ハリアーを買うなら年収やローンはどれぐらい必要?徹底調査!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さん高額な買い物と聞いて、どのような買い物を思い浮かべますか?家とかブランド物のバックとか、上げればきりがないですが、でもやっぱり車を思い浮かべる人も多いと思います。車は新車だと何百万単位ですし、良い車だと年収ぐらいの金額がする車もありますよね。

なので車を購入する際はローンを組むという人がほとんどだと思います。が、このローン、結構家計に厳しくのしかかってきます。しかも車は維持費もかかりますし、ローン+維持費分のお金を用意しなければいけません。

なのでどれぐらいの年収があれば、どの車が買えるのか?というのもきっちり計算しとかなければ家計が火の車になってしまいます。そこで今回はトヨタの中でも人気のハリアーについて、年収どれぐらいあれば大丈夫なのか、ローンはどれぐらい必要か、というのを見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

ハリアーを買うなら、年収はどれぐらいが必要?

ハリアーといえば、見た目もかっこよくて存在感があり、トヨタでも人気のあるSUV車ですよね。街でハリアーが走っているといつもその存在感に目を奪われてしまいます。しかも、運転してる男性もかっこよかったりするんですよね。そんな男に僕もなりたい(笑)

でもハリアーって高級っていうイメージを持ってる人も多いのではないでしょうか。僕のような庶民には手の届かないような気がしますが、一体どれぐらいの年収だと無理なく購入することができるのでしょうか。

マイ(妻)
家計の財布を握るものとして、どれぐらいの年収があればハリアーを買えるか色々調べてみたの。そしたら、一般的に車は年収の半分以下の金額の車を買えば、普段の生活に支障がでないと言われてるそうよ。
ケンタ
そうなんだ!?という事は一番安いグレードのELEGANSE(ガソリン車)の車体価格が、2,949,480円(税込)~って公式HPに載ってたから、大体年収が600万円あれば大丈夫ってことか。

そうなんです、色々調べてみると大体年収の半分以下の金額の車を買えば、普段の生活に支障がでないと言われているものが多かったんです。

ハリアーだと、一番安いグレードの金額が車体価格2,949,480円(税込)~ですが、ここにナビやETCなどのオプション品を追加すると当然金額も上がってしまいます。もしトータルの金額が350万円になってしまえば、年収700万円が必要ということになりますね。

ただ、日本人の平均年収は約500万円と言われていますが、実際にハリアーはどの年代の人が購入しやすい車なのでしょうか。

実際ハリアーはどれぐらいの年齢層の人に人気なのか?

ハリアーは見た目もかっこいいし、何よりこの車に乗っていると女性にモテルといわれているので、若者に人気の車となっています。

トヨタでもハリアーを購入してほしい年齢層として、20代~と若い人をターゲットに開発されているんだそうです。でも実際に購入しているのは30代~の人の割合が多いとの事。

日本人の平均年収は約500万円と言われていますが、20代の平均年収は大体350万円前後と平均より少なく、ハリアーを購入するのも経済的に厳しそうです。

一方30代以上になると、30代で平均年収約450万円、40代の平均年収が約500万円と年収もあがってくるので比較的購入しやすくなってくるんでしょうね。

とはいっても車はやはり高い買い物ですし、その中でもハリアーは一番安くても300万円ほどする車なので、「現金で!!」ってポーンと購入するのはなかなか難しいですよね。では車を購入する際はどのような支払い方法が一番良いのでしょうか。

車を購入するならどの支払い方法が良いの?

車を購入する際の支払い方法として、主に現金で一括で支払うか、ローンで分割して支払うか、という方法があります。

現金で一括支払いにすれば、ローンで支払うよりも月々の負担もありませんし、金利分がかかってこないのでお得な気もしますよね。

でもハリアーは一番安くても300万円ほどします。日本人の平均年収が約500万円なので年収の半分以上のお金を貯めておかなければいけません。月に5万円貯蓄したとしても、5年かかってしまうんですね。5年もたてば新しいモデルが発表されてしまいそうです。

それに一気にお金がなくなってしまうと、「冷蔵庫が壊れて買わなきゃいけなくなったー!」などの急な出費に対応できなくなる可能性もあります。なのである程度余裕を持って生活したいなら、ローンを組んで支払っていく方が良いかもしれませんね。

でもローンも支払額によっては生活が厳しくなることもありますよね。ハリアーは金額も結構高いですし、いくらぐらいローンとして払っていけば良いのか、ちゃんと計画をして買うことが大事ですね。

月々のローンは一体いくらぐらいかかるの?

