エスティマは雪道でも安全に運転できる!その秘密にせまる!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

みなさん、スキーやスノボは好きですか?友人に、冬になるとスキー場に住んでいるんじゃないかというくらいスキーに行きまくっている人がいます。その友人はエスティマに乗っています。

友人は、あまり運転がうまいとは言えません。以前家まで送ってもらった時、ひやりとした時が何度かありました。でも、エスティマ4wdに乗り換えてから、それがなくなりました。それに、スキーに一緒に行った人達も、特に問題なく往復したそうです。

運転の練習でもしたのかと聞いてみたら、「エスティマのおかげ」と言っていました。そこで、調べてみたら、どうやらエスティマのハイブリッドシステムに秘密がありそうだとわかりました。なので、ハイブリッドについてもっと調べてみました。

 

スポンサードリンク

4WDって何?

4WDとは、四輪駆動車のことで、4つのタイヤ全部が動いて走る車のことです。ちなみに、2WDというものもありますが、こちらは2つのタイヤだけが動いて走る二輪駆動車のことを言います。
実は僕、車が動くのは当たり前に4つのタイヤ全部が動いているんだと思っていました。
だって、車が走ってるのを見ると4つ全部転がってるじゃん。と思っていたんですが、二輪駆動車の場合はエンジンによって動いていたのは2つのタイヤだけなんですね。
残りのもう2つは本当に転がっているだけと知って、少し笑ってしまいました。

どのように動くの?

じゃあ、エスティマのハイブリッド車はタイヤ4つ全部が動いて走るんだね、って言うと、それは少し違います。

なんでだよ、今4WDはタイヤ4つ全部が動くって言ったじゃん!と思ったあなた、まあまあ、ちょっと聞いてください。それにはちゃんと理由があります。

エスティマは、車が勝手に状況を判断し、4WDと2WDを使い分けながら走行していきます。
  • スタート時や全開加速時は、 4WD走行
  • 通常走行時は、 2WD走行
  • 雪道などで滑った場合は、2WDから瞬時に4WD状態に切り替える
これによって、次のようなメリットがあるんです。

4WDと2WDを使い分けて快適にドライブ

車が走るとき、一番パワーを使うのって実は走り始めなんですよ。人間も動き始めるとき、「どっこいしょ」って重い腰を上げて動き始めますよね。
車もそんな感じです。同じく加速する時もパワーを使います。ウォーキングよりダッシュの方が体力使うのと一緒です。
パワーを使うということは、その分たくさんのパワーが欲しいですよね。なので、スタート時や加速時は4つのタイヤを使って、ハイパワーで動くんです。
でも、走り始めて軌道に乗ってくればそれほどパワーはいりません。タイヤは丸いので、勝手にコロコロ転がります。めちゃくちゃ頑張って走らせなくても、ちゃんと走ってくれるんです。
そうなったら、4つのタイヤじゃなくてもいいですよね。2つのタイヤだけに頑張ってもらって、後の2つは休憩タイム。こうやって、2WDと4WDを切り替えながら走行していきます
さらにもうひとつ。雪道などで滑った時は、瞬時に4WDに切り替えます
これは、通常走行時は前の2つのタイヤだけで動くのですが、その前輪2つが滑ってしまったら、あとはもうどうすることもできません。後ろのタイヤは休憩中なので、転がってるだけ。
そんな時、総監督のモーターが、後ろのタイヤに「おい、休憩上がれ!」って指令を出すんです。監督に指令された選手の後輪たちは瞬時に動き出し、前輪を助けます。
そうして無事にツルツルの道を突破。まさに、前輪と後輪のファインプレーですね。

4WDで燃費よく走る

4WDと2WDを使い分けることができると、状況に合わせて一番効率のいい方法で走行することができます。さらに、こうすることで『低燃費』にも繋がるんです。

普通、4WDは燃費が悪いと言われます。タイヤ4つ動かしてフルパワーで走ってるんですから、そりゃ燃料使いますよね。
でも、それほどパワーがいらないところでは2WDに切り替えることで、フルパワーからジョギング程度になります。そうすることで、その分消費カロリーが減る=燃費が抑えられます。

エスティマと雪道の相性

エスティマは、雪道との相性がいいんです!どのくらいかというと、この動画を見るとわかります。

こんな風に、雪道でも安全に運転できるんです!

