エスティマ・オデッセイ・アルファード!内装&リセール徹底比較!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

エスティマオデッセイアルファードこの3台は長年のライバル同士です。ミニバン型の車で高級な質感のものに乗りたいと思う方はこの3台の名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

それぞれ高級ミニバンとして発売されてから長く、ファンも多いですよね。私の憧れの車はこれ!という方もいることでしょう。

今回はそんな3台の高級ミニバン対決ということで、ミニバンで気になる内装と購入する際に気になるリセールバリューを比較していきたいと思います。

スポンサードリンク

エスティマってどんな車?

トヨタ・エスティマのキャッチコピーは「天才たまご」、その言葉の通り未来感のある流線形のボディに憧れちゃいますね!

アルファードが大きすぎると感じる方やおしゃれなミニバンに乗りたいと思う方にオススメな車になっています。

また燃費の面から見ても、街乗りでの実燃費がハイブリッド車で10~14km/Lガソリンエンジン車で7~9km/Lとなっておりおおむね満足度が高いです。

特に内装では高級感がありつつ、シートアレンジの幅が広くファミリーカーとしても少人数で利用するにも大活躍できるのも人気の秘密だと思います!

エスティマの内装をカスタマイズして家族全員を納得させよう!

2019.01.28

オデッセイってどんな車?

ホンダ・オデッセイは上級ミニバンとして発売されています。ミニバンとしては低床で高さを抑えたデザインです。

特徴としてミニバンではあまり重視されない走行性も大切に作られている車というものがあります。

口コミでは「オデッセイの悪い点を探せばもうちょっと燃費をどうにかすることができれば穴のない車になると思う」というものがありました。しかし、ハイブリッドモデルが登場したことにより燃費もよくなったようですね!

その燃費はハイブリッド車で15~19km/Lガソリンエンジン車で6~9km/Lとなっており、ガソリンエンジン車での燃費満足度はそこそこといった具合です。燃費が改善されたハイブリッドモデルは最高の車と感じることが出来るのではないでしょうか?

オデッセイは「クリエイティブ・ムーバー(生活創造車)」の第一弾として発売され、現代までヒットを続けており、ホンダの基幹車種のひとつとなっています。

それだけヒットしているということは、ヒットの分だけオデッセイが様々な人の生活に寄り添える車ということなんですね!

スポンサードリンク

アルファードってどんな車?

View this post on Instagram

東京オートサロンも無事に終わり次は2月開催の大阪オートメッセにアルファード、ヴェルファイア3台出展します!またまた大好評だった3日間限定10万円ポッキリスペシャルプライスでエアロパーツをご提供しますので、関西方面のお客様お待ちしております! オートファッションフォルテまで!! 愛知県名古屋市中川区中郷2-109 052-351-0936 http://www.forte-special.com #フォルテ #forte #オートファッションフォルテ #アルファード #ヴェルファイア #30アルファード #30ヴェルファイア #純ベタ #カスタム #フォルテエアロ #bodykit #車高短 #新車コンプリート #全国納車 #alphard #vellfire #エアロ #フルアーム #キャンバー #東京オートサロン2019 #アルヴェル #30アルファード後期 #workwheels

A post shared by Forte_Special.Japan (@forte_special.japan) on

大空間高級サルーン」をコンセプトに開発されたアルファードは外観や内装もかなり高級感があります。特に内装は口コミでの満足度も非常に高いです。いくつか口コミをピックアップしてみたいと思います。

アルファードの口コミ
  • 茶木目調のインテリアで高級感があります。さらにシートは座り心地がとても良いです。先日高速を100キロほど走行しましたがとても快適でした。
  • 兎にも角にも、パーフェクトに近い車です!

内装で不満がある口コミとして見かけたのは「オプションが高い」といったものくらいで、全体的には乗り心地も含め満足している意見が多いようです。長距離も快適に過ごせるというのはとても魅力的ですよね!

続いて燃費は8.9~12.4km/Lです。アルファードには2.4Lガソリンエンジンと3.0Lガソリンエンジンがあります。

燃費が良いのは2.4Lガソリンエンジンで、パワーがあるのが3.0Lガソリンエンジンです。搭載エンジンによって燃費が変わる為、燃費とパワーで重視する方のエンジンを搭載したいですね!

