シエンタの維持費や税金、自動車税から減税までまとめて紹介! 

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さんは大きい買い物といえばどういったものがありますか?学生から社会人までという広範囲なら間違いなく車だと思います!車があれば便利だな〜と思い何度かカタログをチラ見してはこんな貯金はないし維持費が・・・という思いでした。

当時は漠然と高そうということしか考えていなかったので諦めてきましたが、実際のところ詳しく調べたわけではないし車本体は確かに高いかもしれないけどもしかしたら何かしらの安くする方法があるんじゃないかと思いました。

ただ車を買うとなるとそれなりに高い買い物になるし何より維持費にはどういったものがあるのか?どれくらいかかるものなのか?きちんと理解していないので、今回は私が購入を検討しているシエンタを例に挙げて調べてきましたので是非参考にしてください☆

スポンサードリンク

維持費にはどういったものがあるのか?

維持費といえば!ガソリンと駐車場あとは税金かな・・・?と思っているあなた!私と一緒ですね(笑)実はこれ以外にもまだ他にいくつかあるみたいなんですよね〜

維持にかかるカテゴリ一覧
  • ガソリン
  • 駐車場
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 車検

ガソリン

シエンタのHPに乗っている燃費は以下のようになります。

シエンタの燃費
  • ハイブリッド車 28.8km/L
  • ガソリン車 15.4km/L

これで見るとハイブリッド車がすごいですね!1リットルのガソリンで28.8kmも走る計算でミニバンの中では間違いなくトップクラスの燃費の良さではないでしょうか?

仮にガソリン代を125円として1年で1万キロ走ったとすると?

ハイブリッド車
1万キロ÷28.8km/L×125円=約43,402円

ガソリン車
1万キロ÷15.4km/L×125円=約81,168円

ベテランディーラー
シエンタはエコカーなのでガソリン車の方も燃費はいい方ですが、ハイブリッド車の方は倍くらい燃費がいいですね

このハイブリッドタイプとガソリンタイプの違いは、高速道路や山道の上りなどでは、ガソリンの方が馬力もあり加速力もあります。

しかし実際のところ口コミなどでも特にハイブリッドだからといって不便を感じない方がほとんどなので、加速などにこだわりがなければ燃費の良いハイブッドをオススメします♪

駐車場

持ち家の方は関係ないですが、マンションや賃貸、月極めを借りている場合は駐車場料金がかかってきます。もちろん場所によって差はありますが、月極駐車場の全国平均は8,000円になります。

年間の合計の平均

8,000円×12ヶ月=96,000円

自動車税

車を購入したことがない方は、なんとなく聞いたことはあるけど実際どういったものか知らないという方!実は車の税金は排気量によって決まってきます☆シエンタの排気量は1,500ccなので34,500円になり、これは毎年4月1日に自動的にかかるものになります。

ベテランディーラー
こちらは年数が経過すると増えてくるので注意して下さいね!もし13年以上乗られているならば対象になりますよ!
自動車税

ガソリン車・LPG車(13年超で概ね15%重税)
ディーゼル車(11年超で概ね15%重税)

新車登録してから一定期間経過した環境負荷が大きい車は自動車税の負担が重くなりますが、電気自動車、天然ガス自動車等の環境性能に優れたエコカーについては対象外です。

自動車重量税

これにかんしては私は完全に初耳で、重さに対しても税金がかかるのかとちょっとショックですよね〜でも現実にかかってくるんですよ。これは毎年払うわけではないんですが、新規登録と車検の際にまとめて支払うものになります。

自動車重量税は車両の重量ごとに決まっていて、0.5トンごとに4,100円ずつ増えていきます。さらにこちらも13年経つと税額が上がり0.5トンごとに5,700円になりさらに18年経つと0.5トンごとに6,300円になりこれは1年分計算でまとめて車検の時に支払います。

ベテランディーラー
これだけ見ると普通の車なら高く見えますが、シエンタはエコカー減税がありますのでかなりおやすくなると思いますよ
マイ(妻)
エコカー減税?なんとなく聞いたことはあるけどどのくらい安くなるのかしら?

シエンタの車両重量は1,320〜1,380㎏になるので25%減税されて1年あたり15,000円になりますが、これはガソリンタイプの話で、ハイブリッドタイプなら1回目の自動車重量税は無料になります。

※こちらは購入時期や年度により変動してくるのでその都度ディーラーに確認することをお勧めします。

自賠責保険

別名『強制保険』と呼ばれ12ヶ月で16,350円かかり、自動車損害賠償保障法に基づき加入していなければ運転することができないものになります。

ベテランディーラー
これとは別で任意保険もありますので、そちらも合わせてご加入することをお勧めしています。
ケンタ
事故してからでは遅いから保険はしっかり選んで入らないといけないね!

