シエンタは内装でも幅広い年齢で大人気!その内装を徹底調査!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

もしあなたがクルマを購入するとき、内装って気になりませんか?見た目は外見から決める!という方もいらっしゃいますが、人間と同じで最後の決め手はやっぱりクルマの内装が大事でしょう☆

僕が今気になっているのはシエンタの内装です。2015年にフルモデルチェンジしたシエンタの内装について僕なりの視点で調べてみました♪正直、シエンタの内装はどれも素晴らしいです☆そんなシエンタの内装を一つずつ紹介していきます。

スポンサードリンク

シエンタの運転席がスゴイ!

引用先:トヨタ公式HP

僕はもちろん運転するので運転席にはこだわりがあります!シエンタが安全に配慮しつつ、見た目と操作性がいいのか、気になる所ですよね!そんなシエンタの運転席をまず確認してみましょう☆

運転席が進化した!
  • コクピットが運転席から見やすく配慮された
  • マルチインフォメーションディスプレイで全ての情報を網羅

コクピットが運転席から見やすく配慮された

運転する時は視界が広い方が運転しやすいですよね?シエンタはミニバンらしく、フロントガラスは十分広く取っているので、遠くの歩行者や対向車もバッチリ確認できます。

特に斜め前のミラーとフロントピックという車体の柱で見づらい所も見やすく改良されています。口コミでも見た目以上に運転席が広く感じると良い評価が目立っていました♪先代シエンタより窓の角度が斜めになった為、セダンタイプの車に近い眺めで運転できます。

また、運転席もなるべく広さを確保する為にインパネ部分は出っ張りがほぼない工夫がされています。ちょっと体格のいい方だと座席に座る時に挟まれる事もありません(笑)さらにステアリングホイールも同時に低い位置なのでコクピットも目線に入りやすくなっています☆

このため、運転時の目線を変更が最小限に抑えられているので、長距離のドライブでの目の疲れもかなり軽減されています。僕は家族旅行でも妻に頼らず運転したい方なのでこの配慮は嬉しいですね♪

ケンタ
新型シエンタになって随分印象が違うみたいなんだけど実際運転するとどうなんだろう?
ベテランディーラー
ケンタさんは旧シエンタに乗っておられたのでおそらく感覚も違うと思います。新型シエンタは乗りやすくモデルチェンジしているので是非試乗して体感してみてくださいね。

マルチインフォメーションディスプレイで全ての情報を網羅

引用先:トヨタ公式HP

エンジンメーターは先代シエンタのアナログ方式からデジタル画面に変化してとても見やすくなっています!ちなみに画像はシエンタハイブリッド車です。

向かって左側にハイブリッドシステムインジケーターを配置しています。なんじゃそれ?と思った方に少し補足説明しておきますね☆

ハイブリッドシステムインジケーターとは?
動力を出力しているか、エコモードで出力を抑えているか、チャージ状態なのかをリアルタイムで確認できます。また、暗くてもわかりやすい照明で表示しています。 

インジケーターの針が右にふれる程、ガソリンの出力を多くするため、燃費を抑えるためにはなるべく左側のエコエリアでの走行が望ましいです☆運転中はチョイチョイこのインジケーターでエコモード走行で走るとずいぶんガソリン代を節約できますよ♪

そして右側のスピードメーターも見やすく、カッコイイですよね♪今どれくらいのスピードで走っているのかが先代よりもかなりわかりやすくなりました!そして真ん中に配置されているのがシエンタのコクピットのウリでもあるマルチインフォメーションディスプレイです☆

マルチインフォメーションディスプレイで分かる事
  • 燃料ゲージ
  • ハイブリッドゲージ
  • 車内温度
  • 時間
  • 走行距離
  • エコジャッジ
  • エコウォレット
  • 燃費ランキング
  • レーンディパーチャーアラート機能
  • 先行車発信機能

マルチインフォメーションディスプレイでわかる事

このディスプレイ、一言でいうとゲーム感覚で運転が楽しめます♪つまり運転していて、赤信号や停車した時に1回の走行でどらくらいエコ走行できたか100点満点で採点が出るのです(エコジャッジ機能)。

燃費ランキングでは過去の燃費を抑えた走行を記録していて、いくらお得になったか金額まで表示されちゃいます☆

そして運転が居眠りなどでフラフラする時の防止してくれるのがレーンディパーチャーアラート機能です。略してLDAといわれているこの機能は道路の両側にある白線をはみ出しそうになった時にアラートでお知らせしてくれます。

先行車発信機能というのは、僕もよくあるのですが(笑)赤信号で停車した時にスマホを確認したりしませんか。青信号になって気づかずに後ろからクラクションを鳴らされる前に、走行してくださいよ♪とお知らせしてくれるありがたい機能なんです。僕の為に作られたような機能ですね(汗)

ケンタ
ガソリン代もバカにならないからエコドライブするのにすごくわかりやすいね☆
マイ(妻)
お財布にも優しそう☆しかもシエンタのディスプレイ、エンジンをかけたらGoodmorningとお知らせしてくれるんだって♪しかも誕生日だとHappybirthdayと表示されるの。シエンタからも祝福されるなんて楽しいね☆
ベテランディーラー
エンジンをかける時間によって変化しますので確認してくださいね。このディスプレイは目線に入ってくるように配置していますので運転の妨げになる事は全くありません。是非エコドライブを楽しんでください!