アルファードの8人乗りと7人乗りの違い!シートアレンジ術!

2018.11.27

アルファードは車中泊に向いている!?その理由を検証してみた!!

2018.12.03

口コミから内装を徹底比較!

高級ミニバン、上級ミニバンというと内装にとても期待ができると思います。長距離での移動もシートの乗り心地によって快適さがかなり違うんです。

例えばシートが固くて小さな段差でも衝撃がそのまま伝わるような車だと短い距離でもお尻が痛くなってしまいます。その点、この3車はどれを選んでも乗り心地が良さそうです(笑)

そんな気になる評価の高い内装を徹底的に比べてみました!

気になるエスティマの内装!

引用元:トヨタ公式ホームページ

エスティマは特に外観の評判が良い車種です。流線形でありつつスポーティーな外観はとてもファンが多い印象を受けました。

しかし内装の評判も良いんですよ!中には外観はスタイリッシュだけど内装は普通のミニバン、という評価をする方もいます。ですが、ミニバンの『普通』って結構評価高めだと思うんです。

だって『普通』ということは、日常的に使用していて、とくに不満はない又はあまりストレスが溜まらないってことですもんね(笑)そんなエスティマの内装に対する口コミをまとめたいと思います。

まずはデメリットから見ていきましょう!

エスティマの内装の口コミ(デメリット編)
  • 内装デザインは可もなく不可もなく、質感は一見高そうですが良く見ると残念なところが目につきます。
  • 現在ではプラスチッキーに見えます。

内装のデザインや質感については、ほとんどの方が可もなく不可もない感じ、という印象を受けるようです。また、長年乗っている方は昔は高級だと感じたが現在では少しプラスチックっぽいという口コミもそれなりに見かけました。

しかし、内装に関しては特に不便を感じるデメリットはなさそうです。質感に関しては画像を見ても実際に見てみると違う印象になるかもしれないのでぜひ試乗しに行きたいですね!

それでは続いて満足度高めの口コミを見ていきましょう!

エスティマの内装の口コミ(メリット編)
  • 車内が広いのは子育て世代には絶対喜ばれます。
  • 2列目シートの足元がフラットなのが最高です。これは、ミニバンの特権ですね。
  • 内装は比較的気に入っている。アウトドアに最適なフラットにできる点とか人乗せる時は3列目シートを出したりだとか機能性に多能性がありますね。オデッセイより広くフラットにできる。

エスティマの三列目シートは床下に格納できます。特にそこを便利だと感じる方が多いようでした。具体的な例をまとめたいと思います。

突然の雨の時に子供の迎えに行った際に、自転車を楽に載せられました。また、荷物を大量に積めます。
うちは3歳と1歳ですが後部座席の床にタオルを敷いておむつ替えなど出来るし自転車を積んだり、保育園の布団を積んだりめちゃくちゃ便利です。

内装では広さやシートアレンジの豊富さで特に高い満足度があるようですね!子育て世代のオーナーからは圧倒的な支持を受けているようでした。

また、自転車をラクラク積むことができるというのは、アウトドア用品などの大きな物を積むことができるはずです。ということは、趣味の自転車やサーフボードなども積むことができるのではないでしょうか?

エスティマはその広さから、子供の世話からアウトドアな趣味にまで対応できる幅広い車という感じですね!

内装のデザインよりも機能性を評価されている車なんです!子供の多いご家族や荷物が多くなる趣味の方などにオススメな車だと思います。

ホンダ・オデッセイ、その内装は?

引用元:ホンダ公式ホームページ

オデッセイは「長い冒険旅行」という意味で、その由来からも何だか長距離走行に向いている車のように思えます。

3代目以降は「低床」「低重心」をキャッチコピーとしており、さらにセダンよりも広い室内空間が持ち味です。また3列目シートの床下収納機構がオデッセイシリーズの特徴です。

それではさっそく口コミを見ていきましょう!まずはデメリットからまとめたいと思います。

オデッセイの内装の口コミ(デメリット編)
  • 収納が少なすぎます。
  • 子供が小さいので8人乗りを選びましたが(AWDは、8人乗りしかなかった)2列目の中央のシートが硬すぎます。左右に子供をジュニアシートで使用し大人が座るとお尻が痛くなります。

収納が少ないというデメリットはよく言われていることのようなので、収納機能がたくさんあった方がよいと思う方にはあまりオススメできません。

シートが固いのも悩みどころですね。ただ、いくら画像を見てもシートの感触はよく分かりません。グレードによって違いもあるので、ここはぜひとも試乗しに行って見てみたいポイントですね!

