ハリヤーのムーンルーフ・サンルーフで迷ってる人は必見です!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

トヨタのハリアーってかっこいいですよねー。もし僕がハリアーを買うなら迷うことがあります。それはムーンルーフ・サンルーフをつけるかどうかなんです。

車を購入するときに、みなさんはムーンルーフ・サンルーフって迷いませんか?そう、あの車の天井の窓のことですよ。これって、あったら便利だし、なくてもいいような気もしますよね。ぼくはつけてもいいかなと思いますが、なんとなくかっこいいからつけたいとか、意味あるの?実際につけると高いしなぁなど様々な意見があると思います。

今回はそんなムーンルーフ・サンルーフが単なる飾りだけなのか?それとも機能的に便利なのかをハリアーで検討したいと思います。

スポンサードリンク

ハリアーのムーンルーフは買うときに悩んでしまう理由とは?

まずハリアーにムーンルーフを取り付けようとなるとオプションで注文しなければいけません。しかも価格がなんと10万円を超えてきます。本当に高いです。これがまず悩みの理由となりますよね。しかも購入時に頼まないと基本的にオプションは後付けできないんです。

これが一万円だったらすぐつけたのに、この値段だとリアルに悩む金額なんですよね。実際に10万円分の価値があるのでしょうか。

補足

ハリアーのムーンルーフとサンルーフって違うもの?

ところでサンルーフ・ムーンルーフって聞いたことありましたか?僕はトヨタで車を探していると、いつの間にかムーンルーフという名前を普通に使っていました。

ムーンルーフもサンルーフも、一般的に車の天井に付けられるガラス窓のことを指しているようですね。改めてムーンルーフとサンルーフに何か違いはあるのか調べてみましたが、サンルーフとムーンルーフは同じものを指すと思っても大きな間違いはないようです。

もともとはサンルーフという呼び方で統一されていたのを、トヨタがサンルーフの開発中に、ガラスが可動するタイプのものをムーンルーフという名称で販売を開始したのが始まりのようです。 実際トヨタ車の取扱説明書でもサンルーフとムーンルーフは同じものとして扱われていましたよ。

トヨタではガラス部分が若干のスモークがかかったものをムーンルーフと指すことが多いようですが、その名前が普及し、サンルーフと同じ構造のものをムーンルーフと呼ぶようになったんですって。今では各社のいいところを全部併せ持つムーンルーフとなっていますね。

『三省堂 大辞林』でも調べてみました。ムーンルーフとは屋根の一部を開閉できるサンルーフの種で、スモークガラスを用いたものとされ、ウィキペディアで「ムーンルーフ」を調べても「サンルーフ」の説明しかありませんでした(笑)。

ベテランディーラー
他のメーカーでは、スカイルーフやパノラマガラスルーフなど、それぞれの特長を表した名前でサンルーフを販売しているようです。でも他の名前はムーンルーフほど普及していないのが現状なんですよ。

ハリアーにムーンルーフを付けたい!噂のデメリットの真相は?

10万円かかるムーンルーフを付けるかつけないかで悩むのは、最初から標準装備されていれば、家族と論議に発展しなくてもいいのに…と思えば、ムーンルーフがオプションとしての扱いというのもある意味デメリットですよね(笑)。

よく聞く噂にあるムーンルーフをつけて後悔した口コミとかデメリットを書かれた口コミがあるのも、ムーンルーフを付けるか悩まれる理由の1つでしょうね。具体的にどんなデメリットがあって、買って後悔があったのか、知っておかなければ説得できませんので、口コミからまとめてみました。

ムーンルーフから日差しが入るので、夏は暑い。

単純に天井が窓ですから、光が入り日差しは浴びてしまいます。開口部が大きいだけに受ける日差しの量も増えますので、室温が上がりやすいので冷房効果は薄れがちですね。

マイ(妻)
車の中まで、日差しを浴びるのは遠慮したいわ~。女性はお日様とはお友達になれないのよ。

どんな車でも、天井が一番熱を浴びやすいですよね。夏のような日差しの強い日には、電動サンシェードが付いていますので、シェードを閉めておけば直射日光は防げます。

でも閉めてしまえば、ムーンルーフの意味がないと思う方には、はやりの断熱フィルムをルーフガラスに貼る方法で、日差しを和らげる方法もあるんです。

強すぎる日差しを防ぐ方法はシェードでなんとかクリアできそうです。ムーンルーフのガラス面に断熱フィルムを貼る方法は後の方で書きますね。

ハリアーの車重が重くなるため燃費性能が低下する

口コミから燃費が悪くなるとありましたが、一体どのくらい影響があるのでしょう。トヨタ ハリアー 主要諸元表から、確認してみました。

サンルーフは強化ガラスを採用している事と、それを保持するためのフレームやモーターなどを取り付けている事から、車重が重くなるようですね。表の方で『マイコン制御チルト&スライド電動ムーンルーフを装着した場合の重量は30Kg増加します』と書かれてありました!。

