クラウンのマジェスタ・アスリート・ロイヤルを徹底比較!仕様と価格は?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

「いつかはクラウン」ってCMで流れてたフレーズです。僕も、いつかは乗れる日が来るのだろうかと子供心に薄っすらですが思ってました♪と言っても子供時代は明けても暮れてもゲームの事か友達と遊ぶ事しか頭に無かったですけどね(笑)

今回は、トヨタの高級グレードセダン「クラウンマジェスタ」「クラウン・アスリート」「クラウン・ロイヤル」について調べてみようと思います!クラウンの3タイプ、マジェスタ・アスリート・ロイヤルの歴史と仕様の違いについて紐解いていこう♪自分のスタイルに合ったクラウンに出会える予感がします!

スポンサードリンク

クラウン・マジェスタ

 

「マジェスタ」(Majesta)の意味は、威厳(いげん)荘厳(そうごん)雄大(ゆうだい)と言った意味があるそうです。「マジェスティック(Majestic)」に由来した造語らしいです。                    

ケンタ
クラウン・マジェスタ♪マジェええッすねぇ~ダジャレにもって行こうとしたけど、ちょっとキビシイかな(汗)
友人
ケンタは相変わらず、破壊的にダジャレのセンスがないよな(笑)
車の仙人
ケンタさんのダジャレは置いといて!クラウン・マジェスタについて詳しくお話しましょう。
クラウン・マジェスタの歴史

初代:(1991年10月~1992年10月)マイナーチェンジ

  • フルモデルチェンジ:(1991年10月~1995年8月)
  • フルモデルチェンジ:(1995年8月~1999年9月)
  • フルモデルチェンジ:(1999年9月~2004年7月)
  • フルモデルチェンジ:(2004年7月~2009年3月)
  • フルモデルチェンジ:(2009年3月~2013年9月)
  • フルモデルチェンジ:(2013年9月~2018年7月) 

この様に、クラウン・マジェスタと言っても初代から現行のモデルまで27年間モデルチェンジ&マイナーチェンジを繰り返し、時代時代にあった車体と使用に変化しています。長年にわたって愛されて来たのが分かりますね♪高級感で言えば、3タイプの中でマジェスタが一番ではないでしょうか?、お値段も高級ですが・・・

6代目マジェスタ(S210型)のお値段とスペックは?

最新のクラウンには、マジェスタの名前が使われてなく、標準ボディの最上級モデル”G”になってます。3.5Lハイブリッドモデルだけは現在も残されてます。

スペック
  • 全長:4.970mm
  • 全幅:1.800mm
  • 全高1.460mm
  • ホイールベース:2.925mm
  • エンジン:3.456cc(V6+モーター)

最新のグレード”G”グレードと標準装備について調べてみました。

Gグレード

ハイブリッド

2.5L+モーター(2WD)¥5.621.400円~

2.5L+モーター(4WD)¥5.837.400円~¥6.323.400円

3.5L+モーター(2WD)¥7.187.400円~

  • 18インチノイズリダクションアルミホイール&センターオーナメント
  • グレードエンブレム(リヤ)
  • ロッカーモールディング
  • リヤセンターアームレスト(カップホルダー+ボックス&各種コントロールスイッチ付き)
  • リヤパワーシート(40/20/40分割リクライニング)
  • 後席シートヒーター(3段階温度設定)
  • フロンリヤドアLED照明+リアドアポケットLED照明+リヤ足元LED照明
  • デジタルインナーミラー
  • ブラインドスポットモニター(後方車両への接近警報) 

マジェスタと言えば、高排気量のイメージがありますが6代目(S210型)にモデルチェンジした時に、今までのV8エンジンが廃止になりV6エンジンのハイブリッモデルのみになりました。時代なんでしょうかねぇ・・・僕的にはV8エンジンでブイブイ言わせて走りたかったです!世界的にエコカー時代に突入してるから仕方ないのですよね!時の流れに身をまかせぇ~♪

ケンタ
エコの時代には逆らえない感じなのかなぁ・・・ちょっと寂しい感じはするよね。
友人
確かにネ!前のマジェ良かったよね♪個人的には、4代目「S180(2004~2009)」がお気に入りだよ!

