シエンタのTRD製をご紹介!シエンタをもっとスタイリッシュに?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

シエンタ を購入!早速走行してみると走り心地も良い!良い買い物したーって思った後、車から降りて外観を見てみるとあれ?何か足りない、、、っていう経験ありませんか?

私はよくそういうことがあります。後何か足したらもっとかっこよくなるのにって。男のロマンですよね!そんな男のロマンにぴったりなパーツがなんとトヨタのTRDから発表されました。今回はシエンタ のカスタマイズパーツを紹介していきます。

スポンサードリンク

TRDって何?トヨタの子会社?

まずTRDって何ってなりますよね。車好きからしたらあー、TRDね ってなると思いますが、あんまり車興味ない人からしたらTRDって何?美味しいの?っていうレベルだと思います。

TRDというのはトヨタがレーシング用に作ったブランドです時計で言うとSeikoがGrandSeikoというブランドを作っている関係と似てますね。ですのでTRDはレーシングカー用の車のパーツも作ってますし、大衆カーをかっこ良くするためのパーツも販売しています。

つまり車好きの為のブランドですね!シエンタ にもTRDブランドのパーツが発売されており、カスタムーカーとしてトヨタがオプションとしての販売もしています。それではTRDのパーツを一つ一つ見ていきましょう☆

ケンタ
TRDはめちゃめちゃ有名だね!僕も良くネットでTRDのパーツ見て良いなーって思ってるよ。
マイ(妻)
確かにあなたよく車のパーツ見てるわね。でもうちの家計は厳しんだから買うのはほどほどにしてね。

車の足元をオシャレにする、エアロパーツ

やっぱり最初に気になる場所って車の足元ですよね☆どの車も純正では車の足元がかなり空間が空いておりかっこ良く見えないですよね。そこをうまく見せるのがエアロパーツなんです。

エアロパーツは元々車の空気抵抗を減らして早く走らせるために作られたパーツ類です。それを車のドレスアップとして使うと良いんじゃないかということで最近では速く走らせる為ではなくかっこ良く見せるために使っています。

では実際にTRDのエアロパーツをつけてどのくらいかっこ良くなるのか見てみましょう。エアロパーツは3種類に分かれます。

3種のパーツ
  • サイドスカート
  • フロントスポイラー
  • リアバンパースポイラー

スカートはイメージできるけどスポイラーって良く分からないですよね。

それでは写真で紹介していきます。

引用元:トヨタ公式HP

引用元:トヨタ公式HP

引用元:トヨタ公式HP

上から順にサイドスカート、フロントスポイラー、リアバンパースポイラーです。スポイラーは元々飛行機のブレーキに使われている言葉で、車の世界では空気の力で車体が浮かないようにする力(ダウンフォース)を生み出すものらしいです。

つまりレースではスポイラーは非常に必要な部品です。私たちの乗っている一般車ではスポイラーをつけても速度が遅いのであんまり意味がないみたいです。ですのでスポイラーはもはや車のドレスアップパーツになっています。

そして皆さんが気になるお値段ですが以下のようになります。

お値段
  • サイドスカート 54,000円
  • フロントスポイラー 38,800円
  • リアバンパースポイラー 36,720円
  • 取り付け工賃 25,000〜30,000円

カスタムカーで買うなら取り付け作業は入りませんが、後付けで取り付けようと思ったら作業が必要になります。この3つの写真を見てみるとどれも簡単につけられそうですね。

でも案外難しいらしいですよ。初心者がつける方法もありますが取り付けても外れることが多いそうです。取り付けるならディーラーに出した方が良いですね。

もしどうしても自分でやってみたいという方はYouTubeでエアロの取り付け方を動画で見てみてください。自分で取り付けられそうならDIYと思って取り付けてみてはいかがでしょうか。

