ぶっちゃけカローラスポーツの売れ行きは!?販売台数徹底調査!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

山道で走りながら菅田将暉さんと中条あやみさんとの掛け合いが、なんとも微笑ましいCMでおなじみのカローラスポーツ

耳に残りすぎて少しうっとうしい(笑)と感じてしまうくらい流れていますが、売れ行きはどうなのか?新しい機能などを調べていきます。

スポンサードリンク

気になるカローラスポーツの販売台数

引用先:トヨタ公式サイト

2018年6月26日に販売開始され7月25日までの約一か月間の受注数は、トヨタが目標としている月販目標数は2300台のところなんと約9,200台

大幅に目標数を達成していますね。2018年の一年間を通してみてみるとカローラスポーツ全体の販売数は約90,000台となっています。

同時期に発売されたクラウンが30,000台ってクラウン凄い売れてるんです。カローラスポーツは3ナンバーなので販売台数を伸ばせるか、、、ですね。

また2019年にも新しくカローラツーリングスポーツが発売されるという公式発表されているので楽しみですね。日本のカローラスポーツの売れ行きはいまいちですが世界的には人気車種でヨーロッパの売れ行きは4位みたいです。

どうして人気なの?

口コミをみても「トヨタは安全性を最大限に考えている会心の車でした」や「乗り心地の良さなどよい買い物だった」というものが多く、さすがは世界のトヨタの車なんですね!

静粛性、足回りの硬さ具合の印象もよく、新型クラウンに搭載されているものと同じ次世代のトヨタセーフティセンスも標準装備で、インテリジェントクリアランスソナーまで完備しているなんて、トヨタ車の中の同じくらいの価格の車と比較してもおすすめできる一台ですね。

人気の色はやはり汚れが目立たなく、明るすぎず、暗すぎずのシルバーメタリックですね。続いてアティチュードブラックマイカ、ブラキッシュアゲハガラスフレーク辺りが人気です!

カラーについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてください♪

カローラスポーツの全色を徹底解説!これで色選びは失敗しない!

2019.03.06
スポンサードリンク

かつては看板車種

カローラといえば、かつては国内新車販売ランキングで1位の常連車種でした。

車の仙人
印象に残っているカローラは3代目の「カローラ30」と、バブル景気のさなかに開発された7代目モデルである。30モデルでは、2代目よりもずっと近代化されたデザインと、豪華になった室内に驚いた記憶があるカー。

カローラ30

 

カローラ70

「カローラ」シリーズのハッチバックモデルは、2006年「カローラランクス」の販売終了をもって終わり、今回の「カローラスポーツ」が登場するまで、なんと約12年の空白期間を過ごすことになるんですよね。

心機一転フルモデルチェンジ

今ではカローラスポーツという名で呼ばれていますが、実は元々「オーリス」という名前でした。

なぜ名前を変更したのかというと、今一つ販売が振るわない日本に親しみやすく、と今回のモデルチェンジを機に変更しています。

そして、おじいちゃん世代が乗っているイメージが根強い車ですが、(実際祖父が乗っていました。笑)今回のカローラスポーツは、エッジのきいたスポーティーなデザインとなり、最近では車の免許を取得していなくても気にならない人が普通になってきている若年層をターゲットに作られたとアピールしています。

そしてかつてない「安心・安全・便利」の三拍子がそろった機能も新しく追加されています。

3年間無料でコールセンターによるサポート付き

eケア・・・車両が故障した際に、そのまま走行できるかどうかの判断も含めて対処法などアドバイスが得られる故障状況の判断だけでなく、販売店への受け継ぎまでサポートしてくれるというのが心強い。

ヘルプネット・・・事故や急病といった緊急時に、専門のオペレーターが警察や消防といった機関に手配を行い、エアバッグ作動時には自動的に通報と位置情報や車両データをセンターに通報してくれるため、万が一の際に生存率を大幅に高めてくれることが期待できる。

マイカーSecurity・・・ドアの開閉状況やアラームの状況をスマホから確認できるを用意。

オペレーターサービス・・・24時間365日、オペレーターにリクエストを送れるの存在が大きい。行きたい場所を伝えることで、ナビの目的地設定を行ってくれるほか、電話番号を調べてもらいそのままハンズフリー通話すること、渋滞情報やスポーツの結果などといった各種情報の検索もお願いできる。

LINEマイカーアカウント・・・もうひとつ見逃せないのが、誰もが当たり前かのように使用しているスマホのLINEアプリを使ってナビの目的地登録、距離や所要時間の確認、ガソリン残量から給油の必要性などを教えてくれる。

ちなみに、こういったサービスをフルで活用するためには、「T-Connectナビ」の導入が必要になります。

メーカーオプション品だけでなく、より手軽な価格のディーラーオプション品が用意されているのも嬉しい配慮ですね。
カローラ スポーツにはこれらサービスを3年間無償で利用できる権利がついてきます。

4年目以降は1万2000円/年(税抜き)と有償となるものの、ユーザーがサービスを受け続けるかどうかを選択できるようになっています。

ケンタ
3年間は無料で4年目以降は解約か決めれるのはありがたい!しかも月で考えると約1000円!安く感じてしまうね
スポンサードリンク

まとめ

  • スポーティーなデザインへと変わり外見は新しい
  • 三年間の無料サポート付きで「安心・安全・便利」
  • 2019年にもカローラが出るので期待

僕の幼いころの思い出といえば祖父の車で遊園地や動物園など、色んなところ連れて行ってくれてた記憶が鮮明の残っているので、いずれ僕も祖父が元気なうちにカローラを購入して祖父をつれて温泉旅館などでゆっくりすごしたいです。

今回フルモデルチェンジされたカローラは僕ら世代で乗っていても違和感ないですしね!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。

この8項目だけ入力すればOK↓

→今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です