ハイエースは車中泊にぴったり!!家にも負けない快適性とは??

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

以前、SNSで「今度キャンピングカーでアメリカ横断します。参加者募集!」というカキコミを見かけました。いいなぁ~楽しそうだなぁ~とうらやましくなり、キャンピングカーで旅行するのもいいなと考えるようになりました。でっかいキャンピングカーでキャンプ場に乗り付けるなんてかっこいいですよね。

そこで、キャンピングカーっていくらぐらいするのか気になりませんか?すると、アメリカなどで販売されているような家具やシャワー、トイレなどが付いた本格的なキャンピングカーだと新車販売価格が1000万円を超えていることがわかりました!おまけに、キャンピングカーの中には全長が7m以上、全高3m以上のモノもあり、駐車スペースの問題も出てきます。

そうか…日本ではハードル高いな…とあきらめかけたのですが、キャンピングカーほどの装備はいらないけれど、快適な車中泊は楽しみたいのならこれというのを発見しました!それがハイエースです。ハイエースなら、シートを交換するだけで車中泊が可能な車にカスタマイズできちゃうんですよ!これなら僕にも手が出せそう♪

スポンサードリンク

ハイエースの車中泊にはどんな楽しみが待ってる??

そもそも車中泊ならいろんな車でもできますが、ハイエースでの車中泊にはどんなデメリットが生じ、どんな良いことがあるのでしょうか。

ハイエースって正直乗り心地が悪いイメージだという方も多いのではないでしょうか(汗)そんな中で寝て、次の日に身体が痛まないだろうかと考えてしまいます。

ところがハイエースは実は、広くてカスタマイズの方法も色々あり、そのカスタマイズの方法によってはかなり便利になるんです!

調べてみたところベッドにすれば大人2名、子供2名が寝れるほどの空間があるのに荷物もたくさん乗せることができたりテーブルをつけて突然の悪天候時でも家族でトランプなどを楽しめるスペースの確保ができたりするわけです☆

デメリットは事前に防ぐことが可能!

先ほども書かせていただいたとおり、メリットもたくさんありますが、確かにデメリットに感じる部分もあるんですよね・・・。ハイエースに限らず車中泊にはどんなデメリットがあって、どんなメリットがあるのかまとめてみましたので興味のある方は確認してみてください!

ハイエース車中泊の【デメリット】
  • 寝るときも車内が丸見えなのは危険
  • スペースが足りないんじゃ・・・
  • トイレや洗面関係がない
  • ベッドや布団と比較すると寝心地が悪い
  • 燃費が悪い

こうして見てみると、車中泊にはこんなにもデメリットがあるんですね。でも「それならやめましょう」はもったいないですよ~(笑)

これら全ては事前に対策をとる事が可能です☆

寝るときの目隠し用にカーテンをつけることで中が見えないため、車中を確認してから物色するような車上荒らしなどを未然に防ぐことができます!中には簡易的な自作のカーテンを作っちゃう方も居るようですね。

スペースの問題は先ほどもチラッと触れさせていただいた通り、ハイエースのカスタマイズ次第で広々空間を手に入れることも可能なので安心してください☆

トイレや洗面については携帯トイレと水の持参をするか、道の駅などの設備が整った場所に車を停めることをオススメします。

ベッドや布団と比較して寝心地が悪いのは仕方の無いことではありますが、翌朝体中が痛くなってるのは嫌ですよね(汗)

いくらハイエースのベッドスタイルと言っても寝心地に関しては限界がありますし、事前に寝転がってみてこれだけでは身体が痛くなりそうだと感じたのであれば、毛布などを敷いて硬さを緩和することだって可能です。

人によってはマットレスまで敷いちゃうらしいですよ!それだけ広いスペースを確保することができるというわけですね☆

燃費に関しては積載量が増えるキャンピングカーですので、その分走る力が必要になってきます。暑い日でも窓を開けて寝ることはできませんし、クーラーが必要になったり、寒い日なら暖房が必要になってきますよね。

そうすると必然的に燃費が悪くなってしまうのもわかります。そのあたりが心配なら、はじめからハイブリッド車にしたり、少しでも燃費の良い走りをするなど工夫をしてみれば大分変わりますよ~☆

ハイエースのシートアレンジカスタマイズについては下の方で紹介します。燃費良く乗る方法についてはヴェルファイアの燃費ってどうなの!?他車とも比較し徹底調査!!で紹介していますので興味のある方は確認してみてください。

実はこんなメリットが!

さて、問題点が解決したなら、車中泊を選ぶとどんないい事があるか考えてみましょう♪これを知っていると、車中泊で旅行するのが楽しみになります。

ハイエース車中泊の【メリット】
  • 時間が自由に使える
  • 経済的負担が少なくなる
  • 場所を自由に選べる

ホテルや旅館ですと、チェックイン・チェックアウトの時間、食事の時間が決まっていますよね。車中泊であれば時間の使い方は自由♪「朝早く釣りをしたい」となれば、夜、港近くに車を停めて、朝釣りへ!という事もできます。

炭火焼きセットと洗い用の水さえ持って行っていれば、その場で釣りたての魚を炭火でこんがり焼いて食べることもできますね。香ばしい香りにほくほくジューシーな魚の身は、魚嫌いなお子さんすらもやみつきにしてしまうかもしれません(笑)

そしてまた嬉しいのが、宿代の節約ができてしまうところです。お泊り旅行だとどうしても宿泊費用がかかってしまいますよね。でも、車中泊にすれば宿泊費用はかかりません。その分、他のところに予算を使えますね♪

宿代だと1日1人あたり数千円~数万円単位までお金がかかってきちゃいますし、それが無くなるだけでもかなり経済的といえそうですよ。たとえば釣り道具であったり、現地調達した美味しいお肉にお金をかけることだってできます!(笑)

車中泊にすれば、いろいろな場所に停めて泊まることができます。目的地の近くに車を停めれば、移動が楽です。ただし、禁止されている場所もありますので、確認が必要です。

ハイエースの車中泊はやっぱり最高!実際の魅力的なカスタムとは?

