ハイエースワゴンの燃費ってどうなの!?燃費改善法もチェック!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

ハイエースと言えば大人数での移動に大人気の車ですよね!友達は部活の試合などでお世話になった思い出もあるそうです。「10人くらい一気に乗れるから車内もにぎやかで楽しい思い出しかない」って言っていました。

みんなでワイワイ移動するにはもってこいのハイエース、しかし「ハイエースって燃費が悪いんじゃない?」なんてイメージが多いのも事実。大勢で乗ったら燃費も悪くなりそうだし、その分ガソリン代も増えそうだなぁ・・・なんて、ケチなことを考えてしまいます(苦笑)

そこで、今回はハイエースワゴンの燃費を徹底調査!さらには燃費をよくする方法も調べてみました!これをチェックしておけば、「ちょっと、ガソリン代高いんじゃない?」なんて文句も言わせません!それでは見ていきましょう☆

スポンサードリンク

気になるハイエースワゴンの燃費は!?

燃費と一言でいっても「カタログ燃費」と「実燃費」の2つがあるってご存知でしたか?実はこの2つ、同じ燃費でも測り方が違います!その違いをおさえておけば、「もっと燃費が良いと思っていたのに~!!」なんてことにもならなくて安心です☆

カタログ燃費と実燃費
  • カタログ燃費:メーカーが公表している数値
  • 実燃費:実際に走行したときの数値

カタログ燃費はメーカーが基準に準じて計測した燃費なんですね!一定の条件のもとで計測しているので、車同士の比較のときにはとってもわかりやすい数値です☆

一方の実燃費は、実際に道路を走ってみてわかる燃費のこと!渋滞状況だったり天候だったり、エアコンの使い具合なんかでも燃費って変わりますもんね。こちらは実生活で使ってみてわかる数値なので、よりリアリティのある燃費です☆

マイ(妻)
へぇ~、一言で燃費って言っても色んな見方があるのね。
新人ディーラー
そうなんです!皆さんが気になるのはやはり実燃費かと思いますが、カタログ燃費からでも実燃費のおおよその予測はできるんですよ!

そう、実燃費はカタログ燃費の70~80%が一般的だそうです!これなら、もしカタログ燃費しかわからなくても大体の予測は立てられますね!

とは言えやっぱりリアルな実燃費は気になるもの!ハイエースワゴンの本当のところが知りたいですよね!カタログ燃費の70~80%程度に収まっているのかチェックすべく、今回はカタログ燃費と実燃費の両方を調べてみました!

ハイエースワゴンのカタログ燃費は?

ハイエースワゴンにはシートの配置やボディサイズが違う3種類があります!今回はこの3種全てを見ていきたいと思います♪

  • グランドキャビン
  • GL
  • DX

どれも10人乗りではありますが、それぞれちょっとずつ違っています。みんなのシートが近くてワイワイできるのはDX、荷物の置き場がしっかり確保できるのがGL、シートが近くて荷物も置けるのがグランドキャビン、といった感じでしょうか☆

それではさっそくこの3種類のカタログ燃費をチェックしてみましょう!

ハイエースワゴンのカタログ燃費
  • グランドキャビン・・・2WD:9.5km/L、4WD:8.9km/L
  • GL・・・2WD:9.7km/L、4WD:9.1km/L
  • DX・・・2WD:9.7km/L、4WD:9.1km/L

グランドキャビンはGL・DXと違ってロングボディでハイルーフなのでその分重量が重く、燃費は低めですね。一方のGLとDXは2WD、4WDともに同じ数値です。

これだけ大きくて燃費が9km/Lなら十分じゃないか!」と思ったあなた!いやいやこれはカタログ燃費ですからね!本当に気になる実燃費をここからはご紹介していきます!

ハイエースワゴンの実燃費は?

実際に走行してみてわかる実燃費。果たしてカタログ燃費の70~80%程度に収まっているのか気になりますね。実燃費に関しては口コミも見ながらチェックしていきます!ここでは特に口コミの多かったグランドキャビンとGLの実燃費を見ていきましょう!

