シエンタは何人乗りか知ってる?5人6人7人乗りの魅力を大公開!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

自分のライフスタイルに合わせて選べる車があると、とっても便利ですよね?そんな願いを叶えてくれる車が実はあるんです☆その名もシエンタ!コンパクトミニバンで人気も絶好調の車なんです。コンパクトで使い勝手も良いからと、子育て中の家族には大人気のようです。そんなシエンタですが、2018年9月にマイナチェンジを行い、新たに「FUNBASE」という5人乗りが仲間入りしました!

シエンタは何人乗りかというと、新たに加わった5人乗りのほかに、6人乗り、7人乗りがあります。乗車人数が違うだけ?と思うかもしれませんが、それぞれに魅力があるんです☆今回は、その魅力に迫ってみましょう!

スポンサードリンク

5人乗りシエンタで、子どもたちに最高のアウトドア体験を!

やはり、コンパクトミニバンであっても5人乗りはな〜。と思う人もいますよね?ですが、アウトドアなどのお出かけの際、荷物がかなり増るんですよね。レジャーシートにテントにクーラーボックスに…。そんな荷物が増えた時でも5人乗りシエンタなら安心なんです。

それは、とにかく収納スペースが広いからなんです!アウトドア体験は子どもにとって、とても良い体験と言いますし、これを機にシエンタでアウトドアに出かけても良いかもしれませんよ☆

5人乗りの魅力
  • 大容量ラゲージスペースがある
  • 新装備のユーティリティホールがある

大容量ラゲージスペースどのくらいデカいの?

大容量というからこそ、かなりのデカさを想像しますよね。その想像の通り!かな〜り広々スペースが確保されているんです!

どのくらいデカイの?
  • マウンテンバイクもすっぽり収まる高さ(ローデッキ…107cm、ハイデッキ…98.5cm)
  • 66Lのクーラーボックス(横の長さ約90cm)を横に並べても、まだ余裕があるくらいの幅(ローデッキ、ハイデッキ…126cm)

3列目シートがあるはずの部分が、全部ラゲージスペースになっているからこそ、実現できた広々空間なんですね!しかも、地面からの高さもローデッキ状態で53cm、ハイデッキ状態で61cmと、荷物が積み降ろしやすいのもうれしいポイントです!

ローデッキ、ハイデッキ って?
シエンタは、ラゲージスペースのデッキボードを反転することで荷室フロアの高さが調整可能なんです!ハイデッキ状態は、荷室の高さに余裕が生まれ、より背丈の高い荷物の積載が可能に。車中泊や長尺物の積載にも対応できます。ローデッキ状態は、荷室の高さに余裕が生まれ、より背丈の高い荷物の積載が可能になります。 
マイ(妻)
アウトドアって、子どもたちにとっては、成長に必要なスパイスだと思うわ!
ケンタ
確かに!有名な先生が、アウトドアは五感を刺激するから、子どもたちの「創造力」や「創意工夫」が養われるって言ってたのを思い出した!
アウトドアがもたらす子どもたちへのプラス効果!
  • 他人との関わり方(コミュニケーション能力)が高まる
  • 自然体験があると、美しいものを見て、感動できる心が育つ
  • 強くなる(虫が平気になるなど)

アウトドア効果ってすごいんですね!でも、これだけいろいろな荷物が積めるなら、アウトドアに行くときも安心ですよね。

5人乗りだけの新装備!ユーティリティホール!

荷物がたくさん積めても、車の揺れで崩れたりしてしまっては危険ですよね?5人乗りシエンタには、荷物を安全に、そして、効率的に運ぶ新装備があるんです!その名も、「ユーティリティホール」!

ラゲッジスペースの左右両壁に設けられた9つずつの穴がありますね。この穴こそが、5人乗りだけに与えられた新装備なのです!

上の動画のように、ラゲージスペースを最大限に利用できるパーツを取り付ける穴なんです。これなら、荷物がグラグラすることなく安心して運ぶことができますよね☆

そして、空間を2段に分けることができるので、効率よく荷物が積むことができますよね!ちなみに、このセットはオプションでつけることができますよ!

FANBASEセット
  • ユーティリティフック(4個)(アレンジの基本アイテム)
  • システムバー(2本)(荷物を固定する棒。旅行に行くときのキャリーケースなんかも固定できますよ)
  • ラゲージマルチネット(荷物を固定するネット)
  • ラゲージアッパーボード(空間を上下に分ける棚。もちろん棚の上にも荷物をつめます)
  • ラゲージアッパーボックス(空間を上下に分けるボックス。ボックスの中にも荷物が詰めます)
  • 専用フロアマット
  • グレードエンブレム

引用先:愛媛トヨタ

これだけあれば、空間を最大限に利用できそうですよね!ちなみにFANBASEセットの価格は、81,000円(税込)となっています。あって損はないので、5人乗りを考えているなら一緒に購入することをおすすめです☆

また、何人乗りにしようか迷っていて、荷物をいっぱい積みたい方には5人乗りも視野に入れてもいいですね。

6人乗りシエンタで、快適ドライブに出かけよう!

子どもが増えちゃったときでも、6人乗りを購入しておけば安心ですよね〜!シエンタで人気なのがこの6人乗りなんです。定番という感じでしょうか。そして6人乗りの最大の魅力といえばこれですね。

6人乗りの魅力
  • 2列目のゆったり仕様と収納も便利
  • 後方の視界が広い

2列目のゆったり仕様は収納もあって快適!