続いてオデッセイの内装に好印象を持った方の口コミをチェックしてみましょう!

オデッセイ内装の口コミ(メリット編)
  • 光のアイテムパッケージ、インテリアパネル、プレミアムフロアマットのおかげでおしゃれな感じです。
  • 高級感がありシンプルでとても気に入ってます!シートの作りもよく長時間運転していても疲れません!
  • 3列目のシートの座りごこちもMクラスミニバンに比べてとても良く大人がゆったりと乗れるのが良かったです。3列目にシガーソケットがあったので意外に重宝しました。

デメリットであった収納の少なさがシンプルさというメリットに繋がっているようですね。このシンプルさと機能性のバランスでは好みが別れてしまいますね。しかし、シンプルであるからこそ内装デザインの少しアクセントでより高級感を増すのです。

またこちらは乗り心地がよいという口コミがあります。シートはもやはりグレードによって乗り心地が違うようですね。

さらに3列目のシートでも乗り心地が良いというのは長時間移動しても疲れないので良いですね!長く使用するものなので、シートの座り心地は予算と良い感じにバランスを取りたいものです(笑)できれば妥協したくない部分ですよね。

さらに3列目のシガーソケットはとても便利だと思います。最近は携帯や携帯ゲームの充電を車のシガーソケットから行うのも珍しくないですよね!前席にはシガーソケットが基本的にありますが、3列目にまでついているというのは多人数で移動する時にとても便利です!

アルファード、評価の高いその内装は?

引用元:トヨタ公式ホームページ

内装について、トヨタのホームページには「特別な時間が流れる、至福のくつろぎが広がる、大空間高級サルーン」と書いてありました。

画像で見てもとても広々としていますね!ファミリーカーとしても大活躍しているアルファードです。席も広々しているので長距離移動もストレスが少なく移動できそうですね。

アルファードの内装には特に不満を感じる口コミは見つけられませんでした。あっても、オプションやグレードの値段が高いというものくらいで、調べていてびっくりしちゃいました。

それではお待ちかね、口コミを見ていきましょう!

アルファード内装の口コミ
  • 高額車だけあって、所有する喜びを感じることのできる内装と感じます。
  • メッチャ便利機能が多いですね。子供は大好きみたいです。
  • 至れり尽くせりで文句のつけどころがありません。便利レーションは非常に便利。
  • シートも合成になり高級感が圧倒的に増しました。誰が見ても凄い!って言われるので一般的に見てもかなりのクオリティーだと思います。私はかなり気に入っております。

子供が内装を好きだと思ってくれるのは、とても良いですよね!自分が好きな内装を家族も好きになってくれたら嬉しいですね。広さも十分、機能性も十分なのはとても良いですね!内装と高級感のバランスも最高な車なんです!

それにアルファードは高額な車ということもあって、所有しているだけで喜びを感じられるというのもステータス感があって良いと思います!自慢をするわけではなくても、アルファードに乗っているだけで日常でも自信がつきそうですね!

ミニバンといえばウォークスルー!そんなウォークスルーのデメリットとは!?

ミニバンといえばファミリーカーとしてのイメージも大きいと思います。その中でシートアレンジとウォークスルーがよくアピールされています。ウォークスルーとは、1994年にホンダのオデッセイの登場でミニバンブームが到来した時に注目された機能です。

マイ(妻)
クローゼットでは聞いたことあるけど、車でウォークスルーってどの部分のことかしら?
ベテランディーラー
マイさん、こんにちは!ウォークスルーとは前席と後席の間、もしくは2列目と3列目のシートの間をシートを倒さずに移動できることをいいます。
マイ(妻)
へぇ、乗り降りが便利そうね!
ベテランディーラー
そうですね。乗った人同士でコミュニケーションが取りやすいなどのメリットもありますよ!

