新型ノアカスタムグレードGRSPORTこだわりの内装とは!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

車に乗って移動するからこそ、車内空間にはこだわりたいですよね。家族と一緒に乗るならなおのことだと思います。車なんて乗って移動できればなんでもいい!なんて寂しいことは言わないでください。

自宅の部屋にいるような快適さ、そしてこだわり抜いた内装の運転席があったら運転も車に乗るのも楽しくなること間違いなし!なんでもいいなんて言わせません。今回はファミリー層に人気のノアから誕生したひと味違う新型ノアSiGRSPORTのこだわり内装カスタムをご紹介します!

スポンサードリンク

そもそも「GR]ってなんだ?

第95回箱根駅伝のサポートカーとして使われていたGR車両!

そもそも何が「GR」なんでしょうか?気になったので調べてきました。

「GR」とはトヨタモータースポーツチーム「GAZOORacing」の頭文字をとったものです。24時間耐久レースや全日本ラリーなどモータースポーツ活動で得た知識を使って、現在販売している車をベースに開発しています。

ノアだけではなく、トヨタが販売する人気車種ハリアー、86、ヴォクシー、プリウス、アクア、ヴィッツにも展開しているスポーツチューンモデルです。レースカーが好きな僕としては、モータースポーツで培われた知識とデザイン、装備を市販車で体験できるのがとても嬉しいです☆

新型ノアSiGRSPORTこだわりの内装とは?


トヨタノアSiGRSPORTはノアの中でも販売台数の多いSiグレードをよりスポーティにカスタムしています。乗車してみると同車種と差を付けるべく選ばれたこだわりの内装に目がいきます。

ベースグレードSiにはないSiGRSPORTだけの内装を調べてきました。

SiGRSPORT内装標準装備
  • 専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール
    (シルバーステッチ+GRエンブレム+スポーク部:ダークシルバー塗装)
  • 本革巻きシフトノブ
    (ディンプル+シルバーステッチ)
  • 専用オプティトロンメーター
    (高輝度シルバーパネル+レッド照明+GRロゴ付)
  • アルミペダル
    (アクセル・ブレーキ)
  • 専用スタートスイッチ
    (GRロゴ付)
  • センタークラスターパネル(ピアノブラック+ダークシルバー塗装)
  • プッシュ式フロントヒーターコントロールパネル
    (スイッチ部:ピアノブラック塗装)
  • 専用フロントスポーティシート
    (GRエンブレム付)/シート表皮(メイン部:ブランノーブ®/サイド部:合成皮革+シルバーステッチ)
  • 助手席大型オープントレイオーナメント(スエード調ファブリック巻き)/助手席大型オープントレイ(スエード調ファブリック巻き+シルバーステッチ)
  • サイドレジスターベゼル(ダークシルバー塗装)
  • ドアトリムオーナメント(フロントドア:スエード調ファブリック巻き+シルバーステッチ/スライドドア:スエード調ファブリック巻き)/インサイドドアハンドル(フロント:メッキ)

Siとの違いが結構ありますね。では、これから1つ1つ紹介していきます。きっと紹介が終わるころには、乗ってみたくなりますよ

ステアリングホイールとシフトノブをこだわる!

<引用先:トヨタ公式>

運転席に座ってまず最初に目に入るステアリングホイール(ハンドル)は、滑りにくい本革巻きです。ステアリングホイール中央トヨタマークの下にはGRエンブレムもついていて、スポーツカー仕様のデザインになっています。

トヨタマークの左右にはコントロールパネルに連動しているボタンがあり、前方から目を離さずに操作が出来るので運転していても危なくない。運転は安全第一ですよね!シフトノブ(画像下)も同じく本革巻きで、シルバーステッチがアクセントになっています。

<引用先:トヨタ公式>

専用オプティトロンメーターとアルミペダルにこだわる!

<引用先:トヨタ公式>

名前を聞いてるだけでもかっこよくてウズウズしてしまう僕ですが、皆さんはオプティトロンメーターをご存じですか?

新人ディーラー
メーターパネルの裏側から自発光パネルの明かりを使ってメーターを照らします。自発光メーターとも言います。
ベテランディーラー
オプティトロンメーターはトヨタの商標なっております。高級感を与えるのは勿論のこと視認性が高いです。文字盤や針自体が発光しているように見えるのが特徴です。

SiGRSPORTのメーターパネルは従来のブラックパネルメーターではなく、銀色に輝くシルバーパネルにレッドライトの文字盤です。シルバーパネルとレッドライトの組み合わせが栄えるんです。

そして、足元に目を移すと銀色に輝くアルミペダルがあります!足元なんて見えないじゃないという声が聞こえてきそうですが、ここをこだわるからこそスポーツカー好きにはたまらない内装なのです。運転席に座ると、この車はレーシングカーか?と錯覚してしまいそうです。

<引用先:トヨタ公式>

専用スタートスイッチ、コントロールパネルにこだわる!

