シエンタにオススメのスタッドレスタイヤ!その性能と選び方とは?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さんは寒い時期になると心配なことってないですか?車をお持ちでない方やあったかい地域にお住いの方はあまり気にしないと思いますが、やはり雪や雨が降ってくると積もったり、路面凍結しちゃったりすると運転も怖いですよね!

僕もあまり雪の積もらない地域に住んでいますが、朝起きたら道に全面氷が張ってあった時は絶望してしまいましたね〜それでもチャレンジしようと車で少し運転してみたんですがブレーキの効きが甘くスリップしかけたのでUターンして待機した経験があります(笑)

今回はシエンタのタイヤ!全グレードに採用されている15インチなので、15インチを中心に調べてみました。

スポンサードリンク

シエンタに人気の国産スタッドレスタイヤ

車ってやっぱり買うなら国産を選びますよね!よく聞くのが修理代が外国産に比べて安いとかは聞くんですが、やはり壊れにくいのが日本製のいいところ!そんな安心安定の国産商品のスタッドレスタイヤを紹介していきます♪

ブリジストンのスタッドレスタイヤ

このブリザックシリーズは、雪深い地域で最も装着率が高いスタッドレスタイヤで、性能が全体的に高いのはもちろんなんですが、口コミでも多いのが静粛性が高いことみたいです!スタッドレスタイヤは多少夏タイヤに比べて音が出るようなんですが、この点が夏タイヤと比較しても遜色ないくらいに高性能なスタッドレスタイヤになります。

多かった口コミ
  • ロードノイズがなくてハンドルが軽くなりました
  • しっかり止まって、曲がっってくれる
  • 値段は少し高いけどそれに見合った性能でした
  • 夏用タイヤと変わらない!
  • 夏用タイヤよりいいかもしれない
ベテランディーラー
雪深い地域なら値段よりも性能重視でオススメですよ
マイ(妻)
安い方がいいけど安全性には変えられないわよね

ヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤ

アイスガード6は、性能の高さはもちろんノイズも少ないんですが、特にすごいのが氷上性能が高く約4年後も性能をキープできる!しかも省燃費性能も高い低燃費タイヤなのでお財布にも優しいオススメのスタッドレスタイヤです♪

多かった口コミ
  • ドライな路面、雨天時でもしっかりグリップしてくれる
  • 深雪は少し厳しいですが、アイスバーンなどの他の路面では問題ないです
  • 乗り心地もいいし何より低燃費タイヤなのが最高です
  • どの路面でもしっかりと性能を発揮してくれました
  • 性能もいいですが低燃費がいいですね
マイ(妻)
タイヤにも低燃費があるのね!
ベテランディーラー
あまり知らない方も多いんですが、タイヤのもちや、制動性能によって変わってきますよ

ダンロップのスタッドレスタイヤ

ウィンターマックス2は、もともと性能が高かったウィンターマックス1の進化版で氷上性能のレベルアップもですが、何よりロングライフ性能を上昇させて約4年後も同じ性能を維持できるよう改良された誰にでも進めれるスタッドレスタイヤの1つです。

多かった口コミ
  • 1に比べて耐久面がすごく良くなっている
  • 高速道路でのふわふわ感が少なく、走りやすい
  • 全体的にしっかりしていて安定している
  • 制動性が良くてコーナリングも優秀です
  • 縦方向の効きが若干甘い気がしたが他は満足です
新人ディーラー
個人的にはこちらも評価が高くてオススメですよ

シエンタに人気の海外産スタッドレスタイヤ

国産タイヤ推しの私ですが、よく調べていけば国外産のスタッドレスタイヤも品質の良いものや、人気のある商品があったのでそちらも紹介させていただきますね♪

ミシュランのスタッドレスタイヤ

フランスのタイヤメーカーで、世界のシェア第2位の世界的企業。
ガイドブックの『ミシュランガイド』を出版していることでも有名ですよね!ただ私もミシュランってタイヤメーカーがあることを知ったのも最近なんですが(笑)

スタッドレスタイヤの性能も高いみたいで評価は高いんですがアイスバーンなどの路面ではやや滑る感覚があるみたいでそういったクチコミもありました。

多かった口コミ
  • ドライ性能がとてもいい!ノイズもかなり抑えられていてあまり気になりません
  • ほとんどの路面でグリップ力を発揮してくれますが、縦方向に比べて横が少し弱くて、滑ることがあります
  • 国産スタッドレスタイヤに比べて性能がやや下がってる気がします
ケンタ
やっぱり国産の方が性能が高いんですかね〜
ベテランディーラー
国外産は氷上性能の追求がやや弱い気がしますね
スポンサードリンク

