ノアの値引き交渉術を大公開!!お得に買う為の秘訣も教えます!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

車を買うって普段の生活の中でも3本の指に入るくらい、大きな買い物ですよね。でも、好きなタイミングで行きたい所へ行けたり、車中で休憩も出来るし、今では日常生活で無くてはならない物になっています。

そんな車を出来たら、少しでも安く買いたいと思いませんか?もちろん良い車が高いのは分かっているけど、家計の事も考えると出来るだけ費用は抑えたいですよね。今回はトヨタミニバン3兄弟のノアを買う時に役立つ値引き術を皆さんに教えたいと思います。

スポンサードリンク

ノアを値引きしてもらって安く手に入れる方法とは?

マイナーチェンジされてから1年ほど経っていて、トヨタの中でも人気車種でもある事からノアの値引きは緩くなっていて、結構期待が出来ます。調べてみるとノアの車両本体からの目標値引き額とは別にオプションから20~30%の値引きは可能です。

車両からの目標値引き金額が25万円+オプション25万円からの値引き5万円で合わせて30万円の値引きが最低値引きしてもらえる金額になります。オプションをたくさん付ける事で40万円以上の値引きも可能になる可能性があるようです。

ノアの値引きの実例としてディーラーオプションの値引きを含めて、

51.7万円44.1万円43.4万円

値引きされた実例があります。40万円以上も値引きされたら、ゆっくりと家族で温泉旅行に行けちゃいますよ!

車両から36万円値引きしてもらえたという口コミも発見しました。ただ、それは条件付きの車が対象になります。

車両からの値引きが期待出来る車
  • 特別仕様車
  • 未使用車
  • 新古車(試乗車として使用していた車)

未使用車は新車として登録した状態で在庫として残っている車で、新古車は試乗で使用していた車だとしても試乗毎に掃除など徹底しているので汚れなどもありません。新車じゃなくても出来るだけ出費を抑えたい!でも、中古車は嫌だって思う人は未使用車や新古車を狙うのもアリですよ。

特別仕様車は既に値引きをしてあるので、オプションでの値引きをしてもらう事が難しいという話も聞きます。ただ、交渉次第で値引きは可能です!ぜひ、この記事を読んで交渉して、大きい値引きを狙って下さい。

ノアの値引き交渉手順

いきなり大きく値引きを頼んでも受け入れてはもらえません。相手も売り上げを上げたいっていう考えがありますからね。でも、そこを「売り上げに貢献するから、こっちの希望も聞いてね。」という事をやんわりと伝えるような交渉術をしていきましょう。

ノアの値引き交渉手順
  1. 今、乗っている車を査定してもらう。
  2. 試乗出来るかをネットや電話で確認する。
  3. 営業マンに自分の考えや疑問に思っている事、どのような時に使うかを伝える。
  4. 見積書を確認する。
  5. ライバル車と競わせる。
  6. トヨタ車同士で競わせる。
  7. 販売しているカローラ店同士で競わせる。
  8. 交渉成立!

こうやってみると「何だか大変そうだな。」と感じると思います。でも、友達や家族を守るため、楽しく過ごすための車を納得した金額で買う為にも少し頑張ってみましょう!

今、乗っている車を査定してもらう

新しく車を買う時に今、乗っている車は買い取ってもらうと購入資金にあてられますよね。せっかく値引きをしてもらいたいなら、買い取り金額も高くしてもらってお得に購入したいですよね。

今は買い取り専門店やネットで査定してくれたりと、買い取って欲しい人に合わせて査定してくれる会社が増えています。ただ、どこでも良いという訳では無いんですよね。買い取り業者の中でも金額が全然違ってくるんです。

買い取り業者
  • ディーラー
  • 買い取り専門店
  • ネット査定

車を購入する時にディーラーに一緒に買い取りもお願いするのが、とても楽だとは思います。ディーラーは値引きをお願いされる事を分かっているので、買い取りもお願いすると値引きの金額と買い取りの金額の差額で利益を得ようと考えます。