シエンタではなくアクアのサイドスカートの取り付け動画ですが参考にしてみてください。

ケンタ
これなら自分で取り付けられるかもしれない。初DIYだけどちょっと挑戦してみようかな
マイ(妻)
取り付けるのはいいけど、段差でガリって擦らないでね

細かいところもスタイリッシュに、ガーニッシュ

エアロつけてもなんかもの足りないっていう気分になった人にはガーニッシュをオススメします。まずガーニッシュとは何でしょうか。

ガーニッシュというのは装飾品という意味です。エクステリアとも呼ばれています。つまり見た目を良くするためのオプションですね。エアロパーツもガーニッシュの一部と言えなくもないですが、一応エアロとは分けられています。

引用元:トヨタ公式HP

引用元:トヨタ公式HP

このようにサイドスカートの上のメッシュはサイドガーニッシュといい、リアバンパースポイラーの上にあるメッシュをバックドアガーニッシュと呼びます。ワンポイントでちょうどいいですね。

お値段は以下のようになります。

お値段

サイドガーニッシュ 18,360円

バックドアガーニッシュ 9,720円

スポンサードリンク

地味な場所でも結構違う、アルミホイール

車屋に行くと沢山ホイールが飾られてますよね。大体それらのホイールの間が持ち手みたいになっていて持つ事が出来ますよね。一方でホイールが黒くて持ち手がなく困るホイールもありますよね。実はホイールって2種類あるんです。

その2種類とはスチールホイルとアルミホイールです。スチールホイールは鉄チンホイルとよく呼ばれており、ホイールの上にカバーを取り付けています。ホイールが真っ黒で(シルバーのものもありますが)ホイールの中央にネジの穴が空いてます。

よく車を運転していると前輪だけ黒いホイールで走ってる車を見ますよね。あれがスチールホイールです。スチールホイールは普段はホイールの上にカバーをつけています。

一方アルミホイールはよく最近見る星型のホイールです。よく店頭で売られているのはほとんどアルミホイールです。このホイールは内側にあるブレーキまで見えますよね。そしてホイールの内側が持ち手になっています。

アルミホイールはスチールホイールに比べてメリットが多いです。それではアルミホイールのメリットを見て行きましょう☆

アルミホイールのメリット
  • ブレーキの放熱性が高くブレーキがよく効く
  • スチールホイールより軽い傾向があり、軽い分燃費が良くなる
  • 色々のデザインの製品ができる

このようなメリットがあります。

坂道が多い場所にお住いの方はブレーキ性能が落ちないアルミホイールにした方がいいかもしれないですね☆

アルミはスチールより軽いです。ですので基本的にアルミホイールの方が軽い傾向があります。そして車体全体の重量も軽くなり結果的に燃費が良くなります。何十キロの差は車にとっては微々たるものに思えますが案外燃費に影響します。

先ほどアルミホイールは軽い傾向があると言いました。しかしアルミホイールの方が重い場合があります。それはアルミがスチールと同じ強度を出すために沢山のアルミを使う場合があるからです。アルミは基本的にスチールより強度がないです。なので大型トラックではスチールホイールが使われています。

アルミホイールはスチールホイールより形の自由度があり様々な形を作れます。ですのでデザインを求めるホイールはアルミホイールなんですね。

また実際にスチールホイールからアルミホイールに変更した人から話を聞くとアルミホイールの方が乗り心地が良くなるということをよく聞きますよ☆

TRD製ホイールは2種類から選べる

それではTRDのホイールを見ていきましょう。TRDはもちろんアルミホイールを作っており、シエンタのモデルでは2種類のホイールから選ぶことが出来ます。

引用元:トヨタ公式HP

引用元:トヨタ公式HP

上側がKYOHO製ザインレーシング,下側がKYOHO製スマックスフィールダーというホイールです。このホイールはKYOHO製ですがTRDブランドのホイールになっています。TRDもさすがに全ての製品は作れないのである部品を作るのが得意な会社に製作を依頼しているのだと思います。

