見た目にだまされてはいけない!ハイエースは燃費がいいのだ!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

ハイエースに乗っていて、もしくは運転していて坂道で苦労した経験ありませんか?上り坂でアクセル全開にしても、のろのろとしか進まない……なんて状況になると、焦りますよね。後ろの人に悪いなぁとも感じてしまいますし……

そんな時って、車内はどうなっていますか?荷物がいっぱい乗っていたり、人を定員いっぱい乗せているのではないでしょうか?友達は、部活の遠征の時よくこういう状況になったと言っていました。その時は、「おまえが重たいからだろ」なんて冗談を言っていたらしいですよ。(笑)

ハイエースって大きいから、その分燃費が悪いのかな?と考えてしまいました。でも、荷物を運ぶ、大人数で移動するには、ハイエースがいいですよね。燃費のいい、すいすい走るハイエースはないのかなと調べてみました。そこで、燃費がキーワードなのではという結論が出てきました。

スポンサードリンク

ガソリン車とディーゼル車 燃費がいいのはどっち?

ハイエースには、ガソリン車とディーゼル車の2種類があります。燃費はというと……実燃費で、ガソリン車が5~7km、ディーゼル車が8~10kmぐらいと言われています。

ガソリン車の燃費

数字だけみるとガソリン車のほうが低いですね。友人の遠征車もガソリン車だったのかな?でも今は、6速オートマ車になって、少し燃費が良くなったみたい!それでも、1kmくらい高くなった程度……

しかも、ガソリン車にはパワーがあまりないんです。坂道では、アクセルを目いっぱい踏み込んでも、のろのろとしか登っていきません。やっぱりディーゼル車にかなわないですね。

口コミを見ても、「走りが…」という意見が多いですね。そのかわり、車内をカスタマイズしたいという人に好評なんです。車中泊仕様にしたい、荷物をたくさん積めるようにしたいという人の為には、ハイエースがベストなんですよね。

ディーゼル車の燃費

ディーゼル車はグイグイと急な坂道でも楽に登ってくれます♪低速でのトルクがあるので、重い荷物を積んでいてもへっちゃら!かっこいい力持ちの頼れるアニキだぜ♪

スピードもペダルを踏み込んだ分だけ出ちゃいます!さらに!3000ccのディーゼルターボになると、ンジンの耐久性がすばらしくいいんです!ストレスなく走行できるのがハイエースディーゼル車の強みなんです。

中古車業者さんやハイエースに乗っている人のほとんどが「ハイエースを買うなら断然ディーゼルターボがおすすめ」と言っています。友人は、ガソリン車からディーゼル車に替えて、毎週末、僕らに見せつけるように乗り回しています。(笑)

車の仙人
ディーゼル車は排ガス規制の対象地域があるので、注意が必要だカー

ハイエースの燃費と値段の関係

「じゃあ、燃費のいいディーゼル車を選べばいいのね」と考えたあなた!ちょっと待ってください!ハイエースに限ったことではありませんが、車を選ぶ時、検討しなければならないのは、燃費だけじゃないんです。

みなさん、車を買う時なにを決め手にしますか?一人一人ゆずれない条件はあるかと思いますが、やっぱり気になるのは値段ですよね。

中古車を買う場合

ハイエースの場合、ディーゼル車とガソリン車の車両の価格差がとても大きいのですよ。日本では一般的な走行距離は、年間1万キロ前後とされているんです。

もしあなたが年間1万キロ前後しか走行しなかった場合、10位ではその差額は埋まらないといわれているのですよ。特に6速オートマ改良後はガソリン車とディーゼル車の燃費の差が縮まってきています。

なので、距離を走れば走るほど、ディーゼル車の燃料の安さの恩恵を受けることになりますので、お仕事などで日常的にハイエースを使っていて距離をたくさん走る人は、ディーゼル車の方がいいのかもしれません。

それほどたくさん乗らないという人の場合、ガソリン車を選んだ方がかえって安く済むことになりそうです。

新車を買う場合

中古車を買う時と変わりませんが、ここでは、ガソリン車とディーゼル車では、どのくらい値段が違うのか比較してみました。ハイエースバンとハイエースワゴンでガソリン車とディーゼル車で1台づつピックアップしてみましょう。

ハイエースバン スーパーGL

出典先:トヨタ公式ホームページ

写真は、2WD・2,000ガソリン・標準ボディータイプ
価格は、2,974,320円(税込)燃費は、10.2km/L

ハイエースバン DXGLパッケージ

出典先:トヨタ公式ホームページ

写真は、2WD 2,800ディーゼル
価格は、3,114,720円(税込)燃費は、12.2km/L

ハイエースワゴン グランドキャビン

出典先:トヨタ公式ホームページ

写真は2WD 2,700ガソリン
価格は、3,606,120円(税込)燃費は、9.5km/L

最後に全体をまとめてみます。

ハイエースの価格と燃費まとめ
  • ハイエースバン・ガソリン車  2,974,320円 10.2km/L
  • ハイエースバン・ディーゼル車 3,114,720円 12.2km/L
  • ハイエースワゴン・ガソリン車 3,606,120円 9.5km/L

値段で選ぶか、燃費で選ぶかはあなた次第!自分のライフサイクルを考えて選ぶのがベストですね♪

え、無免許!!ハイエースは普通免許で運転できる?捕まる前に確認!

2018年12月10日
スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

  • ハイエースの燃費はよくなっている
  • 燃費で選ぶならディーゼル車のほうがいい。
  • 普段あまり乗らない人は、ガソリン車を選ぶと安くすむ

ディーゼル車を選ぶかガソリン車を選ぶかはあなた次第!自分のライフスタイルに合わせて最適なハイエースを選んでくださいね♪

「燃費って何?」という人は、ハイエースワゴンの燃費ってどうなの!?燃費改善法もチェック!!にまとめてありますので、参考にしてください。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です