ハイエースの内装は種類によって違いがあるのか??徹底紹介!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

車の内装って車を購入するうえで気になりますよね?当然、綺麗な方がいいと誰もが思うと思います。快適なカーライフを送りたくはないですか?

快適なカーライフを送るためにはある程度内装にこだわらなくてはいけない場合もあります。人がたくさん乗れるというハイエースですが、内装はどうなんでしょう。

ドリンクホルダーやシートの質感など車内のインテリア気になります。内装が悪いと、それだけでも乗り心地が悪くなっちゃいますからね。人がたくさん乗れるというメリットがある以上、内装もある程度綺麗であってほしいところです。

スポンサードリンク

ハイエースバン、ワゴン、コミューターの違いとは?

ハイエースには三種類あることをご存知でしょうか?

バン、ワゴン、コミューターの三種類に分けられます。簡単に説明します!

種類別の特徴
【バン】

  • 荷物の運搬に適している。
  • バンやコミューターに比べ座席が少なく、荷室が大きい。
  • 2~10人乗車可能。

【ワゴン】

  • バンと違い乗用車タイプ。
  • 2~10人乗車可能。
  • シートアレンジが可能で荷物を大量に積むことも可能。

【コミューター】

  • ワゴンと同様に乗用車タイプ。
  • 14人まで乗車可能。

以上簡単にですが、ハイエース3種類の違いをご説明しました。バンは乗用車としての機能ももちろんありますが、運搬としての使用が適しているそうです。そして、ワゴンやコミューターは乗車として使われることが多いそうです。

大人数で旅行などに行かれる方でハイエースの購入を検討されているのであれば、ワゴンやコミューターの購入の方が良さそうですね。但し!!注意してほしいのは11人以上の人を乗せて運転する場合は中型車の運転免許が必要になりますのでご注意ください。

え、無免許!!ハイエースは普通免許で運転できる?捕まる前に確認!

2018年12月10日

バンの内装は?

荷物を運搬する機能を持つバン。

広大な荷物スペースがあり、1000kgの重さにも耐えれるという特徴を持つことから、趣味にも、遊びにも使えてしまうといわれるハイエースバン。そこまで聞くと、内装もいいのでは?とちょっと期待してしまいますが、どうなんでしょうか。

引用:ハイエースバン公式HP

リヤシート側のインテリア

車種によって多少の誤差は生じますが、標準で装備されているものをご紹介します。数が多いため分かりやすく一覧にしてみました。

ハイエースバンリヤシート側内装
  1. LEDダウンライト
  2. パワーウィンドウ
  3. フロントドアボトルホルダー
  4. リヤクーラー
  5. スライドドアボトルホルダー
  6. リヤ&バックドアルームランプ
  7. リヤヒーター
  8. リヤクオータートリムポケット
  9. バックドアインサイドハンドル
  10. タイダウンフック

全て分かりますか?8番のリヤクオータートリムポケットや10番のタイダウンフックってあんまり聞いたことないんじゃないんですか?僕も何それって感じです(笑)

リヤクオータートリムポケットとは?

引用:ハイエースバン公式HP

こちらのリヤクオータートリムポケットはメモ帳や小冊子程度の物を収納でき、ドリンクホルダーをもう少し大きくしたような収納スペースになります。

iPadを使用している方もこちらのポケットが便利に使用できそうですね。

お子さんが居る家庭なら、後部座席でお子さんが寝てしまった際にすぐに使用できるように、ブランケットなどを入れておくことも可能ですよ♪

タイダウンフックとは?

引用:ハイエースバン公式HP

10番のタイダウンフックは文字通りフックで、床に設置されています。何かをけん引したりするときに使うんでしょうか?