30㎏とは結構重たいですね!いつも買うお米の3袋分も天井に乗っていると思えば、燃費に影響が出てくるのもわかる気がします。

それでは燃費の方はどのくらい低下するのでしょうか?同じトヨタ ハリアー 主要諸元表から、燃費消費率(国土交通省審査値)として出されている数字を見てみました。

欄外に※の方に明記がありましたよ。『メーカーオプション装着により、車両重量が重くなった場合』として、確かに燃料消費率の数字が下がっていました。

  • ハイブリット車:21.8km/L→21.5km/L
  • 4WDのガソリン車の値:15.2km/L→14.8km/L
ベテランディーラー
また、車は重心が低い方が操縦安定性は良くなりますから、屋根に重量物が取り付けられれば、操縦安定性が損なわれることも意識してくださいね。

ハリアーの天井にガラスと電動装備を付けるため、室内高が低くなる

こちらもトヨタ ハリアー 主要諸元表に載っていました。『 マイコン制御チルト&スライド電動ムーンルーフを装着した場合、室内高は1,180mmとなります』と書いてありました。

ムーンルーフを装着する前の、全車室内高さは1,220mmなのでその差は40mmです。数字でみると40mmって、微妙ですね。ちょうど目薬のサイズってとこですか。

身長が高い人は気になるかもしれませんが、ちょっと頭に注意しながらでも、座席に座ってしまえば、リラックス中は気にならないかもしれないですね。

口コミで、「身長が185㎝あるので、後席で姿勢良く座ると天井に頭がつく事に気付きました。」とか、「車内で目薬を差す時に、ムーンルーフ無しの車だと当たらないのですが、ムーンルーフがあると手が当たってしまいます。それ位微妙に違います(笑)」なんて書かれているのがありましたよ。

飽きて、ムーンルーフを使わなくなる

よく聞く声は、1年目は楽しくてムーンルーフをよく使かっていて正解だったと思うけど、2年目以降は結局閉めたままのことが多いという口コミは、案外多かったです。

理由として「開けて走ると解放感はあるのですが、開けるのは年に数回で、晩秋や早春の風の弱い晴天だけと、日本の気候では使える時期が短いと感じています」とありました。

その短い僅かな気候のいい季節を、たっぷり感じる為にもムーンルーフを使うべきだと僕は思うんです。いつでも開けようと思えば、簡単に開けられるはずです。季節の移り変わりが日本人にとって当たり前すぎて、見過ごしてはいないでしょうか?もっと感じてほしいと思います。

ムーンルーフも掃除が必要

以外に見落としがちなのが、ムーンルーフも掃除が必要で、排水チューブにごみやほこりが溜まりやすいという欠点があげられます。漏水等を防ぐためなど、修理につながらないように、定期的な洗浄が必要なんですって。

屋外駐車場を利用している場合は、特に汚れやすいので、屋根のガラス掃除も必要そうですね。ムーンルーフから見上げるせっかくの景色が、汚れ越しというのでは、感動も薄れてしまいますからね。

ルーフのガラスの場合は、口コミで見つけたのは、ガソリンスタンドや施工業者さんで、撥水加工してもらうのをおすすめされていました。「友人は既に3年乗ってますが、未だに綺麗なので撥水はオススメです」とありましたよ。

ケンタ
ガソリンスタンドではサンルーフまでは拭いてくれないよね。いつの間にかサンルーフがどんどん汚れてくるかも(笑)

ムーンルーフの故障が心配

「ムーンルーフのモーターが故障したときは修理代が高額になる」と、あったのでこれも見逃せませんね。交換をする場合は3万円~修理代が掛かったと口コミにありました。使っていれば経年劣化はどうしてもありますけど、モーターとかマイコンとかってどうしても高額ですね。

ムーンルーフの修理の例
  • きしみが気になる
  • 雨漏りしてくる

きしみが気になる口コミ

きしみが気になるという口コミも結構ありましたが、音の原因は皆さんそれぞれ違っていて、いろいろ困惑している印象がありました。それというのも、修理に出したけど、なかなか満足のいく修理にたどり着かなかったというのが多かったです。