ケンタ
僕はスマックスフィールダーが好きだね。ガンメタの光沢は何か惹かれるものがあるね
マイ(妻)
私はザインレーシングの方が好きよ。なんか明るくてピカピカしているイメージだわ。

このように人によって趣味は別れると思いますがそこがまた良いと思います。気になるお値段ですが、以下のようになります。

ホイールお値段
  • ザインレーシング 4本 47,520円
  • すマックスフィールダー 4本 58,320円
  • タイヤ取り付け工賃 4本 4,000円

カスタムカーだとタイヤ交換しなくて良いですが後づけの場合はタイヤ交換が必要です。タイヤは簡単に交換できるのでこの機会に自分で交換してみると良いと思います。

夜の運転でも安心、ライト部品の交換

夜の運転って怖いですよね。道は暗いし歩行者は見えないし。黒い服を歩いている人なんて全く見えないですよね。下手したらぶつかってしまうかもしれません。ヘッドライトの性能ってすごく大事ですね。

まずヘッドライトの種類ってどれだけあるか知っていますか。

ケンタ
ヘッドライトって沢山あるよね。最近よくLEDライトを聞くからLEDライトが良いんじゃないかな

最近確かにLEDライトが有名ですよね。ではヘッドライトはどれだけ種類があるのか見ていきましょう。

ヘッドライトの種類
  • ハロゲン
  • HID
  • LED

まずハロゲンライトは昔から良くあるライトです。基本的には家の電球と一緒です。ですが電球に中にハロゲンという気体を入れて家庭用の電球より明るくなるようにしています。ハロゲンライトは熱を持ちやすく電球なのでライトが突然つかなくなります。しかし安価なので車の標準装備でよく付けられています。

HIDライトはヘッドライトの中で一番明るいです。HIDは真っ白の太陽光に近い色を発します。ですので夜でも昼のように明るいライトです。しかしHIDライトは点灯する時と消灯する時にライトにすごく負担がかかるので寿命が短いです。

LEDライトはHIDライトより明るくないですが普通に明るいと思える明るさがあります。LEDライトの一番の特徴は寿命が長いことです。HIDライトの十倍以上の寿命があります。

ですので究極の明るさを求めるならHIDライト、ある程度の明るさと寿命を求めるならLEDライト、値段を安くするならハロゲンライトになります。ですので車を購入したときに標準で装備してあるのは一番安いハロゲンライトなんですよね、、安全のためにもLEDやHIDライトを標準で装備してほしいですね。

気になるTRDのヘッドライトは

さてそれではTRDブランドのヘッドライトはどうなってるのでしょうか。ちなみにライトのことをバルブと呼びます。なんとTRDはハロゲンバルブでした。こんな感じです。

引用元:トヨタTRD公式HP

左側は標準のライトで、右側はTRDのハロゲンバルブです。同じハロゲンバルブでもTRDの方が明るいですね。TRDがなぜLEDではなくハロゲンライトにしたのかわかりませんが、TRDのハロゲンバルブは標準のものよりかなり明るいそうなので安心ですね☆

ちなみにお値段は以下のようになります。

お値段
  • TRDハロゲンランプ ロービーム用 8,640円
  • TRDハロゲンランプ ハイビーム用 4,000円
  • 取り付け工賃 約500円から1,000円
ケンタ
ハロゲンライトでも明るいから大丈夫かな。もし暗いようならLEDライトを買い直そう

ところがTRDハロゲンバルブではカスタムカー扱いで売られておらず、別途入手する必要があります。ライトの取り付けも案外簡単なので練習だと思って取り付けてみてはいかがでしょうか。

ウインカーのライトも!