値引きを多くしてもらったとしても、買い取りについての準備がしていないと金額を低く言われたとしても「この位なのかな?」と思って、お願いしてしまいますよね。そこには大きな落とし穴があったんです。

マイ(妻)
ディーラーも仕事だから仕方ないのよね。でも、出来る限り出費を抑えたい消費者の気持ちも分かって欲しいわ。
ベテランディーラー
私達も仕事中じゃなければ同じ消費者なので気持ちは、よく分かります。ただ、売り上げも掛かってくるので、そこは相談して気持ちよく契約したいですね!
ケンタ
...ベテランだと、何でもわかってそうだから新人の方が良いかもしれないな。

ディーラーで出来るだけ高く買い取ってもらうには、他の買い取り業者やネット査定で調べてもらった金額を素直に伝える事が大切です。値引きを交渉する為に競合するように、買い取りの金額も競合させるって事ですね。

買い取り業者での金額をディーラーに伝えてから、出してもらった金額をもう一度買い取り業者に伝えると、もう少し頑張ってくれる可能性があります。ディーラーで出してもらった金額で納得しないで競合させてみましょう!

買い取り業者は実際に乗って行って査定してもらう事になりますが、ネット査定は必要事項を入力すると大まかな価格を出してくれます。その金額を見て査定してもらいたいと思ったら、連絡して直接来てもらって査定してもらえます。

急いでいるようであれば1店舗でも良いと思いますが、出来ればいくつか査定をしてもらった方が更に妥当な金額が分かりやすいと思います。

一括より一社から見積もりをじっくり考えたい人はこちらがいいいかもしれませんね。

トヨタの新車値引きはこれで完璧!ディーラー直伝の奥義を伝授!

2018年12月1日

 

試乗出来るかをネットや電話で確認する

買い取り金額が、だいたい分かった所で販売店やディーラーに行きますけど、買う時は一度実際に乗ってみたくないですか?色々、調べた上で買うとは思うんですけど、やっぱり実際に乗ってみないと分からない事って多いと思うんですよね。

買ってから乗ってみて、「なんだか思っていたのと違う。」と思っても、すぐに買い替えたり出来ないので納得して買う事が本当に大切です!なので買う前に必ず試乗してみましょう。

問い合わせをしてみて、もし連絡した販売店に無くても近くの同じ店にあれば手配してくれる事もあるので、まず確認だけしてみましょう。

マイ(妻)
カタログを見たり、話を聞くだけじゃ分からない事も試乗する事で分かってくるものね。

営業マンに自分の考えや疑問に思っている事、どのような時に使うかを伝える

車を買う時に気になる所って人によって全然違うと思うんです。燃費や価格も、もちろん気になりますが、アウトドアが趣味の人は荷物をたくさん乗せられるか気になりますよね。家族の中にお年寄りがいたら高さやシートの幅とか細かい部分も気になると思います。

試乗する事で分かる事は多いんですけど、もしかしたら用途によって違う車をオススメされる事もあります。相手はプロなので「アウトドアが趣味なら、この車の方がこうだから良いと思いますよ。」とアドバイスをくれます。

ベテランディーラー
お客様が必要としている事であれば、どんな事でも答えますし、色々調べる事も出来るので気軽に来てもらいたいです。
ケンタ
こんな優しい営業マンだったら、この人から買いたいって思うなぁ。値引きは、してもらいますけどね!
ベテランディーラー
分かってますよー。

見積書を確認する

試乗もしたし、営業マンから色々と話を聞いて、車も決めた。そしたら、まずは見積書を出してもらいましょう。まだ値引きの交渉は始めなくて大丈夫ですが、「値引きは頑張ってもらえますよね?」という事と他の車と悩んでいる事を伝えておくと良いと思います。