とても便利な機能なんですね。ここでいくつかウォークスルーのメリットをまとめたいと思います。

ウォークスルーのメリット
  • 子供が自由に行き来することができる。
  • 幼児の授乳やおむつ交換など小さな子供の世話をしやすい。
  • 2列目から降車したり、シートを倒したりせずに荷室へアクセスできる。

特にメリットを感じるのは子育て世代なのではないでしょうか?子供が小さい頃は車の乗り降りや長距離移動の際にもとても大変だと思います。ウォークスルーによって、その労力をほんの少し減らすことができたら良いですね!

そんな便利なウォークスルーですが、確かにまだ落ち着きのないくらいの子供がいる方はヒヤヒヤしちゃうかもしれません。

マイ(妻)
確かに便利そうだけど、友達は「ウォークスルーは便利だったけど、子供がチョロチョロして危険を感じたことがあった」っ言っていたわ。

子供が小さいうちはチャイルドシートに座らせておけば一先ず大丈夫ですが、小学生ともなるとノドが渇いたから飲み物を取りに席を移動したり、眠くなってしまって自由に移動したりすることもあります。

「車が止まってから動いて~」と注意しても中々じっとしてくれません。そんな時はDIYでウォークスルーを塞ぐというのも一つの手です。確かに子供がある程度成長してからは、じっとできるようになるまで封印しておくというのもアリですね。

リセールバリューを比較しよう!

エスティマ・オデッセイ・アルファードを今度はリセールバリューで比較していきたいと思います。リセールバリューとは下取りに出した時の価値・価格のことです。車を買い替えるという場合、とても重要なポイントですよね!

このリセールバリューを購入時から意識する方もいるというくらい、かなり大きなポイントになっています。それではそれぞれのリセールバリューをさっそく見ていきましょう!

下取りに有利?エスティマのリセールバリューは?

まずはエスティマです。グレード別に、それぞれ新車から3年経った場合のリセールバリューを「車種・・・買取相場:リセールバリュー」という形でまとめていきます!

車の状態は年式なりの車両状態という前提で調べました。下取りを考えている方の参考になれば嬉しいです。

エスティマ
  • 2.4アエラス:8人乗り・・・191万円:58.3%
  • 2.4アエラス:7人乗り・・・193万円:58.2%
  • 2.4アエラスプレミアム:7人乗り・・・207万円:60.8%
  • 2.4アエラススマート:7人乗り・・・221万円:62.8%
  • 2.4アエラスプレミアム-G:7人乗り・・・236万円:63.7%
  • 2.4アエラス:8人乗り:4WD・・・198万円:56.7%
  • 2.4アエラス:7人乗り:4WD・・・204万円:57.8%
  • 2.4アエラスプレミアム:7人乗り:4WD・・・208万円:57.5%
  • 2.4アエラススマート:7人乗り:4WD・・・227万円:60.8%
  • 2.4アエラスプレミアム-G:7人乗り:4WD・・・231万円:58.9%
  • 2.4ハイブリッドアエラス:8人乗り:4WD・・・226万円:52.4%
  • 2.4ハイブリッドアエラス:7人乗り:4WD・・・229万円:52.6%
  • 2.4ハイブリッドアエラスプレミアム:7人乗り:4WD・・・241万円:54.8%
  • 2.4ハイブリッドアエラススマート:7人乗り:4WD・・・247万円:54.5%
  • 2.4ハイブリッドアエラスプレミアム-G:7人乗り:4WD・・・253万円:51.3%

当時の新車価格と買取相場のパーセンテージで見てみるとオススメは「2.4アエラスプレミアム-G:7人乗り」が一番高くおよそ新車価格の64%ほどの価格になっています。

グレードによっては取引台数が少なく買取相場が安定していないものもあります。さらにグレード全体で見てもリセールバリューの差はあまりありませんね

リサールバリューの一番低いものでも3年落ち普通乗用車のリセールバリューの平均50~55%を上回っています。その為、エスティマは売却に有利な車と言えそうです!

オデッセイのリセールバリューは?

オデッセイは新車で購入して2年後の値段で比べてみたいと思います。ではさっそくリセールバリューをまとめていきますよ!

