シエンタのダイスというグレードって何?徹底調査してみました! 

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

コンパクトミニバンとして発売されたシエンタは2011年6月にマイナーチェンジで新グレードの『DICE-G(ダイス−ジー)』が販売開始になり、2012年に『DICE-LIMITED(ダイス−リミテッド)』が販売されました。販売期間も短い為、もしかしたら知らない人も多いかもしれません。

旧型のシエンタは可愛らしいデザインで女性からの人気が高かったんですけど、ダイスシリーズではアクティブな外観デザインが話題になって男性でも乗りやすく感じたのを僕も覚えています!

すでに販売は終了していますが、今でも中古車の中で人気が高い車なんですよ。旧型シエンタに乗っていた事もあり、とても気になったので今回、徹底調査してみました!

スポンサードリンク

シエンタのDICE-G(ダイスジー)はどんな車だったのか?

新しいグレードとして誕生したDICE-Gは外観から今までと全然違うタイプの物になっていました。それまでのシエンタは車体やヘッドランプも丸みを帯びていて、どちらかというと可愛らしい印象が強い車だったんですね。

丸い物って可愛らしさもあるんですけど、なんとなく安心する事ありませんか?どうやら心理学的にも関係があるようなんです。

人間は本能的に「攻撃欲求」を持っています。自分の欲求(睡眠欲や食欲)が満たされないと攻撃的になりやすくなります。しかし、そういった人間の攻撃欲求は丸い、小さい、柔らかいといった特徴を持つ対象には働きにくて、抑制されると言われています

人間はそうした特徴を兼ねている存在には、よほどの事がない限り攻撃を加える事がなく、むしろ保護本能が働き、親しみや、保護したいという意欲を感じるように出来ています。女性は母性本能もあるから、その気持ちも合わせて丸い形や小さい物が好きなんですね。

ただ、シエンタのDICE-Gは女性が好きな丸みも残しつつ、変形のヘッドライトや大きくなったバンパー、男性向けの車体カラーがある等、男性も乗りやすくなるように改良されたんです。

ケンタ
可愛らしい外観も素敵だったけど、確かに僕が乗るには可愛らし過ぎたかもしれないな。
ベテランディーラー
男性としては可愛らしさよりも、カッコ良さを求めますからね。だからこそ、DICE-Gが発売になった時に男性からの問い合わせが増えたんです!

DICE-Gを詳しく紹介!!

 

View this post on Instagram

 

昼間の桜コラボは多分これで終わりだと思われます。 #シエンタ #シエンタダイス #80シエンタ #愛車と桜コラボ #桜 #桜2018

えぬみさん(@ennumi)がシェアした投稿 –

写真を見ても、だいぶカッコいい車体に変わっていますよね。色も光沢があって、とても写真映えしています!今から7年前に発売された車ですが、すでに標準装備がとても充実していたんです。まとめてみました!

DICE-Gの装備
  • プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ(オートレベリング機能付)
  • 助手席側の後部座席にパワースライドドア(挟み込み防止機能・リモコン付き)
  • IR(赤外線)カットウィンドシールドグリーンガラス(UVカット機能付き・熱吸合わせ)
  • 専用アナログメーター
  • プラズマクラスター
  • 本革巻きシフトノブ
  • シフトレバーベゼルやヒーターコントロールパネルにピアノブラック塗装を施す
  • シートバックポケット(運転席・助手席)
  • 助手席シートアンダートレイ
  • 異型角型ヘッドランプ

UVカット付きのガラスは女性には嬉しいですよね。天気が良い日に出掛けたいけど、日焼けは大敵です。プラズマクラスターは家族やペットと一緒に乗る時にとても役立ちます!車の中で飲んだり、食べたりすると匂いがこもって落ちなくなる事あるんですよね。そんな事が無くなります!

DICE-Gの人気オプション
  • アルミホイール&タイヤセット
  • リヤスポイラー
  • 音声ガイダンス機能付バックガイドモニター
  • SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
  • スマートドアロックリモートコントロール(パワースライドドア&ワイヤレスドアロックリモコン機能付)
  • G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーションなど

今では標準装備になっているけど、DICE-Gが販売された時はバックガイドモニターもドアロックリモコンもオプションだったんですね。音声ガイダンス機能付きだと、女性でも運転しやすいのが納得出来ます!過去の車を調べると、今の装備がどれだけすごい事か良く分かりますね。

アクティブになったとはいえ、ファミリーカーとしても人気であれば安全面も注意しないといけないですよね。

車体カラーのバリエーションも豊富になった!

(引用元:グーネット

DICE-Gには限定色ボルドーマイカメタリックが登場し、他もメタリック系の光沢感のあるカラーが増えました。太陽や月の光で更に映えるようになっていますよね。このカラーで街中を走ったら振り返られそうです!