調べてみた結果、積み荷をロープやネットなどで固定するための止め金具としての機能があるそうです。確かに何かをけん引するには少し頼りなさげにみえます(笑)主に運搬に使われる車だけありますね。

運転席側のインテリア

引用:ハイエースバン公式HP

運転席側にも様々な装備がなされていました。こちらも数が多いので一覧にしてみました。

ハイエースバン運転席側内装
  1. 助手席アッパーボックス
  2. グローブボックス
  3. 助手席アンダートレイ
  4. センターポケット
  5. カップホルダー(運転席・助手席)
  6. フロントエアコン
  7. アクセサリーコンセント
  8. アクセサリーソケット
  9. イルミネーテッドエントリーシステム
  10. ファブリックサンバイザー(運転席・助手席)
  11. オプティトロンメーター
  12. エコドライブインジケーターランプ
  13. 運転席カードホルダー

こちらは、皆さん分かりますか?9番イルミネーテッドエントリーシステムとか11番オプティトロンメーターとか12番エコドライブインジケーターランプとか聞いたことありますか?上記に同じく何それって感じです(笑)

イルミネーテッドエントリーシステムとは?

ルームランプが「DOORの位置にあるとき、運転席ドアを解錠する、 ドアを開けて閉めた時、アドバンストキーを携帯したままドアを閉めた時、エンジンスイッチからキーまたは補助キーを抜いたとき、数秒間ランプが点灯し続けるシステムのことです。

夜、エンジンを止めて携帯を見る時車内は暗いから手元が見えなくて困ったなんて思うことありませんか?他にも、誤って鍵を落としちゃったとか夜だと足元とか真っ暗でほとんど何も見えませんよね?

でも、この機能があれば数秒間だけですが明るさを維持することが出来ます。ルームランプを点灯させれば済む話なのかもしれないですが、そのルームランプを点灯させるというちょっとした手間を省くことが出来るのです!!

オプティトロンメーターとは?

自発光式メーターともいい、昼夜を問わず発光しているように見せるメーターのことです。

これは1989年10月に、トヨタのセルシオ(海外名レクサス)が初めて採用したの内装なんです。

単純に見た目がカッコいいというメリットもあるかもしれませんが、オプティトロンメーターの最大のメリットは視認性の良さにあるといえそうです。

発光しない場合、恐らくトンネルとか入ってしまうとメーターは全く見えなくなってしまうと思われます。しかし、自動発光していればそんな心配は無用になるのです!!

エコドライブインジケーターランプとは?

アクセルやエンジンの踏み込み、走行速度などから総合的に判断し、燃費効率のいい走り方をしている場合にランプが点滅するシステムです。

地球温暖化防止のためにトヨタが2006年10月発売予定の新車をはじめ順次採用していくと発表しました。これにより、約4%の燃費向上が見込まれているといわれているんです。

ハイエース結構大きな車です。そうなると心配なのが維持費だと思います。

ケンタ
これだけ大きな車だと、ガソリン代、税金、保険代が怖いな・・・(汗)
車の仙人
確かに維持費はかかりそうだけど、エコドライブインジケーターランプで燃費が約4%も向上できるため、そこで浮いたお金をその維持費に回すことが出来るカー!

このエコドライブインジケーターランプ、単純に燃費を良くするというメリットだけでなく、経済的にも優しい機能であるということがいえそうですね♪

スポンサードリンク

その他の内装

車の内装で、収納スペースとかって結構気にならないですか?ドリンクホルダーや物を置くスペースなど・・・収納スペースの種類は様々です。

ドリンクホルダーに関しては、ペットボトルの飲み物であればまだいいんですけど、缶の飲み物だと結構困るのが置く場所。倒れたら中身が一気にこぼれちゃいますもんね。せっかくの綺麗な車のシートが台無しになってしまいます(涙)

ハイエースは大きな車ですけど、そういうスペースもある程度は確保されているのでしょうか?

収納スペース

大型センターポケット、センター及びバックコンソールの3つの収納スペースがありました。以下はそれぞれの写真になります。

引用:ハイエースバン公式HP

大型センターポケットには小物やかさばるアイテムを収納することが出来ます。カギやメガネ、財布や携帯などいろいろな物を置けそうですよね。

センターコンソールには28枚分のCD類収納をはじめ、携帯電話やA4サイズの冊子類を収納することができるコンソールが常備されています。

マルチコンソールにサイドトレイを装備してる車種もありますよ。リアシート側にはドリンクホルダーを2個装備しています。

センターコンソールはセンター席を倒すと格納式のテーブルが出現。小型パソコンまでの大きさの物を置くことが可能なんですよ。さらに、A4サイズの冊子類を収納することも出来ちゃうんです♪リアシート用のドリンクホルダーも2つ付いてます!