スタッドレスタイヤの2タイプ

このタイプとは主に撥水タイプと吸水タイプがあり、アイスバーンなどでの氷上性能を上げるためのもので、タイヤの摩擦で凍った路面が溶けるとこのタイヤとの間にできた水で滑ってしまうので、その水をどう取り除くかで2タイプに分かれます。

撥水(はっすい)タイプ

タイヤの表面のゴムがシリカなどの水を弾く素材で作られていて、水を弾くことで路面に密着してグリップ性能を高めます。
特徴としては雪の積もる期間が短い地域で主に使用し、吸水タイプに比べて乾燥路面での耐摩耗性能が高いので要は長く使用できます。

主にWINTER MAXXシリーズなどがこれに当たります☆

吸水タイプ

これは名前の通りタイヤに水を吸水する穴が空いていて、凍った路面とタイヤの間の水を吸水し遠心力で後ろへ飛ばして進むものになります。

特徴としては確実に雪が積もり積雪の多い地域で使用し、撥水タイプよりも氷上性能が高くなっています。北東北とか北海道では主流ですね。

主にiceGUARDやBRIZZAK などがこれに当たります。BRIZZAKは札幌市、旭川市、青森市、盛岡市、秋田市など主要都市で装着率がかなり高いですよ。

ベテランディーラー
地域による積雪量でタイプを選ぶことも重要になりますね

スタッドレスタイヤの性能を確認しよう

スタッドレスタイヤといえば滑らないというのが基本ですが、調べてみると、それだけではなく各種性能や特性がありその地域にあった特性のものを選ぶ方がいいって知っていましたか?
まずは性能から紹介していきますね♪

雪上性能

雪のよく積もる地域での路面は、普通のタイヤだと路面との間の雪が邪魔で、タイヤが空回りしやすくなります。なのでふわふわの雪質でも雪をつかんで前進して行くのが重要です。

氷上性能

雪が気温の上昇で溶けたり、明け方など気温が下がって路面が氷になるアイスバーン状態になりとても滑りやすくなります。こういった氷上でもきちんと止まれる性能の高いものが基本です。

ウェット性能

積もった雪が気温の上昇で溶けて、路面がシャーベット状になることがあります。スタッドレスタイヤは、このタイヤと路面との間の水を排水しながら走る走行安定性も高いです。

省エネ性能

寒い地域や雪の積もるような場所では、グリップ力が求められ、普通のタイヤと比べて燃費が悪いのが、一般的だが、最近では運動性能はそのままで抵抗を減らしたような省エネの性能の向上したものもあります。

ロングライフ性能

スタッドレスタイヤは、接地面に柔軟性が必要になるので、磨耗しやすく経年変化で硬化しやすいものでしたが、ゴムの配合やタイヤの形状を工夫することで寿命を高めた製品も増えてきています。

ドライ性能

スタッドレスタイヤは乾いた路面では性能が落ちると言われていますが、最近ではそれを改善した高い操縦安定性を発揮したオールラウンダーなものも増えています。

ベテランディーラー
スタッドレスタイヤも特性がありますのでよく選んだ方がよろしいですよ
スポンサードリンク

まとめ

  • スタッドレスタイヤにも特徴や得意な路面がある
  • ブリジストンは全体的に高評価である
  • ヨコハマタイヤは氷上性能が高く低燃費が特徴
  • 国外産は国内産に比べて氷上性能が劣る
  • スタッドレスは2タイプあり使用地域で分けてもいい

今回スタッドレスタイヤを調べていてこんなにも性能や特徴が違ったり積雪量や使用地域でも選択肢があるということにびっくりしました!はじめは、やっぱり一番安いのがいいかなと思いましたが、やはり事故を起こさない為に購入するものなので値段よりも安全性を重視した方がいいですよね!

スタッドレスタイヤだけじゃなくシエンタのタイヤ!15インチ以外のことも知りたい方は、シエンタのタイヤのサイズは?おしゃれにホイールもこだわろう!でも詳しく説明してるので是非ご覧ください。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です