引用先:トヨタ自動車公式HP

高額な買い物をするときって、一括払いだとそのままの金額を支払えば大丈夫ですが、ローン払いだとさらに利息分が上乗せされてしまいますよね。なので最終的に支払う金額は、通常の値段よりも多く支払うことになってしまいます。

でもお金って知らないうちに出ていっちゃって、いつの間にかなくなってた!!ってことも多いと思います。いくら年収の半分の車だと大丈夫といわれても、そんな生活の中で車のローンを捻出できるの!?と気になりますよね。

もし車のローンをあまり捻出したくない、というなら頭金を多く用意する方が良いですし、もし残価設定型プランを利用できるなら、そちらを利用したほうが断然お得なんですよ。

補足
残価設定型プランとは、数年後にその車を下取り車として出した場合の下取り予想価格を差し引いた金額を分割で支払っていくプラン。最終的には、①同じ販売店の別の車に乗り換える、②車を返却する、③差し引いた金額分を一括で購入又は分割で支払いその車を購入する、という選択肢がある。

では実際、どれぐらい差が出るのか、実際に東京トヨペット株式会社の公式HPで見積もりをシュミレーションしてみました。ただし、これはあくまでも支払い金額の目安で、実際の見積もりとは異なることがありますので、参考程度で見てくださいね。

まず設定として、今回はハリアーの中でも一番や安いグレードのELEGANSE(ガソリン車)の、2,949,480円(税込)とし、5年ローンで見ています。まずは頭金無し、ボーナス無しの残価設定型プランと通常の分割払いとを比較してみます。

【ケース① 頭金無し、ボーナス無し】

残価設定型プラン

【金利(実質年率)5.50%】

  • 初回支払額:42,219円×1回
  • 2回目以降支払金額:40,200円×58回
  • 最終回支払い金額:1,150,297円×1回
  • 支払総額:3,524,116円
通常の分割払い

【金利(実質年率)8.00%】

  • 初回支払額:60,072円×1回
  • 2回目以降支払金額:59,800×59回
  • 支払総額:3,588,272円

5年ローンだと残価設定型プランなら月々4万円ぐらい、1年で約48万円の出費となります。一方通常の分割払いだと月々6万円前後、1年で約72万円の出費となりますね。もし年収が低かったとしても、月々これぐらい捻出できるなら購入できる可能性はあるということです。

全体的に見て、残価設定型プランの方が月々の支払いも支払い総額も通常の分割払いよりも約2万円ほど少なくなっています。月に約2万円も違うなら一年で約24万円も違ってきますよね。24万円もあればちょっと良いカーナビが買えそうです。

でも月に4万円や6万円の出費ってちょっときついですよね。妻がパートに出ていたとしても、パート代が丸々車代につぎ込まれてしまいますし、子どもが小さければ保育園や幼稚園代などもかかってくるので、ちょっと厳しそうです。

なので次に頭金無しでボーナス払いを併用した場合はどうなるか調べてみました。ボーナスで支払う金額を10万円と設定して残価設定型プランと通常の分割払いを5年でシュミレーションしてみました。

【ケース② 頭金無し ボーナス月10万円】

残価設定型プラン

【金利(実質年率)5.50%)】

  • 初回支払金額:29,084円×1回
  • 2回目以降支払金額:28,200円×48回
  • ボーナス支払金額:100,000円×10回
  • 最終回支払金額:1,150,297円×1回
  • 支払総額:3,532、981円
通常の分割払い

【金利(実質年率)8.00%】

  • 初回支払金額:56,499円×1回
  • 2回目以降支払金額:51,800円×49回
  • ボーナス支払金額:100,000×10回
  • 支払総額:3、594、699円

ボーナスを併用すると、月々の支払額も少なくなりますね。ボーナス無しの場合と比べると約1万円前後の差が出てくるので、1万浮けば子どもの習い事に使うことができそうです。

でも以外や以外、ボーナスも併用するとボーナスを併用しないときと比べると支払総額が増えてしまうんですね!?残価設定型プランで約1万円、通常の分割払いだと6万円の差があります。

ボーナスを併用すると月々の負担額も少なくて良いと思ってたのですが、支払総額が増えてしまうとは知りませんでした。でもなぜボーナス払いを併用すると支払総額が増えてしまうのでしょうか…

ボーナスを併用すると支払総額が増えてしまうの!?

ボーナスを併用すると、併用しないときと比べると支払い総額が増えてしまうという事実が発覚しましたが、一体なぜなのでしょうか?

マイ(妻)
私、数字が苦手だから良く分からないけど、でももし100万円の買い物をした場合、金利が6%なら100万円×0.06(金利6%)=6万円で、支払い総額が106万円になるってことでボーナス併用関係なく同じになるんじゃないの?
車の仙人
カーカー!金利はそんな単純な計算じゃないんだカー!
マイ(妻)
……実は仙人って、カラス?

