シエンタ購入検討中の方必見!お勧めオプションでカスタマイズ

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

突然ですが、皆さんはどんな車をお持ちですか?私の周りは車好きな方はたまに大きい車に乗っている人もいるんですが、比較的軽自動車が多い気がします!確かに軽自動車は安くて運転しやすいので女性もですが男性やファミリー層からも人気なイメージですよね〜

ただやはり長距離や遠出する時には軽自動車ではしんどかったり車を持っていない女性に多いのが普通車がいい!もしくは男性が軽自動車に乗っているのが嫌だ!という方が多いことですね!笑

そこで私が気になったシエンタという車について調べたいと思います。この大きすぎず小さすぎず遠出も苦にならない理想的な普通車!今回はこのシエンタにはどういったオプションがあるのかということをリサーチしていきますので、シエンタを検討中の方必見です☆

スポンサードリンク

つけないと後悔する必須オプション!

シエンタはオプションがかなり細かくつけれる車になるんですが、その中でも特につけた方がいいものについてまず紹介していきます。

寒冷地仕様

これは一見私の住んでいるところは、北のほうじゃないし雪もそこまで降らないから必要ないかな〜と思っている方!それは大きな間違いで、実は寒冷地仕様にすると燃費がいいって知ってましたか?

寒冷地仕様は熱が逃げにくい構造になっているので、一度温めたエンジンの熱が逃げません!そのためノーマル車に比べると暖機運転の時間が半分以下になり、アイドリングストップ状態になるので燃費が良くなるんです。

※ヒーターもエンジンの熱を使わないPTCヒーターがついてくるので、暖機運転を抑えて燃費向上の効果があります。

ベテランディーラー
価格は21,000〜29,160円と大変お安くなっております。
ケンタ
最近は今まで雪が降っていなかったところでも急に降ることもあるのでそれも踏まえてつけた方がいいよね。

Toyota Safety Senseで事故防止!

基本的には4つの機能を兼ね備えた事故防止装置になっていて事故の回避衝突被害の軽減を支援します。

4つのサポート
  • ぶつからないをサポート
  • はみ出さないをサポート
  • 夜間の見やすさをサポート
  • 前の車発進のお知らせをサポート

ぶつからないをサポート

この機能はすごいですね!歩行者まで検知して自動ブレーキをかけてくれるなんて、ちょっと未来の車みたいでほんとかな〜と思いたくなりますよね☆ただ動画やこの図を見ていてもいよいよこんなすごい機能がつけれる時代になったんだな〜と思ってしまいます♪

引用先:トヨタHP

前方に歩行者や車両があった場合、レーダーが検知して音で知らせてくれてブレーキをサポートしてくれます。もし間に合わなくても自動ブレーキで被害軽減を支援してくれます。

はみ出さないをサポート

よく道路上の線で踏んで走ると音がなる線もありますが、そんな親切な線ばかりではないですよね消えかけている線やゲリラ豪雨の路面なんかどこが線かなんてわからないですよね〜でもこのサポートがあればいつでも教えてもらえるのでフラフラせずに走れますね☆

引用先:トヨタHP

道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウィンカーを出さずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報で知らせてくれます。

夜間の見やすさをサポート

自動で切り替えてくれるのが嬉しいですよね♪私もよく前の車がいなかったらハイビームにしています。

でもしばらく走っていると切り替えるのを忘れていて対向車や前の車に迷惑がかかったり、事故や場合によっては煽ってしまってると誤解されかねないので、忘れがちな私にも嬉しいサポートですよね♪

引用先:トヨタHP

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替えを忘れを防ぐほか、手動操作の手間も軽減してくれます。

前の車発進のお知らせをサポート

個人的にはこれがすごくいい機能で、信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかない時には、ブザーとディスプレイ表示で知らせてくれます。

引用先:トヨタHP

この機能はありがたいですね!私自身この4つの機能の中でも1番心当たりがあります。渋滞でなかなか動かない時に限ってうとうとしたり長距離運転中の信号待ちが長い時はついウトウトしがちなので、是非この機能でを入れて欲しいな(笑)