4代目クラウンマジェスタ(S180型)

2004年から2009年に登場したマジェスタですが、個人的な好みではありますがこちらも少し調べてみたいと思います♪

スペックと価格
  • 全長:4.975mm
  • 全幅:1.795mm
  • 全高1.465mm
  • ホイールベース:2.850mm
  • エンジン:V8エンジン4.3L

新車価格:560万円~700万円

中古車相場:100万円~450万円

マジェスタ(S180型)この代より、クラウンエンブレムからトヨタエンブレムに変わると言う大きな変化がありました。エンブレムが変わるだけで印象が変わりますよね♪さらに、エンジンも今までのV6直列6気筒の3Lエンジンから、V8の4.3Lに変更。これは、セルシオとソアラのエンジンと同様のものが採用されてます。もちろん、エアサスも標準装備されてて見た目もカッコイイ♪なんたって車高が調節できるのが嬉しいですよね!6代目マジェスタ(V210型)では、エアサスは廃止になりバネサスに変更になってしまったので残念です。まぁ・・・不具合が続いてしまったのが原因らしいですし、バネサスの質が向上したって事なので仕方が無いのかもですね。

マイ(妻)
あっ♪この車カッコイイよね。私好きかも♪
ケンタ
だよね!やっぱりマジェはこの型がシックリくるなぁ!
車の仙人
マジェスタの新・旧の良さを実感したところで、次にアスリート行って見ましょうか?こちらも人気のクラウンですよね♪

クラウン・アスリート

アスリートが誕生したのは、1999年クラウンの11代目あたりだそうです。なんと言っても名前からして早そうですよね♪まさに、スポーティー高級セダンって言われるだけあって見た目も他とは違うデザインになってますね。最大の特徴はフロントグリルが立体メッシュ形状になっていてスポーティーさを強調しています。最新のクラウングレードには、アスリートの名前は無くRSに変更になってます。

クラウン・アスリートの歴史

初代:1999年9月~2001年8月(マイナーチェンジ)

  • フルモデルチェンジ:1999年9月~2003年12月
  • フルモデルチェンジ:2003年12月~2008年2月
  • フルモデルチェンジ:2008年2月~2010年2月
  • フルモデルチェンジ:2012年12月~2018年7月

最新グレード”RS”仕様の価格と標準装備を調べてますので、こちらもご覧ください。

RSグレード
[ハイブリッド]

2.5L+モーター(2WD)¥5.416.200円~¥5.416.200円

2.5L+モーター(4WD)¥5.632.200円~¥6.015.600円

3.5L+モーター(2WD)¥6.906.600円~

[ガソリン]
  • 18インチアルミホイール&センターオーナメント
  • 専用フロントグリル(ブラック塗装+メッシュパターン)
  • グレードエンブレム(フロント・リヤ)
  • 専用ロッカーモールディング(メッキモール付き)
  • 専用リヤバンパー(メッシュパターン)
  • インテリア加飾カーボン調(センターコンソールパワーウインドースイッチベース)
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • リアクロストラフィックオートブレーキ/リヤクロストラフィックアラート

上記には、フルモデルチェンジの回数だけしか記載してませんがマイナーチェンジもフルモデルチェンジの間に行われています。19年間でかなりの改良に改良を重ねて、より良いものを世に出そうとするTOYOTA開発技術者の熱い気持ちを感じられますね♪

ケンタ
凄いんだね!アスリートも歴史があるんだ♪
ベテランディーラー
突然、横から失礼します。ここからは私が、クラウン・アスリートについてお話したいと思います。

2012年のフルモデルチェンジの時にガソリン使用車とハイブリッド車の2タイプが設定されました。クラウンのハイブリッド車は、2008年から設定はあったもののアスリートのハイブリッドは2012年からのが初になります。

ガソリン車とハイブリッド車の比較
[ガソリン車]
  • 全長:4.895mm
  • 全幅:1.800mm
  • 全高:1.450mm
  • ホイールベース:2.850mm
  • エンジン:「2.0L」直列4気筒DOHC・「2.5L]V型6気筒DOHC
  • 排気量:2.0L/2.5L/3.5L