シエンタの収納がスゴイと評判!

引用先:トヨタ公式HP

引用先:トヨタ公式HP

シエンタ車内の収納の多さに驚きませんか?僕みたいに家族で乗れるシエンタだからこそ、少しでも収納があった方が嬉しいですもんね♪さらに全ての収納がオシャレでついつい何かしら収納したくなってしまいます☆
シエンタの収納一覧
1列目収納
  • 助手席アッパーボックス
  • 助手席オープントレイ
  • 助手席グローブボックス
  • コンソールサイドポケット
  • 回転式買い物フック(助手席側)
  • 助手席側カップホルダー
  • 運転席側カップホルダー
  • フロントドアポケット&ボトルホルダー
  • フロントドアプルハンドルポケット

2列目収納

  • スライドドアポケット&ボトルホルダー(両側)
  • 助手席シートバックポケット
  • デッキサイドトリムポケット(両側)
  • デッキサイドトリムホルダー&スマホホルダー(両側)
  • マルチユーストレイ(4WD車のみ)

助手席のボックスは使い勝手がいいですよね♪メモ帳やティッシュ、メガネケースといったいつでも取り出せるモノを収納しておきたくなります。僕が収納の中でひと際目を引くのが助手席のアッパーボックスです。蛍光のオレンジが凄く目立っていると思いませんか?

ベテランディーラー
このオレンジは着色でなく、材料自体に色を付けたモノなんです。こうする事で車内にアクセントを入れるための工夫をしています。

シエンタの車内、しかも気づきにくい所にもこだわっていますよね!まるでリバーシブルのジャケットのような輝きを放っています☆そして収納を良くみてみると、スマホやノートなど収納した物が半分隠れるように調節しているのがいいですね。

ベテランディーラー
置いた物が何かすぐにわかるように小物収納スペースを調節しました。

さらに収納には隠れた技術があるんですよ☆各ドアにはポケットがついてます。このポケットは子供や年配の方でもつかみやすいグリップ機能の役割を持たせているんです。乗り降りする際に転ばないように配慮されたシエンタならではのファミリーに優しい設計となってます♪

マイ(妻)
私は買い物袋が掛けられるフックがお気に入りかも☆あと、この収納スペースがあればケンタもスマホがない!って慌てなくても大丈夫そうだよ☆
ケンタ
そうそう。慌てているとつい置いた場所をわすれてしまうからね。家の中でも気をつけます!

シエンタの内装色は自分好みにチョイスできる!

シエンタの外装もカラフルですが、内装色も負けていません!ここではシエンタの代表的な内装色3つをご紹介して、あなたに合った内装を選んでみてくださいね♪

シエンタの標準インテリアカラー
  • X:フロマージュ×フロマージュ
  • G:フロマージュ×ダークブラウン
  • 全車:ブラック×ブルーブラック

フロマージュ×フロマージュはアクティブな女性向け♪

引用先:トヨタ公式HP

引用先:トヨタ公式HP

インパネ、シート部分と明るい印象ですよね?フロマージュ×フロマージュはどちらかというと女性向けだと思います♪ちなみにフロマージュとは白に少しグレーを足したような配色です。

派手さはありませんが、車内はとっても落ち着く雰囲気です☆インパネ部分はブラックを使用している点がツートンカラーでひと際鮮やかに見えます♪

フロマージュ×ダークブラウンは個性的な大人の雰囲気♪

引用先:トヨタ公式HP

インパネ部分はフロマージュで明るい印象ですが、シート部分は何とも個性的ですね!フロマージュのシートよりもさらに落ち着いた印象です。どちらかというと50代以上の方向けかなと思います☆でも汚れが目立たないようなシート色なので見た目がキレイなイメージですね。

ブラック×ブルーブラックは一番人気♪とても上品な仕上がり☆

引用先:トヨタ公式HP

まず、インパネ部分がブラックで統一されていて、上品かつ高級感が漂いませんか?ハンドルを握るだけでもワクワクしますよね☆このブラック×ブルーブラックはシエンタ全社適応の内装色です。一番人気だというのも何となくわかります♪

何といっても車内の統一感が素晴らしいです!見るだけでシートの質感が伝わってきませんか?さらにインパネ部分のオレンジのアクセントがこれまたいい味わいを出していますよね☆この内装なら、常にキレイにしておこうと思っちゃいます!

