値引きしてもらった」と自慢していました。

ディーラーさんの話だと、エスクァイアは何もしなくても20万円くらいは値引きしてくれる事も多くなったそうですが、それにしても、50万の値引きはすごい!今回は、値引き交渉の仕方を教えてもらいました。

スポンサードリンク

値引き交渉する前にしておく事

よしエスクァイアを買いにいくぞ!というあなた、ちょっと待ってください!お店に行く前に、どのくらい値引きしてもらえるか、どのように値引き交渉しようか確認しておきましょう。

エスクァイアの値引き相場はどれくらい?

エスクァイアは何もしなくても20万円くらいは値引きしてくれる事が多くなったそうです。しかし、それは「これだけ値引きしたのだから即決して欲しい」という攻めの姿勢と同時に「それだけ値引きしても、まだ利益が出る金額を上乗せしている」という内情がありますので、これで満足してはいけません。

エスクァイアの値引き相場
  • 車両からの目標値引き: 25万円
  • オプション値引き相場: 20~30%引き
  • オプションからの値引きを含む限界値引き:40万~50万円

値引きには3種類ある

実は車の値引きには3種類あるのです。これを覚えておけば、どこから値引きされているか確認する事ができます。

車の値引き3種類
  • 車両本体
  • メーカーオプション
  • ディーラーオプション

一般的には車両本体からは定価の5%前後メーカーオプションは定価の10%前後ディーラーオプションは定価の20%前後値引きが目安とされています。それらの値引き総額が50万円になれば大成功!といえますね。

値引きのねらい目はいつなのか?

デパートには、バーゲンセールの時期ってありますよね。それと同じで、車の販売店にも、値引き交渉しやすい時期ってあるんです!それは、4つの時期があります。

値引き交渉しやすい時期
  • 1月~3月の「決算期」
  • 6月~7月の「ボーナス期」
  • 8月~9月の「中間決算期」
  • 12月の「ボーナス期」

この中でも、特におすすめなのが決算期!なぜなら、ディーラーさんが1年で1番売り上げをあげたいと考えているからです。でもその月々によって意味合いが少しずつ違いますので順番に説明していきます。

年初めの初売りは新聞折り込みチラシを見逃さないように!

最近でこそ新聞購読者が減って来てはいるものの、折り込みチラシの効果は絶大です。デパートの初売りチラシに交じって車の初売りのチラシが何店舗も入っています。ディーラーさんは初売りで経費をかけて売上をとっていくので、値引き交渉にも隙があります。

初売りならではのお年玉企画も狙える!

初売りでのクルマ購入には値引きだけでなく、お年玉も狙えそうです。初売りチラシで目玉企画を載せないとお客様も来ませんから、ディーラーも勝負をかけてチラシを打って来ます。

年間で最大の値引きが期待できる3月の決算前セール!

ディーラーさんは、年度内での予算達成をするのに必死になります。なので、値引き交渉も簡単にできて、最も低価格で手に入れることができてしまいます。今すぐにエスクァイアが必要でなければ、決算期に購入することをおすすめします。

11~12月のボーナス時期はフトコロも値引き交渉もアツい!

僕もそうなのですが、ボーナスをあてにしている人は多いです。ボーナスが入ったら欲しかった〇〇を買ってみよう!と買う前からドキドキしてしまいますね。そんなボーナスを狙っているのか、ディーラーも積極的に売り込んできます。

以外とあなどれない?9月の中間決算期

9月末は年度の中間決算期に当たります。つまり年度の半分での業績によって、下期に向けて戦略を立て直す時期です。そのためディーラーも8~9月は1台でも多く販売しようという熱意でセールや広告を打つ時期なんです。

年度末の値引き交渉には劣りますが、早く新車に乗ってみたい!と待ちきれない方は9月の中間決算期も狙い目です。

モデルチェンジの時期は値下げがしやすい?

よくフルモデルチェンジの直前は型落ちするから値下げ交渉しやすいと言われますよね?家電やPCでも1個前のモデルだと在庫一掃セール!現品限り!というのも見かけます。実際モデルチェンジ前は値下げ可能か調べてみました。

在庫があれば値下げ交渉可能!

