エスティマの全長を全調査!室内・荷室サイズも調べちゃいました!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

トヨタが販売している車の中で大きなミニバンといえば「エスティマ」です。1990年から発売されているのですが、なんとフルモデルチェンジすることなく、発売当時から姿が変わっていないんです!

エスティマといえば、まずあのフォルムですよね!卵の形をした車。エスティマを発売するにあたって、「天才タマゴ」とキャッチコピーを付けて販売していたそうです!

今回はこのエスティマの全長やボディサイズ、隅々とあらゆる長さを調べてみたので、エスティマがどのくらい大きな車なのかぜひご覧ください!

スポンサードリンク

エスティマって?

キャッチコピーが「天才タマゴ」となっているエスティマ。そもそも、エスティマは1990年に登場し、丸みを帯びた外観を強調した車両になっていて、同じミニバンサイズで言えば、ホンダの「オデッセイ」が人気どころですね。

「天才タマゴ」と呼ばれている通り、たまごのような丸っとした外観に、エンジンを横に75°寝かせることで、平床化を実現し、世界でも例を見ないアンダーフロア型ミッドシップレイアウトが採用され、ミッドシップは室内が狭く、実用性に欠けるという常識を覆したのです。

ケンタ
エンジンを横にするなんて、すごい発想だよね!そういえばエスティマってなんでエスティマって言うの?
ベテランディーラー
そもそもエスティマは英語で「尊敬すべき」というESTIMABLE(エスティマブル)より名づけられました。エスティマは日本だけの名称で、海外では「プレヴィア」や「タラゴ」という名称が採用されております。
マイ(妻)
エスティマって海外では違う名称なのね。それより早くエスティマのサイズを教えてちょうだいよ!
ベテランディーラー
はい。かしこまりました。まずは外観のサイズからご紹介していきたいと思います。

エスティマの外観のサイズは?

引用先:トヨタ公式HP

まずご紹介するのはエスティマの外観のサイズです。全長、全幅、全高、ホイールベース等を一覧にしてみました。

エスティマ外寸
  • 全長 4,820mm
  • 全幅 1,810mm
  • 全高 1,730mm~1,760mm ※1
  • ホイールベース 2,950mm
  • トレッド【フロント/リア】 1,545mm/1,550mm ※2
  • 最低地上高 145mm~170mm ※3

※1 全高は、ハイブリッドを除くグレードでタイヤサイズが16インチ、17インチの場合低くなります。

※2トレッド(フロント)は16インチタイヤを装着した場合1,560mmになり、リアは1,565mmになります。

※3 最低地上高は、ハイブリッドを除くグレードでタイヤサイズが16インチ、17インチの場合低くなります。

グレードにより全高などサイズが上下しますが、全長、全幅は同じようですね。最低地上高などはタイヤのサイズにより多少の違いはあるようです。高さが違うといっても室内の高さまでが違うという訳ではないのでご安心を(笑)

マイ(妻)
トレッドってどういう意味だったかしら?
ベテランディーラー
トレッドは、車両における左右の車輪の中心間距離のことです。ホイールベースとのバランスがとても重要ですが、一般的に広ければ広いほうがコーナーリング性能や小回り性が向上します。
スポンサードリンク

エスティマの室内空間は?

外観のサイズはわかりましたが、やはり一番気になるのは室内の広さですよね?ミニバンというくらいだから広いんでしょ?と思われますが、実際どのくらい広いのか室内を隅々調べてみました!

引用先:トヨタ公式HP

画像を見るととても上質な空間になっているようですね。まずは室内の長さ、幅、高さを見てみましょう!

エスティマ内寸

室内長×室内幅×室内高 3,010mm×1,580mm×1,255mm

※大型ムーンルーフを装着した場合、室内高は1,250mmとなります。

エスティマは3列シートになり、ミニバンの中でもLクラスのミニバンになります。ミニバンのサイズはSS~LLに分けられ、エスティマは2番目に大きなサイズになるようですね。

マイ(妻)
ミニバンにもいろんなサイズがあるのね。ところで人はたくさん乗せれるようだけど、荷物は載るのかしら?

エスティマの荷室は?

エスティマはなんと荷室も十分な広さを出すために様々な方法で荷物を載せることができるのです!では早速様々な方法をご紹介したいと思います!

まず普通に3列シート使用時の荷室のサイズ

  • 荷室長 約565mm
  • 荷室幅 約1,265mm
  • 荷室高 約1,075mm(床下収納部分を含む場合約1,295mm)

3列シートがあるため長さは短めですが、普段のお買い物くらいの荷物であれば、余裕で載せれますね。また床下収納にもたくさん荷物を入れることができるので、お買い物で買いすぎても安心ですね。

その他にはどんな荷室に変身できるのでしょうか?それはまず動画を見ていただければわかります!!

実際メジャーを使って荷室を計測してみました!またその後、荷室をさらに活用する方法が動画に乗っています。(最後までしっかりと見てくださいね。しっかりと見ていただければエスティマの荷室のサイズがわかると思います!!)

なんと3列目のシートが魔法のように床下収納へすっぽりと入ります!3列目シートを収納すると約565mmだった荷室長が約1,200mmまで広くなりまちょっとした収納家具もこれなら載せれますね!