営業マンとしては他社の車を買われる事が1番困ります。車を買ってもらう事で売り上げが上がるだけではなくて、そのお客様が友達にトヨタをオススメしてくれたら新たなお客様が増える可能性もありますよね。営業マンはそこまで考えて接客しています。

そして、ここで見てもらいたいのはオプションの項目です!値引きはこれ以上難しいと言われても、オプションをサービスしてもらう事で値引きと同じような効果が得られる事があります。

オプションをサービスしてもらった人の声
  • ナビや後席モニター、バックカメラ、ETCは社外のを選び取付工賃をディーラーさんがサービスしてくれた
  • 当日購入する事を条件としてガラスコーティングをサービスしてもらった
  • 値引きをしてもらう代わりにナビを画面が大きいワンランク上の物、持っているスタッドレスタイヤが使えてノアに合うホイール、防水マット、アンダーラゲッジのケース・リバース連動ドアミラーで総額12万円分のオプションを追加してもらった

ナビやモニター、カメラは普通に付けてもらうと金額の差が大きいと思います。ディーラーも売り上げを上げたい気持ちとお客様に納得・安心して買ってもらいたい気持ちと戦って、このようなオプションを付けてくれるんでしょうね。

ガラスコーティング

ガラスコーティングは車の塗装の表面にガラスと同じ分子を結合させて定着させます。そうする事で表面が割れてしまう事はありません。ガラスコーティングには色々と種類がありますが、車の表面に科学変化を起こして強い膜を形成するイメージです。

マイ(妻)
マニキュアの上に塗るトップコートの様な感じなのかな?トップコートはツヤを出す効果と保護する効果があるの。
ベテランディーラー
そうですね。似ていると思いますよ。女性に説明する時に使わせてもらいます。

ライバル車と競わせる

見積書はディーラーから「この内容で出来ればこの金額で買って欲しい。」という要望が詰まっている書類です。もちろん買う私達の希望も聞いてもらいたいですよね?そんな時まずは他社のライバル車と呼ばれている車も検討しているという事を伝えます。

ノアのライバル車
  • 日産 セレナ
  • HONDA ステップワゴン

トヨタ以外に2社を回らないといけないという手間はありますが、ノアを1円でも安く、納得した金額で手に入れる為だと思って見積書をもらってきましょう。その2社にも、それぞれ他社の車も検討しているという事を伝えると値引きを検討してくれると思います。

その値引きを検討してもらった事を更に伝える事でトヨタで大幅な値引きを受けられる可能性が高くなります!

トヨタ車同士で競わせる

売り上げを他社に取られたくないという気持ちは分かりますが、トヨタは販売店によって販売している車が違うんです。トヨタとしての販売台数と同じ位、販売店での販売台数も大切になってくるので自分のお店で買って欲しいと思っています。

トヨタの中でノアのライバル車と言えばヴォクシー3兄弟と言われるヴォクシーとエスクァイアです。この2台は販売店がノアとは違います。

ノアのライバル車と販売店

ノア カローラ店
ヴォクシー ネッツ店
エスクァイア トヨタ店・トヨペット店

最後に同じ販売店のカローラ店同士で競わせる

トヨタ車同士で競わせるだけでも驚いた人もいると思いますが、最後はまさかのカローラ店同士で競わせるんです。トヨタ車同士で競わせた時と同じで、自分のお店で買ってもらいたいという気持ちはとても強いです。

しかも販売店は同じ県内、または隣の市にもある事が多いので、簡単に見積もりを取りに行く事も出来ます。もしも同じカローラ店同士で少しでも金額が安くなるなら、安い方のお店で買いますよね?

もちろん販売店としては、お客様離れを心配して、更に値引きをするかオプションを付けるなど、こちらに有利な条件を出してきてくれます。お互いの条件を検討してもらう事で最後に納得した金額で買う事が出来ます。

マイ(妻)
そこまで考えてなかったから良い事を教えてもらったわね。これから車を買おうとしている友達に伝えておこうっと!
ベテランディーラー
その時は、ぜひトヨタをよろしくお願いします。

交渉成立!