旧モデルはディーラーとしてもそのまま放っておいたら時期が経つにつれて売れる可能性が低くなります。誰でも新型モデルが欲しいですよね。なのでメーカー在庫があるのであれば値下げ交渉はしやすくなってきます。

在庫があれば、と念を押したのは結論から言うとそもそもエクスクァイアに限らず新車はほぼ受注生産なので、在庫という概念は捨てた方がいいです。

在庫があるとすれば受注されたが契約に至らなかった、つまりキャンセル車が在庫としてある場合と販売店があらかじめ発注し、在庫車が割り当てられる場合があります。

値下げ交渉時に奇跡的に在庫車があれば非常にラッキーです!在庫車は値下げ幅が高いうえに納期がものすごく早いので契約からすぐに納車が可能です。

ライバル車の見積もりを取っておこう

最初からエクスクァイアを買うと決めているあなた!当然最終的にエクスクァイアを買うのですが、値引き交渉する時、ライバル車の見積もりを持っていた方が値引き額が拡大できます。

交渉時に、エクスクァイアに決めているというのを前面に出さずに、条件がよければライバル車にしようかなという気持ちを出すと、ディーラーさんはなんとかエクスクァイアにという事で交渉が有利に進みますよ。買う気があるとわかれば、大幅値引きは期待できません

下取り金額を確認しておこう

下取り金額の確認も忘れてはいけません。なぜかというと、ディーラーの下取りは、実は買い取り価格相場よりとても安いからなんです。なぜかというと、買取専門業者さんは、細かい所まで査定金額として見積もりをしてくれるので、高い見積もり金額が出せるのですが、ディーラーさんは、下取り価格は車種と型番で一律価格で、細かい金額を計算できないのですね。

その他、後から値引きの代わりに下取り金額をあげて契約してもらおうと考えている新車販売がメインなので強気な下取り金額を出せないという理由もあります。

ディーラーさんに行く前に、一括見積もりサイトで買取の見積もりをしてください。

トヨタの新車値引きはこれで完璧!ディーラー直伝の奥義を伝授!

2018年12月1日

目標金額よりもっと大きく値引きしてもらえる交渉方法

さあ、いよいよディーラーさんに行ってみましょう!いざ、値引き交渉へ。交渉はこの順番が勝利の方程式です。

まさにゴールデンルートですね。

エスクァイアのライバル車と競合させる

まずは、他メーカーのライバル車をぶつけます。家電量販店が「他店より1円でも安い時はさらに値引きします」と言っていますが、それと同じ原理です。エスクァイアのライバル車は、日産・セレナホンダ・ステップワゴンです。これらのディーラーさんにも回って、できれば見積もりをもらっておきましょう。

友人から、こういう風に言えばいいよというのを教えてもらったので、ご紹介します。

友人
エスクァイアも良い条件だし、高級感も文句なしです。ただ、今セレナもかなり好条件で提案して貰っていて、値引きは日産が上なんですよ。安い方からとは言わないので、セレナよりは良い条件で購入したいと思っています。

兄弟車を競合させる

それから、同じトヨタの兄弟車である、ノアヴォクシーをぶつけてみましょう。ノアやヴォクシーよりはエスクァイアの方が元々の販売価格がずっと高く内装などの質も全然違います。なので、車自体の質で比較をするのではなく、よりリーズナブルに買えるということを強調して交渉してください。

トヨタ同士で競合させる

ノア・ヴォクシーをぶつけて、「あちらはエスクァイアより元々の値段が安いですから」と言われたら、同じエスクァイアを扱っているトヨタ店とトヨペット店を競合させます

どちらもライバル視していて、より販売台数を上げたいと思っているディーラー同士なので、あと少し値引きをして貰えるなら決めたいという場面では、この競合を利用します。

もし、トヨタ店で交渉をして行き詰ったら、トヨペット店でこう言ってみると反応ありますよ。

友人
今エスクァイアを検討しているのですが
新人ディーラー
有難う御座います!現車はご覧になりますか?
友人
いえ!もうすでにトヨタ店で見積もりを貰っていて、あと少し値引きして貰えれば購入したいと思っています。ただ、条件が行き詰まってしまったのでトヨペットさんで頑張って貰えるなら、ここで契約したいと思っていますが、お願い出来ますか?

こう言ってみると、少しの値引き上乗せであれば対応してもらえる可能性が高いですよ。

同じディーラーでも都道府県が違えばライバル同士で値引きを競わせることができる

同系列でも都道府県が違えば値引き額が違ってきます。中々の盲点だと思いませんか?例えば東京トヨペットと隣同士の横浜トヨペットは別会社と考えて大丈夫です。

県をまたいでの値引き交渉は時間と労力がかかりますが、得られる効果もそれなりにあります。口コミでは自宅のあるトヨペット店舗と旦那の勤め先のトヨペット店舗で競合させた!という賢い情報もありました。体力自慢、時間に余裕のある方で交渉上手な方はエクスクァイアーの値引き合戦に是非チャレンジしてください。

ディーラーよりも値引きしてくれる?サブディーラーで購入

サブディーラーって何?という人のために、まず簡単に説明します。サブディーラーは、見た目は自動車修理工場や中古車販売店だけど、新車販売を手掛ける店舗の事です。サブディーラーはディーラーから仕入れているのです。