引用先:トヨタ公式HP

また2列目シートは最大約800mmもスライドできるようになっており、ギリギリまで前へスライドさせることで荷室長が約1,670mmまで広くなります。その代わり2列目・3列目は乗れませんよ(笑)

マイ(妻)
1,670mmって布団を敷いて寝れちゃうくらい広いじゃない。そろそろ子どもたちの服を入れるタンスが欲しかったからエスティマで買いに行けちゃうわね。
ケンタ
数字だとわかりにくいけど、動画でメジャーで測ってみるととても広いのがわかるね!
ベテランディーラー
またそれだけではないんです。こちらを見てみてください。

引用先:トヨタ公式HP

この画像の女性。なんと優雅に乗っていることでしょう。これエスティマの車内なんですよ!3列目シートを床下収納へ収納し、2列目シートを一番後ろへスライドさせることで、こんなにも広い空間が生まれるようです。

マイ(妻)
こんなに広く優雅に座れちゃうのね!荷物を載せるだけでなく、快適なドライブもできちゃうなんてほんとエスティマって素敵だわ~

エスティマの歴史

エスティマは1990年から発売されていますが、最初にお伝えした通り、発売からずっと姿が変わらないんです!ということで、初代のエスティマから現在発売されているエスティマを比較してみましょう!

エスティマは2019年現在販売されている車両が3代目なんです!フルモデルチェンジをしていないせいか、3代目までしかないということも驚きです!

歴代エスティマサイズ

《初代エスティマ》

  • 全長 4,750mm
  • 全幅 1,800mm
  • 全高 1,780mm~1,820mm

《2代目エスティマ》

  • 全長 4,750mm~4,795mm
  • 全幅 1,790mm
  • 全高 1,770mm~1,785mm

《3代目エスティマ》

  • 全長 4,820mm
  • 全幅 1,810mm
  • 全高 1,730mm~1,760mm

初代から現在販売している車両を一覧で見てみるととても高さ以外は一番大きなサイズになっているようですね。ですがあのたまご型のボディは変わっていません!

引用先:Wikipedia

並べてみても初代からたまご型は本当に変わっていませんね!でもどうしてエスティマはたまご型になったのでしょうか?

ミニバンといえばどれも同じような形だった為、トヨタが考えついたのがたまごの形をした車「エスティマ」になったのではないでしょうか?初代のエスティマを見るとわかる通り、一番たまごの形に似ていると思いませんか?

初代のエスティマは1990年5月~2000年1月までの車両になります。初代でも前期・中期・後期と分けられるようですがどの期間のエスティマもたまご型は健在でした!

2代目のエスティマは2001年1月~2006年1月までの車両で、たまご型の丸みを帯びた車体を残しつつも、ミッドシップエンジンを改め、カムリをベースとしたFF(前輪駆動)に変更されました。また2代目からはハイブリッド車も登場し売れ行きも上がったようです。

また2代目エスティマは、乗用車だけでなくタクシーや警視庁のパトカーにも採用されたようです。

引用先:Wikipedia

ケンタ
本当にパトカーに採用されているんだね!僕初めて見たかも。
ベテランディーラー
3代目エスティマはさらにすごい車が出てきたんです!

https://www.instagram.com/p/Bmk-ZfJnyz8/?utm_source=ig_web_copy_link

2006年1月~販売されている3代目エスティマは、ベネッセコーポレーションで有名な「しまじろう」とコラボして、「しまじろうカー」が登場したんです!

しかも公認車検を受けているので公道も走れるそうなんです!!でも尻尾や目など一部の部品は外さないといけません(笑)

またしまじろうカーはミニカーで有名な「トミカ」でもあるんだとか!

これはとても可愛い!!子供たちもこれを見ると欲しがりそうですね。調べてみると現在はエスティマのしまじろうカーの販売はしていないようですが第二弾が出ているようです。もし気になる方はこちら↓を参考に!

少し脱線してしましましたが、歴代エスティマを見てみるとたまごの形を残しつつ、エンジンや内部の改良を重ねて、現在に至るということがわかりましたね。エスティマの詳しい内装やグレードについてはまた後日ご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

まとめ

  • エスティマは「天才タマゴ」というキャッチコピーがついているぐらいたまごの形が特徴の車
  • エスティマの外寸は全長4,820mm×全幅1,810mm×全高1,730mm~1,760mm
  • エスティマの内寸は室内長3,010mm×室内幅1,580mm×室内高1,255mm
  • エスティマの荷室はシートの配置を変えるだけで大きな荷物も載せれる
  • 布団を敷いて寝れちゃう!
  • 歴代のエスティマを見てもたまご型は変わらずにエンジンや、見えない部分が改良されて進化している

エスティマのあらゆるサイズを調べてみると、こんなにも広く荷室を作り出すことができたり、室内を快適に過ごせるような工夫もたくさんありましたね。

またパトカーやしまじろうカーには驚きでした。たくさんの魅力が詰まった「天才タマゴ」のエスティマ。少しでも気になっている方はぜひ販売店でエスティマを体験してみてはいかがでしょうか。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です