カムリにステーションワゴンがあった!!徹底調査してみよう!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さんはトヨタカムリをご存知でしょうか?1980年(昭和55年)にデビューしてから現在に至るまでトヨタの長寿車種として日本だけではなく、海外でも根強い人気で世界100ヶ国で販売されてます♪特に北米では乗用車部門の売り上げが16年連続1位に輝いてるそうです!

そのカムリにステーションワゴンが存在していたことを知ってますか?若い世代の人は知らない人も多そうですね。実は僕の会社の先輩がカムリグラシアステーションワゴンに乗ってるんですよ♪この間なんて「走行距離が20万キロ越えた〜」なんて言ってました!地球5周分走った計算ですよ(笑)

最近先輩と車の話をすることも多くなって、車好きの僕としてはカムリグラシアステーションワゴンに興味津々なんです♪今回も徹底的に調査しちゃいます!

スポンサードリンク

カムリグラシアステーションワゴンは今!?

日本では1990年代にステーションワゴンブームが巻き起こりました。どこのメーカーもこぞってステーションワゴンを発売したんです。その流れに乗るように誕生したカムリグラシアステーションワゴンですが、今はどうなっているのでしょうか?

ベテランディーラー
残念ですが今現在、販売はしておりません。
ケンタ
やっぱり〜、そうじゃないかと思ってました。最近ではあまり見掛けないですもんね。
ベテランディーラー
ステーションワゴンブームが終わると共に、生産終了になりまた。

そうなんです。カムリステーションワゴンは2001年(平成13年)にカムリがフルモデルチェンジした際にセダンのみになり、ステーションワゴンは生産終了になってしまったんです。1990年代後半になり世の中の流れがステーションワゴンからミニバンやSUVに変わってきたことが背景にあります。

ステーションワゴンブームは1989年に発売されたレガシィ・ツーリングワゴンが火付け役となり、若者を中心に人気が高くなったと言われてます。 街中、かなりの確率でステーションワゴンが走っていたんですよ。

それまで主流だったセダンに比べ室内空間が広く自在に使えることと、横から見たらバンだけど前から見るとセダン顔が違和感なく受け入れられ瞬く間にブームになったんです。

当時のトヨタのステーションワゴンでは、カムリグラシア、カルディナ、カローラワゴン、マークⅡクオリスなどが有名ですね。ステーションワゴンブームとともに生まれ、ともに去っていったカムリステーションワゴン。ここからはより詳しく調べてみましょう!

カムリグラシアステーションワゴン、どんな車?

カムリグラシアステーションワゴンの歴史

初代カムリは1980年(昭和55年)にデビューしました。正式名称は「セリカ・カムリ」セリカのセダンバージョンとして販売されたんです!発売当初はセダンだけだったんですね。

そして2年後の1982年(昭和57年)にフルモデルチェンジした時にセリカが外れて「カムリ」になりました。この頃からカムリが世界各地に輸出され始めたんです。

そして1986年(昭和61年)のフルモデルチェンジでステーションワゴンがラインナップされたんですが、このときのステーションワゴンは輸出向けに作られたもので日本で販売されることはなかったんです。

その後、2度のフルモデルチェンジを経て1996年(平成8年)6回目のフルモデルチェンジで、ついに国内販売向けのステーションワゴンがラインナップ!!(拍手)カムリもステーションワゴンブームに乗りました!やっと登場です(笑)この時にハイクラスのグレード名「カムリ・グラシア」ができたんです。

そして1999年(平成11年)のマイナーチェンジでステーションワゴンだけにグラシアが付いて「カムリ・グラシアステーションワゴン」と呼ばれるようになりました。

ですが、先ほどお話しした通り2001年(平成13年)のフルモデルチェンジにはグラシアステーションワゴンはブームと共に姿を消してしまいました…。国内の販売は1代限りだったんです。

カムリステーションワゴンの歴史
  • 1996年:カムリ6代目となるフルモデルチェンジでステーションワゴンが登場
  • 1999年:マイナーチェンジでステーションワゴンだけにグラシアの名称が与えられる
  • 2001年:カムリ7代目となるフルモデルチェンジでステーションワゴンは廃止、セダンのみになる
ケンタ
1代限り…。結構かっこいいと思うんだけどなぁ。
ベテランディーラー
かっこいい車でした。当時はアウトドアブームだったので、キャンプなどに行ったりもしました。大きめの車だったので、サーフボードやスキー板を積んで出掛けたものです。
ケンタ
ああ~、いまの奥様とですね♪
ベテランディーラー
ち、違いますよ!お、お客様の話です(汗)

カムリグラシアステーションワゴンの基本情報

1996年12月に発売された初代カムリグラシアステーションワゴンはウィンダムをベースに作られていて、かなりゆったりとした大きなボディです!エンジンは2.2Lと2.5Lの2種類

当初FF(前輪駆動)のみの発売だったんですが翌年の6月にフルタイムの4WDが発売されました。アウトドアブームもあって4WDの発売はとても好評だったみたいですよ。スキーやスノーボードに行くには必須ですよね♪

その3年後のマイナーチェンジでバンパーのデザイン変更や内装が豪華になったんです!ちなみに6代目カムリグラシアのテレビCMはあの西田敏行さん、キャッチコピーは「カムリグラシアは、かなりグラシア」だったんですよ(笑)韻を踏んでいていい感じですね♪

ちなみにグラシアはスペイン語で「優美」「魅力」という意味だそうです。ゆったりとして、ワンランク上質で高級な感じが伝わってきますよね。

カムリグラシアステーションワゴン基本情報
    • 価格:216万円~307万円
    • 乗車定員:5人
    • 全長:4.775㎜~4.800㎜
    • 全幅:1.785㎜
    • 全高:1.470㎜~1.480㎜
    • 駆動方式:FF・フルタイム4WD
    • エンジン:2.2L(140馬力)・2.5L(200馬力)の2種類