マイ(妻)
大きい車だけあって、収納スペースも充実しているのね
ケンタ
これだけあれば、安心して大人数でキャンプとか旅行に行けそうだな

シート

ハイエースはその昔は乗り心地が悪いといわれており、特にバンに関しては運搬する機能も持っているため、特に乗り心地が悪いといわれていました。

しかし、今は違うみたいですよ~!!

ホールド性の高い形状により、運転時の疲労軽減に貢献されていたりするようなんです!このことからも、乗り心地は悪くないといえそうですね♪

これなら、ハイエースを使ってアウトドアに行ったり旅行に行ったりがより楽しく出来そうです。

乗り心地についての詳細は、「ハイエースって乗り心地どうなの??バンとワゴンで違いはあるの??」を参照してみてください。

ワゴンの内装

ハイエースワゴンのウリは乗る人すべてに心地よい室内だそうです。

それぞれの座席にはリクライニング機能と個別吹き出し付リヤクーラーも搭載されています。さらに、バンはどちらかというと荷物を運搬するように設計された車でしたが、ワゴンは人を乗せるために設計された車なのです!!

ここまで聞いてしまうと他の内装も期待できますよね。1つずつ見ていきましょう。

リヤシート側のインテリア

引用:ハイエースワゴン公式HP

ハイエースワゴンのリヤシート側の装備。バンとの違いはあるのでしょうか。同じように、一覧にしてみました。

リヤシート側の内装
  1. リヤトリムポケット(リヤ1列目シートサイド部)
  2. リヤトリムポケット(リヤ3列目シートサイド部)
  3. リヤクーラー(冷房・個別吹き出し付)
  4. ルームランプ
  5. リヤシートバックポケット&カップホルダー&アシストグリップ

1番や2番のリヤトリムポケットはシート横のドアに着いているポケットです。ワゴンではそれが二つもついているんですよ!!

そして5番『リヤシートバックポケット&カップホルダー&アシストグリップ』とありますが、なんとなく名前からわかるけど説明してと言われたら正直よく分からないですよね(汗)

リヤシートバックポケット&カップホルダー&アシストグリップとは?

拡大した写真を見ると下のようになっています。これが全ての座席の背面に設置されているんですね。

引用:ハイエースワゴン公式HP

なんだか飛行機のような背面になっていますね(笑)1人1人使用できるようにドリンクホルダーが設置されていますし、子供達に同じジュースを買ってあげたときなんかも喧嘩が起きなくて済みそうです♪

以上が、ハイエースワゴンのリヤシート側の内装になります。バンに比べると大分装備の数が少ないですね。さらに、ウリにしているように快適な室内を実現するための装備が多いような印象でした。

運転席側のインテリア

続いては運転席側の装備です。リヤシート側同様に、快適な室内を実現できるような工夫はされているのでしょうか。気になるところです。

引用:ハイエースワゴン公式HP

運転席側の内装
  1. インストルメントパネルアッパー部シルバーメタリック加飾
  2. フロントオートエアコン
  3. センターコンソール(リヤ席用カップホルダー2個付)
  4. オプティトロンメーター(タコメーター・メーター照度コントロール付)
  5. マルチインフォメーションディスプレイ
  6. エコドライブインジケーターランプ

※4番6番はバンの内装の際に説明しており、重複してしまうので避けます。

マルチインフォメーションディスプレイとは?