修理から帰ってもすっきりしなかった場合、持ち主が色々、きしみの原因を探るべく、思い当たる手段をいろいろ試したりしているようでした。

ムーンルーフは少しも使用(開閉)しないと、油切れしているのかと思うような異音がする事があります。特にチルト機構が付いているタイプに多いみたいですよ。

ムーンルーフのパッキンまわりからミシミシ音がしだしました。ディーラーに持って行き音を確認してもらい部品を交換するといわれ数日預けましたが、今度は開くときにガキガキと金属音がするようになりました。

音は左上後方からしており又チルトやオープンにしても音が止まないため、後方ガラスが原因かとのことでガラスのはめ直し、チリ合わせを行なったのですがすぐに音がしだしました。

ムーンルーフを開けていても音が出る症状は、僕も以前体験しており、その時は後ろの開かない方のガラスを止めている金具との間に、防音材を挟む事で音が止まりました。

…などが書かれてありました。

ディーラーに修理に出した時、エンジンをかけたくらいでは音が鳴らない時ってありますよね。「今、音が確認できないので、また鳴ったら来てください」なんて、言われて帰ったりしたのでは、何も解決しないですよ。

このままじゃ帰れないんで、僕は修理の人を乗せて運転して、音が鳴るまで付き合ってもらったこともありますよ。修理に行く前には、音がするときはどんな操作の時とか、どんな道でよく起こっているとか、自分なりに特徴をとらえておいて、修理に持ち込むのをおすすめします。

雨漏りの心配が出てくる場合がある

どれくらいの確率で起こるのかはわかりませんが、「雨漏りの修理に出した」という口コミも結構ありました。清掃不足によるものや、損傷してしまった場合、経年劣化など、原因はいろいろあるようです。

見た目にムーンルーフのフレームがゆがむような事がないので見落とされがちで、ある日突然車内が水浸しになるという事が起きている場合があるようです。

雨漏りに困る事例
  • 清掃不足からドレン穴の詰まりによる雨漏り
  • 開閉時の異物(砂や小枝)噛み込みによる、パッキン部の損傷
  • パッキン、ドレンホースの劣化による雨漏り
【清掃不足からドレン穴の詰まりによる雨漏り】

ムーンルーフ・サンルーフ付近に溝があり、雨水を逃がすドレン配管とドレン穴があります。その配管につながる部分がゴミで詰まると室内に漏水する事もあるようです。また洗車機の高圧の水流をかけると、新車であっても漏水することがないとは限らないそうです。

ドレン配管が詰まってしまった場合では、洗車機の高圧洗浄の時だけにとどまらず、通常の雨でも漏れたりするようです。

【開閉時の異物(砂や小枝)噛み込みによる、パッキン部の損傷】

車の天井を確認しないで開閉していた時に、異物を挟んでしまえば、どうしても傷はつきますよね。みなさん車の横のドアを開ける時は、ドアの横に何があるのか確認してからあけていますよね。でも、天井を開ける時には普通ぶつかるものなんてないから、気にしてないかもしれません。

車を停めた場所が、たまたま大きな木の下だったりすれば、帰る時には葉っぱや小枝が落ちているかもしれませんし、強風でどこかから、何かが飛んでくる場合もあるかもしれないのです。乗車される前には、天井を確認されるのを習慣化すれば防げそうですね。

【パッキン、ドレンホースの劣化による雨漏り】

いざ、修理をされた場合は、ボディやリールなどは変形になっているので、根本的な修理が難しく、ゴムパッキンを交換するなどで対応されているようです。もちろん形状や場合にもよりますが、作業工賃込みで1万円~1万5000円程度だったと口コミがありました。

経年劣化が原因で雨漏りしてしまう場合はどうしても避けられないですよね。どんなものでも使っている内に、傷んでくるものです。100%故障しないなんてありえませんよ。家の中の家電製品も、必ずといっていいくらい故障しますからね(笑)

それなら雨漏りの修理に出されているのがムーンルーフだけなので、「雨漏りといえばムーンルーフのせい」だと強調されて目立っているだけかもしれませんよね。雨漏り以外でも車の故障はいろいろあるはずですから、ムーンルーフだけを厄介者扱いしないで欲しいですよ。

口コミで『昔から雨漏りの噂は知りつつ、長年車種を変えてムーンルーフ付きを乗って来ました。その間1度も雨漏りなんてなかったです』と言われる方が何人かいらっしゃいました。車を乗り換える年数が早かったかもしれませんし、丁寧な掃除をされる方だったかもしれませんね。

ケンタ
なかなか目が届かない上、手が届きにくいからこそ、ルーフの洗浄には気を付けないといけないんだな~。
スポンサードリンク

ハリアーにムーンルーフが欲しい!ムーンルーフのメリットとは?

