シエンタの三列目は床下収納だった!使いやすさの秘密を発見!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

コンパクトミニバンといえばコレ!といっても過言ではないくらい有名なシエンタですが、コンパクトだけど大容量で、荷物も人もいっぱい乗れるのが最大の魅力ですよね。一番大きいサイズで最大7人まで乗れる車内は、3列シートで前から2+3+2で座れる設計になっています。

そこで気になるのが、あんなにコンパクトで本当に3列ちゃんと座れるのかですよね。今回は、実際はどうなのか徹底調査したいとおもいます☆

スポンサードリンク

三列目を収納すると?

大人数移動にもしっかり使えることが分かりましたが、コンパクトカーだと手狭で乗り換えたい、家族でキャンプにハマった!という人は、シートアレンジも気になりますよね。

シエンタの3列目は収納することができます。それも、2列目の下に収まるようになっているので、荷室が広く使えるのが特徴です。トランクの開口部も縦横共に広くなっているので、荷物の出し入れもしやすくなっています。

引用先:トヨタ公式HP

高さもあるため、ベビーカーもそのまま乗車可能です。ここまで広ければ、家族みんなの荷物だけでなく、テントや寝袋などのキャンプ用品も収まりそうですね。

ケンタ
家族旅行には充分な広さがあるね。これから外に遊ぶに行く機会が増えても対応できそう!
マイ(妻)
3列目の収納もしやすそうだし、これだけ高さがあるのは便利だね☆買い物の荷物も楽に積めて、毎日が快適になりそう!

雨の日やとっさの大荷物にも対応できるスペースは重要ポイントですね。

シエンタはラゲッジスペースがすごい

先にも説明した通り、シエンタの3列目は2列目の下に床下収納できます。3列目の収納は跳ね上げ式も多いですが、それだと幅を有効に使えず窓も塞がれてしまうことも多いため、この床下収納であればスペースを最大に使うことができます。

高さは十分で幅もきちんと確保してあるため、自転車は2台も乗せることが可能です。ラゲッジスペースがこれだけ広く使いやすいので、2人、3人家族でも持て余すことなく使い切れますね☆

また、2列目の跳ね上げがとっても楽ちんなので、子供をよく3列目に乗せる!というお母さんにも安心設計です。自転車を乗せても良し、ベビーカーを乗せても良しで街乗りも旅行も大活躍してくれそうですね♪

ずばりシエンタの3列目はこれくらい!

さっそくサイズから見てみましょう!2列目まで倒した、荷室の最長サイズは1,430㎜もありベビーカーもそのまま乗せられるほどのスペースがあります。

引用先:トヨタ公式HP

やはり、3列目は大人が2人乗るには窮屈そうに見えますね。しかし、リクライニングができたり、シートの品質も他の座席と同等という部分を考えると、この車体にこれだけのクオリティで仕上げたのはさすがトヨタといった感じです。

また、2列目の下に足が収まる設計になっているため、見た目よりもだいぶ座った心地は良さそう☆ベンチシートになっているので、乗り降りもしやすくなっていて、子供が横になっても大丈夫です。

ケンタ
運転はしやすそうだけど、やっぱり後ろはせまいなぁ。
マイ(妻)
そうねぇ。でも、おばあちゃんたちの送迎くらいならこれで充分じゃない?買い物に行くにもこれくらいのほうが便利かもよ。

大家族で長期旅行ということでもなければ、十分活躍してくれそうです!

そもそもシエンタのサイズって?

3列シートの車って大きくて取り回しが難しいというイメージがありますが、シエンタはコンパクトカーよりちょっと大きい、街乗り向きなミニバンです。

ミニバンの代表格である、Mクラスのヴォクシーやノアと比べるとかなりコンパクトで、このサイズ感で七人乗りというのはすごいですよね。分かりやすく、ヴォクシーと比べてみましょう。

シエンタVSヴォクシー

【シエンタ】

  • 車両重量㎏ 1,380(-240)
  • 長×幅×高さ㎜ 4,235(-475)×1,695(-40)×1,675(-150)

※()内はヴォクシーとの差

【ヴォクシー】

  • 車両重量㎏ 1,620
  • 長×幅×高さ㎜ 4,710×1,735×1,825
マイ(妻)
ヴォクシーで買い物はちょっと大変そうだけど、シエンタくらいのサイズなら普段も使いやすそう☆荷物もいっぱい入りそうだし急に大きい車はちょっと怖いもん。

車重と全長の差はかなりのものですね。これだけの差があって同じ3列シートを実現しているのはやっぱりすごい!3列目が少しくらい窮屈でも、取り回しのしやすさを考えるとシエンタはとっても優秀です。高さの違いはあまりないので、子供でも乗り降りは簡単にできそうです☆

スポンサードリンク

他のコンパクトミニバンと比べると?

自動車メーカー各社もコンパクトミニバンには力を入れていますが、超有名なちょうどいいホンダ!のフリードと比較してみましょう☆

ホンダ フリード
  • 車両重量㎏ 1,430(+50)
  • 全長×全幅×全高さ㎜ 4,265(+30)×1,695(0)×1,710(+35)
  • 室内長×幅×高さ㎜ 3,045(+510)×1,455(-15)×1,275(-5)

※()内はシエンタとの差

車体自体はちょっとだけフリードのほうが大きそうです。室内もフリードのほうが長く、若干足元も広いのでしょうか?やはり注目すべきはやはり室内の3列目シートです。

乗っている人の口コミを見てみましょう!

フリード派
  • 広々とはいかないが、大人が座って膝がぶつからない
  • 2列目がキャプテンシートでゆったり座れる
  • 2列目3列目がウォークスルー
シエンタ派
  • 大人だと膝が2列目に当たりそう。でも、3列目シートへのアクセスは、シエンタの方がワンタッチで2列目シートを折りたたむことができるので、簡単
  • 3列目が床下収納なので、横幅がしっかりあり荷物の出し入れが楽
  • 座面の高さがあって、自然な姿勢で座っていられる
  • 床部分に収納ボックスがあり、小物をまとめて収納できてバラバラにならない

室内の住環境はちょっとだけフリードのほうが良さそうですね。しかし、両車の大きな違いはラゲッジスペースのようです。シエンタの大きなアピールポイントは、3列目の床下収納!

フリードはよく3列目に人を乗せる家族。シエンタはラゲッジスペースを広く使って少人数で旅行に行く家族。と用途で選び分ける必要がありそうです。

マイ(妻)
うちはまだ家族の人数も少ないし、荷物やベビーカーの出し入れが多いから収納が使いやすいほうがいいな☆
ケンタ
そうだね。子供のことを考えると、シエンタの二列目がベンチシートになっているのもすごく魅力的だ!大きくなってキャプテンシートでじっとしていられるとは思えないしね。
スポンサードリンク

まとめ

  • 3列目が床下収納でラゲッジスペースが広い
  • 3列目を収納するとベビーカーがそのまま入る
  • シエンタは3列目もリクライニング出来てシートもいい
  • 一回り大きいヴォクシーと乗れる人数が一緒(7人乗りの場合)

シエンタのはコンパクトミニバンの中でもとても人気が高いですが、その理由がはっきりと分かりました☆高さがあって使いやすい車内で、シートアレンジも簡単にできる設計です。

このコンパクトな車体にこのラゲッジスペースはとっても魅力的ですね。街乗りも旅行も楽しめる、一挙両得な一台です

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です