ハイエースワゴンのシートアレンジでお気に入りのアレンジを!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

トヨタの人気車、ハイエースはそれぞれのグレードで10人乗りを可能にしています。10人乗りということはかなり広いんではないでしょうか。広いとやりたくなるのが、シートアレンジですよね!ただ前を向いて乗ってるのではつまらない!なんて、思ったことありませんか?

けど、どういう風にアレンジできるのかわからない。ただシートを倒せばいいの?など、様々な疑問が出てくると思います。僕もアレンジの仕方、よくわかりません。

なので、他の車ではできない、ハイエースワゴンでしかできないシートアレンジを今回紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ハイエースワゴンをシートアレンジしてみよう

さて、冒頭でもお伝えした通り、ハイエースワゴンのシートアレンジを紹介していきます。ハイエースワゴンは3つのグレードに分かれているのですが、その中でも人気が高い「ハイエースワゴンGL」のシートアレンジを紹介していきます。

家族のアウトドアに最適なシートアレンジ

引用先:FLEX

2列目、4列目は純正のシートを使い、3列目だけオリジナルベッドに交換します。また、オリジナルベッド部分は用途に合わせてレイアウトが可能です。上記の写真のように、テーブルを設置して対面で座ることもできます!

マイ(妻)
これだと、子どもたちの顔を見ながら食事ができるわね
ケンタ
そうだね。トランプをしたりしても楽しそうだな

対面式になるのはもちろん、テーブルを外してベッドとして使えます!ベッドサイズは長さ1.9m、幅1.7mほど。では、具体的にどのくらい広いのか、一般的なベッドと比べてみたいと思います。

ベッドのサイズ比較
  • シングル:長さ1.9m前後 幅1m弱
  • セミダブル:長さ1.9m前後 幅1.2m
  • ダブル:長さ1.9m前後 幅1.4m
  • クイーン:長さ1.9m前後 幅1.6m
  • ハイエース:長さ1.9m 幅1.7m
  • キング:長さ1.9m前後 幅1.8m

なんと、長さは少し短いですがクイーンサイズのベッドより幅が広いんです!大人2人は余裕で寝れちゃいますね★うちは子供3人いるので、大人が少し縮こまれば寝れてしまえる広さです。

これだけ広いとベッド以外での用途にも使えそうですね。例えば、海で荷物置きになります。室内高さは約1.5mなので少しかがめば着替えだって出来ちゃいます!ベッド以外の用途で使えるの素敵ですよね♪

この動画では3列目をベッドスペースにした実際の映像なので、見てみるとより一層想像が膨らんでいくと思います。ぜひ、見てみてください!

かなり広々とした対面式シートアレンジ

引用先:FLEX

今回は2列目を対面・フルフラット可能なオリジナル3人掛けシートにしています。中央に荷物をおいても快適に過ごせそうな空間ですね。また、コンセントを付けることで携帯の充電などに使えるため、車中泊する方にもおすすめです!

家族旅行に限らず、学生の旅行などで使用できるアレンジですね。

車の仙人
このアレンジ以外でも、2列目、3列目をフルフラットにしてのびのびと過ごすこともできるカー。用途に合わせてアレンジしやすいところもおすすめカー

他にも下のリンク先では、アクアやヴェルファイアで車中泊ができるのか調べてみた記事もありますので比較対象にしてみてはいかがでしょうか☆

シンクもつけられる!?シートアレンジ

引用先:FLEX

最後に紹介するのは、まるでキャンピングカーのようにシンクがつけられるアレンジです。また、床堀のタイヤハウスを使い、キッチンスペースを確保できます。

なにより、2列目、3列目を対座とフルフラット両対応のシートに変えるだけで、2段式ベッドにアレンジできてしまうのです。まるで、本物のキャンピングカーのようですね★

シンクはのっていませんが、2段ベッドにアレンジしている動画です。これを見ると、この広さのベッドに寝てみたくなるかもしれません★

ケンタ
ちょっと天井が低いのが気になるが、そこも車中泊の醍醐味でもあるよな!

ハイエースワゴンとは

3つのシートアレンジを紹介しましたが、ハイエースワゴンのグレードは1つなのでしょうか。いえ、違います。3つあるんですよ、3つ!それを簡単に紹介します。

グランドキャビン

 

引用先:FLEX

国産車では最大の乗用ワゴン車です。ビジネスシーンやファミリーカーとしても十分使える広さを持っています。最大10名乗りですが、全員乗せても積載スペースはなんと、スーツケース9個分!これなら、キャンプ用品を載せてキャンプにも出発出来ちゃいますね★

グランドキャビンのスペック
  • 駆動:2WD/4WD
  • 最小回転半径:6.1m/6.3m
  • 燃料消費率:9.5km/L/8.9km/L
  • 総排気量:2.693L
  • 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
  • 全長:5,380mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:2,285mm
  • 乗車定員:10名
  • 本体価格(税込み):約361万円/約391万円

GL

 

引用先:トヨタ公式HP

今回の主役になったグレードです。乗車店員は10人です。シートアレンジがしやすく、ファミリー層に人気です。

GLのスペック
  • 駆動:2WD/4WD
  • 最小回転半径:5.2m/5.4m
  • 燃料消費率:9.7km/L/9.1km/L
  • 総排気量:2.693L
  • 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
  • 全長:4,840mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:2,105mm
  • 乗車定員:10名
  • 本体価格(税込み):約305万円/約335万円

DX

引用先:オートックワン

呼び名はデラックスですが、装備はスタンダートと変わらない。乗用車で使用するよりも、法人に需要があるようです。

DXのスペック
  • 駆動:2WD/4WD
  • 最小回転半径:5.2m/5.4m
  • 燃料消費率:9.7km/L/9.1km/L
  • 総排気量:2.693L
  • 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
  • 全長:4,840mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:2,105mm
  • 乗車定員:10名
  • 本体価格(税込み):約281万円/約311万円

ハイエース100系バンとワゴンはオススメ??200系との違いを調査

2018年12月17日

え、無免許!!ハイエースは普通免許で運転できる?捕まる前に確認!

2018年12月10日
スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

  • 家族旅行で車中泊ができそうなくらい広々とした空間
  • キャンピングカーのようにシンクもつけられる
  • 今回紹介した「ハイエースワゴンGL」はとてもシートアレンジがしやすく、価格もお手頃

いかがでしたか。今は車中泊ができるくらい大きな車がたくさんありますよね。しかし、ハイエースワゴンのように、広々寝れて荷物がたくさん載せられるとなると、ますます家族旅行に行きたくなっちゃいますね★

家族旅行に行くなら、「ハイエースワゴンGL」おすすめですよ!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です