海外のムーンルーフは当たり前で必須装備になっているため、ほとんどの車に標準装備されているくい人気があります。日本の事情は、オプションで注文するシステムだから、「高い」とか「要らない」って言われてしまうんです。

ベテランディーラー
海外の高級車市場においてはムーンルーフは本革シートと並ぶ必須の装備となっており、セダン、ワゴン、クーペ、SUVなど車種を問わずに全てのグレードでムーンルーフが標準装備となっています

わざわざ高いお金を出してまで買うとなると、僕の憧れだけでは納得してくれそうにないのですね。ムーンルーフの良さやメリットを集めて、妻を説得できそうな口コミを探してみました。

人気のポイント
  • オープンカー気分で、解放感も味わえる
  • リセールバリューが高い(高級感の代名詞)
  • ムーンルーフで換気すると便利・チルト効果
  • 車の屋根が開くと子供が喜ぶ

ハリアーでオープンカー気分で、解放感も味わえる

車は移動するだけじゃないと、僕は思っています。四季折々の景色を楽しんで、日常のごたごたから解放される、癒しの力があると思うんですよ。

最近の海外の観光客って、桜の花見や秋の紅葉を見るのを目的でも、遠くの国から飛行機に乗ってわざわざ足を運んで来るくらいですよね。飛行機なんかに乗らなくたって、日本人は車をちょっと走らせるだけで楽しみに行けるんですよ。

そんな季節の有難さを楽しむのは、確かに短いですよね。ですがわざわざ観光地まで行かなくても、四季はすぐそこにもあると、日本人は見過ごしてはいませんか。天気のいい日にムーンルーフをあけて風を感じるだけでも、解放感が味わえるはずなんです。

ハリアーにムーンルーフを付けると、リセールバリューが高い

ムーンルーフはハリアーに限らず人気のあるオプションなので、買取価格相場も高くなります

ミニバンなどを選べば、もう少しムーンルーフを取り付けてある車が多いでしょうが、ハリアーのような高級SUVにサンルーフがついている車の数は、やはりミニバンよりは数が少ないのも、リセールバリューが高い理由の1つです。

【SUV】

SUVとはSports(スポーツ):Utility(実用性):Vehicle(車)のそれぞれの頭文字をとった車種のことで、直訳するとスポーツタイプの多目的車といえます。

日本で車にムーンルーフをつけたいと思うと、車の新車を注文する時に最初からオプション注文をして初めて付けられるものなので、まだまだムーンルーフを付けてる車の数は少ないです。

そのムーンルーフが欲しい人が中古車を買う場合、ムーンーフが付いている数少ない車から買うしか方法がないのに、中古車で欲しい人が多い(希少価値が高い)から、ムーンルーフ付きの車がリセールバリューが高くなっている現状がおわかりになりますよね。

ムーンルーフが欲しい人にとっては、 全く同じ状態の車が売り出されていたとしたら、ムーンルーフありの車が10万高くても、ムーンルーフが付いている車を買われていくそうですよ。それはムーンルーフが他に替わる物がないからでもあります。

逆にクラウンなどの車の場合、ナビは付いていて当たり前になっている車種となり、「ナビゲーションが付いていないと査定はマイナス」となるんだそうですよ。

ベテランディーラー
ハリアーの新車にサンルーフをつけると、およその値段が100,000円はしますが、下取りに出す時にはサンルーフついている車の代金は100,000円がプラスされてますので、実質ただになる計算なんですよ!。
ケンタ
高い買い物したと思わないで、後から帰ってくるんだから、おまけだと思えばお得だよ~

中古車を買う目的が『中古車なら買える』という事でもありますよね。普段値段の高いオプションが欲しくて、中古車を買うのが、最初からの目的の人も多いんです。

他のリセールバリューが高い車の例
  • ファミリーに人気のミニバン
  • ロングセラーになっている人気車種
  • 生産数が少ない車(希少性)
  • その時代の世界的な人気ブームの車
  • 高級感を求める車

注意!リセールバリューが低くなることもある!