もうひとつ、Yahoo知恵袋に「雪道で登れなくなってしまいタイヤ購入しました。ですが先程4WDで走行してると思っていた車が2WDで走行していたことを知りました。」という書き込みがあって、丁寧な回答があったので、ご紹介します。

2WDと4WDでは登り坂の性能や深雪の性能は雲泥の差です。なのでタイヤを新しいスタッドレスにしなくても、4WDであれば登れた可能性が高いと思います。しかし、4WD仕様は2WD仕様に比べて重量があるのでブレーキが不利なのです。確実に2WD仕様よりも制動距離が伸びます。なのでわたしは4WDの劣る制動性能を補う意味で、むしろ4WDほどできる限り高性能なスタッドレスを履くべきと考えています。3年での交換は確実だと思います。

トヨタのアクティブトルクコントロール4WDについてお話しをしておくと、ドライ路面の直進走行では限りなくFF車です。前後輪をつなぐプロペラシャフトの間に電子制御カップリングを装備していて必要な時だけ後輪にトルクを配分します。その際の油圧制御のエネルギーロス分のみ燃費に影響するのですが、微々たるものですので随時4WDオートモードで大丈夫です。通常はこのタイプの4WD車は2WD切替スイッチは不要なのですが、トヨタはマーケティング的に切替ボタンを必要としたのかもしれません。実際にトヨタ内でも切替ボタンのないアクティブトルクコントロールの車種もあります。とはいえ、この4WD切替ボタンがあったほうが有利な場面もあります。

引用先:Yahoo知恵袋

4WDならスタッドレスタイヤにしなくても、上り坂を登れるんですね!すごいです、4WDのパワー!

坂道に関しては4WDになれば単純に2倍の能力になると考えてよいと思います、昔ですがザクザクのシャーベット雪の登り坂をを試しに2WDで上がっていたところ、走りながらタイヤがスリップを始めて雪を掘り始めてしまいました、そこで停止後に4WDに切り替えて発進をした所、少しもスリップする事無く登り始めました。

人間で例えて言えば立って滑り台を登るのと、四足で登る差になるのでその差は歴然かと思います

引用先:Yahoo知恵袋

子供の頃、滑り台を逆に登る子っていませんでしたか?僕もその一人でした。確かに、登るときって四つんばいになります。

エスティマだと、ハイブリッドで4WDに瞬時に切り替えてくれるので、雪道もスイスイ運転できるんです。あまり運転に自信のない人にとっては助かりますね。

マイ(妻)
この質問をした人は、知らない間に切り替えボタンを押してしまっていたらしいの。私も気をつけなきゃ!
スポンサードリンク

エスティマのハイブリッドとは?

まず、ハイブリッドってなんでしょう?ハイブリッドとは、2つの動力源が合わさった車のことで、日本ではガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせが主流です。
つまり、簡単に言えばガソリン車と電気自動車が合体したイメージです。例えるなら、悟空とベジータが合体してベジットになる感じですかね。
ガソリンエンジンと電気モーターには、それぞれメリット・デメリットがあります。ハイブリッド車は、この2つの動力を状況に応じて使い分けることで、常に効率の良い走りができます。
具体的に、ハイブリッドのデメリットとメリットはこんなものがあります。

ハイブリッドのデメリット

ハイブリッド車のデメリット
  • 車両本体価格が高い
  • システムの修理費用が高い
  • 車内スペースが狭くなる

ガソリン車と比べて、車両本体価格が高いです。ハイブリッド車の場合は、減税などが受けられるので、そこまで大きな差にはなりませんが、乗り出し価格を抑えたい人にはデメリットになります。

でも、売るときに高値が付きやすいので、この差はほとんどないと言ってもいいかもしれませんね。

ガソリン車と違いハイブリッド車は特別なシステムを搭載しています。このハイブリッド機関が故障した場合、修理費用は20~50万円ほどになる可能性があります。

どの部分が故障するかによって金額が異なりますが、それなりの費用がかかることを覚えておきましょう。長く乗れば乗るほど、修理するリスクが高まりますので注意が必要です。

ハイブリッド車はガソリン車にない特別なシステムを搭載していますので、同じ車種でもガソリン車とハイブリッド車とでは、車内空間に差が出ます。

居住スペースに大きな差はありませんが、収納スペースなどが狭くなります。車種によっては、使い勝手が大きく左右されるので、しっかりと確認して購入しましょう。

ハイブリッドのメリット
  • 燃費がいい
  • 売るときに高値になりやすい
  • 走行音が静か

ハイブリッド車の一番のメリットは、燃費がいいことです。ガソリン車と比べて、燃費がいいのでガソリンスタンドに行く回数も減り、燃料代も抑えることができます。

車種によって異なりますが、ガソリン車の1.5倍ほどの燃費があり非常に経済的です。

車両本体価格がガソリン車よりも高いので、売るときの値段も必然的に高くなります。また、ハイブリッドの方が需要があり、人気があるため高値になりやすいんですね。

売るときのことも考えると、ハイブリッド車を選ぶほうがいいんです!

ハイブリッド車はモーターで動かしている部分があるので、走行音が非常に静かです。エンジン始動時もかかっているのかどうかわからないほど静かで、閑静な住宅街に住んでいる人には非常にいいんですね。

また、車内に入ってくる音も少ないため静粛性もガソリン車と比べて大きく違います。赤ちゃんや小さい子供が寝ている時も安心ですね。

エスティマの燃費はどうか?