新車価格:388万円~610万円

中古車市場価格:119万円~598万円

[ハイブリッド]
  • 全長:4.895mm
  • 全幅:1.800mm
  • 全高:1.450mm
  • ホイールベース:2.850mm
  • エンジン:直列4気筒DOHC
  • 排気量:2.5L

新車価格:431万円~599万円

中古車市場価格:145万円~499万円

ボディサイズに大きな違いは全く無く同じです。違いはエンジンの仕様と排気量です。外観も、ほぼ同じですがハイブリッド車のエンブレムが青く縁取られ、後ろのエンブレムにはハイブリッド専用のものが付いてます。

ベテランディーラー
さてさて、お次はクラウン・ロイヤルについてもお話いたしましょう。
スポンサードリンク

クラウン・ロイヤル

ロイヤルって勝手なイメージだけど、オジサンの車(オヤジが乗る車)って感じなんですが実際はどうなんだろうなぁ?

マイ(妻)
ロイヤルって名前だけ聞くとかなり、高貴な印象があるけどオジサンの車なの?
ベテランディーラー
クラウン・ロイヤルの意味はですね!クラウンは「王冠」でロイヤルは「王室の」と言う感じになってるんです。まさに高貴って言葉が似合うクラウンですね♪
ケンタ
おぉ~凄いじゃないですか!王冠に王室にって、王様が乗る車なの??
ベテランディーラー
王様が乗るためって訳ではないと思いますが(汗)高級・高貴と言った言葉が似合う車って事なのではないでしょうか?

1974年に5代目クラウンが発売されましたが、その時にロイヤルと言うグレードが追加されました。クラウン・ロイヤルにもガソリン車とハイブリッド車の2種類があります。

クラウン・ロイヤルの歴史

初代(1999年9月~2001年8月)マイナーチェンジ

  • フルモデルチェンジ(1999年9月~2003年12月)
  • フルモデルチェンジ:(2003年12月~2008年2月)
  • フルモデルチェンジ:(2008年2月~2012年12月)
  • フルモデルチェンジ:(2012年12月~2018年7月)

アスリートと同時期にクラウンを代表する3代グレードになったみたいですね!クラウン63年の歴史って凄いですね♪初代クラウンの事も知りたくなってきますね!クラウン・ロイヤルの最新モデルの仕様と価格について調べてみました。

クラウン・ロイヤル
[ガソリン車]
  • 全長:4.985mm
  • 全幅:1.800mm
  • 全高:1.460mm~1.475mm
  • ホイールベース:2.850mm
  • エンジン:V型6気筒DOHC
  • 排気量:2.5L

中古車市場価格:113万円~397万円

[ハイブリッド車]
  • 全長:4.895mm
  • 全幅:1.800mm
  • 全高:1.460mm~1.475mm
  • ホイールベース:2.850mm
  • エンジン:直列4気筒DOHC
  • 排気量:2.5L

中古車市場価格:127万円~529万円

クラウン・ロイヤルもガソリン車とハイブリッド車の2種類のタイプがあります。車体などの大きさには違いは無く、エンジンの仕様のみが違うみたいです。マジェスタ・アスリートのベースになってるロイヤルですが、落ち着いた雰囲気と静粛性にも優れた車だと言えます。

  • クラウン・ロイヤル
  • クラウン・ロイヤルサルーン
  • クラウン・ロイヤルサルーンG

クラウンロイヤルのグレード3タイプです。上記にもありますが、3つのグレードにもガソリンとハイブリッとの設定があります。

クラウン・ロイヤル:グレード別
[ロイヤル]

ハイブリッド:¥4.395.600円(4WD)¥4.611.600円

ガソリン:¥3.812.400円(4WD)¥4.093.200円

  • 16インチアルミホイール
  • ドライブスタートコントロール
  • オプティトロンメーターカラーマルチインフォメイションディスプレイ
  • 左右独立温度コントロールフルオートエアコン
  • センター&リアコンソールボックス
  • スマートエントリー
[ロイヤルサルーン]