ドライブだから、ゆったり座りたいですよね〜。おしりも痛くなっちゃいますし。シエンタの6人乗りは、2列目は2人乗りなので、ゆったり快適に座れちゃいます!

ケンタ
シエンタの2列目シートはベンチシートとなってるから、広くシートを使用できるな! アームレストもあるし、子どもが少し大きくなったときも、便利そうだ!
マイ(妻)
しかも、中央に収納スペースがあるわね!ちょっとしたもの置きになるから、便利よね〜♪

そう!ゆったりできる上に、便利な収納も!子どものちょっとしたお菓子入れにしても、良さそうですね。子どもは後ろの席が好きですからね(笑)後ろの席が広々していて、収納もあってちょっと贅沢仕様なので、子どもにとっても快適なドライブになりますよね☆ちなみに、真ん中の収納は、ドリンクホルダーではないようです。ドリンクホルダーは、ドア側に付いているようなので、間違えないようにしましょう☆

後方の視界が見やすい!

駐車するときや、後続の車が気になったとき、何気なく確認するのがルームミラーですよね?このシエンタの6人乗りだけ、2列目シートの真ん中にヘッドレストがないんです!7人乗り、5人乗りのシエンタは、2列目シートの真ん中にヘッドレストがあるんですよね。

2列目シートの乗車人数
  • 6人乗は2人乗り
  • 5人乗り、7人乗りは3人乗り

意外と、このヘッドレストが後方の視界の妨げになるようですね〜。その点、6人乗りは後方の視界が確保できるので、安心ですよね!

ケンタ
でも、ルームミラーって見ることあるかな?基本、サイドミラーで後方の視界は確保できるような…。
マイ(妻)
そんなことないわ!バイクが車のすぐ真後ろを走っていたらサイドミラーでは確認できないじゃない!必要だから、ついてるの!

そうですよね(笑)必要だから、ついてるんです。後方の視界が広く安心で、しかも快適ドライブもできる、ゆったりシートをお望みなら、6人乗りをおすすめしますよ☆

何人乗りか決まる際には、一つの目安になりますね。

スポンサードリンク

7人乗りシエンタで、安心のカーライフ!!

ミニバンらしい7人乗りなら、たくさん人が乗れて、座席のスペースも広いので、どんな時も心配いらないですよね!

7人乗りの魅力
  • たくさん人を乗せられるスペースがある
  • 2列目がベンチシートなので、使い勝手が良い

たくさんの人を乗せられる余裕のスペース!

シエンタの7人乗りの魅力といえば、たくさん人を乗せられるスペースがあるという事ですよね!

マイ(妻)
子どもがもう少し大きくなったら、スポーツクラブやお稽古ごとを習わせたいわ♪
ケンタ
だったら、この7人乗りは役立つかも!お友達も乗せてあげられるから重宝しそうだ!

2列目のベンチシート仕様は緊急事態にも対応できる?

急に訪れる緊急事態。そんな緊急事態が起こっても7人乗りシエンタなら、安心です!なぜなら、2列目がベンチシートで、凹凸もないからです☆

こんな時に便利
  • 急に気分が悪くなったら2列目で横になれる
  • 赤ちゃんのオムツ替えなども2列目シートで楽々

子どもの車酔いや、赤ちゃんのオムツ替えは突然やってきますよね?ちょっとしたピンチです(笑)ですが、そのピンチにも柔軟に対応できるのが、7人乗りなんです。6人乗りのシエンタは、真ん中に収納スペースがあり、そのまま横になることができません。ですが、7人乗りならベンチシートで子どもならすっぽり横になれるサイズ感です。急なピンチにも対応できるので、安心ですね。ベンチシートは使い勝手が良いですね!

5人、6人、7人乗りはグレードで決まる!

車のグレードってかなり複雑なものがあったりして、よくわからないですよね。シエンタの5人乗り、6人乗り、7人乗りもグレードで決まるのですが、とーっても分かりやすいんです!

シエンタのグレードと乗車人数
  • G Cuero…7人乗り
  • G…6人乗り
  • X…6人乗り
  • FUNBASE G…5人乗り
  • FUNBASE X…5人乗り

どうですか?とっても簡単にグレード分けされています!グレードごとに細かく何が違うのかを知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

シエンタで新たに加わったのが「FUNBASE」というグレードの5人乗りということですね。車の大きさは全て同じなので、車内の乗車人数だけが変わるということですね!乗車人数が違うだけでも、それぞれに魅力的があるので迷ってしまいますよね〜!

スポンサードリンク

まとめ

  • 5人乗りの「FUNBASE」は家族でアウトドアなどのお出かけができるシエンタ
  • 6人乗りは2列目がゆったりで、家族で快適ドライブができるシエンタ
  • 7人乗りはたくさん人が乗せられて、いざという時も安心なシエンタ
  • 乗車人数はグレードによって決まる

それぞれに特徴のあるシエンタは、とても魅力的ですよね!家族構成や、ライフスタイルに合わせて選べるので、自分の家族にぴったりなシエンタを見つけることができます。シエンタは自分も家族も大満足の1台だと言えますね。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です