ハイブリッドモデルの実燃費

ハイブリッドモデルのカタログ燃費は18.0km/Lです。では実燃費はどうでしょうか。

燃費の種類と数値
  • カタログ燃費:18.0km/L
  • 街乗り燃費 :10~13km/L
  • 高速燃費  :13~16km/L

結果は上のような燃費となります。カタログ数値に対する達成率は6~7割で、悪くない数字です。一般的に、実燃費はカタログ値の6~7割ほどと言われているので、十分な数値です。

ガソリンモデルとハイブリッドモデルでは、どのくらい違うかと言うと、ガソリンモデルは8~10km/L、ハイブリッドモデルは10~13km/Lです。

両モデルの実燃費の差は3km/Lくらいで、ハイブリッドモデルとガソリンモデルの価格差が80万円~100万円ほどと非常に大きいので、残念ながらガソリン代で元を取るという事はできません。

エスティマの歴代の燃費・実燃費

エスティマの燃費は、走り方によって大きく変わってきます。では、歴代エスティマはどうでしょう?

エスティマ10型(初代)の燃費

10型の燃費
  • カタログ燃費:7.1km/L
  • 実燃費   :4~7km/L

初代エスティマはJC08モードには対応していないので、10・15モード燃費で7.1km/Lという数値です。実燃費は平均で4~6km/Lという数値です。モデルが古いせいか高速燃費のデータはありません。

エスティマ30型(2代目)の燃費

30型の燃費(ハイブリッド)
  • カタログ燃費:18.6km/L
  • 街乗り燃費 :9~11km/L
  • 高速燃費  :11~13km/L

エスティマは2代目からシャーシやパワートレインを大幅に変更し、燃費性能を伸ばしました。現行モデルは2代目をベースに開発されているためか、そこまで大きな数値の変化はありません。

エスティマの燃費を左右するものは何か?

エスティマは、先代からたいして燃費性能が伸びていないんです。では、燃費を左右しているものには、どんなものがあるでしょう?

車重の重さ

エスティマの燃費の悪い原因は、車重の重さが一番の理由です。本来であれば1.5tほどの車体を動かす容量である2.4Lエンジンで、2tものボディを動かそうとしているのでかなりムリがあります。

しかもミニバンなので乗車人数や荷物も多く、フル乗車の状態と慣れば最大で440kgもの重量が増えます。さすがにこれだけの重量となるとエンジンへの負荷は大きく、燃費が悪くなってしまうのです。

規格が古い

現行のエスティマは、12年のロングライフモデルです。ほとんどの車は、モデルチェンジによって改良されたパワートレインやボディの軽量化などさまざまなテコ入れがなされます。

しかしエスティマは、根幹的な部分はほとんど変わっておらず、エスティマより重いアルファードやヴェルファイアにも燃費性能は劣っています。

効率の良い変速

エスティマには無段変速機のsuperCVT-iが採用されています。CVTはエンジンの一番効率の良い回転数で変速・加速するため、エンジンパワーが多少足りなくても十分加速し、走行できるんです。

ハイブリッドシステム

ハイブリッドモデルは、エンジンの回転や回生ブレーキなどで電気を充電し、発進時や走行中にモーターでの走行やアシストするので、エンジンだけの走行よりも燃費が良くなります。

エスティマの燃費改善・向上方法

燃費対策の少ないエスティマですが、なんとか燃費を良くする方法はないか?エスティマの燃費を向上する方法をご紹介します。

急アクセルをしない

エスティマのパワーは普通に走る分には十分です。しかし車体重量に対してエンジンパワーが足りないのも事実です。

だから、普通の車のように加速させようとするとアクセルを踏み込まないといけません。これでは燃費が悪くなってしまいます。

エスティマは速く走るためのものではなく、多人数で快適に移動するための車です。勢いのある加速をせずにゆっくりと走りましょう。タコメーターで2,000回転ぐらいを目安に走ることで効率良く走れます。

クルーズコントロールを使う

エスティマには速度を一定で走行できるクルーズコントロールが標準でついています。

車の不必要な加減速は、燃料を消費してしまいます。高速道路やバイパスのような速度一定で走れるような環境では、クルーズコントロールを積極的に使用することで、燃料消費を抑えましょう。

出だしはモーターで走らせる

車は走り出しが一番燃料を消費します。ハイブリッドモデルならばその一番燃焼効率の悪い部分を、モーターで走らせることができます。

走り出しはできるだけクリープ現象や軽いアクセル操作でモーターだけで走るようにし、進みだしてから必要に応じて加速させます。これを意識するだけでかなりの燃料消費を抑えることができます。

エスティマハイブリッドの燃費はどう!?実燃費で徹底調査!

2019年1月9日
スポンサードリンク

まとめ

  • エスティマは、雪道に強い
  • 4WDのパワーは2WDの2倍
  • ハイブリッドシステムをうまく使えば、燃費をおさえられる

運転する時って、いろいろ気をつけなきゃいけない事がありますよね。少しでも快適に運転する為に、エスティマのハイブリッドをうまく利用しましょう。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です