サブディーラーで購入した時のデメリット・メリット

サブディーラーはディーラーから直接仕入れています。値引率はどうなるか気になります。そんなサブディーラーで購入した時のデメリット・メリットを紹介します。

サブディーラーで購入した時のデメリット
  • そもそもサブディーラーがどこにあるかわからない
  • ディーラーより安く買えるのか不安

ディーラーはネットで検索すればすぐに出ます。ディーラーに行けば試乗もできますし、待っている間にジュースも飲めます。でもサブディーラーをネットで探すのは困難です。

元々修理工場や中古車販売が主体なので当然ですよね。しかしサブディーラーを探すのは意外と簡単です。修理工場や中古車販売店の看板にトヨタのロゴや新車販売の文字がありませんか?そういった店舗がサブディーラーなんです♪

サブディーラーって聞いたことないし、値引きできるか不安がありますよね?でもサブディーラーでの値引きはかなり安くしてもらえるとの評判なんです。理由はサブディーラーで購入した時のメリットを見てください!

サブディーラーで購入した時のメリット
  • 販売がメイン業務でないため、値引き額が大きくできる
  • 後々のメンテナンス、修理を見越して値引きを大きくできる
  • ディーラーより安くしないとサブディーラーでは売れない

サブディーラーはメイン業務が修理、板金、中古車販売です。新車販売はあくまでもサブ的な役割です。なのでサブディーラーで『エクスクァイアの新車を購入したいんですが…』と伝えてみるとサブディーラーもプラスの売り上げになりますから喜んで対応してくれます。

新車販売がメイン業務ではないためサブディーラーは、新車販売での大幅利益を求めていません。それよりもウチで買ってもらったんだからオイル交換やキズ、板金はしっかりさせてもらうよ!という後々のメンテナンスで顧客を得たいと考えています。

また、サブディーラーでは自動車保険加入も大きな収入源となっています。生涯顧客になってくれればサブディーラーも大喜びです。安く購入できるのであれば喜んでサービスを受けたいですね。

サブディーラーは看板もわかりにくし、販促費もほぼ使っていないため、新車購入の際ディーラーと同値段だったら購入しませんよね。そのためサブディーラーではディーラーよりも値引き率を高くする傾向があります。

また、サブディーラーは僕たちのようにディーラーから車を仕入れるのですが、メーカー卸価格で仕入れるので新車を若干安く仕入れることができます。その差額分を値引額として僕たち購入者に還元してくれます。

サブディーラーで購入する時は、ディーラーでの見積書をもらってから値引き交渉するようにしましょう。間違ってもサブディーラーからディーラーに交渉しないようにしてくださいね。

サブディーラーも僕たちと同じようにディーラーの顧客なので、顧客から値引額を大きくして販売の邪魔をしたようになるとディーラーとサブディーラーの信頼関係が失われます。サブディーラーは値引額でかなり有利なので最後の交渉相手と考えて買いたい情熱を注いでみてください。

友人
サブディーラーのよさは値引きもあるけど、あとあとのメンテナンスが安くしてもらえる可能性が高いね。ディーラーだと、車検とかメンテナンス代が高いですが、サブディーラーは車検など安くできるという利点があるので、ある意味おすすめだと言えるね。

値引きの裏技を使う

口下手な人、値引き交渉するのちょっと気がひけるという人に、とっておきの裏技を教えます。それは、オプションを純正品ではなく、安い社外品にするという事です。これだと、値引き交渉しなくてもエスクァイアの総支払額を下げる事ができます。

どのくらい安くなるかと言うと、

カーナビの場合、本体・バックカメラ・ナビ工賃あわせて、純正だと335,070円。それをカロッツェリア社外ナビにすると、269,987円になって、65,083円お得になります。

フロアマットだと、純正は、デラックスが50,760円ラグジュアリーが62,640円社外品エスクァイア用フロアマットが、12,800円で売られています。これで、3万~5万円前後の割安になります。

ドアバイザーは、純正が、23,760円。一方、社外品は4,820円1.8万円以上の差額がでます。

ドライブレコーダーは、純正だと21,060円~62,100円であります。社外品は、5980円からあります。1.5万~5.6万円の差額が出ます。

これらの差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果です。うまく活用しましょう!

友人
交渉しだいでは純正オプションの値引きを引き出せる事もあります。どちらが得になるか比較検討してください
スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

  • 他社のライバル車を競合させる
  • 兄弟車(ノア、ヴォクシー)を競合させる
  • トヨタ店とトヨペット店を競合させる
  • サブディーラーも検討してみる
  • オプションを社外品にする

値引き交渉は、大変そうに見えますが、きちんと調べて戦略を立てれば上手くいきます。くれぐれも下調べをぬかりなくして値引き交渉に挑んでください。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です