シエンタに関する値引き!この記事を読まないあなたは損している!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さんは何かを購入する時、特に値段も気にせず購入される方ですか?私は結構気にしちゃいます!スーパーで買い物する時でも1円でも得したりポイントが付かないかを調べたり考えたりします(笑)これって普段の買い物なら数円程度だったりしますが、購入するものの価格であったり量であったりで値段は大きく変わってきますよね♪

例えば引っ越した時にまとめていろんな家電を買うと1つの家電だけでは値引きしてくれなかったりしますけど、より合計が大きくなったりすることで、値引き交渉ができたり他店と比べて競わせることができますよ!

そこで今回はシエンタを購入検討中の方にそのまま購入すると何万円も損しているかもしれませんが、この記事を読んで値引きの方法やどのくらい値引きできるものなのか参考にしてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

値引き交渉は競わせるのが基本!

競わせるといっても何と競わせるの?という方もたくさんいるかと思います。私も値引きといえば店頭で『いくら安くできますか?』と聞いて納得したら買うのかな〜くらいに思っていましたが・・・
調べてみると全然甘かったです!実はもっと戦略的な値下げ方法が存在します♪

第一の戦略!ライバル車と競わせる

ライバル車とは大きさや性能、機能が近い他社の車のことで、例を挙げるならホンダのフリードなどを引き合いに出すことです。ただ、フリードの値段を調べて比較するだけでは意味がありません!

事前にする事
  • ライバル車も本気で検討しているふりをする
  • ライバル車のディーラーにも値引き交渉をしておく
  • ライバル車もシエンタで自分が付けたいオプションをつけた値段で調べておく

こういった事前のリサーチをする事でより確実に効率よく値引き交渉をしていきます。やはり本気で検討しているふりをするには比較対象の車の事もある程度は調べておかないと本気度が伝わらないです。

そして最も大事なのはライバル車の値段をそのまま言わない事です!まずはライバル車でシエンタの自分が付けたいと思っているオプションをつけた状態の値段を聞いて、そこからシエンタと悩んでいることを伝えて値引きしてもらい、その値段で交渉しましょう!

ケンタ
なるほど!確かにただライバル車の値段をそのまま比較して値段を交渉するより本気度も伝わるし安いところからスタートできるね
新人ディーラー
これをされると僕も焦ってしまうんですよね〜なんとか購入していただきたいし、ライバル車に負けたくないですからね!

第二の戦略!店舗同士で競わせる

これは私も調べるまで考えもしなかったんですが、シエンタはトヨタの全店舗で取り扱っているので店舗同士でも値引きさせることができます♪

ただしこれには注意が必要でどの店舗でも競わせることができるわけではありません!値引き競争させることができるのは、ディーラーの会社名が違う店舗同士のみなので注意してください☆

競わせれる系列店
  • トヨタ店
  • トヨペット店
  • ネッツ店
  • カローラ店

基本的にはこの4つで競わせることで値引きを展開していきます。ぱっと見はどれも同じトヨタに見えるかもしれませんが資本が違う別会社になるのでそちらでも交渉ができるというわけなんですよね〜♪

マイ(妻)
へ〜そうなの!よく値引きの話は聞くけどトヨタ同士でも値引き交渉ができるなんて知らなかったわ
ベテランディーラー
意外と知らない方も多いんですが、トヨタの中でも競争があるので事前に調べてくる方もおられますよ

第三の戦略!他県とも競わせる

他県と競わせるってどういうこと?と思うかもしれませんが、これは第二の戦略の店舗同士で競わせるの延長で、基本の4つのディーラーはあくまでも基本で実際は都道府県によりディーラーの数は異なります。

例えば近畿周辺で言うと京都や滋賀県に住んでいる方なら大阪まで交渉に行くというパターンです。なぜなら大阪には11社のディーラーがありすの全てで交渉可能になるからです!

大阪ディーラー
  • 大阪トヨペット
  • 大阪トヨタ
  • ネッツトヨタ大阪
  • ネッツトヨタ南海
  • ネッツトヨタニューリー北大阪
  • ネッツトヨタ中央大阪
  • トヨタカローラ大阪
  • トヨタカローラ南海
  • トヨタカローラ浪速
  • トヨタカローラ新大阪

大阪だけでもこれだけあるので、隣の都道府県と足すともっと交渉できる店舗数が増えるのでそれだえ値引きのチャンスに繋がりますよね♪

ケンタ
大阪だけでもこんなにあるんだね!ただこんなにたくさんの店舗を回って値段交渉するのはめんどくさいな〜
マイ(妻)
何いってるの!主婦は1円でも安い商品を目指して近隣のスーパーをめぐり情報収拾するのよ!これだけ交渉ができるなんて腕がなるわね
新人ディーラー
奥様〜お手柔らかにお願いします・・・

トヨタの新車値引きはこれで完璧!ディーラー直伝の奥義を伝授!

