ヴェルファイアのキャンピングカーはあるの?自分でも作れる?

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

突然ですが、キャンピングカーって憧れません?自由気ままにドライブを楽しみながら、夜はそのまま車中泊。まるで秘密基地のような非日常感。想像しただけでワクワクしちゃいます♪

でも現実的に考えたら値段が高そうだし、見た目がいかにもキャンピングカーだと注目を集めそうで恥ずかしいかも……。それに車を買うなら車体のデザインにもこだわりたいし……。

そんなあなたにオススメなのが、ヴェルファイアから作られたキャンピングカーです!

スポンサードリンク

ヴェルファイアのキャンピングカーなんてあるの?

高級感あふれるデザインが魅力のヴェルファイアですが、一般的なキャンピングカーのイメージとはちょっとかけ離れているかもしれませんね。

でも実をいうと、どんな車種でもキャンピングカーに変身できちゃうんです♪

下の写真はよくみると黄色ナンバーですね!こちらは「ジャパンキャンピングカーショー2019」に出展された『テントむし』という名前の軽キャンピングカーです。可愛いですね~♪

引用元:JRVA event.com テントむしの情報

ほかにもワゴン車マイクロバスから軽トラまで、いろんな車種のキャンピングカーがあるんですよ☆

ヴェルファイアから生まれた高級キャンパー『バルテオ』

そしてヴェルファイアアルファードをベースにして作られたのが「バルテオ」という名前の高級キャンピングカーです♪

外から見たら普通のヴェルファイアなのに、車の中はこんな感じになっています★

引用先:Barutheo公式サイト

す……すごい……!!!

なんというかタワーマンションの上層階にあるデキる男のプライベートルームっていう感じです。もし窓の外に広がっているのが都会の夜景だったらもう完全にそれです。これからキャンプに行くなんて雰囲気はみじんも感じられません(笑)

この「バルテオ」を製造販売するのは「MYSミスティック」という会社です。出来上がった車両を購入できるのはもちろんのこと、すでに持っているヴェルファイアを持ち込んで制作してもらうこともできるそうですよ。

標準装備
  • 乗車定員5名(就寝できるのは大人2名・子ども2名)
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • インバーター
  • 給排水タンク各10リットル
  • 天井・一部サイドの断熱
  • その他ソーラーパネル、大型LEDなど

価格はいくら?

こんなに装備の良いキャンピングカーってやっぱりお高いイメージがありますよね(汗)料金が気になってしまったのでこちらも調べてみました!

ケンタ
こんな車に乗ってみたい気持ちはあるけど、やっぱり高いんだろうな~
マイ(妻)
普通にヴェルファイアを買う場合と比べたらどのくらい違うのかしら?

通常のヴェルファイアはグレードによって、およそ337万円~750万円という価格帯ですが、こちらの「バルテオ」はいくらくらいするのでしょう?改造前と後とで比較してみました!

「バルテオ」価格比較表

【グレード:通常価格→「バルテオ」の価格(差額)】の順に記載。

  • X:3,646,166円→5,124,400円(1,478,234円UP
  • Z:4,011,249円→5,507,500円(1,496,251円UP
  • ZA:4,241,030円→6,145,100円(1,904,070円UP
  • V:4,543,128円→5,929,700円(1,386,572円UP
  • VL:5,024,160円→6,853,500円(1,829,340円UP
  • ハイブリッドX:4,735,584円→6,008,000円(1,272,416円UP
  • ハイブリッドV:5,396,932円→6,634,000円(1,237,068円UP
  • ハイブリッドZR:5,550,120円→6,774,000円(1,223,880円UP

※いずれも税込み。通常価格についてはトヨタ自動車WEBサイトに掲載されているものを消費税8%で計算(端数は切り捨て)。

※2WDのみ掲載。

比べてみると、通常の価格に約122万円~190万円上乗せされた金額が必要になってくるんですね。ちなみに自分で所有するヴェルファイアを持ち込む場合は2,104,000円(現行型の場合)で制作してくれるそうですよ☆

自分で改造すれば安く抑えられる?

ところで、上の価格表をながめていて僕はふと思ってしまいました。

『どうにかしてもっと安く抑えられないものか?』と。

もちろんこれだけ高級感あふれる内装なので、当然のお値段なのは分かっているのですが…。もしかして、ただベッドとかを設置するだけなら自分でも作れるんじゃないかな…?

自分でも改造できるか検証してみた

というわけで、自作キャンピングカーを作っている方々のブログなどを参考にしながら、自分でもヴェルファイアを改造できないか検証してみました!

必要度が高いと思われる設備から順を追ってご紹介していきます♪

その1.寝るスペースを作る

まずはこれがないと始まりません!疲れた体を癒すための就寝スペースです。

マットレスを敷こう!

シートの隙間や凹凸が気になっては熟睡できませんから、とりあえずマットレスを敷いてみましょう!車中泊用のマットレスで検索するといろいろ出てきます。

しかし薄いマットレスだとシートの感触が伝わってしまうため、空気を入れて使うエアマットレスを使うのも手ですね。こちらは安くて2,000円くらいから高いもので20,000円以上するものまであるので、どこまで寝心地を追求するかで価格も変わってくるでしょう。

カーテンをつけよう!