車検費用

車検の費用はディーラーや車検の業者によって変わってきますが、平均的には4万円くらいになり、そこに検査手数料の印紙代が1,800円かかるので、合計41,800円くらいになります。車検は新車購入時はいらないので3年後に1回目の車検がありあとは2年ごとになります。

私も自分がぶつけたわけじゃないけど、家族が乗って出かけて横を擦ったり下の部分をぶつけたりして車検費用がプラス修理費もかかって結構な痛手になったことがあるので運転はくれぐれもきをつけましょうね☆

エコカー減税

エコカー減税とは、クリーンディーゼル車・電気自動車・ハイブリッド車・燃料電池車を除くと排出ガス基準75%低減レベルをクリアし、一定の燃費基準をクリアしていることがエコカーとして認められるために必要な条件となります。

より環境に配慮した車には減税していき、大気汚染や環境破壊を防いで行くためのものです。

エコカー減税で受ける恩恵
  • 自動車取得税が無料
  • 自動車重量税が安くなる(場合によっては初回無料)
ベテランディーラー
エコカー減税はその基準をどれだけクリアしているかでも減税率が変わりますよ

グリーン化特例

グリーン化特例って聞いたことありますか?エコカーはテレビでもよく耳にすると思うんですが、エコカー減税以外にもこんな減税もあるんだと興味引かれますよね!しかもこのグリーン化特例はシエンタにも適用しているんですよね♪ではではどんなものか説明しますね!

グリーン化特例とは排出ガス性能および燃費性能に優れた自動車に対して、その性能に応じて自動車税および軽自動車税の支払いを軽減する制度のことを言います。

また、新規登録等から一定年数が経過した車(ガソリン車・LPG車は13年以上、ディーゼル車は11年以上)に対しては重課する制度でもあります。グリーン化特例の条件を満たしている場合、減税が適用されるのは購入時の自動車税ではなく、翌年分の自動車税に適用されます。

ベテランディーラー
ただし毎年安くなるわけではなくて翌年度の自動車税が安くなるものなので、注意してくださいね!
スポンサードリンク

知ってて得する簡単節約術

節約をするのとしないのとでは年間でもかなりの差になると思います!実際車じゃなくても普段からいろんなことを節約している私が言うんだから間違いないです(笑)だから車でも何か節約術がないか調べてみました。

エコ運転でガソリン節約!

私もあまり気にしなかったんですが、普通に発進する際も急にアクセルを踏み込むような運転をしていたら一気にガソリンを消費するので前にある加速のメーターを2超えないようにエコ運転するだけでもかなり燃費に差が出てきますよ♪

マイ(妻)
友達から聞いたんだけど、ガソリンの支払いをクレジットカードを使うと安くなるんでしょ?
ベテランディーラー
ガソリンスタンドにもよりますが、1Lにつき1〜5円の値引きとポイントが付きますよ

自動車保険の節約♪

自動車保険には自賠責保険任意保険があり自賠責保険は上で説明した強制的に入るものになり任意保険は自分で入るものになります。入らなければ0円で維持費は安いですが事故をしてしまうと自分と自分の車に保険が効かないので入ることをオススメします!

まず保険は年齢・等級・車両保険の有無などの条件で変わってくるもので、年齢が若いうちは等級も低くなっているので高くついてきます。ここでの節約方法として、保険料の見直しと比較をしてみることです!保険の等級は無事故なら毎年上がっていきます。

なので、できれば年に1回は見直しや一括見積もりをしてみましょう!もちろん複数の保険会社と比較して安いところに申し込むのも節約ですが、最近ではインターネットから申し込むことで割引が適用されることが多いみたいですよ!

限定条件下での裏技

それは親の等級を引き継ぐという方法です!これには条件があり

  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者の同居親族
  • 記名被保険者の配偶者の同居親族

要は親と同居していることが前提になりかつ親の等級が高い場合に最大のメリットを発揮する方法になります。

この20等級というのはなるのに年数がかかり15年もかかってきます。自分の親やおじいちゃんなどあまり運転していないけど車を購入して保険に入りそのままにしている方などは知らない間に等級が上がり最大20等級になっているかもしれません!なので是非一度確認してみてください♪

ユーザー車検で安くしちゃう☆

ディーラーで車検を受ければきちんと点検されてアフターフォローもきっちりしていて安心ですが、少しでも安く済ませたい!という方には1番お金のかからないユーザー車検という方法があります。

基本的に平日に行いますが、これは工場の人が手伝ってくれて車検合格手続きまで自分でします。時間は大体1〜3時間ほどで終わるみたいですが、どの方も1万円以上は車検費が浮いているので時給にしてみたらかなり高額だと思います♪それに車の知識もついて一石二鳥!あとは平日にお休みを取れるかどうかですね☆

スポンサードリンク

まとめ

  • ガソリン代は普通車に比べ安くなる
  • 自動車税はグリーン化特例で翌年無料
  • 自動車重量税はハイブリッド車なら初回無料
  • 車検は2年に1回費用は場所によって多少変わる
  • シエンタにはエコカー減税とグリーン化特例の2つの減税がある
  • 節約術を駆使すればかなり維持費を下げれる

今回調べてみて初めて聞く言葉もたくさんありリサーチにかな〜り時間もかかりましたが、どうやら日本は自動車への税金がなかなか高くかけられているということがわかりました!普通に購入すると高くなりますが、ここで登場するのがシエンタのようなエコカー減税対象車なんですね!

さらにシエンタにはグリーン化特例も対象になっているので、対象でない車を購入するのとでは金額的にも差があり燃費も圧倒的にいいのでお財布にも大変優しいんではないでしょうか☆

減税対象でない車と比べて初期費用がかなりお安くなっているので安くなった分でオプションをつけてより快適な車を手に入れてみてはどうでしょうか?そんなオススメオプションも紹介した記事をご覧になりたい方は、シエンタ購入検討中の方必見!オススメオプションでカスタマイズもご覧くださいね♪

 

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です