なぜ車中泊ならハイエースかというと、車中泊仕様にカスタマイズしやすいからです!「どうしてカスタマイズしやすいの?」「どんな風にカスタマイズするの?」というのは、実際に見たほうがわかりやすいので、カスタマイズの例をお見せしますね♪

ただ単に寝るだけ

引用先:Websta

それでは、ハイエースの車中泊仕様カスタムの例をご紹介します。

ただ単に寝るだけなら、最小限の設備でいいですよね。ハイエースのノーマルシートは2列目、3列目のシートを前後にスライドさせたり、フルフラットにしたりすることはできません。車中泊仕様にするためには2列目以降のシートを変更する必要があります。

シートの種類はリクライニングさせてフルフラットにするタイプや、取り外し自由なテーブルを挟んで向き合うタイプなどがあるんです。どのシートも就寝時にシートを折りたたむことでベッドスペースを確保することができます。

冷蔵庫・収納棚などを一緒に取り付け

引用先:BONDS

「2人で寝られるスペースがあればいい」と割り切ることができる方は、冷蔵庫やキッチンスペース、収納棚などを取り付けてもいいですね。より本格的なキャンピングカーになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ハイエースで車中泊する際に必要なもの

いくら車中泊仕様にしても、寝るためには必要なものってありますよね。思いつく限りでもたくさんあるような気がしますが、必要最低限のものをまとめてみましたのでよろしければ荷物の最終確認の時などに参考にしてみてください☆

防寒対策用品

車中泊仕様のハイエースがあると、旅行プランの幅がグンと広がります。

例えば、スキースノボに行くとき、スキー場に前泊して、朝一番のゲレンデをリフト待ちせずに楽しむ、夜遅くまで滑ってナイター営業を楽しみ、そのまま車で休むといった事が可能になります。

その他、移動時間をずらすことで渋滞を避けることができますし、夜間の移動であれば高速のETC料金が安くなるというメリットもあります。さらに、滑り終えてからすぐに休めば翌日の筋肉痛が軽減されますよね。

ただし、冬に車中泊をする場合、防寒対策をしっかりしておかなければなりません。

防寒対策おすすめ
  • 断熱遮光カーテン
  • 寝袋
  • 保温シート
  • ブランケット
  • カイロ
  • エアヒーター

車内に寒さが侵入してくる最大の原因は窓から伝わってくる冷気だという事を知っていましたか?その冷気対策として、有効なのが断熱・遮光カーテンがです。

ガラスと車内の間に空気層をつくることで、外からの冷気を驚くほど遮断することができます。

その他、寝袋、保温シート、ブランケット、カイロなどを準備しておけば防寒対策はばっちりです。

毛布や寝袋だけではどうしても寒さがしのげない時は、エアヒーター(FFヒーター)を使用してください。

ガソリン供給型なのでエンジンを始動する必要がなく、一酸化中毒の心配せずに車内を暖められます。エアヒーターを取り付けるにはある程度車体が大きいことが条件となりますが、取り付けられれば、車内がぐんと快適になること間違いありません。

ベテランディーラー
エンジンをかけてエアコンをつけっぱなしにしていると、一酸化炭素中毒になってしまう可能性があるので注意してください。

暑さ対策用具

車内の温度を下げる手段は色々とありますが、夏に一番効果的があるのは直射日光を遮ってしまうことです。ハイエースはさまざまな用途に使われている人気の車種なので、専用のグッズが沢山発売されており、窓枠にピッタリとハマるサンシェードが各メーカーから販売されています。

フロントガラスやリアガラスなどは開ける事ができませんから、そこにサンシェードを付ければ断熱効果とプライバシー効果が期待できます。

新人ディーラー
サンシェードがあるのと無いのとでは、昼間の車内温度が10度以上違うというデータがありますよ。

暑い車内でドアや窓を閉め切るのはかなり厳しいですよね。しかも、窓やドアを開けっ放しにしてしまうと虫が入ってきてしまいます。

そんな時は、防虫ネットが役に立ちますよ。商品によってはハイエースのスライドドアを開けた部分にピッタリ合うものがありますので、大きな開口部から風をたくさん取り込むことができますよ。

自動車用の扇風機は色々なメーカーから発売されていますが、その殆どがアクセサリーソケット(シガーライター電源)から給電するタイプのものです。

一晩中扇風機を使ったら、翌朝にはクルマのバッテリーが上がってしまいますよね。そんなときには、家庭用の充電式扇風機がおすすめ!

満充電で36時間以上連続稼働するモデルもありますので、一晩中使ったとしても電池切れの心配はありませんね。

その他、ベットの冷感マットも使えますし、クールスプレーを服にシュッとするのも効果的です。

え、無免許!!ハイエースは普通免許で運転できる?捕まる前に確認!

2018年12月10日

まとめ

  • 車中泊仕様にしたいならハイエースを選ぶのがベスト
  • ハイエースなら目的に合わせていろいろなカスタマイズができる
  • 寒さ暑さ対策もお忘れなく

ハイエースは、シートを替えるだけで車中泊できるようになります。そのようにカスタマイズされた中古車もありますよ。自分好みにカスタマイズして、乗りやすいハイエースにしてみてはいかがでしょうか?

 

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です