マイ(妻)
う~ん。どのシートの色も捨てがたいわね。私が選ぶとしたらフロマージュ×フロマージュかな♪色もキレイだし、車内がとっても広く見えるもん☆ケンタさんはどの色がいいと思う?
ケンタ
僕はブラック×ブラックがいいな☆黒はシンプルイズベストで飽きの来ない色だよ。乗っているだけで気分も落ち着きそうだね♪
ベテランディーラー
シエンタの内装色によっては試乗車も用意していますので是非その乗り心地もご確認してくださいね♪
スポンサードリンク

エアコンも隅々まで効いて快適♪

最近の夏は猛暑が続いていますよね。そんな時こそ車の中でエアコンをつければ、車内はヒンヤリ♪といきたい所ですが、2列目、3列目までしっかり冷風が来るのか、ちょっと気になりますよね。シエンタはズバリ車内全体に冷房が行き届く工夫がされています!

シエンタのオートエアコンが快適♪
  • 前列だけではなく、車内全体を冷やしてくれた!
  • ハイブリッド車では停止中でもエアコンが効くので信号待ちでも暑くならない
  • オートエアコンなので車内を一定温度に保ってくれる☆

※シエンタX、FUN BASE Xはマニュアルエアコンのみ

車内のエアコンはシエンタに限らず、オートエアコンが主流となっています。僕が小さい頃、お父さんの車のエアコンは確かダイヤル式といって手でひねっていた記憶があります!

当時僕が小さかったからかもしれませんが、後部座席に乗っていたら、エアコンを効かしてくれているのに、ものすごく暑かったんですよね(汗)よく熱中症にならなかったなぁと今考えるとゾッとしますね。

オートエアコンなら車内全体の温度を感知して、設定温度をキープしてくれます!なので2列目、3列目に座ったとしても快適なんですよ!さらにハイブリッド車ならアイドリングストップでエンジン停止しても冷風はそのまま体感できます☆

シエンタには蓄冷エバポレーターという装置がついており、運転中に冷気を蓄えてくれます。そして停止中、つまりアイドリングストップ時に熱くならないように冷気を出してくれるんですよ♪

車に乗っていたら、エアコンが停止した時のなんともいえないモヤモヤ感が嫌ですよね。そんな心配がシエンタにはなく、快適に運転できます!

マイ(妻)
子供たちも熱中症にならないか気になるけど、車内全体がエアコンで冷えているのなら安心ね♪
ケンタ
長距離のドライブも快適に運転できそう☆

トヨタならではの内装のこだわりは他にもある!

シエンタのコンセプトは若い世代から年配の夫婦までをターゲットにした全世代誰でも乗れるクルマだそうです!そんなトヨタが手がけたシエンタの内装のこだわりを最後に紹介します☆

乗り降り時のつまづき防止!乗降用アシストグリップ

シエンタは車高を低く設定しているので、他のミニバンにくらべると乗り降りしやすいなっています。でも子供やご年配の方の乗り降りは見ている方もヒヤヒヤしますよね?そんなお子様やご年配の方でも力が入りやすいようにスライドドアのグリップを設置しています☆

しかも握る所が3か所程配置されており、指を挟むこともないから安心して乗り降りが可能です!

1列目と2列目の移動が楽ちん♪

僕の子供にはよくある事なんですが、後部座席に座っていたのに急に助手席に座りたい!って言い始めるんです。そんなワガママな子供(笑)の為に設計されたかどうかはわかりませんが、1列目と2列目の移動がかなりスムーズなんです☆

運転手と助手席の間に通常なら配置されているコンソールボックスはオプションなので、その分移動が可能なんです。子供の移動だけではなく、荷物の受け渡しがしやすいのもいいですね☆ちなみにコンソールボックスは純正以外に社外品でも安く購入する事が出来ます♪

冷え性の方なら絶対つけたいオプション☆シートヒーター

僕の妻でもあるマイは意外と冷え性なんです!そんな冷え性の女性の強い味方なのがシートヒータ―です☆ヒーターは肩から足元までまんべんなく暖かくなる仕組みです。運転席も当然配備されていますが、寒い季節でもヒーターのおかげでハンドルも余裕で切る事ができますね☆

寒い冬のハンドルは寒すぎて手が動きませんがこのヒーターがあればエンジン始動後、すぐにスタートできます。また、ヒーターは2段階で温度切替も可能となっています。

マイ(妻)
シエンタを購入する時は絶対シートヒーターをつけてね☆
ケンタ
決断が早い!そうだね…購入するときにはディーラーさんにお願いしておこう(汗)

その他、シエンタはコンパクトなミニバンなのにラゲッジスペースの収納力が抜群と口コミでも評判です♪そんなシエンタの3列目とラゲッジの収納に関しては別記事で紹介していますのでご覧になってください。

スポンサードリンク

まとめ

  • シエンタの運転席は見やすい位置にあり、操作性も良い♪
  • 収納スペースが多く、各ドアに小物収納が可能
  • シエンタの内装色はグレードにもよるが、3種類から選択できる
  • エアコンは車内の隅々までしっかり効く!
  • 子供やご年配にもやさしいドアのグリップ配置など配慮された内装

シエンタの内装について調査してみましたが、トヨタ人気のミニバンだけあってシエンタは価格だけではない価値の伝わるクルマだと思いませんか?僕のような家族連れの方にはちょっとした家族旅行や子供の塾への送迎にはシエンタがとても合いそうです☆

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です