シエンタ販売店!トヨタ?カローラ?ネッツ?トヨペット?どう違う? 

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

僕は、以前旧型のシエンタに乗っていたので、友達に「シエンタを買おうと思ってるんだけど、トヨタってネッツとかカローラとかいろんな販売店あるよね?何が違うの?どこで買えばいいの?」と聞かれました。うーん…。旧型はカローラだったかな?

調べてみるとフルモデルチェンジをした新型シエンタ(SIENTA)は、取り扱うお店も変更され、アクア(AQUA)やプリウス(PRIUS)などと同様、すべてのトヨタ販売店で取り扱うモデルになっています。

では、このカローラや県名トヨタなどのトヨタ販売店の違いは何でしょうか?もしかして割引も変わったりするのでしょうか?納期も変わってくるのでしょうか?気になるので知らべてみました。

スポンサードリンク

トヨタ販売店の違い

前述しましたが、新型シエンタは、トヨタ販売店全店、どのお店でも購入できるようになりました。いかにトヨタがシエンタの販売にチカラを入れているか!そして人気があるのか分かりますよね

でもどこでも買えると言われると、どこで買おうか悩みますよね。トヨタ販売店全店と言えばどんなところがあるのでしょうか?

大きく分けて4つ
  • (県名)トヨタ
  • トヨタカローラ
  •  トヨペット
  •  ネッツトヨタ

ホンダはホンダカーズに一元化し、日産はブルーステージとレッドステージの2系列に統合し最近は販売店の一元化が多いようです。しかしトヨタだけは依然4つの販売店のスタイルを貫いています。これら4つの販売店とトヨタはどういう関係なんでしょうか?子会社なのでしょうか?

トヨタとの関係性

トヨタは、車をつくっているメーカーです。メーカーは販売窓口を置かず、直接お客さんに販売するのではなく、会社と委託販売契約をし、販売する権利を得た会社が販売店として、トヨタのディーラーと呼ばれています。

ディーラーとは

メーカーと契約を結んでいる代理店や特約店をさす。販売店全般を意味する場合もある。我が国で最もなじみの深いのは自動車ディーラーである。

自動車ディーラー(じどうしゃディーラー、car dealership、カーディーラー)とは

新車や中古車を小売する事業者(販売店)のことである。なかでも、自動車メーカー(または、その販売子会社など)と特約店契約を結んだ販売業者のことを指す。販売だけでなく、点検整備などのアフターサービスも提供する。

トヨタだけに関わらず自動車ディーラーは自動車メーカーが運営しているわけではなく、子会社でもないようです。

ケンタ
と言う事は、トヨタのディーラーはトヨタ自動車が運営しているものでも子会社でもないんだね。

また、同じトヨタ車を扱っている同じ系列のディーラーでも必ずしも同じ会社ではありません。 

ベテランディーラー
同地域にネッツトヨタ店が2店あったとしても、A店とB店では経営会社が異なることがあります。例えばネッツトヨタ東京とネッツトヨタ多摩は、どちらも「ネッツトヨタ」とがついているけど、運営しているのは違う会社と言う事です。

県名トヨタ、ネッツ、トヨペット、カローラの違い

なぜトヨタはこのようにディーラーを分けているのでしょうか?その理由は、それぞれのディーラーによってターゲットにしている客層が違うからのようです。 

各ディーラーのターゲット層

それぞれのターゲット層を大きく分けると、以下のようになっています。

ディーラー名 ターゲット層
(県名または地名)トヨタ トヨタディーラーの頂点

富裕層や法人向け

トヨペット シニアファミリー向け

または中高年~熟年層のおひとり様にも

トヨタカローラ 若~中年層ファミリー向け

ライトなビジネス向け

ネッツトヨタ 10代~20代前半の若者向け

初めて車を買う人向け

女性向けにも

このように各ディーラーによって客層を絞ることで、取り扱う車種を分け、年齢や収入に合った車を販売しているのです。

ケンタ
そうか~。旧型シエンタは確かカローラで購入した気がするからファミリー向けではなく色んな年代の人が買いたい人気車種になったと言う事だね。
友人
ありがとう。よくわかったよ。どこのトヨタでもシエンタは変えるんだね~。でもどこでも買えるなら悩むなぁ。