そうなんです、金利とはこんな単純な計算で上乗せされるわけではないんです。金利はそれぞれの支払の残高に加算されるので、単純に計算できるものではないとのこと。計算式としては、

金利の計算式

残高×金利=○○

○○÷365(1年)×30(1ヶ月分)=▲▲

となり、この▲▲の部分が一回にかかる金利の料金となります。金利はそれぞれ残高にかかってくるので、この計算が分割回数分行われ、その合計が実際にかかる金利の合計というわけになるのです。

なので12分割にするとこの金利の計算が12回行われ、その計金額が金利の合計金額として上乗せされます。初回は残高も多いため金利額も多いですが、だんだんと残高も少なくなるため金利額も減っていきます。

そのため100万円のものを金利6%で購入すると、金利は6万円ではなく、この計算式で計算すると約32,000万円ほどになるとのこと。

そこでボーナスを併用した場合ですが、ボーナスを併用することにより月々の支払額がボーナス無しのときと比べて少なくなります。すると残高の減り具合もボーナス無しのときに比べ減りにくくなるわけです。

金利は残高に対して計算されるので、ボーナス支払月が遠ければ遠いほど残高の減りも少なく、金利も高くなってしまいます。

逆にボーナス払いが近ければ近いほど残高も一気に減りますので、その分金利も少なくなってきます。なのでボーナスを併用するなら、ボーナス払いが近い時期にローンを組むと支払総額を少しでも安く抑えることができるでしょう。

スポンサードリンク

車を購入するなら、頭金は多く用意した方が良い?

車の支払総額は、ボーナスの支払月によっては増えてしまうという事実が発覚しましたが、では頭金を用意すれば月々の支払も支払い総額も抑えることができるのでしょうか。

今回もグレードは一番安いELEGANSE(ガソリン車)車体価格が、2,949,480円(税込)とし、頭金を100万円用意するとして5年で支払う設定にし、実際にシュミレーションしてみました。

【ケース①頭金100万円 ボーナス無し】

残価設定型プラン

【金利(実質年率)5.50%】

  • 頭金:1,000,000円
  • 初回支払金額:23,851円×1回
  • 2回目以降支払金額:20,800円×58回
  • 最終回支払金額:1,150,297円×1回
  • 支払総額:3,380,548円
通常の分割払い

【金利(実質年率)8.00%】

  • 頭金:1,000,000円
  • 初回支払金額:41,194円×1回
  • 2回目以降支払金額:39,500円×59回
  • 支払総額:3,371,694円

頭金を用意すると、月々の支払も支払総額も安く抑えることができますね。残価設定型だと約2万円ほどになるので、妻のパート代を全部つぎ込む、ということもなく支払えそうです。

でもこれにボーナス払いを組み込めば、更に月々の支払を抑えることができますよ。ボーナス月は10万円支払い、こちらも5年という設定でシュミレーションしてみました。

【ケース②頭金100万円 ボーナス月10万円】

残価設定型プラン

【金利(実質年率)5.50%】

  • 頭金:1,000,000円
  • 初回支払金額:6,500円×1回
  • 2回目以降支払金額:4,900×48回
  • ボーナス支払金額:100,000×1回
  • 最終回支払金額:1,150,297円×1回
  • 支払総額:3,392047円
通常の分割支払

【金利(実質年率)8.00%】

  • 頭金:1,000,000円
  • 初回支払金額:28,949円×1回
  • 2回目以降支払金額:27,600円×49回
  • ボーナス支払金額:100,000円×10回
  • 支払総額:3,381349円

なんと!!頭金とボーナスを併用すれば、残価設定型プランなら月々の支払金額が1万円を切ってしまうんですね。これなら生活にもあまり支障なく過ごせそうです。

通常の分割払いでも頭金・ボーナス無しと比べると約3万円も差が出てきます。3万円あればちょっとした旅行に行けそうですよね。なので月々の支払をできるだけ抑えたい場合は、頭金とボーナスを併用すれば良いでしょう。

でもやっぱり車は高額な買い物ですし、安くなるならそれに越したことないですよね。でもどうやったら安くすることができるのか…

大丈夫です。実は車を安く購入する方法があるんですよ。これを知ってるのと知らないのとではかなりの差が出てきます。詳しくはこちらに書いてるのでディーラーに行く前には必読です↓

トヨタの新車値引きはこれで完璧!ディーラー直伝の奥義を伝授!

金利を安く抑えるには?

