ハリアーの意味って何だろう?どういう想いを込めて作られたの?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

大空を飛ぶ鷹(タカ)の一種に、ハリアーの車名の意味があります。まるで鷹の爪をモチーフにしたかのように鋭く、まぶしいデザインです。

1997年、ハリアーはそれまでのセダンとはまったく違う、斬新な車の形として生まれました。それから、「革新」「先進」をキーワードに“高級クロスオーバーSUV”として新しいジャンルを開拓してきたのです。

開発のコンセプトは「ちょっと着崩したフォーマル」。20代30代の男性にモテた理由(意味)はいったい何なんでしょうか?

スポンサードリンク

トヨタのハリアーが人気である意味

引用:トヨタ公式サイト

「ちょっと着崩したフォーマル」。タキシードで言えば、黒じゃなくて少し紫がかってたり、ネクタイやベルトなどの小物でオシャレをしてみたり。誰が見ても高級なんだけど、ちょっと大人の遊び心があるなというイメージです。

そして、全然手が出ないところにあるのではなく、「ちょっと手を伸ばせば届く」範囲の高級車であることです。若者が1年間必死で貯金すれば購入できる価格であること、誰が見ても、誰が乗っても、「ハリアーだ」と分かりやすいことなんですね。

つまり、高級なのに頑張れば手が届く!これがハリアーが人気の車である意味なのです

ハリアーの魅力

ハリアーの魅力とは、日本人が好きな端正なワイルドさ。ちょっとだけワルでカッコイイものに惹かれる理由も、分かりますよね。ハリアーはチョイ悪SUVなんです!

RXに継承されて、なくなる予定だったハリアーなのですが、RXに比べると安いという魅力が、20代、30代の若い男性たちに受けたようです。どうやら、ハイブリッドは40代以上で、ガソリンモデルは若い人向けという棲み分けになっていますね。

若い人たちのクルマ離れが進んでいるといわれていますが、2代目ハリアーを買っている人の30代が17%で10代を含む20代以下が27%! なんと30代以下が4割以上を占めているんです。これは、数あるトヨタ車の中でも一番の若さなんですよ。

3代目ハリアーはまさに”デートカー”で、まるでホンダの「プレリュード」やトヨタの「ソアラ」など、1980年代のスペシャルティーカー時代の復活のようです。

カッコよくて高級感のあるハリアーは、助手席に乗る女性も大満足で、そうした助手席の女性の存在が若い男性を購入に駆り立てているんですね。

スポンサードリンク

ハリアーの進化

2003年からの2代目ハリアーは、「革新」「先進」の上に、「高級」な車として、若者を中心に幅広い世代の男性から人気になり、ハリアーブランドを築き上げました。

2005年からは環境にもやさしい「ハイブリッド・シナジー・ドライブ」という考えをもとにコンパクトカー並みの燃費の車を作り出しました。

国内では「ハリアー」として知られていますが、2013年のフルモデルチェンジまでは国外ではレクサスブランドの「RXシリーズ」として販売されていたんです。

フルモデルチェンジからは、日本ジャストフィットSUVとして、よりスポーティさが加わり、完全にレクサスから独立して、日本国内専売車種となりました。

SUVとは
「Sport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)」を略した言葉です。「多目的スポーツ車」と呼ばれることが多いです。「普段使いからレジャーまで多目的に使えるスポーツ車」がSUVという言葉の意味です。もともとはアメリカで生まれ、ピックアップトラックの荷台に、「シェル」と呼ばれる居住・荷室空間を作ったものが始まりなんです。

SUVの先駆け

1980年代、ワゴンボディの形をしたSUVが主流となってきました。そして1990年代になると後輪駆動の「トラック」ではなく、前輪駆動の「乗用車」のSUVが生まれてきたんです。その先駆けとなったのは、1994年に発表されたトヨタ「RAV4」でした。

ハリアーはRAV4とともに、それまでのSUVとは全く違ったデザインや舗装路で走る車に変身し、大ヒットとなったのですね。

RAV4とは
「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」SUVらしい力強さと、使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WDの車です。都会にも合う洗練されたデザインも重視していますが、どちらかというと走破性や、SUVらしいワイルドさを売りにしている車です。

今、世界中で売れ筋となっているのは、この2台の発展形といえるコンパクトSUVやプレミアムSUVなのです!

オシャレにこだわる

引用:トヨタ公式サイト

ハリアーには6色のダークカラーがあります。一番人気は、高級感があふれる黒!ハリアーのイメージとぴったり合いますね。ハリアーのダーク系を中心としたカラーは、ハリアーのデザインに関わった方の話によると「夕暮れ時に、どの色も黒と錯覚してしまう微妙なニュアンスを持つ色を揃えました。イメージはダークスーツです」とのこと。なるほどオシャレ。

こだわりのFRランプ

なんと、あのハリアーのエンブレムがドライブの最初におもてなし!

引用:トヨタ公式サイト

ドアミラーの下部から光が差し、足元にハリアーのエンブレムマークが投影されるんです♪夜のドライブの始まりが、ステキなものになると思いませんか?

引用:トヨタ公式サイト

またライト点灯などに連動し、スイッチ照明をはじめ、クリアブルーに統一された光が室内に灯ります☆夜間走行中の視認性と先進性・高級感が半端ないですね。

若者に人気だったハリアーですが、中年層の男性にも人気が出てきています。数多くある車の中でも、ハリアーに乗ることは年齢に関係なく男性の憧れなんですね。

ベテランディーラー
今やスタイリッシュなこの車は女性にも人気が出てきていますよ。

ハリアーのデビュー

ハリアーは”WILD but FORMAL”というキャッチコピーを掲げて、1997年にデビューしました。当時としては画期的で、とってもインパクトのあるCMだったことを覚えています。新型ハリアーの発売当初は納車に半年~1年待ちとも言われるほどの人気ぶりでした。

広告のキャッチコピーは「WILD but FORMAL」

雄ライオンの頭部を持つ若い紳士がイメージキャラクターとなって、「乗用車ベースのラグジュアリークロスオーバーSUV」という新しい分野を表現したそうです。懐かしいですね。このCMのころ「ハリアー」という名前もかっこいいし、CMもデザインも新しかったこともあり、ハリアーのような車が続々と出てきました。

国内では「ハリアー」として知られていますが、2013年のフルモデルチェンジまでは国外ではレクサスブランドの「RXシリーズ」として販売されていたんです。フルモデルチェンジからは、完全にレクサスから独立して、日本国内専売車種となりました。

ハリアー、同じ名前の車が!!

なんとインドのタタ・モーターズは2019年初頭に販売を始める、新型SUVの発表をしました。その名称は…「ハリアー」。あれ?同じ名前⁈名前は同じでですが関係は全くないんですって。

興味があったので、他にも同じ名前で違うメーカーの車があるのか調べてみました。ジャガー・マークIIと初期のトヨタ・マークIIは同じ名前なだけでなく若干コンセプトも似ているところがあります。トヨタ・コルサとオペル・コルサもコンパクトカーで同じ名前です。

海外に出かけた時に、同じ名前の違う車を見つけるのも面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

  • ハリアーの人気の意味はちょっと手を伸ばせば届く車である。
  • ハリアーの魅力は端正なワイルドさ。
  • ハリアーの進化、オシャレなデザイン。
  • 懐かしいCM、覚えておられますか?
  • 同じ名前の車がインドのメーカーから発売予定!

チョイ悪SUVのハリアー。だから鷲(ワシ)ではなくて少し小型の鷹(タカ)なのかな?と思ってしまいました。

ちょっと手を伸ばせば届くハリアーに、手が届く日が来ますように!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です