名前からして、カローラよりトヨペットの方がライトな感じがしましたが、上記のようなターゲット層の差があるのがわかりました。シエンタのように、全てのトヨタの車をひとつのディーラーで購入できるとは限らないようです。

スポンサードリンク

4つのディーラーの歴史と取り扱い車種

ターゲット層の違いによる取り扱い車種の違いもあり、専売車種もあるようですので、各店舗について歴史も含めもっと詳しく調べてみました。 

(県名)トヨタ自動車店 「フロンティアへ 人を、地域を、もっと笑顔に」

(画像引用元:トヨタ公式サイト

 トヨタが最初に作った販売店です。 トヨタ販売という名称でしたが、やがてトヨタ自動車という名称となり、トヨペットと分派しました。現在全国に49社(北海道が4店舗で、佐賀と長崎が合併)約1063店あり、「(県名または地名)トヨタ自動車(地名など)店」として営業しています。

取り扱い車種

ボディタイプ 車種名
コンパクトカー アクア

ポルテ

ルーミー

ミニバン エスクァイア

エスティマ・エスティマハイブリッド

シエンタ

セダン アリオン

クラウン

センチュリー

プリウス・プリウスPHV

ワゴン プリウスα
SUV C-HR

ハイラックス

ランドクルーザー・ランドクルーザープラド

スポーツカー 86
バス・タクシー コースター

ジャパンタクシー

ワゴン・ライトバン サクシード
トラック ダイナカーゴ

ダイナダンプ

1BOX ダイナルートバン
軽自動車「ピクシス」シリーズについて

軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のあったトヨペット店16社

(青森トヨペット・秋田トヨペット・和歌山トヨペット・鳥取トヨペット・島根トヨペット・徳島トヨペット・香川トヨペット・愛媛トヨペット・高知トヨペット・佐賀トヨペット・長崎トヨペット・熊本トヨペット・大分トヨペット・宮崎トヨペット・鹿児島トヨペット・沖縄トヨペット)

にて取り扱いがあるようです。

センチュリーを筆頭とする高級車、クラウンなどは、富裕層向け販売店である「トヨタ自動車」でしか取り扱っていないようです。また、商用車(ライトバン・トラックだど)が多いため、法人にも向いていますが、東京や大阪では一部取り扱いが違う車種もあるようです。

クラウンの意味はエンブレムの王冠が語る!経緯と意味を調査!

2018.12.18

トヨペット「クルマと、つぎの楽しみを。 TOYOPET」

(画像引用元:トヨタ公式サイト

トヨペットの由来は、太平洋戦争後、トヨタ初となる小型車(SA型乗用車、SB型トラック)の生産を開始するにあたり、愛称を一般公募した中から選ばれたそうです。

その後、人気の車の名前をとって1956年4月にトヨペット店が設立されました。現在全国に約52社「(県名または地名)トヨペット(地名など)店」約1130店として展開しています。

取り扱い車種

ボディタイプ 車種名
コンパクトカー アクア

タンク

ポルテ

ミニバン アルファード

エスクァイア

シエンタ

ハイエースワゴン

セダン カムリ

プリウス,プリウスPHV

プレミオ

マークX

ワゴン プリウスα
SUV C-HR

ハリアー

スポーツカー 86
バス・タクシー ジャパンタクシー

ハイエースコミューター

ワゴン・ライトバン サクシード
トラック トヨエースカーゴ

トヨエースダンプ

1BOX トヨエースルートバン

ハイエースバン

中年~熟年層ファミリー向けの少し高級な落ち着いた車のラインナップが多く、子育てが一段落付いた中高年・高齢者向けの展開としてセダンの取り扱いも多いようです。

ベテランディーラー
軽自動車「ピクシス」シリーズについては、トヨタ自動車と同じく、軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のあったトヨペット店16社にて取り扱いがあるようです。

ハリアーがトヨペット専売のように、そのディーラーでしか買えない車種もあれば、東京や大阪では一部取り扱い車種が異なっています。

ハリアーのエンブレムには驚きの意味があった!自分で交換できる?