ただし、ムーンルーフでもリセールバリューのプラスにならない条件がありますので、リセールバリューだけを期待して、購入されるのでしたら、おすすめはしません。あくまでもムーンルーフを楽しみたい人の購入をおすすめします。

リセールバリューが 【減 点 】対象のムーンルーフ
  • 動作不良
  • 雨漏り防止用ゴムパッキンの損傷
  • ムーンルーフの損傷

理由は「中古車として再販する前に、修理が必要だから」だそうです。だからといって、ムーンルーフに不具合があった車を、手放そうと思った時、あらかじめ修理をすることもすすめないそうです。ムーンルーフに限らず、エアコンの修理や傷や凹みであっても同様で、かえって修理代の方が高くついてしまう事もあるそうです。

ケンタ
リセールバリューを考えた場合、ムーンルーフを付けた車を乗り換える時期は、早い方が良さそうかも。

ムーンルーフで換気出来る!便利なチルト効果

喫煙者からの口コミでは、「私は1日1回以上は開けてます。喫煙しない嫁が同乗しても、たばこの匂いはわからないようです。」「車内喫煙のときルーフが開いているのと閉まっているのでは匂いも煙の充満も全然違います」とありましたよ。

車内喫煙者には必須アイテムのようですね。車内ルーフも電動式ですので運転中の操作も可能です。車内で喫煙だけではなく、何か食べたりした時にも臭いってこもりますよね。ドアの窓を開けるよりムーンルーフをあけた方が圧倒的に早く換気するとありました。

海外でチルト機構の使われ方にもヒントがありました。例えばベンツはサンルーフをチルトすると シェードは閉じたままですがスリットが入っていてそのまま空気が抜けるようになっているそうです。

BMWや他の車の場合はスリットがない代わりに チルトするとシェードの前5cm位だけ開いて 空気が抜けるようになっているんです。これで明らかに換気が目的でつけられている機能だとおわかりですね。

特に海外に欠かせないのが、高速走行時の安全対策もあるそうです。高速道路でも渋滞があるような日本と違って、海外での走行距離は半端じゃないですよね。窓を少しでも開けると風も入ってきますし音もうるさいです。

ケンタ
横の窓の場合は強い横風が入ってきて、車内の小さい物が「外に飛んでいっちゃった~」なんて事もあり得ますよね 。

ですがムーンルーフのチルト機能だけ使うとそんな心配をすることなく、安全に換気が出来るのだそうですよ。日本人にもこの便利な換気機能を、ぜひ広めたいですね。

ハリアーの屋根が開くと子供が喜ぶ

家族でドライブ中って、子ども達は飽きてしまいがちですよね。ムーンルーフをあけると、も達のテンションも上がり楽しい時間が持てるという評判です。車中泊の時にムーンルーフを開けたら、星が見えてロマンチックでしょうね。

「トヨタではサンルーフではなく、ムーンルーフと言うのだし、夜空を楽しむ方法を思いついたわ~」「夏には花火を、冬にはイルミネーションなんて素敵よね~」なんて、僕の妻のマイが言い出しましたよ。

小さい子どもがいると迷子が心配で、なかなか夏の花火に行けないわよね。ムーンルーフ越しの花火鑑賞というのなら、子連れでも心配なく、花火が見られそうじゃない。

冬の夜には、イルミネーションが楽しめるスポットも増えてきたわよね~。楽しんだ帰りに、イルミネーションが車からムーンルーフ越しに見えるなら、子どもを説得して早めに帰ることも出来そうだわ。「本物の星やお月さまが付いて来てるよ~」なんて、帰り道もわくわくがとまらないかも♪。

マイ(妻)
「私お日様とお友達になれないけど、お月さまとならお友達になれそうよ♪」
ケンタ
そうそうその調子!ムーンルーフを楽しむ方法は、いくらでも見つけられそうです。

ムーンルーフ・サンルーフの特徴は?

引用先:TOYOTA

ムーンルーフやサンルーフは特に違いはなく、車の天井につけられた窓の事だとわかって頂けましたね。では、ムーンルーフではどんな事が出来るのでしょうか?街で見かけるムーンルーフにも、いろいろなタイプを見かけますよね。タイプによって出来る事が違うのか調べてまとめてみました。

現在主流となっている3つのタイプ
  • チルトアップサンルーフ
  • スライディングサンルーフ
  • パノラマウインドウ(開けられないサンルーフ)

チルトアップサンルーフ

チルトとは「傾けること」と言う意味です。チルトアップサンルーフは後部が上を向いて傾きながら競り上がりつつ開きます。見た目はサンルーフの後ろだけが少しだけ持ち上がった状態のことです。