値引きが良くても下取りを忘れずに!

初めて車を購入される方や今現在車を持っておらず1台目の方は大丈夫ですが、今現在車を所有していて乗り換えの方!『値引きが凄い良かったからここにしよう』とすぐに決めてはいけません!それは今乗っている車の下取りが安いという罠が仕掛けられているかもしれません。

まずはディーラーではなく車買取専門店で高額査定を受けることです。それにはここでも1店舗で査定を受けるのではなく何店舗かで査定を受けることをお勧めします!なぜなら店舗によっては数万円からまれに数十万円の差があることがあるからです。
ネットによる一括査定サイトもいくつかあるのでそちらを利用すると時間も短縮できてお勧めですよ♪

一括査定のメリット
  • 複数社に1回で申し込める
  • 好きなエリアからの店舗をピックアップして査定を申し込める
  • 自宅まで出張査定してくれる
  • 時間帯などを調整すれば短時間で複数の査定も可能
  • 基本的に査定費用は無料

一括査定にデメリットはありませんが、しいて言うならきちんとエリアを絞らずに行うと実行してすぐに電話が鳴り止まなくなるのである程度は絞るようにしましょう!

さらに査定額を上げたい方に!

まずは下取りで見積もりを出された後にその査定額を持って今度は買取に持っていきます!この下取りと買取の違いですが、下取りは新しい車が納車されるまで車に乗れますが、買取は決まればすぐに持っていかれるということです。

これは買取は業者の方も自分の店舗で取り扱いの中古車を増やしたいので、査定額も他店より上げてくれ安いということです!さらにもしも独自のカスタマイズなどをしている車でもそれがプラス査定になることもあります。
平均的に下取りと買取では約10万円前後値段が上がるみたいですよ♪

ケンタ
下取りと買取にそんな違いがあったんだね!新車を買う前にやることがたくさんあるんだな〜
新人ディーラー
全部やると面倒かもしれないので私の方で下取りさせていただきますよ
マイ(妻)
全部やるんで大丈夫です(笑)
スポンサードリンク

値引きが最も大きい交渉時期

あらゆる値引きには時期があります。引越しや家電、賃貸でも安い時期と高い時期があります。交渉にはその時期の見極めが重要でそこに向けてリサーチなどの下準備を行なっていきます。

交渉オススメ時期
  • 1〜3月(年度末決算期)
  • 6〜7月(ボーナス時期)
  • 8〜9月(お盆明け後の中間決算期)
  • 12月(ボーナス・年末商戦)

この中でも特にオススメ時期が決算期、特に3月くらいになります。なぜ決算期が安いの?と疑問ですよね!この決算期は1年の総仕上げになりこの時期に業績を伸ばさないと株主が資金を出資してくれないからです。だからできるだけ業績を上げるために必死になってキャンペーンなどを打ち出します。

ベテランディーラー
決算時期はノルマが達成できればメーカーから奨励金も出るのでどのディーラーも熱が入りますね
スポンサードリンク

まとめ

  • ライバル車と競わせることで値引きができる
  • 店舗同士でも値引きができる
  • 都道府県によって値引きできる店舗数が異なる
  • 交渉前に下取りを事前に調べておく
  • 最も有利に交渉できる3月に交渉する

値引きってこんなに奥が深いと思わなかったですね!調べる前は何店舗か回って値段を聞いて安いところにする。くらいだったのが店舗も系列が同じなら交渉できないしライバル車を引き合いに出したりするなんて発想はなかったですね(笑)

でもこの値引きで浮いたお金でオプションをさらに充実することもできますよね♪皆さんも少しでも安くシエンタを購入して周りの人に自分の交渉スキルを自慢しちゃいましょう!

シエンタのオプションのことで詳しく書いているオススメ記事もありますので、こちらも是非参考にしてみてください。
シエンタ購入検討中の方必見!お勧めオプションでカスタマイズ

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です