2018.12.25

トヨタカローラ 「うれしいこと、全力で。あなたの街のカローラ店」

(画像引用元:トヨタ公式サイト

1961年にトヨタパブリカ(こちらもトヨペット同様車の名前で大衆車Public carの造語)店として創立、1969年に現在の名称になり、カローラ店の通称で親しまれています。2007年よりトヨタの各販売店系列のデザインの色分けがあり、オレンジをテーマカラーとしています。

全国に約77社「トヨタカローラ(県名もしくは地名)(地名など)店」として約1366店展開しています。

ケンタ
トヨタ自動車のお膝元である愛知県では中京、愛知、名古屋、愛豊の4社(4社とも本社は名古屋市)が愛知県全域で展開しているみたいだよ。
ベテランディーラー
カローラ店が複数ある都道府県では、販売会社ごとに担当エリアのすみわけがなされていますね。

取り扱い車種

ボディタイプ 車種名
コンパクトカー アクア

カローラスポーツ

スペイド

パッソ

ルーミー

ミニバン エスティマ,エスティマハイブリッド

シエンタ

ノア

セダン カムリ

カローラアクシオ

プリウス・プリウスPHV

ワゴン カローラフィールダー

プリウスα

SUV C-HR
スポーツカー 86
軽自動車 ピクシスエポック・ピクシスジョイ・ピクシストラック・ピクシスバン・ピクシスメガ
ワゴン・ライトバン プロボックス
トラック タウンエーストラック
1BOX タウンエースバン

ミニバンや実用型セダン・ハッチバック・軽自動車など、幅広いファミリー層向けの車種を中心に扱っていて、トヨタの中で唯一、ディーゼル車を取り扱っていません。

イベントのイメージ・キャラクターには子供に人気のドラえもんを起用し、アニメ番組のスポンサーとなって、CMも流れていました。


シエンタのCM(歌詞)を聞くと乗りたくなる!!独自の動画も発見!!

2018.12.18

ネッツトヨタ店 「-Another story-」

(画像引用元:トヨタ公式サイト

1968年4月に主力車種カローラスプリンターの発売に合わせてトヨタオート店として設立されたが、1998年8月23日に「ネッツトヨタ店」と改名したのち、2004年5月よりトヨタビスタ店も統合されて現在の「ネッツ店」となった。

全国に105社「ネッツトヨタ(県名もしくは地名)(地名など)店」として約1656店舗構成されている

ケンタ
日本国内トヨタ販売ディーラーでは最新のディーラーだね。

「Netz」の下に「TOYOTA」と表記されていたロゴだが、「Netz」ロゴはやや角が強調され「TOYOTA」の表記が消滅したようです。 ネッツ店の専売車種のテレビCM・新聞広告には、改称時からトヨタのシンボルマークである「T」マークを掲載していません。

ベテランディーラー
2005年に登場した2代目ヴィッツ以降、ネッツ店専売車種に「Netz」の頭文字「N」をモチーフにした専用エンブレムをフロント部分に採用しております。

取り扱い車種

ボディタイプ 車種名
コンパクトカー アクア

ヴィッツ

スペイド

タンク

ミニバン ヴェルファイア

ヴォクシー

シエンタ

セダン カムリ

プリウス・プリウスPHV

ワゴン プリウスα
SUV C-HR
スポーツカー 86
軽自動車 ピクシスエポック・ピクシスジョイ・ピクシストラック・ピクシスバン・ピクシスメガ
トラック ライトエーストラック
1BOX ライトエースバン

レジアスエース

ミニバンおよびコンパクトカー中心のラインナップを持ち、主に若者・女性客をターゲットにしており、他のトヨタ系列店と比較して併売車種が少ないようです。

ケンタ
併売車種についても、カタログ表紙のデザインが大幅に異なっていて、プリウス、アクア等の全店併売車種もネッツ店のカタログだけは表紙が異なっているみたいだよ。
友人
へー面白いね。シエンタのカタログを各ディーラーで見比べてみるよ。

トヨタの各ディーラーではこうしたすみ分けが行われているので、自分の欲しい車種がある程度決まっている場合は、その車種を取り扱っている店舗に行けばOKですね。

割引額ってディーラーによって違うの?

経営会社が異なるのが分かったので、気になるのは、シエンタの購入の際に、割引額が違うのかと言う事ですよね!

シエンタはトヨタディーラーならどの販売店でも販売しています。そのためトヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店の全てで経営会社が違うので値引き幅が異なり、競合させると販売価格に差が出ることがあります!