グランドキャビンの実燃費(口コミ)
  • 10人乗って下道で8km/L、高速道路で10km/Lでした。
  • 下道で7km/L前半、遠乗りで8.5km/L前後。良いときは9km/Lの時もありました。
  • メーターの平均燃費は8.1km/L。満タン法・8人乗車・高速8割・荷物満載で6.8km/L
GLの実燃費(口コミ)
  • 大体5km/L程度。当然かな。
  • 街乗りで6km/L、遠乗りで9km/L。冬場はまた変わってきます。
  • 納車直後は6.1km/Lと悪かったけど、走行距離1,500km超えてからは街乗りでもコンスタントに9km/Lくらいを維持。

もちろん乗車人数や荷物の積み具合で大きく変わってくるのであくまで目安ですが、こうして見ると全体的に6~9km/L程度といったところでしょうか。

グランドキャビンでは10人乗って10km/Lだったという口コミもありますから、「ハイエースは燃費が悪い」なんてイメージもただのイメージだけかもしれません。乗り方や運転方法で低燃費にできそうです!なんだか希望が見えてきますね☆

大人数でお出かけができて、悪く見ても6~7km/Lほどの燃費だとすると、仮に200km程度の遠出をしたとしても30L前後でお出かけができる計算です!

仮にガソリンが150円/Lとしても、4,500円!8人でお出かけしたとすれば1人当たり約560円、10人ならば1人当たり450円!あれ、こうしてみてみると「やっぱりハイエースワゴンって案外燃費良いかも☆」なんて思えてきちゃいます☆

しかも、2020年にはディーゼルのハイエースワゴンが登場するとか!?ディーゼル車ならより一層燃費が良くなりそうですね♪気になる詳細はハイエースワゴンのディーゼルが復活する?!最新情報をご紹介!!をチェックしてみてください☆

スーパーチャージャーで燃費効率UP!?

正直ここまで見てきて、ハイエースワゴンの燃費には大して不満はありません。でも、燃費が良くなればそれに越したことはありません!

例えばハイエースワゴンのような大きな車だと、坂道の時走り出しの時にものすごくエネルギーを使います。なかなかスピードが出なくてグッとアクセルを踏み込んだ経験ありませんか?でもアクセルを踏み込むと余計に燃料を使って燃費が悪くなってしまうんです。

ケンタ
登坂車線があるような長い坂道で走り出すときなんて、ハイエース並みに大きな車じゃスピードは全然出ないだろうなぁ。
マイ(妻)
なんとかスピードを出そうとアクセルを踏み込んでもスピードは出ないし、燃料ばっかり使っちゃうってことでしょ?なんだかもったいない話ね。

大型のハイエースの燃費が特に悪くなるような場面ですよね。でも逆を言えば、この時にスムーズにスピードが出てくれれば無駄に燃料を使うこともなく、快適なドライブが楽しめます☆そこで登場するのがスーパーチャージャーです!

引用元:WEB CARTOP

スーパーチャージャーとは簡単に言うと、取り込める空気の量を増やしてくれる装置です。ガソリンを燃やすために酸素が必要ですが、排気量は決まっています。しかしスーパーチャージャーをつけることで一度に送り込める空気が増え、特に走り出し時などの燃費を改善してくれるそうです!

このスーパーチャージャーはエンジンの力を使って動くので、「余計に燃料を使うんじゃない?」と懸念する方もいるかもしれません。でもアクセルへの反応が早い(ターボラグがない)ので、むしろ燃費の改善が見込まれるとか!

中には「街乗りで約10~15%、高速で約5%の燃費改善ができた」なんて結果もあるそうですよ!これは一考の余地ありですね☆

でも一番は余計な荷物を積みすぎないこと、そしてアクセルのべた踏みを控えることが大切ですね。環境や周りに優しい運転はお財布にも優しいってことです☆自身の運転に気を付けながら、スーパーチャージャーのような装置も上手に活用することがポイントです☆

え、無免許!!ハイエースは普通免許で運転できる?捕まる前に確認!

2018年12月10日
スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

  • ハイエースワゴンのカタログ燃費は9km/L前後
  • ハイエースワゴンの実燃費は6~9km/L程度
  • スーパーチャージャーは燃費改善の手助けになるかも!?
  • 燃費を良くしたいなら普段の運転を気を付けよう

いかがでしたか?ハイエースワゴンの燃費をチェックしてみたら、思った以上にハイエースが良いもののような気がしてきました!とは言え燃費に気を付けながら運転することで環境にも優しくできますし、他の車にも優しくなれますよね。丁寧な運転でお出かけを楽しみましょう☆

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です