引用:ハイエースワゴン公式HP

5番のマルチインフォメーションディスプレイでは、平均燃費や瞬間燃費、外気温やエコ運転の範囲など運転に対して様々な情報を表示してくれます。

バンに比べると装備は少ないですね。バンのリヤシート側と比較すると、室内空間を快適にするような装備はあまり見受けられませんでしたが、運転席に関しては快適に運転出来るような装備があるような印象でした。

その他の内装

ハイエースワゴンの内装はその他にもあります!それが収納スペースである、リヤクオーターコンソール(カップホルダー・テーブル付)です。

引用:ハイエースワゴン公式HP

4つものドリンクホルダーだけでなく、テーブルまで付いているコンソール。さらに、上部の蓋を開けると2ℓくらいのペットボトルであれば2本くらい入っていしまう収納スペースがあります。マルチに活躍しそうなコンソールといえそうですね。

マイ(妻)
これなら大人数で旅行とかキャンプに出掛けても大容量の飲み物を複数おけるし、よっぽどのことがなければ困ることがなさそうね。

ただ、夏場とか凄く暑いときは車内に放置するのは危険ですので、大きめのクーラーに氷などを詰めて持って行く方がよさそうです。

ハイエースコミューターの内装

ハイエースコミューターは他のハイエースと違い、14人も乗れる車です。それだけ多い人数が乗るとなると、それ相応の内装にも期待したいところですよね。

ハイエースコミューターのウリは快適な送迎のための考え抜かれた室内空間です。

ハイエースワゴンと同様に、リクライニング機能や個別吹き出し付リヤクーラーも付いているそうですが、内装はどうなっているのでしょうか。

リヤシート側のインテリア

まずはリヤシート側の装備から紹介します。

引用:ハイエースコミューター公式HP

リヤシート側の内装
  1. リヤトリムポケット(リヤ1列目シートサイド部)
  2. リヤトリムポケット(リヤ3列目シートサイド部)
  3. リヤクーラー(冷房・個別吹き出し付)
  4. リヤシートバックポケット&カップホルダー&アシストグリップ
  5. リヤヒーター(暖房)

コミューターのリヤシート側の内装もバンに比べると少なく、内容はワゴンとほとんど同じでした。コミューターも快適な車内空間を実現するための装備が充実しているといえそうです。

運転席側のインテリア

運転席側はどうなっているのでしょうか。バンやワゴンと違う点はあるのでしょうか。

引用:ハイエースコミューター公式HP

運転席側内装
  1. 助手席アッパーボックス
  2. フロントエアコン
  3. センターコンソール(リヤ席用カップホルダー2個付)
  4. オプティトロンメーター(タコメーター・メーター照度コントロール付)
  5. マルチインフォメーションディスプレイ
  6. エコドライブインジケーターランプ
  7. フロントドアボトルホルダー

※4~6番についてはコチラもバンの内装で紹介させていただきましたので省きます。

助手席アッパーボックスとは?

1番の助手席アッパーボックスは下の写真のような収納スペースになります。写真の通りボックスティッシュだって入っちゃうんですよ♪

引用:ハイエースコミューター公式HP

ボックスティッシュって車の中に入れておくとあっちいったりこっち行ったりして気づくとどっか行っちゃってるんですよね(笑)そんなことってありません?

でも、これならボックスティッシュを固定しておけるからそんな心配もしなくて良さそうです♪

ハイエース100系バンとワゴンはオススメ??200系との違いを調査

2018年12月17日

ハイエースワゴンの内装をカスタムして自分らしく楽しもう!!

2018年12月7日
スポンサードリンク

まとめ

  • 収納スペースが多い印象であった
  • バンの内装はワゴンやコミューターと違っていた
  • ワゴンとコミューターの内装はほとんど同じだった

ハイエースの内装を一つずつ見てみると、どの車種も収納スペースが多いことが分かりました。これはやはり、多くの人が乗ることを想定されて作られたということなんでしょうね。

これだけ収納スペースが多いと物を置く場所に困るということはよっぽどのことが無い限りなさそうです。

大人数で旅行やキャンプに行く、大きな荷物を持って出かけるという人はハイエースの購入を検討してみるのもありかもしれません。ハイエースでのお出掛けもなかなか楽しいのかもしれませんよ。

 

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です