ハリアーのブログから人気の理由を検証!ハリアーってどんな車?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

特別な外観。内装を身にまとったトヨタの新型『ハリアー』魅力的なそのボディーは乗る人をすべてを幸せにします。

今回、ハリアーのブログから人気の理由や魅力を徹底検証しました!あらゆる口コミや、他社との比較で、その魅力を倍増間違いなしです。

スポンサードリンク

ハリアーという車・・・

引用先:トヨタ自動車

先進の安全技術を標準装備していて、最高級のカーライフを得ることができます。充実した安全技術によって事故の回避や衝突被害の軽減を支援してくれるので、子供や家族も安心して乗せることができますね。

走行性能にもすぐれているので、輸入車と互角かそれ以上の華麗な外観や内装となっていてマダムでも、満足間違いなしです。

各ブログからの口コミ紹介

ハリアーのオーナーの感想や口コミを紹介したいと思います。

  • ハリアーの前期モデルもまだまだ、人気なんですが、後期は、さらに、熟成された気がします。もちろん、後期で追加された、電動パーキングブレーキが、自分的には最もありがたい機能ですが、高速ではやはり、追従式になったクルーズコントロールですね。
  • 0~100kmになったおかげで、街中でも、いけるらしいですが、横に乗る奥さんが怖がるので(笑)やはり一番の活躍の場は、高速道路になるでしょう。前期では、やや、とがった感のあった加速も、ずいぶんマイルドになり、より、ナイスな感じで使いやすくなりました。
  • 出来るだけハリアーの中を映るように撮っていますので、開放感のある福岡の都市高速からの景色といっしょに、よかったら見てください。

  • 中古で、10年以上乗っていますが、10年以上前の車とは思えない質感と乗り心地。また、ある程度大きさもあるので、ロングドライブもゆったり快適に走れる。
  • 現行のハリアー(60系)のガソリンは、実燃費L10~12キロL。燃費は良くないけど、時代と大きさ、排気量を考えると、くるま自体の作りは優秀と言える。燃費を気にする人は、乗らない方が良い。(今の時代、リッター20キロ前後の車もたくさんあるので)
  • スタイルが好きで、あまり距離を乗らなくて、(もしくは、ストップ&ゴーが多い都心であまりのらないなど)燃費も気にしない人だったらオススメできる。
  • 都市型SVの元祖的なハリアーの2代目で、北米でもレクサスとして。当時売られていた車だけあって、作りこみがしっかりしていて、デザインも秀逸(ここが好きで乗る人も多いらしい)
  • ハリアーを基準にほかの車を考えると、車に何を求めているかわかる。また、今後、どんな車に乗りたいのか、と言うこともわかると思う。
  • 同じカテゴリーだと、cx5のディーゼルの中古のほうが燃費が良いので、コスパは上かも・・・。
  • とにかく、かっこよくて。乗り心地が良くて・・・
  • ディーラーで程度の良いものを安く買えれば、コスパも高いと思う。
  • この30系のハリアーのデザインが好きな方で、パワーが欲しい人は、30系のハイブリッドの選択肢も考えた方が良い。燃費もよくパワーもあり、スタイリングも、ほぼ同じためです。
スポンサードリンク

ブログから見たハリアー

引用先:トヨタ

ハリアーの購入者の購入動機としてずば抜けているのは、やっぱり見た目のかっこよさですよね。特に、フロントマスクのかっこよさはすごいですね。各ブログにも、乗り心地満載で、そのかっこよさに魅了された記事が目につきます。さらに夜にライトをつけた時、その華麗さは、思わず目を奪われる。

ハリアーの切れ長の目と、LEDデイライト&フロントフォグランプが絶妙にマッチして、もはや、芸術の域に達しています。やはり、見た目のかっこよさ、これが一番なんですね。まったくもって、若者うけする車なんです。

一方では、燃費、乗り心地について、辛口のコメントも見受けられます。

  • 平らな道路では、問題ないのですが、高速道路での加速、上り坂でのパワー不足があるみたいですね。

また、ガソリン車にはパワーモードがあることを忘れてはいけませんよ。口コミにもありましたが、燃費についてはどうでしょう?期待外れと言う声もあるんですが、実際にはどうでしょうか。

ハリアーの燃費は

  • ターボが10~11km/l
  • ガソリン車が11~12km/l

なので比較的車の大きさから考えると悪くないとの口コミが多かったですね。

他社製品と、ちょっぴり、比べて見ると・・・

人気のハリアーですが、ライバル社と比べて、外観、安全装備、価格、走行性能、燃費についてどうなのか気になりますよね。各ライバル社を比べていきます

ホンダ ヴェゼル

ホンダ、ヴェセルと言えば、ハリアーと互角に戦えるほどの人気車種ですね。こちらも燃費がすごくいいのでチェックしてきます。


引用先: ホンダ

ヴェゼルの外観ですが、コンパクトなボディーの中に多彩な機能が凝縮され、さらに、キビキビした軽快さを併せ持っています。これも人気の理由といえますね。

安全装備も、「事故にあわない社会」の実現を目指してを、キャッチフレーズにミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識し、ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心、快適な運転や事故回避を支援する先進のシステムを搭載しています。