ベテランディーラー
同じ経営会社のディーラー同士で競合させても意味がありませんが、経営会社の違いに着目して競合させればよりお得にシエンタを買える可能性があるので、安く買いたい人にはおすすめの方法です。

一概に○○の系列店でで購入した方がお得ですよ!と、言う事はできなかったのですが、初めましてのお店より、顔なじみのお店の方が値引き交渉しやすいみたいですよ!頑張ってご近所最安値を見つけるために相見積もりしましょう~!!

シエンタに関する値引き!この記事を読まないあなたは損している!

2018.12.25

ディーラーにより納期の違いはある?

各販売店の会社が違うと言う事は、割引の次に気になるのは、ディーラーの違いによって、納期・納車待ちに影響があるのかどうかという事ですよね。

ケンタ
ネッツ、トヨタ、トヨペット、カローラーなどの販売店の違いによって、納期・納車待ちが異なるのか実際に聞いてみよう!
友人
どうやら4つのディーラーのどれかだけが、納期・納車待ちに大きな違いがあるとは言いきれないみたい…残念。
ケンタ
先代モデルからシエンタを販売していたトヨタカローラなら、先代モデルから発売していた事による優遇処置やメリットがあるんじゃない?
ベテランディーラー
先代モデルからシエンタを発売していたところによるメリットは、大きくは無いです。しいて言うならトヨタカローラ店は、先代モデルについて詳しいので、先代モデルと対比させながらの丁寧な説明ができる事ですね。

このように、シエンタは、4つのディーラーの違いによって納期・納車待ちに大きな違いはありません。また、ディーラーの違いによって、メリット・デメリットも無いようです。なので、基本的にはどのディーラで購入しても損をする事はないので、安心してくださいね。

ケンタ
ちょっと待った!4つのディーラーの違いによる不利・有利まではないけど、各販売店によって、新型シエンタの納期・納車待ちは、多少異なるみたいだよ!

実はフルモデルチェンジをして新発売された新型シエンタは、各ディーラーの販売実績によって、割り当てられる台数が決まっているようです!

ベテランディーラー
実はそうなので、シエンタの納期・納車待ちをできるだけ短くしたかったら、シエンタをたくさん販売していそうな大きな店舗が狙い目ですよ!

もちろんこのクルマが生産される台数に限りがあるので、数ヶ月も納期・納車待ちが異なる事はありませんが・・・それでも数週間レベルでは、違いがあるようです。

もし家の近所にトヨタのお店が数店舗あるのなら、シエンタの販売台数が多いディーラーの方が、納期・納車待ちは比較的短くなるようです。ですので、お客さんでいつも賑わっているお店を中心に商談を進めた方が良いかもしれませんね。

ベテランディーラー
また、ディーラーさんに「このお店は、他のお店よりも新型シエンタ(SIENTA)の納期は短いですか?」と、聞くのもおススメです。

「他のお店と変わりませんよ~」と言うのは、販売台数が多くない店舗です。一方、販売台数が多い店舗は、「割り当て台数が多いので、他のお店よりも納期は短くなりますよ!」と、自信をもって言ってくれます

ベテランディーラー
納期・納車待ちの短さは、ディーラーのセールスポイントの一つなので、満面のスマイルでアピールしてくれると思いますよ

このように、直接ディーラーさんに割り当て台数の数や納期の短さを聞いてみるのも良いかもしれませんね。シエンタは人気なので、納期・納車待ちが長い事もしばしばのようです。

トヨタ販売店全店で発売されているので、どこで購入するか迷ってしまいますが、割引きなどだけでは無く、納車待ちの短さもディーラーを選ぶポイントにしても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

  • トヨタの販売店は、トヨタ、トヨペット、カローラ、ネッツの4系統に分かれている
  • その中でもシエンタは4系統全ての販売店で販売されている
  • 販売店は、ディーラーと呼ばれ、販売委託契約の元で販売を代行し、トヨタの子会社ではない
  • 4系統の販売店では、それぞれ対象としている世代や層が違う
  • シエンタの割引は各店舗違うので最安値を知る為に数店舗で相見積もりをとったほうが良い
  • シエンタの納期も各店舗違うので最短を見つける為に数店舗で聞いてみたほうが良い

 車を購入した後のアフターサービスも、それぞれのディーラーで独自に行っているため、店舗によって雰囲気もサービスも異なります。長く乗りたい愛車ですから、今後ずっと、そこの店舗とその営業マンにお世話になりたいと思うところを探すのがお勧めです。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です