同時期に発売された兄弟車のマークⅡクオリスの価格が272万円~462万円だったので、同じ3ナンバーでも購入しやすかったみたいです。全長は4.800㎜と長めですね。狭い駐車場などは大変そうですが、その分車内は広く、快適に過ごせそうです♪

カムリグラシアステーションワゴンの口コミ

ここまで色々調べてみましたが、実際に乗っている、乗っていた人の口コミや評判はどうだったのでしょうか?気になりますよね~。ネガティブなもの、ポジティブなものそれぞれの口コミをチェックしてみましょう。

ネガティブな口コミ
  • 燃費が悪い:平均燃費8.6~10.2㎞/L
  • 足回りが柔らかい
  • 維持費が高い
  • 内装が安っぽい
ポジティブな口コミ
  • 車内が広く、シートも大きい
  • 荷室スペースが広い
  • 加速がスムーズ
  • 車内騒音が少ない
ケンタ
そういえば、先輩も燃費が悪いって言ってたなぁ。
ベテランディーラー
確かに今は燃費重視で車選びをするお客様も多いですが、当時の車であの車重と走りを考えたら妥当な燃費だと思います。

ネガティブな口コミでは、足回りが柔らかいという意見が多かったですね。カーブなどではハンドルが振られやすかったり、車酔いの原因になったりしますが足回りが柔らかいと乗っている人はとても乗り心地がいいんです!

道路の凹凸が車内に伝わりにくいので柔らかい滑らかな走りになるんです。助手席に乗った人はつい、ウトウトしてしまいそうです(笑)タクシーに足回りが柔らかい車種が多く使用されているのはこのような理由もあるんです。

ポジティブな口コミではとにかく広い!という口コミが圧倒的に多く、特に後部座席の広さは皆さん絶賛していました。男性でも足にゆとりがあるのはいいですね。荷室の広さもタイヤが4本余裕で載せられるそうです。

さらに後部座席を倒すと、これまた格別に広くなるそうですよ。大型の愛犬とドライブなんていうのも余裕の広さで、快適に行けそうです。さすが3ナンバーのステーションワゴンですよね、魅力的です♪

スポンサードリンク

どうしてもカムリグラシアステーションワゴンに乗りたいあなた!

生産終了から15年以上経ち、しかも1代限りだったカムリグラシアステーションワゴンですが、あの渋さ、あの走りを懐かしむ声も多いんです。どうしたら入手することができるのでしょうか?

中古車店、ネット検索で探す

一番ポピュラーな方法は中古車店やネットで探すことですよね。僕も数ある名前の知れた中古車店をくまなく調べました。ですがヒットしたのはたったの1件!トヨタ車ですからしっかりメンテナンスをしていれば20年は乗れる車だと思うんですけどね。

ベテランディーラー
中古車にはネットに出回らない非公開車両もあるんですよ。
ケンタ
非公開車両って何?聞いたことないな。
車の仙人
突然でしつれ~だカー♪中古車には一般に公開されていないものもあるんだカー。今は非公開車両を扱っているサイトもあるから検索してみるのも一つの手なんだカー!

一般に公開されない理由としては、ネットに掲載するための整備や事務的処理が間に合わなかったり、掲載しなくても人気があるので店舗に出すとすぐ売れてしまうからです。非公開車両を探したい人は中古車店に前もってこの車が欲しいと伝えておくことがいいそうですよ。

中古車で探し出すのは、なかなか大変そうですね。逆輸入を探すという方法もありますが、国産同様、ネット検索ではほとんどお目にかかれません。宝探しみたいですね♪

視野を広げてセプターステーショワゴンの中古車を探す

いきなりセプターと言われて、びっくりしますよね。まずはセプターの説明を少々。セプターはトヨタが1992年(平成4年)から1996年(平成8年)にアメリカで生産されていました。

現地ではカムリとして販売されていた車です。セダンは日本国内生産、ステーショワゴンとクーペは逆輸入の形で日本で販売されたんです。

セプターステーショワゴン
  • 全長:4.820㎜
  • 全幅:1.770㎜
  • 全高:1.475㎜
  • 乗車定員:7人

カムリよりもセプターの方が全長が5㎝くらい長いですが、サイズ的にはほぼ同じです。フォルムもさほどの違いはありません。最大の違いはカムリは5人乗り、セプターは7人乗りということです。

やはり中古車で探すのは台数がかなり少ない車種ですがカムリグラシアステーションワゴンよりは探しやすそうです。ですがネット掲載されるとすぐに売れてしまうそうで、まめにチェックしてみることをお勧めします。

スポンサードリンク

まとめ

  • カムリグラシアステーションワゴンはカムリのワゴンとして作られた。
  • 販売期間は1996年から2000年の一代限り。今現在は販売されていない。(中古車のみ)
  • 生産された時代も関係あるが、燃費はあまりよくない。しかしシートも荷室も広く、居住スペースは快適だ。
  • 中古車でもなかなか出回らない車である。非公開車両も探してみよう。
  • それでもさがせなかったらセプターステーショワゴンも視野に入れてみる。

2017年にはフルモデルチェンジして10代目が販売され国内だけではなく海外からも熱い注目を浴びているカムリ!これからの時代はまたセダンに人気が戻るとも言われています。そのセダンにほぼ似たスタイルで、荷物も沢山積めるカムリグラシアステーションワゴン!復活してほしいですね♪

新型カムリをもっと知りたい方はこちらもどうぞ新型カムリは評価が高い??日本と海外の評判を違いを徹底調査!!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です