DICE-Gのカラーバリエーション
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーマイカメタリック
  • ボルドーマイカメタリック
  • ライトブルーマイカメタリック
  • ライトグリーンメタリック
  • マルーンブラウンマイカ
  • グレーメタリック
  • スーパーレッドV

ダイスシリーズよりも前に販売された物は女性向けという事もあって、明るめの車体カラーが多かったんですね。でも、DICE-Gは落ち着いた色合いが多くなりましたね。このカラーバリエーションも男性が乗る事が増えた要因になったと思います。

ベテランディーラー
ボルドーマイカメタリックはDICE-Gで初めて出た専用色で、この色を気に入って買う人も多かったですね。

2012年にはDICE-LIMITED(ダイスリミテッド)も登場!!

2012年、新たなダイスシリーズとして特別仕様車の「DICE-LIMITED」も登場しました!標準装備やオプションは、DICE-Gと大きく変わりません。違う部分はカラーバリエーションとエアコンですね

エアコンを比較!

車内エアコンの風量や風向きを調節するのって、結構難しいですよね。もうちょっと右に、ほんの少し動かそうと思ったら、行き過ぎてしまうなんて事ありませんか?DICE-LIMITEDはフルオートエアコンなので、温度を設定すると、その温度になるように全て自動で行ってくれます

エアコンの違い

DICE-G マニュアル:風量・風温・風口の調節が手動

DICE-LIMITED フルオート:風量・風温・風口の調節が自動

暖房や冷房を長い時間つけているとバッテリーも上がってくるし、暖まり過ぎる事で体調が悪くなる人もいます。僕は暖か過ぎると頭痛がしてくるので少し弱めにつけておいています。ただ、子供も一緒に乗る時は子供を優先するので少し薄着で乗る事もあります。

カラーバリエーションの比較

DICE-Gは7種類のカラーバリエーションがありましたが、DICE-LIMITEDは4種類と、とってもシンプルになりました。

DICE-LIMITEDのカラーバリエーション
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーマイカメタリック
  • ボルドーマイカメタリック
  • ブラックマイカ

DICE-LIMITEDでもボルドーマイカメタリックは採用されています。DICE-Gのカラーの中から人気の3色が絞られ、新たにブラックマイカが追加されたので更に洗練されたイメージになりましたね。

スポンサードリンク

ダイスシリーズの口コミも紹介!

販売が終了していても根強い人気があるダイスシリーズは評価も、とても高いです。口コミも良い口コミが多かったです。唯一、悪い口コミとして多かったのは燃費の事ですね。

燃費の違い

現シエンタ

4WD:1ℓで15.4km    2WD:1ℓで20.2km

シエンタ ダイスシリーズ

4WD:1ℓで13.2km    2WD:1ℓで17.2km

数字で出してみると、結構違うんですね。車に乗る機会が多い人にとっては燃費は大切な選ぶ基準になると思います。ただ、人によって重視する部分が違うので、燃費が悪いという事だけで人気が無くなる事は無かったみたいですね。

ケンタ
子供がいると遠出をする機会が多くなるから、燃費は大事になるよね。ガソリン代も結構、掛かっちゃうしなぁ。
マイ(妻)
遠出をする時は出来るだけ、お金を気にしないで出掛けたいもんね。だからこそ普段から節約って大事なんだよ。
ケンタ
…良く分かりました!
ダイスシリーズの良い口コミ
  • 男性でも乗りやすい外観になった
  • 女性でも運転しやすい大きさで、小回りが利く
  • 座高が高くて、視野も広いから運転しやすい
  • 安全機能が増えて、安心して乗れる

口コミを調べてみても良い口コミの方が多くて、人気なのが伝わってきました。中古車でも良いから、今でも買いたいと相談に来る人もいるそうです。フルモデルチェンジになった2015年まで販売されていて、だいぶ経った今でも人気があるという証拠ですね!

スポンサードリンク

まとめ

  • ダイスシリーズは2011年からシエンタの新グレードとして登場
  • 2011年にDICE-G 2012年にDICE-LIMITEDが販売された
  • 女性向けというイメージから男性でも乗りやすい車に変わった
  • 装備やオプションも充実している
  • カラーバリエーションも豊富になり、限定色も誕生した
  • 口コミも高評価が多く、燃費が気にならなければ中古車でも購入もオススメ

ダイスシリーズは販売期間が短かったけど、すごく印象に残る車ですよね。今まであった印象から、イメージを変えるのって勇気がいると思うんです。どんな車が出るのかなと思っていたら、全然違う車が出て、「思ってたのと違う。」って気持ちになる可能性が高いですからね。

でも、逆に考えると女性向けだったイメージを男性でも乗られる車に変える事で乗る人の幅を広げた事になるんです。完全に男性向けにする訳ではなくて、女性でも乗りやすく、選びやすい部分を残す事で女性が離れる事も無かったんですね。

誰でも乗りやすいシエンタのダイスシリーズ!新しい車を検討する時に中古車で検索してみて下さい♪

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です