ここまで長い道のりでしたが、きっと納得した金額で欲しいノアが買える事は間違いありません。あとは早めに契約をして、納車を待ちましょう!

納車?納期?ノアに早く乗りたい!!そんな時の解決法をご紹介!!

2019年1月18日
スポンサードリンク

交渉するタイミングも大切!

買いたいタイミングと販売店で値引きを受けやすいタイミングが違うと、思ったような値引きを受けられない可能性があります。出来たら、値引きを受けやすいタイミングで買いたいですよね。値引きを受けやすい時期を紹介するので、良かったら参考にして下さい。

値引きが期待出来るタイミング

① 3月の決算期

② 9月の中間決算期

③ 6〜7月の夏のボーナス期

3月の決算期

決算期を迎えるにあたり、色々な立場の人が色々な考えを持ちます。

決算期に思う事

自動車メーカー・・・株主に業績が良い事(販売台数が増加している)を報告したい

ディーラー・・・販売台数を増やす為に値引きを大きくする

買う人・・・値引きが大きくなる事で買いたいと思って契約する

このような考え方が重なると、全員に利益が得られやすいですよね。また、3月はちょうど学生さんが卒業する時期とも重なるので、就職する為に車が必要になって買いたい人も増えます。その時に注意してもらいたい事があります。

それは新車としての登録日です!3月に登録すると、だいたいは3月の販売台数に入りますが、後半に買うと登録日が4月になって、値引きを受けられない事があるようです。値引き交渉は時間が掛かる内容になるので、買う事が決まっているならば2ヶ月前位から動き始めた方が良いと思います。

9月の中間決算期

3月と同様で中間という言葉は付きますが、決算期なので販売台数は増やしたい時期です。会社によってはノルマもきっとあるので営業マンも、そのノルマを達成する為に、お客様が買ってくれるのであれば、値引きも大きくしてくれる可能性が高いです

6〜7月の夏のボーナス期

この時期は販売店というよりも買う側が財布の紐が緩くなります。ボーナスで大きな収入が入ると「頑張って貯金が貯まったから車を買おう!」、「今年は多くボーナスが入ったから車の頭金にして、あの車を買おうかな。」と考える人が増えます。

そんな買う人の気持ちを分かっていて、営業マンも更に緩めてもらえるように値引きを受けてくれる事が多いです。販売店としても買う方向に気持ちが揺るぎやすくなっている時に逃がしたくないですからね。

ライバル車がモデルチェンジする時期もチェック

ライバル車のモデルチェンジに合わせて値引き交渉を行うのも、大きく値引きしてもらえる可能性が高くなります。モデルチェンジをする事で、もちろん良い機能が増えていたり、外観が変わって気持ちが変わってしまう事も多いです。

そんな時に対抗出来るのは、やはり金額が大きいと思います。何度も言っていてすみませんが、お客様が他店に流れてしまう事が、とても困るので出来る限り値引きをしてくれると思います。値引きについては、こちらの記事も一緒にご覧下さい。

エスクァイアをお得に手に入れる!限界まで値引きしてもらう方法

2019年1月14日

ヴォクシーの値引き方法とは??参考レポートと口コミを調査!!

2019年1月11日
スポンサードリンク

まとめ

  • ノアの値引きは緩くなっている
  • 値引き交渉手順を確認
  • 中でも大切なのは今乗っている車を査定してもらう事、ライバル車と競わせる事、トヨタ同士・販売店同士で競わせる事
  • 値引きが1番期待出来るのは3月の決算期
  • ライバル車のモデルチェンジ時期も確認

いきなり行くよりも、まずは下準備をする事が大切ですね。何も準備しないで行くと営業マンやディーラーに押し切られてしまう可能性もあります。知識がある事が伝わると相手の出方も変わってきますが、そこは負けずに納得が行くまで交渉していきましょう。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です