車内の空気が引き出されるように流れ、強力に換気出来るので、夏の暑い停車中の空気の追い出しや、タバコの煙の排出に重宝するんですって。そういえば屋根の上にちょこっとだけ出っ張りがあるのを見ますよね。わずかに開いていたのは換気窓だったのですね。

スライディングサンルーフ(スライド式サンルーフ)

屋根に設置されているガラス面と開口部が後ろにスライドして開くようになっています。最近ではほとんどがこのスライド式を採用していて、国産車だろうと海外車でも1番普及しているタイプです。

最近は自動車メーカー各社がスライド式サンルーフを採用し始めた頃から、チルトアップ式だけというのは、あまり見かけなくなりました。スライド式とチルトアップ式の両方を備える車種がどんどん増えているようですね。

パノラマウインドウ

超大型サンルーフのことをパノラマウインドウサンルーフと呼びます。元々はガラス面がボディ肩口に採用されたサンルーフの呼び名となっていて、自動車メーカーによっては、『開けられないサンルーフ』のことをパノラマウインドウと呼ぶこともあったそうです。

ベテランディーラー
パノラマウインドウの代表といえば、遊覧船や観光バスで使われている大型の窓の事を指します。天井を見上げると大半が窓になっているのが特徴です。

現在はスライド式やチルトアップ式も併用され、さらに大きさを強調するのに「パノラマウインドウのスライド式」「パノラマウインドウのチルトアップ式」と呼ばれることがほとんどだそうですよ。つまりすべてのいいとこどりなんですね。

ハリアーのムーンルーフはどのタイプ!

ハリアーのムーンルーフももちろん、これらを兼ね備えた上、さらに便利に賢くなっていました。マイコン制御チルト&スライド電動ムーンルーフです。全車にメーカーオプションとなり価格は108,000円(税込み)です。

小さなお子さんがいる場合は安全面で、心配される方も多いでしょうが、最近の安全装置は目を見張るものが多いですよ。ハリアーのムーンルーフのマイコン制御には、挟み込み防止機能付きなので、パワーウインドウと同様の挟みこみ防止機能もついているので安全です。

過去にサンルーフから子供が頭を出しているのを知らずに高架下を走ってしまった痛ましい事故も記憶に残っています。子どもって何してるかわからないですからね。あわててサンルーフを閉めたら今度はサンルーフで○○…なんて事にはならないように、メーカー側の安全対策には力が入っているので有難いですよ。

真夏の暑い日差しがつらい時などは、駐車中じゃなくでも、日差しを遮りたくなりますよね。先ほどルーフのガラス窓の説明をしてきましたが、ルーフ窓だけではなく、日差し等から守るのに、ちゃんとシェードもついています

ハリアーのシェードは電動ロールシェードとなっているので、日差しが強い時には、ボタン操作で開閉できて、日差しをカット出来るのでいいですよね。

ハリアーのムーンルーフに断熱フィルムを貼って、強い日差しから守る方法

サンルーフのデメリットの1つで「夏の日差しが眩しくてムーンルーフを閉めっぱなし」という方の口コミも結構ありました。せっかくのムーンルーフを、閉めっぱなしというのは凄くもったいないですよね。ムーンルーフに断熱フィルムを施工することでこのような悩みは解決出来るんですよ。

ハリアーのムーンルーフにフィルムを貼るメリット

人に優しい!

  • 遮熱効果でお肌がじりじり熱くなるのをやわらげます。
  • 紫外線(UV)を99%以上カットする事で、お肌の大敵であるシミやシワ、日焼けを防げます。
  • 車内にの温度上昇を抑えるので、エアコンの効きをよくします。

車に優しい!

車内の内装やアクセサリーの色あせ、劣化も防ぎます。UVクリームなど、紫外線対策グッズも不要になりますね。

お財布にダブルでやさしい!

フィルムを貼ればエアコンを効率良く使えるようになるので、燃費が改善します。フィルムを施工したからといって、車内から外が見えにくくなるということも全くありません。やはり後部座席に乗った子ども達が、ムーンルーフを開けてこそ、ドライブも楽しくなりますよね。

ハリアーのムーンルーフに、どんなフィルムがあるのでしょう

楽天やAmazonで見つけたこちらのフイルムは、ちゃんとハリアーのルーフ用があって、すでにサイズをカットされたものが売られていたので便利です。断熱タイプは日差しを遮るだけではなく、夏場のジリジリとした熱を抑える効果に期待出来ますね。

また、せっかくの景色を楽しむのに、スモークなんて嫌だとおっしゃる方に必見!なんとフロントガラスにも貼れちゃう透明のフイルムもあるんです。赤外線(IR)を76%も大幅にカットするので、遮熱効果バツグンなんですって。

マイ(妻)
いいわね~フロントガラスにも貼れちゃうなら、ついでにフロントにも貼って欲しいなぁ~
ベテランディーラー
大丈夫です。ハリアーのフロントドアガラスにはすでに、紫外線を約99%カットするスーパーUVカットガラスを採用しておりますよ。

ハリアーのムーンルーフに、フィルムを自分で貼れる?

