ヴェルファイアの内装はとってもゴージャス!魅力を徹底調査!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さんは車購入を考えてる時って何を基準に決めていますか?車って高い買い物だからやっぱり失敗したくないし、だからといって妥協もしたくないですよね。なるべく自分の理想に近い車を探すためのリサーチは絶対に必要です。

僕の今気になっている車がトヨタのヴェルファイアなんです。あの高級感ある感じと広そうな内装・・『大空間高級サルーン』いうテーマで開発されたヴェルファイアはテーマからして意味はわからないがなんだか凄そう!とますます気になりだしました。

そこで今回はゴージャス感満載なあの内装を詳しく調べてみることにしました。

スポンサードリンク

ヴェルファイアの内装ってどんな感じ?

車内が広々していて開放感バツグンのフラッグシップミニバンらしい内装を持っているのがヴェルファイアです。フラッグシップとは一般的に、その会社で展開されている製品の中でも、最上級に位置する製品を指します。

その最上級と言われるヴェルファイアの内装は一体どんな感じなのかとっても気になりますよね!高級感にこだわっているからこそ、車内の中はとっても豪華な作りになっているらしいです。豪華と聞いて、僕もだんだん興奮してきました!さっそく見てみましょう。

運転者が興奮!迫力満点な豪華でかっこいいコックピット!!


引用:トヨタ公式サイト

運転席周りはダッシュボードやドアトリムが高い位置にあり、高級車らしく運転手をしっかりと包み込むようなデザインになっています。包み込むような形って体をしっかり支えてくれるうえに、なんだか守られているような感じがしますよね。

パネルもブラックウッドと合皮のダッシュボードで質感は非常に高いです。助手席側は窓の開閉ボタンの周りなど所々にメッキパーツが装飾されていて、高級感が高くなっています。小さなパーツの部分にもしっかりと高級感を出すこだわりは素晴らしいですね。

ハンドルは本革とブラックウッドのコンビで、オーディオの操作、マルチインフォメーションディスプレイの表示切替え、さらにはLEDルーフカラーイルミネーションの色の選択などがステアリングスイッチで行えます。ステアリングから手を離さずに操作できるので、快適な運転が楽しめます。

ケンタ
めちゃめちゃカッコいい運転席だなぁ!座り心地も良さそうだし、快適に運転が出来そうだね。
マイ(妻)
ハンドルを離さずに、運転しながら色々な操作が出来るなんていいわね♪

4つの個性が光る、見やすくて先進的なオプティトロンメーター

新型ヴェルファイアが搭載するオプティトロンメーターはガソリン車用・ガソリン車用(エアロ専用)・ハイブリッド車用・Executive Lounge専用の4タイプを加飾およびカラーリングで差別化しています。

ガソリン車用

ガソリン車用(エアロ専用)

ハイブリッド車用

Executive Lounge専用

引用:トヨタ公式サイト

新人ディーラー
オプティトロンメーターはトヨタの商標であり、メーカーによって呼び名は異なりますが原理的には同じです。ドライバーには文字盤や針自体が発光しているような印象を与え、高級感を演出するだけでなく目でみたときの見やすさも高いんです。
ケンタ
エグゼティブラウンジのオプティトロンメーターなんてゴールドだもんね!キラキラしてて高級感溢れてるよ!!

車内のこだわりは?

室内空間はとにかく広く快適で、高級ホテル!?と思わず感じてしまうほどです。車内が広いミニバンランキングでもなんと第1なっているんです。車内のこだわりもたくさんあるのですが、その中でも僕が気になったこだわりがこちらの2点です。

助手席スーパーロングスライドシート

キャプテンシートを装備したZ“A エディション”(ガソリン車)にのみ標準となる装備で、セカンドシートと共通のロングスライドレールの採用により、最大1,160mmのスライドが可能です。後席位置まで助手席をスライドさせ、オットマンを利用すれば、足を前にゆったりと伸ばしてくつろぐことができます。これなら長距離ドライブでも体に負担もかからず楽しいドライブになりそうですね。


引用:トヨタ公式サイト
ただし、このスーパーロングスライドシートはハイブリッドには用意されず、ノーマルエンジン車のみの設定となっているので注意が必要です。

マイ(妻)
何これ!まるで飛行機のファーストクラスだわ♪もし購入したら毎日リッチな気分が味わえるわね♪

大容量の収納

新型ヴェルファイアの内装・インテリアは収納スペース・小物入れも充実しているそうです。特に運転席周りの収納スペースの充実度は素晴らしいです。ではいくつ収納があるのか見てみましょう。