さらに外からの視線を避けるため、そして窓からの冷気や日差しを遮断するためにもカーテンは必須です。こちらは安いもので約600円から買えてしまいます。

しかしこれは経験談なのですが、以前かなり安いカーテンを見つけたので買ってみたら、吸盤が弱くてすぐに落ちてしまいました……。安ければ良いというものでもありませんね。そのあたりの見極めも肝心です。

ちなみにヴェルファイアの純正カーテンはおよそ50,000円台で購入できます。ドレープタイプで見た目が美しいほか、遮光機能もついているようです。

その2.断熱する

車中泊をするときに注意しなければならないのは、暑い日に車内が高温になったり、逆に冬場は極寒になったりすること。きちんと対策をとらないと命にかかわることもあるので注意しましょう。

さきほどのカーテンを断熱シートに替えれば、窓からの温度変化と遮光の問題を同時に解決することができます。

この断熱シートは商品としても数千円~2万円台で販売されていますが、住宅用の外壁断熱材や市販されているアルミシートで手作りしてしまう方もいるようです。

こちらの方はレジャー用のアルミマットを使って2,500円で自作されていました★

その3.電気を使えるようにする

ここまでは睡眠環境をととのえてきましたが、電子機器の充電等ができたらさらに快適ですよね♪電気が使えればテレビや冷蔵庫だって置けちゃいます★

車内で電源を取るためには、次の三つの方法が考えられます。

サブバッテリー方式

快適に電気を使えるようにするための一つ目の方法は、車を動かすのに必要なメインバッテリーのほかにサブバッテリーを取り付け、そこから電源を取る方法です。

先ほどご紹介したヴェルファイア仕様のキャンピングカー「バルテオ」でも、このサブバッテリー方式がとられていました。これはキャンピングカーに多い方式なんだそうです♪

サブバッテリー方式のメリットとデメリットは以下の通りです。

デメリット
  • 大きくて場所をとる(車内スペースが狭い場合)
  • 約20㎏と重いため燃費が悪くなる
  • 後付けの場合、家で充電しなければならない
メリット
  • エンジンを切っても暖房を使えるようになる(FFヒーター)
  • 2つ以上並べればエアコンも稼働できる

「大きくて場所をとる」というデメリットに関しては、ヴェルファイアくらいのサイズがあれば問題なさそうです。また、燃費についてはヴェルファイアの燃費ってどうなの!?他車とも比較し徹底調査!!の中で燃費をよくする走行テクをご紹介していますので、あわせて読んでみてください☆

ちなみに家で充電する以外にもソーラーパネルを取り付けて走行しながら充電する方法もありますが、曇りや雨の日には充電できないのが難点です。

大容量バッテリー方式

二つ目は車載用バッテリーの中でも容量の大きい大容量バッテリーですが、こちらはサブバッテリーと比べると約半分しか充電できません。

しかしシガーライターやUSB、コンセントがこれ一つについているので簡単に使用することができます。さらに野外で持ち運ぶこともできるので、キャンプと車中泊の両方に役立つのが魅力です☆

発電機方式

そして最後は発電機です。サブバッテリーと大容量バッテリーの弱点は充電量を気にしないといけないことでしたが、発電機を使えばそういった心配をしなくて済みます。

しかし最大の難点として音がうるさいことと、予備のガソリンを携帯しなければならないこと、そして重量もサイズも大きいことが挙げられます。燃費や周囲への迷惑も考えるとあまりおすすめできません。

こうして比較してみると、二つ目の大容量バッテリーを使うのがいちばん簡単そうですね。価格は1万円前後ですが、野外で持ち運べたりUSBがついていたりとメリットも多いので、購入を検討する価値はあるでしょう。

その4.水回りを整える

いよいよ最後は水回りです!とはいっても車内で水を使えるようにするのはハードルが高そうですよね……。

シンクや蛇口などを自分で後付けする方法もありますが、こちらの動画の方はペットボトルでも十分だとおっしゃっていました。

もちろん一人の場合と違って、家族連れの場合は必要な水の量も増えると思います。

しかし実をいうと、正規のキャンピングカーでも貯水タンクを取り外して洗うことはできないため、飲み水や調理用水はきれいなものを用意しなければならないそうです。それなら単にポリタンクを常備するだけでも良さそうですね。

補足と注意

キャンピングカーのような設備を自分で取りつける場合、運転中に物が倒れたり、引き出しが開いたりしてしまわないよう注意が必要です。

また、車内で調理をする場合は、換気をしっかりしないと一酸化炭素中毒になってしまう恐れがありますのでご注意ください。

本格的に自作するとこんな感じ!

さて、ここまで色々と説明してきた自分がいうのもなんですが、なんかコレジャナイ感が否めないんですよね……。

マイ(妻)
う~ん…これじゃなんだかキャンピングカーっていうより、車中泊をちょっと快適にしただけっていう感じじゃない?
ケンタ
たしかに…。やっぱり自分で作るなんて無理なのかな~?

ネットで調べてみると、愛車をキャンピングカーに改造している人は意外とたくさんいることが分かります。天井のシートを剥がして断熱材を入れたり、木材を加工して平らな床を作ったりと、かなり大がかりな改造をほどこしている方もいるようです。

その中でもこちらのアメリカ人女性は、なんと2年8か月もかけて本格的なキャンピングカーを手作りしてしまったそうです!やろうと思えばできるんですね!

とはいっても、ここまでこだわると労力も半端ないし、それなりに費用もかかりそうです。それに素人が簡単に真似できることではありません。いや~本当にすごいな~。

ヴェルファイアでの車中泊についてはヴェルファイアで車中泊をしよう!快適に過ごす必需品とは?!にも書きましたのでそちらもご覧ください♪さらに詳しいアイテムをご紹介していますよ☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

  • ヴェルファイアから作られたキャンピングカーがある
  • 通常価格と比べるとおよそ120万円以上よけいにかかる
  • 簡単な設備なら自分でも作れるし、本格的に改造できる人もいる

今回はヴェルファイアを改造してつくられた高級キャンピングカーと、自分で宿泊環境を整える方法についてご紹介しました!

プロが制作したものはとても快適そうでしたし、自分で手作りしてみるのも愛着がわいて楽しそうですね☆

ぜひご自身に合ったスタイルを探してみてください♪

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です