ムーンルーフにフィルムを貼ると、人にも車にもとっても良さそうですが、いざ貼ってもらおうと思って施工業者さんに発注すると、気になるのがお金の心配ですよね。自分で貼れたら工賃がいらなくて安上がりになるのでしょうが、自分で貼っている人って今でもいるんでしょうか?

サンルーフ用にフィルムは、カー用品店やAmazon等のネット販売でも売っていましたから、車によっては、ちゃんと型取りのカッティングまでされている商品もあって便利そうですね。

でもムーンルーフの中からフィルムを貼ろうとしたら、上を向いての作業なので、手を上げながらなので手が疲れてきたり、フィルムがすぐに垂れ下がってくる点も考えると、素人が貼るにはかなりやりにくそうです

また、スマホと違って小さくないですし、平な面ばかりとはいかない事も覚悟しておかなければなりません。ムーンルーフの形によっては曲面があるので、ぴったり合わせるのに技術や器用さが問われそうですよね。

ムーンルーフに自分で、フィルムを貼る苦労とメリット

フィルムを自分で貼った人の口コミから、どんなとこに苦労があるのか、手順も合わせて調べてみたので、じっくり考えてみたいと思います。

ムーンルーフに自分でフィルムを貼る時の苦労
  • 面積が大きい
  • 上を向いて貼るのが大変(室内から貼った人の場合)
  • サンルーフのガラスに、曲面がある場合は難易度が上がる
  • もたもたしているとどんどん乾いてしまい、糊面が違う所にくっついてしまう。
サンルーフに自分でフィルムを貼るメリット
  • 工賃代が浮くので安く済む
  • 腕が上がれば、車を変えるたびに自分で貼れる

さらに『失敗を予測して、やり直せるように余分に買っておく』と積極的な口コミも見つけました(笑)

ムーンルーフにフィルムを貼る手順

ムーンルーフに自分でフィルムを貼る事が出来るのか、まずは手順を知っておこうと思います。手順は大まかに「フィルム等準備物の用意」「カッティング」「貼り付け」の順番で貼られていました。読んだだけでも、けっこう大変そうではありますね。

準備するもの
スプレーボトル/ゴムベラ/カッター(ハサミ)/食器用中性洗剤/タオル(キッチンペーパー)/バケツなど

ムーンルーフにフィルムを貼る手順
  1. 型紙を作ります(カッティング済みを購入されたら、この1番と2番は要りません)
  2. カーフィルムの切り出し
  3. スプレー液を作ります。
  4. 窓ガラスの掃除
  5. フィルムを用意して貼り付け
  6. 位置決め
  7. 気泡抜き
  8. はみだし部分のカット

ハリアーに断熱フィルムを業者に貼ってもらう場合

さらに施工業者さんの手順を見ると、車内のマスキングが最初に行われているようです。フィルムを貼るに、水スプレーを使いますので、マスキングしないと車内がびしょびしょになりそうですからね。さすが専門業者です。

ある施工業者さんのおすすめのカーフィルムは「ミラーフィルム」だそうです。

ミラーフィルムいいところ
  1. 反射フィルムなので、スモークよりも圧倒的に車内が涼しい
  2. そこまで透過率が濃くないので、サンルーフの機能を損なわない
  3. 高遮熱フィルムに比べフィルム単体の単価が安い

見た目が派手なミラーフィルムを貼るのに、抵抗がある方も多そうですが、天井のサンルーフになら、抵抗感が少なく済みそうですね。使用可能なフィルムは可視光線透過率20%の物がよく売れていますが、好みによってこれよりも濃くすることも薄くすることもできます。とありましたので、ここは施工業者さんに尋ねるのが1番でしょう。