ベテランディーラー
価格は43,200〜81,000円になります。こちらは大変人気の機能になっているので付けておいて損はないと思いますよ。
ケンタ
すごい機能ですね!ふとした時にヒヤっとすることがあるからこんな機能があったら安心ですね。

これは口コミ以前につけれるならぜひ今の車にもつけたいサポートの一つですよね!あまり運転してない人や、私自身このサポートの全ての項目でヒヤっとした経験もあります・・・(笑)

おそらく皆さんも一つくらいは当てはまるんじゃないでしょうか?なので個人的にはこの機能をつけることで事故を起こす可能性を少しでも無くせるのであれば迷う必要はないと思いますよ♪

スマートエントリーでラクラク乗車

荷物を持っている時にわざわざ荷物をおいて鍵を探すことありませんか?僕なんかしょっちゅう鍵を探すのに時間を取られるんですよ!そんな手間を省いてくれるので、お買い物に行かれた帰りや主婦の強い味方になってくれます。

この機能はスマートキーをポケットやバッグに入れておけば、キーを取り出すことなくドアハンドルを軽く握るだけでドアを解錠、ドアハンドルのセンサーに触れるだけでドアを施錠します。エンジン始動もブレーキを踏みながらスイッチを押すだけなので簡単ですよね♪

引用先:トヨタHP

ベテランディーラー
こちらの価格は39,960円になります。

余裕がある方にお勧めなオプション

絶対必須というわけではないけど、あったら便利だし色んなシーンで役立つと思ったオプションも紹介しますね♪

バックドアターブ

バックドアを利用した撥水タープ!着替えや日除けなどのあらゆるアウトドアで利用できます。海や川に行った時に車の中で着替えたりしたことのある方も覚えがあると思いますが、遊んで濡れた後は、どこで着替えてましたか?

更衣室があればいいですが、ないところもありますよね。そんな時にはこれがあればすごく助かりますよ☆

引用先:トヨタHP

価格:30,240円(消費税込)

ラゲージベンチシート

車の中で服を着替えるのって大変ですよね。でもこのラゲージベンチシートがあれば着替えはもちろん、洋服もキレイにたたむスペースができちゃいます☆

バックドア開口部に設置する撥水加工を施したベンチシートバックドアを開けてくつろぐ時に、衣類への汚れがつくのを防ぎます。バックドアターブと併用して使えば着替えもさらにスムーズになりますよ。

価格:17,280円(消費税込)

バックドアラック

バックドアを開けて使用します。衣類やランタンをかけることができるラック。着替えだけでなくバックドアターブとベンチシートを使うことで完全におしゃれなテントのように利用することができる便利装備の一つです。

価格:16,200円(消費税込)

さらにお得に!
バックドアターブ・ラゲージベンチシート・バックドアラックをセットにするとセット価格になり少し安くなります。
価格:58,320円(消費税込) 

ロッドホルダー

色んな趣味の中で特に男性は年齢を重ねると大体ゴルフか釣りのどちらかになる方が多いと思います。その中で釣りはフィッシングロッドが長いのでトランクに入れておくことができずに邪魔になることもありませんか?

このロッドホルダーはフィッシングロッドを5本収納できるので釣りが趣味の方や家族で釣りをする方には必須なオプションですよ☆

引用先:トヨタHP

価格:41,040円(消費税込)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

  • 寒冷地仕様はつけるだけで燃費がお得になるので全国どこでもおススメ
  • Toyota Safety Senseなら安全運転をサポートしてくれる!
  • スマートエントリーは主婦の味方で楽々買い物のための必須オプション
  • バックドアターブがあればどこでも外で着替えができる♪
  • ロッドホルダーは釣り好きな方なら必ずつけたいオプション☆

年齢性別問わず誰もが乗りやすいこのシエンタ!オプションで外観はもちろん、いくらでも自由に自分色に染めてカスタマイズできることがわかりました。私はシエンタを買ったらアウトドアの趣味に強い車にカスタムして家族との時間を有意義に使いたいですね。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です