引用:トヨタ公式サイト

収納スペース
  • 1.コンソールリヤエンドボックス
  • 2.グローブボックス(ランプ付)
  • 3.センターアッパーボックス
  • 4.運転席ロアボックス
  • 5.オーバーヘッドコンソール
  • 6.運転席・助手席カップホルダー
  • 7.フロントドアポケット&ボトルホルダー
  • 8. スライドドアボトルホルダー
  • 9.リヤクォータートリムサイドボックス(運転席側)&ボトルホルダー&トレイ
  • 10.大型ハイグレードコンソールボックス
  • 11.ハイグレードコンソールボックス
  • 12.運転席・助手席シートバックポケット(ボードタイプ)&後席用アシストグリップ
  • 13.運転席・助手席シートバックポケット&買い物フック(運転席
  • 14.カップホルダー(各席1個)
  • 15.携帯・スマホホルダー(アクセサリーコンセント[AC100V]付)
  • 16.ファイルホルダー(物落ち防止スペーサー付)

このように大きな物が入るスペースはもちろん、小さな小物や飲み物そして雑誌などが収納できる場所がなんと16ヶ所もありました。しかも、その半分近くが運転席周辺にありましたね。置く場所が決まっていてサッと手が届くと運転にも支障がでないしとてもいいですよね。

特に注目の収納はこちら

6.運転席・助手席カップホルダー

運転席前と助手席前にカップ飲料が収納出来るホルダーが備わります。加飾が施されたスライド式の蓋が付くので、使わない時は外観を損ねません。

11.ハイグレードコンソールボックス

2個分のカップホルダーと、スライド式の蓋と中段トレイが備わる収納ボックスが付きます。ボックスティッシュが収納出来るなど、十分な容量があります。

15.携帯・スマホホルダー(アクセサリーコンセント[AC100V]付)

アームレスト部に備わるポケットで、携帯やスマホが収納出来ると同時に充電する事が可能です。

16.ファイルホルダー(物落ち防止スペーサー付)

アームレスト部横に備わる書類入れで、「物落ち防止スペーサー」の効果で中にペンなどを落としてしまっても前方に滑り落ちて来る仕掛けになっています。

ティッシュは意外と置く場所に困りますよね。でもこれだけ充実していれば、ヴェルファイアの高級感を損なうことなく必要なものが置けますす♪ちょっとしたことですがこういった小さな工夫がありがたいですね。

スポンサードリンク

高級サルーンの”サルーン”ってどういう意味?

自動車などで「サルーン」という言葉をよく聞くけど、どんな意味なのかは知らない…。という方が多いのではないでしょうか。

車のサルーンは、セダンと全く同じ意味なんです。座席が2列合計4席以上、側面に2枚もしくは4枚のドアがあり、側面に4枚の窓がある箱型の乗用車とされています。『セダン』はアメリカ英語、『サルーン』はイギリス英語という違いがあります。また『サルーン』は、ホテルなどの大広間・飛行機の客室・船舶の談話室・食堂・サロン」といった意味を持っています。

新人ディーラー
高級サルーンオーナーが後部座席にゆったりと座り寛ぎ、快適な空間で悠々と移動することが出来る喜びやこの車を運転するという事ではなく、後部座席に座れるという至福感を満たしてくれる車のことです。そのため、後部座席や室内空間に力を入れている車が『高級サルーン』には多いということなんです。
ケンタ
なるほど!運転する人のためではなく、『乗せてもらう人』いわゆる後部座席に乗る人の事を最優先に考えて作られた車なんだね。

内装のこだわりが決まったならやっぱり外観もこだわりたいところですよね。車の色は2種類ですが、グレードはなんと17種類もあるらしいです!グレードについては、ヴェルファイアのグレ―ド知ってる?見た目もオシャレに変身!を参考に見てみてください!

スポンサードリンク

まとめ

  • オプティトロンメーターは4タイプ。加飾およびカラーリングで差別化!
  • 最大1,160mmのスライドが可能な助手席スーパーロングスライドシート
  • 大容量の収納が充実している!
  • 後部座席にゆったりと座り寛ぎ、快適な空間を味わえる『大空間高級サルーン』

外観はなかなかの存在感があるヴェルファイアですが、車内へのこだわりがとても強く、乗る人への配慮が凄く考えられている車だと思いました。色々な組み合わせを考えることができる楽しさと、購入した後も満足できる乗り心地は僕にとっても気になる車の一台です。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です