断熱フィルム業者選びコツ

車のガラスににフィルムを貼ってくれる専門の業者って、案外各地に存在してあるもんですね。僕はカー用品店くらいしかないかと思っていました。

それだけ数は多いのですが、HPを出している施工業者さんのお店であっても、肝心のサンルーフのフィルムを貼る料金にはなかなかたどり着けませんでした。

サンルーフの場合は特に『車種による』『貼る面積の大きさによる』『ガラスの形状による』とあり、参考価格の表示が難しいようでした。ここは自分の車のサンルーフの具体的に見積もりを、何社か受けてから選ばれるのをおすすめします。

ご参考までに口コミで「専門店で頼みました。ちなみにフィルム代は面積が広いこともあり諭吉さん二人でした。断熱タイプのフォルムの種類も2~3種類あるようですよ」「ディーラーに確認したところ、断熱透明フィルムで一万数千円で施工出来ると言われました」を見つけましたよ。

僕の、車関係の仕事が長い友人は、「オートバックスやディーラーはボッタクリされますよ」と言いました。理由は「オートバックスも、ディーラーもノルマがあるので値段が高いんだよ。頼むんならノルマのない業者の方が安いに決まってるよ」と助言されました。

ディーラーにしても、加工業者にしてもどちらにしても、事情や戦略はあるでしょうね。

フィルムを貼る場合と違うかもしれませんが、僕は板金を頼もうとして、テレビCMで有名な業者を含めた数社とディーラーにも見積りをお願いしたことがあります。僕の場合の結果は意外にもディーラーが安かったんです。

理由は、「うちは安く施工して下さる業者さんと提携があります。他県の業者さんなので、運搬に時間はかかってしまいますので、日にちを待っていただけるのでしたら、お値段の方は安く出来ますよ」と言われました。

今の車関係の仕事って少ないのが現状ですよね~。たとえディーラーといえども、待っていれば客が来る時代ではないと受け止めて、施工業者と積極的に関わっているディーラーもありますよ。面倒ですがまずはたくさんの見積もりをしてもらうと、結果として1番安く出来るかもしれません。

どうしても後付けしたい方のためのムーンルーフ

「ムーンルーフは後付けできない」と一般的には言われていましたが、純正ではない場合は、Webastoというドイツのメーカーが製造・販売している、「ホランディア(Hollandia)」というブランドの後付けサンルーフを輸入して取り付けが出来るようです。

日本で後付けムーンルーフを取り付けてもらおうと思うと、僕の調べたお店の場合は、

  • 手動チルト&ガラス脱着方式/Hollandia100:112,500円~
  • 電動チルト&アウタースライド方式/H300 Comfort:159,500円~
  • 電動フォールディング方式/Hollandia400DeLuxe →お取り付け可能車種が限られる為都度お見積もり

…となっており、参考価格には標準取り付け工賃と消費税が含まれておりますが、車種ごとに別途見積もりは必要の様でした。

「ムーンルーフを付けないで残る後悔は、ほぼ取り戻せない。」と口コミがあったので、後付けムーンルーフを知らない人かも…と思ったのですが、それでも必ずしも間違いとも言えない印象は残っています。

メーカーオプション以外で、後付けできるムーンルーフも存在しましたが あまりお勧めしません。なぜなら車の屋根を切った時点で、車が「修復歴あり(事故)」となってしまうからですよ!!。当然リセールバリューはマイナス対象となってしまうのです。

YouTubeで自分で取り付けをやっている人をみたのですが、慣れていない人は絶対やるべきではないですね。車の屋根を穴をあけるなんて、塗装も剥げたりしてむちゃくちゃ大変そうでしたよ。

後から、やっぱり付ければ良かった!なんて事にならないように、迷ったくらいならムーンルーフのオプションは付けるべきだと、僕は思いました。

スポンサードリンク

まとめ

  • ムーンルーフをつけることで、デメリットは存在するが、工夫でカバーできるものもある。
  • ムーンルーフも掃除が必要で、経年劣化を含め修理のいる場合もある
  • オープンカー気分で解放感も味わえるし、チルト機構で換気に重宝する
  • 買うときは高いが、リセールで取り戻せる
  • 車の屋根が開くと子供が喜ぶ

ムーンルーフはオプションなので、買うときに悩んでいる人が多いことがわかりましたね。ムーンルーフのデメリットは、工夫でカバーできるものもあったと思いますので、ぜひ参考にされてくださいね。

但し「値段が高い」オプションである事にに変わりはないので、ここはもう1度じっくりと、支払い計画の作戦を練るところから始めたいと思います。ハリアーを買うなら年収やローンはどれぐらい必要?徹底調査!!の記事にも書きましたのであわせてどうぞ。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です