<引用先:トヨタ公式>

昔は、キーを差したセルを回してエンジンをかけていたのに今はスタートスイッチを押すだけでエンジンがかかるんですよね!それだけでも時代の進化なのに、SiGRSPORTはスタートスイッチに「GRロゴ」を付けました。

従来のスタートスイッチは「ENGINE START STOP」しか書いてありません。そんなの気づかないよーなんて言わないでください。そんな場所だからこだわりたいのです!エンジンをかけるたび、気分はレーサーですね☆エンジンをかけるとほら、スポーツカーのエンジン音が聞こえてきましたよ。

そして、さらに気分をあげてくれるのが運転席と助手席の中央にあるピアノブラック調に統一されたコントロールパネル画面!ピアノブラックのアクセントで内装の重厚感が増します。

<引用先:トヨタ公式>

友人
ピアノブラックって言うのはただのブラックではなくて、ピアノの黒盤に使われているブラックの色の事だよ

シートにもこだわる!

<引用先:トヨタ公式>

見てください、見るからに特別なシートを使っていそうですよね。シートはGRロゴが付いたブランノーブ生地のスポーティーシートを装備しています。ブランノーブはスエードよりも弾力性、柔軟性に優れている生地なので、座っていても負担が少ないのが特徴です。このシートなら長時間座っていてもおしりが痛い!と言うことがなく、一つの姿勢で疲れやすい運転も苦になりません!

細部にまでこだわる!

助手席にあるダッシュボードはちょっとした小物が置けると重宝しますよね。SiGRSPORTは運転席だけでなく、助手席ダッシュボードにもこだわっているんです。大型トレイがついているので、助手席に乗った人のスマホやリップ、小銭入れなど小物を全て置くことができます。

また、サイドレジスターパネルはメーターパネル、アルミペダルと同じシルバーで統一しました。細部にわたって統一するとは、こだわりを強くかんじますね。

マイ(妻)
サイドレジスターパネルってどこ?!カタカナが多くてわからない!
ケンタ
エアコンの吹き出し口の事だよ!

そして次はドアトリムオーナメントとインサイドドアハンドルこれはドア内側のデザインのことです。生地はスエードで統一して、アクセントに入っているシルバーステッチはシフトノブと同じデザインになっています。
また、ここにもピアノブラックを使っているので、重厚感が増しますね☆

<引用先:トヨタ公式>

スポンサードリンク

更にこだわる!カスタムパーツはあるの?

これ以上にないくらいこだわった内装をご紹介しました。どうでしょうか、乗りたくなってきましたか?まだ物足りない方にはGRSPORT専用カスタムパーツもトヨタから販売しています。これ以上こだわってしまっていいのでしょうか!

GRラゲージマットとGRフロアマットで汚れ対策!

(GRフロアマット画像上 GRラゲージマット画像下)

<引用先:トヨタ公式>

自分好みの内装だから汚したくないですよね。でも、ファミリーカーとして購入しているので誰も乗せないという訳にはいきません。そんな時に役立つのが運転席や2列目、荷室の下に引くマットです。雨の日や、子供の泥汚れなどこのマットがあれば気になりません!

GRラゲージマット/GRフロアマット
  • GRフロアマット

1台分 ¥63,720 GRエンブレム付き

  • GRラゲージマット

1台分 ¥12,960 GRエンブレム付き

GR LEDアクセントライト(運転席・助手席)

<引用先:トヨタ公式>

このライトがどこについているライトかわかりますか?僕も最初はわからなかったのですが、実は運転席と助手席のドアを開けたときに「GRロゴ」のライトが地面に向けて付きます。夜間、足元が照らされるので車の乗り降りにとても役立ちます。

スポンサードリンク

まとめ

  • SiGRSPORTはSiのカスタムグレードだった。
  • SiGRSPORTの内装は細部にまでこだわっているからレーサー気分を味わえる。
  • 「GR」とはトヨタモータースポーツ「GAZOORacing」の略だった。

標準モデルのノアではちょっと物足りない。あちらこちら走っているノアと同じのは嫌だという方にはうってつけのSiGRSPORTグレードです。ファミリーカーと侮る(あなど)るなかれ運転席に座ればたちまちレーサーに早変わりできます。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です