ハイブリッド:¥5.022.000円(4WD)¥5.238.000円

ガソリン:¥4.476.600円(4WD)4.703.400円

  • T-Connect+スーパーライブサラウンドシステム
  • イージークローザー(ラゲージ)
  • ナノイー
  • 運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート
  • 電動ランバーサポート
  • 電動チルト&テレスコピックステアリング
  • オートワイパー
[ロイヤルサルーンG]

ハイブリッド:¥5.772.600円(4WD)5.988.600円

ガソリン:¥5.221.800円(4WD)¥5.459.400円

  • インテリジェントAFS
  • 運転席パワーイージーアクセス
  • リアパワーシート
  • コントロール付きリアアームレスト
  • 電動式リアサンシェード
  • 手動式リアドアサンシェード
  • イージークローザー(ドア+ラゲージ) 

クラウン・ロイヤルはフルモデルチェンジして、名前が使われなくなってます。上記にもあるように3タイプ全てが今までの呼び名が変更になりました。なんだか寂しい気もしますが、致し方ないのかもしれませんね!なので新ロイヤルの仕様は「標準仕様」の組み込まれました。なので「標準仕様”G Four・”S”・S”Cpadkage”」の内容をまとめてみました。

標準仕様”G Four”・”S”・S”Cpackage”

ハイブリッド:2.5L+モーター(2WD)¥4.978.800円~¥5.621.400円

ハイブリッド:2.5L+モーター(4WD)¥5.194.800円~¥6.323.400円

ガソリン:2.0L(2WD)¥4.606.200円~¥5.416.200円

  • 17&18インチアルミホイール&センターオーナメント
  • リヤセンターアームレスト(カップホルダー付き)
  • ダブルディスプレイ+トヨタマルチオペレーションタッチ(17インチ)
  • オプティロン2眼メーター
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • 本皮巻き3本スポーツステアリングホイール(ハイブリッド車はヒーター付き)
  • オートマチックハイビーム
  • インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ) 

この様に、最新グレードの表示には「G Four」「S」「S”C package”」になりました。少し複雑に分かれてしまってる感じですね!

ベテランディーラー
基本のボディ性能には、違いは無いのでその事を考えれば難しく考えなくても良いのではないでしょうか?
ケンタ
なるほどですね!最初は混乱してしまいましたが(汗)難しく考えなくて良かったんだ!
マイ(妻)
フゥ~んなるほでね!結局のところ、どのタイプが良いのかなぁ~?私はチンプンカンプンのプンだよぉ・・・
ベテランディーラー
マイさん(笑)チチンプイプイのプイ♪それは、皆さんの好みに合ったグレードを選んでいただければ良いのではないでしょうか?何を重視するかで見えてきますかね♪

あと一つの選び方のとしては、減税対象車を選ぶって事も手段の一つと言えるのではないでしょうか?何事にしてもお得間が有ると嬉しいですよね♪

エコカー減税

エコカー減税とグリーン化特例の2種類があります。こちらはハイブリッド車対象の減税処置として取り入れられてます。クラウンにハイブリッドの設定が各グレードにありますのでお徳に車を購入するためには、税金対策もしてないと行けませんよね!

クラウンの税金や維持費、自動車税は?必要コストを徹底解析!

スポンサードリンク

まとめ

  • クラウンマジェスタは、”G”グレードに変更されました。ラグジュアリーな最高級セダンがお好きな方にはこちらを!お値段も最高級ですが(汗)
  • クラウンアスリートは、”RS”にグレード変更されました。高級セダンではありますが、走りに特化した仕様になってます。風を感じたい方にはこちらがオススメです!腰が悪い方には少しガツガツくるかもですね!
  • クラウンロイヤルは、”G Rour”・”s”・S”Cpackrge”にグレード変更されました。3タイプのベースグレードではありますが、高級セダンには間違えない仕様になってます。価格的にも一番お求め安い設定ではないでしょうか?
  • エコカー減税をフル活用して華麗なクラウンライフを♪知らないと損しますし、知って得する事のほうが多いのではないでしょうか?

高級セダンって聞いてしまうと、「自分には身の丈に合ってないよなぁ・・・」こんな思いをされる方々も多いのではないでしょうか?確かに車は安い買い物ではないですが!視点を変えれば、高級車に乗ってるだけで気分も”アゲアゲ”になるのは間違いなしですね♪

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です