価格は、2,400,000円〜

走行性能は、安全重視の車種なので、パワー不足はありますが、快適な空間はハリアーと互角です。

燃費は、L10km/m~12km

スバル インプレッサ スポーツ


引用先:スバル

総合安全を掲げるスバルは、若者から高齢者までが、安心して乗れる車を目指しています。

スバルのインプレッサ、スポーツは、その理想を現実に変える。まさに、スバルの集大成の車です。

その外観は、若者受けするスポーティーで、華麗なデザイン。走行性能は、坂道では、少し、パワー不足と言う感はありますが、乗る人すべてにここちよい快適さを演出します。

安全装備は、

  • ずっと守りたい、
  • 毎日が広がっていく。
  • こだわりに応える。

と言う3っつのストーリーの総合安全を掲げています。

価格は、21,38400円〜

燃費性能は、L18.2km

ハリヤーの納車

ハリアー購入イメージは大切ですよね。納車時期は、どれくらいかかるでしょう。せっかく購入したからには、少しでも早く乗ってみたいものですよね。

通常は1~2カ月です。

しかし、モデルチェンジや電気自動車など新型モデルが追加された時は、納期が半年になることがある場合もあります。これでは、困ると思いますよね。

しかし、その納期を短縮させる方法があるんです。と言うのも、ディーラーが提示した納期はあくまでも目安でしかありません。実際の納期は短くできます。

では、どのように交渉していけばいいのか?それは流通性のいい人気グレードを選ぶことです。ちなみにハリアーで一番売れている人気グレードはガソリン車の2.0エレガンスです。

30代男性
先代ハリアーのエクステリアに満足していたので、今回もハリアーに乗り換えることに。馴染みの営業マンと交渉に入ると、どうやら、私の欲しいグレードは、2カ月待ちとのこと。車検が迫っていたので、もうちょっと、早い納車が出来ないか相談してみました。すると、営業マンから「人気のグレードでしたら短縮できます。」と、ガソリン車のエレガンスを紹介されたので契約。その後、納期が1カ月に短縮され、車検前に乗り換えることが出来ました。

キャンセル車が出たら回してほしいとディーラーに伝えておく方法もあります。ハリアーはかなり売れる車種なので、その分キャンセル車もよく出ます。

デイーらーからすると、キャンセル車=在庫車と言う感覚ですね。ですからキャンセル車を長く持つことを、かなり、嫌がります。ですから、「キャンセル車が出たら、そっちでもいいよ」と、ディーラーに一言伝えておくと、キャンセル車を買う確率が、かなり、高くなるということになります。

キャンセル車を購入した40代男性
契約したのは、2017年3月です。貯金に余裕が出てきたので、そろそろマイカーを買おうということに。そこで気になっていたハリアーの交渉を始めました。納期は、GWまでに間に合いそうか聞いてみると、GW迄には。間に合わないとのこと。しかし、営業マンから、「キャンセル車が出た場合、納期が、短縮できますが、どうしましょう?」と提案され、お願いしておきました。すると1週間後、営業マンから、「キャンセル車が出た」と連絡が入り、1カ月で納車することが出来ました。

もう一つ、新古車を購入する方法ですね。新古車なら、即納車ですからね。

50代男性
ゴルフを付き合いでやる機会が増えてきたので、今、乗っている車だと窮屈だったんです。そこで、ハリアーに目が行きました。なるべく早い納車を狙うには、新古車をなびくる+で買うのが良い。と、友達から聞いていたので、早速、申し込んでみることに。3日後、なびくる+から、連絡が来ました。条件の合うハリアーの新古車が見つかったようです。肝心の納期を聞いてみると、「即納車が可能です」とのこと。値段も新車より10万円以上も安く買えて、早く納車できました。早く欲しい人には、なびくる+は、オススメですよ

ハリアーの値引きレポートでは50万円が限界!?値引き交渉術!

2019年1月3日

スポンサードリンク

まとめ

  • ブログから見たハリアーは高評価
  • ライバル社の比較
  • ハリヤーの納期はグレードによったら早い

ハリアーは、高級感あふれる、かっこいいと言うイメージがあります。若者受けする車です。かっこいいハリアーは車離れする若者たちの起爆剤となりますね。ブログからも高評価なのでこの機会にハリアーを検討するのもありだと思います。

ハリアーは乗っている人を心豊かにする魔法の力があるので是非おすすめです。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です