オデッセイ
  • 2.0ハイブリッド・HondaSENSING:7人乗り・・・280万円:72.9%
  • 2.0ハイブリッドアブソルート・HondaSENSING:8人乗り・・・294万円:76.3%
  • 2.0ハイブリッドアブソルート・HondaSENSING:7人乗り・・・307万円:77.9%
  • 2.0ハイブリッドアブソルート・EXHondaSENSING:7人乗り・・・298万円:71.8%
  • 2.4アブソルート・HondaSENSING:7人乗り・・・254万円:76.3%
  • 2.4アブソルート・EXHondaSENSING:7人乗り・・・245万円:69.2%
  • 2.4Gエアロ・HondaSENSING:8人乗り:4WD・・・268万円:77.9%
  • 2.4アブソルート・EXHondaSENSING:8人乗り:4WD・・・277万円:75.8%

オデッセイでは8人乗りより7人乗りが、2WDより4WDがリセールバリューはお高めなようです。

またハイブリッド車とガソリン車ではガソリン車の方が流通台数が少ないため、相場が少しブレる可能性はあります。しかしリセールバリューにはほとんど差がありません。どのグレードでも一定のリセールバリューが見込めるのがオデッセイの特徴のようです。

アルファードのリセールバリューは?

それではアルファードのリセールバリューを見ていきたいと思います。こちらは新車で購入して3年経過した場合のリセールバリューをまとめました。

アルファード
  • 2.5X:8人乗り・・・268万円:79.3%
  • 2.5S:7人乗り・・・318万円:85.6%
  • 2.5SAパッケージ:7人乗り・・・322万円:82.0%
  • 2.5G:7人乗り・・・340万円:80.8%
  • 2.5SCパッケージ:7人乗り・・・385万円:87.8%
  • 3.5SC:7人乗り・・・340万円:68.4%
  • 3.5GF:7人乗り・・・428万円:81.8%
  • 3.5エグゼクティブラウンジ:7人乗り・・・471万円:67.0%
  • 2.5X:8人乗り:4WD・・・271万円:74.7%
  • 2.5S:7人乗り:4WD・・・288万円:71.8%
  • 2.5SAパッケージ:7人乗り:4WD・・・333万円:79.7%
  • 2.5G:7人乗り:4WD・・・315万円:70.6%
  • 2.5SCパッケージ:7人乗り:4WD・・・364万円:78.5%
  • 3.5SC:7人乗り:4WD・・・342万円:66.2%
  • 3.5GF:7人乗り:4WD・・・394万円:72.6%
  • 3.5エグゼクティブラウンジ:7人乗り:4WD・・・411万円:56.9%
  • 2.5ハイブリッドX:7人乗り:4WD・・・315万円:71.1%
  • 2.5ハイブリッドG:7人乗り:4WD・・・347万円:69.4%
  • 2.5ハイブリッドSR:7人乗り:4WD・・・348万円:67.6%
  • 2.5ハイブリッドGFパッケージ:7人乗り:4WD・・・379万円:68.2%
  • 2.5ハイブリッドSRCパッケージ:7人乗り:4WD・・・390万円:68.4%
  • 2.5ハイブリッドエグゼクティブラウンジ:7人乗り:4WD・・・460万円:62.5%

アルファードは全体で56.9%~87.8%と幅はあるものの全体的にリセールバリューは高めですね!また上級グレードは比例してリセールバリューも高く、オプションもたくさん付けていたらもっと高くなります。

アルファードでは2.5グレードの相場が特に高いです。エグゼクティブラウンジは新車価格がとても高額な為、価格差が大きくなってしまいリセールバリューが低くなっているようですが、それでも460万円と高額での売却が期待できそうですね。

スポンサードリンク

まとめ

  • 内装の満足度はアルファードが特に高い評価を得ています。オデッセイはシンプルな高級感が魅力的です。
  • リセールバリューはエスティマはバランスが良くグレードごとの差があまりありません。
  • オデッセイのリセールバリューは7人乗り・4WDの方が高いです。
  • アルファードはリセールバリューの差は大きいものの、全体的に平均よりもリセールバリューが高いです!

エスティマの内装は普遍的と高級さではオデッセイ・アルファードに敵いませんが、広さや使いやすさから特に子育て世代から支持されておりファミリーカーならエスティマがオススメです。

下取りが高ければ新車で購入する時に、値引き交渉で限界値まで引き出せるかもしれません。きっちり交渉する為にもぜひ参考にしてみてくださいね!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です