色々ローンの計算をしてきましたが、金利の金額によって支払う総額もだいぶと変わってきますよね。なのでできれば金利の安いところでローンを組みたいものです。

でもどうやって金利の基準を判断すれば良いのでしょうか。色々調べてみました。

上限金利を見る

マイ(妻)
なるべく安い金利のところが良いんだけど…。あ、ここのA会社は金利が1.775%~3.975%となってるけど、B会社は2.60%~3.70%となっているわ。A会社の方が1.775%と金利が安いし、A会社にしようかしら。
車の仙人
カー!カー!そんな安易な考えじゃ損するだカー!金利は上限の数字を見て決めた方が良いんだカー!
マイ(妻)
……やっぱりカラス(笑)

そうなんです、金利を比べる場合は上限の金利で見たほうが良いんです。金利は下限~上限と幅があるのですが、そのうちどれぐらいの金利が適用されるか、というのはこちらでは決めることができずローン会社の方で決められます。

なので審査の結果によっては金利も高くなる場合もあるんです。金利の上限が低いところだと、最大金利がかかったとしても、上限が高いところに比べると少しでも金利を安く抑えることができますよね。なのでローン会社を比較するときは、上限金利を意識してみると良いでしょう。

金利キャンペーンを利用する

ローンを組む場合、金融機関などのマイカーローンやディーラーのローンを使う人もいると思います。先ほどの計算ではディーラーでのシュミレーションだったので、金利が5.50%や8.00%と少し高い印象でした。

なので金利だけで見ると、金融機関のほうが安いといえるでしょう。ですが金融機関のほうは審査が厳しくなっており、中には審査にとらないこともあるかもしれません。

一方ディーラーのローンはやはり自動車を購入して欲しいため、審査に通りやすくなっています。しかも時期によってはトヨタ自動車でも低金利キャンペーンを行っている場合もあるんです。特に新車が販売される前や決算月などに低金利キャンペーンをすることが多いんだとか。

キャンペーン中は金利も通常より安く設定されているので、その分お特に購入することができます。車を購入する際は金利が安くなるキャンペーンが実施されているかなど、HPを見たり直接電話したりして情報を収集した方が良いでしょう。

また、ここの会社が一番金利が安いからといってその会社だけで検討するのではなく、金融機関でもキャンペーンを実施しているところもあるので、色んな所で比較した方が良さそうです。

でも比較するのも、あっち見たりこっち見たりとなかなか大変だと思います。ですが「イー・ローン」というサイトなら、銀行やローン会社などを一気に比較することができるので、気になる人はここで調べてみるのも良いかも。

とはいっても、ネット申し込み不可のものやキャンペーン中のものは反映されないことあるので、その場合は検索して実際のHPを見るほうが良いかもしれませんね。

車は購入したら終わりじゃない!?意外とかかる維持費とは?

車のローンについて色々見てきましたが、実際車は税金やガソリン代などの維持費もかかってきます。なのでローン支払いの料金+維持費が家計にのしかかってくることになってしまいますね。でも車の維持費ってどのようなものがあるのでしょうか。まとめてみました。

車の維持費
  1. 自動車税などの税金
  2. 任意保険などの保険料
  3. 駐車場代
  4. ガソリン代
  5. 高速道路などにかかる交通費
  6. 車検代
  7. タイヤ交換などのメンテナンス費用

おぉ…思ったより意外と多かったですね。ローン+これだけの維持費がかかるとなると、結構な金額になりそうです。

なので実質先ほど計算した出費だけでは足りない、ということになりますね。車を購入することにより生活がギリギリになってしまうなら、お友達の結婚式など急な出費に対応できなくなってしまいます

なので車を購入する際は、車の本体価格や維持費でどれぐらいかかるのか、というのをきちんと計算し、それにより生活水準はどの程度になるのか、というのをきちんと把握してから購入する方が良いでしょう。

でもハリアーの税金や維持費ってどれぐらいかかるのか?気になるところだと思います。その件については後日改めて記事にしていく予定です。

スポンサードリンク

まとめ

  • 一般的には、年収の半額以下の車を買うと生活に支障が出ないといわれている
  • ハリアーだと年収600万円以上だと安心かも
  • 月々の支払を抑えたいなら、残価設定型プランにする方が良い
  • 頭金やボーナスを併用する方が月々の支払がかなり安くなる
  • ローンを組むときは色んな会社でシュミレーションして検討した方が良い

色々と年収やローンについて調べてみましたが、やっぱり車は高い買い物です。ある程度計画を立てて購入しておかないと、急な出費などにも対応できなくなってしまいます。

ですがきちんと計画して購入すれば、日常も楽しいカーライフが送れますし、ハリアーに乗っていたらみんなの目を引くこと間違いなし!ハリアーを検討されている人は一度支払い計画についてきちんと計算し色んな所で検討してみてください。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です