ウインカーってオレンジ色に光りますよね。ライトのカバーの上からオレンジ色が目立ちちょっとかっこ悪いなって思うかもしれません。そんな方にはウインカーバルブをお勧めします。

引用元:トヨタ公式HP

ご覧の通り見事にウインカーバルブの色が消えてますね。これでヘッドライトは綺麗に見えますね。

その他のTRDオプションパーツをご紹介

他にもTRDの細々なしたパーツをつけることが出来ます。それでは見ていきましょう。

その他のTRDパーツ
  1. TRDスピーカーセット
  2. サンシェード
  3. ドアハンドルプロテクター
  4. フェールキャップガーニッシュ
  5. プッシュスタートスイッチ

1、TRDスピーカーセット

車で音楽を聴いてて何か物足りないなと思うときありますよね。そんな時はTRDのスピーカーセットです。あのイヤホンで有名なJBL製のスピーカーをTRDブランドで出しています。JBL製のものだと外れはないのでお勧めですね。

引用元:トヨタ公式HP

お値段はフロント用が21,600円で、リヤ用が16,200円です。音楽が好きな方はぜひカスタマイズしてみてくださいね☆

2、サンシェード

夏場、車を外に止めておくと日光が入って暑くなりますよね。キャンプによく行ったりする人にはサンシェードが必要だと思います。シエンタをTRDカスタムで買うならついでにサンシェードも買っちゃいましょう。

引用元:トヨタ公式HP

フロントガラスの正面とサイドがガード出来ます。市販のものと比べて遮光性が高く、大きさがシエンタにぴったり合います。お値段は18,360円です。

3、ドアハンドルプロテクター

毎日開くドア。どんな気を付けていても引っ掻きキズが出来ます。車の色によっては引っ掻きキズはすごく目立ちますよね。そんな時に使えるのドアプロテクターです。こんな感じです。

引用元:トヨタ公式HP

黒くてかっこいいですね!お値段は一台分で6480円です。

4、5、フェールカップガーニッシュ、プッシュスタートスイッチ

まずフェールカップは給油口を開けた時の黒いフタですね。フタの部分にがガーニッシュ(装飾品)としてTRDマークをつけられます。TRDが大好きな方にはオススメですよ。

引用元:トヨタ公式HP

次はプッシュスタートスイッチですね。スタートスイッチにTRDマークをつけれます。正直にいうとこの2つは見えないところのカスタマイズなのでTRDがよっぽど好きじゃないといらないかもしれません。一応紹介しておきます。

引用元:トヨタ公式HP

イメージはこんな感じですね。フェールキャップガーニッシュが1,080円、プッシュスタートスイッチは15,120円です。お好きな人はどうぞ☆

TRDカスタムカーの外観

さて全てのTRDパーツを見ていきました。このパーツ類を全て装着するとどうなるのでしょうか。シエンタのノーマルとTRDモデルで比べてみました。

引用元:トヨタ公式HP

引用元:トヨタ公式HP

ノーマルと比べるとやっぱりカッコよくなりますね。お金に余裕があれば是非TRDのカスタムカーにしたいですね☆

ケンタ
こう見るとカッコいいなあ。やっぱりエアロパーツがつくと疾走感が出るね。エアロパーツは買ってもいいよね、ママ
マイ(妻)
仕方ないわねー。エアロパーツだけよ。さっきも行ったけどたださえ生活に余裕ないんだから出来るだけ安く済ませてね。
スポンサードリンク

まとめ

  • エアロパーツは高いが車がカッコよく変身
  • ホイールの交換でオシャレ度アップ、乗り心地も快適に☆
  • ヘッドライトはTRD製がオススメ、もしダメだったらLEDライトに
  • ウインカー周りもオレンジを消して統一感を演出
  • 音にこだわりたい人はTRD製のスピーカーに変えよう
  • TRDが大好きな人は見えないところのこだわりもアリ

いかがだったでしょうか。やっぱり男ならカスタムカーにしたいですよね。最近は女性もカスタムカーに乗っているいてかっこいいですね。このようにTRDはスタイリッシュなカスタムモデルを売っているのでシエンタを買う時はついでにTRDモデルにしちゃいましょう☆

またにシエンタを購入してしまった方も後からパーツを購入できるのでカスタマイズして自分だけのシエンタにしてみてください。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です