ヴェルファイアハイブリッド車の中古!知られざる秘密を大暴露!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

皆さんは車を買うなら、新車にしますか中古にしますか?ちなみに僕は新車にします。

でも、新車を買うとなると結構な出費になるし、コンパクトカーであればまだそこまでビックリする値段でもないのかもしれませんが、ヴェルファイアなどのファミリーカーとなると500万とかしてきます。ハイブリッドなんていったら、それ以上の値段が予想されますね・・・。

少しでも安く抑えるためにも、中古を選びたいところですけど、以前誰かが乗っていたわけですから性能に問題はないのか、とか心配になってしまいますよね?中古ってどうなんでしょうか?新車と中古で比較してみました!!

スポンサードリンク

ヴェルファイアハイブリッドを買うのなら新車or中古

引用:トヨタ公式HP

ヴェルファイアハイブリッドの購入を考えている人は、新車を購入するのか中古を購入するのかどちらなのでしょうか?また、その理由はなんなのでしょうか?

ヴェルファイアハイブリッド値段比較

ヴェルファイアハイブリッド車の『新車価格』:約411万~550万円

ヴェルファイアハイブリッド車の『中古価格』:約283万円~

比較のために、新車の値段も記載しました。型式によって多少の変動はありますが、大体このくらいの値段になります。ヴェルファイアは人気車であり、兄弟車のアルファードよりも若干高めの値段設定となっているそうです。

当然のことながら、中古車でも年式や程度によって値段も上がります。さらに、人気車という点を考えるとより高額になると予想されます。そうなると、新車を値引きした時の値段とそこまで大きく変わらないため、中古を購入するメリットはそんなにないのかもしれません。

安さを選ぶなら多走行距離車

中古車の価格を決定するのは、基本的に修理歴の有無、年式、走行距離と言われています。

修理歴がある場合は、しっかり修理されているとはいえ一度壊れているわけですから、ちょっと怖いですよね?

年式も出来れば新しいタイプのものが欲しいと思うものだと思います。それでも安さを選ぶのなら年式が低いものを選ぶのもアリかもしれませんが・・・。そうなると残るは走行距離を基準に考えることになります。

ヴェルファイアくらいの車となると構造がしっかりしているためちょっとのことでは壊れないといわれています。そのため、多少走行距離があっても問題ないのです!!

車の購入を考えている人は少しでも安く手に入れたいと考える人が結構いると思います。安さを求めるならヴェルファイアであれば、多走行距離車がオススメです。

新古車を選ぶのもアリ

新古車とは販売店で一旦車登録したものを中古車として販売している車のことをいいます。

そのため、内装は新車の状態ですし、保証も残っているのです!!それでいて、価格は新車を値引きした時よりも安いのです!!!!

マイ(妻)
内装もほぼ新品なのに、安いなんて素敵☆

ただ一つ、デメリットとしては、中古にも言えることですが新車と違い自分の好きなカラーやグレードを選ぶことが出来ないということ。

内装やオプションにこだわりが無いうえに、安く手に入れたい、でも中古はちょっと・・・という人は新古車の購入がいいのかもしれませんね☆

ヴェルファイアの中古車を選ぶ上での注意点

中古車は新車よりも安く買うことが出来ます。しかし、いくつかの注意点を守らなければ逆に損をしてしまうことも考えられるのです。

中古車を選ぶ際の注意点
  • 高年式のものは避ける
  • ローンについて把握しておく
  • 短期で乗るのか、長期で乗るのかを明確にする

上記でも少し触れましたが、ヴェルファイアは人気車になります。

そのため、高年式のものになると中古でも新車に近い値段であることが予想されますので中古で購入するメリットがほとんどなくなってしまいます。さらに、新車の値引きは意外に大きいことからも型落ちを選ぶ方がいいといえるのです。

ローンは新車よりも中古の方が金利が高いといわれていますし、短期での乗り換えであれば新車の場合は買取価格が高いことが予想されるのです。

スポンサードリンク

中古車購入に伴うリスク

引用:公式HP

ほとんどの車は10万キロも走っているとあまり好んで購入されたりはしませんが、ベルファイアって実は10万キロ走っていたとしても売れるそうなんです。

なぜなら元値が高い上にそれだけ走っていると安いから。

でも、一定の距離数を走っているわけですから、新車に比べると後々のメンテナンスが多くなることが考えられます。

メンテナンス代は修理する箇所によっても大きく異なることがありますので、メンテナンスが必要かどうかのポイントを以下に挙げてみました。

エンジンの調子をチェックする

ある程度の距離を走っていると、どうしてもエンジンに何らかの異常は出てしまうもの。

中古車は基本ある程度の距離数を走っている車が売られています。エンジンの調子によっては高額なメンテナンス代がかかるのでしっかりとチェックしたほうが良さそうです。

チェックすべき項目
  • エンジンの掛かり具合
  • 空ふかしした際の音
  • マフラーから出る煙の量と色
  • タコメーター(エンジン回転数計)の針
  • タイミングベルトの交換の有無

エンジンを掛けてみて、一発で掛からない場合はバッテリーが弱まっていたり、点火系に不具合がある可能性があります。

また、エンジンが掛かったら空ふかしをしましょう。ブーンブーンと音がすれば特に問題がありませんが、吹きあがりが悪かったりしたらそれも要注意です。

続けて、マフラーから出る煙をチェックしましょう。煙の量が多いのも要注意ですが、それと同時に白煙や黒煙が出ているようだとエンジンに何らかの異常が起きている場合があります。

エンジンを掛けた時、タコメーター(エンジン回転数計)の針がブレているのもエンジンの調子が良くないというサインになるそうですよ。

最後にタイミングベルトの交換がされているかのチェックをしましょう。交換されていればもちろん問題はないのですが、これをディーラーなどで交換しようとすると約10万円くらいするらしいです。せっかく車を安く手に入れたのに10万円の出費は痛いですよね?

AT(オートマミッション)をチェックする

ある程度の距離数なら問題はなさそうですが、10万キロなど結構距離数がある中古車を購入する場合はチェックしたほうが良さそうです。

エンジンを掛けた状態で、ATシフトレバーをP(パーキング)からD(ドライブ)に移動させてみてください。その際に、ショックを伴った大きな音(ガコッとかゴゴッなど)が出た場合はATや駆動系に何らかの異常が起きている可能性があります。

こちらを交換しようとすると約30万円くらいかかるそうです(涙)

エアコンの効き具合と風量をチェックする

温度を一番低くしてフロント側とリア側の吹き出し口に手を当ててみて冷え具合や風量をチェックしましょう。

寒い時期など、エアコンの効き具合がよくわからない場合は、エアコンを全開にしてみましょう。タコメーター(エンジン回転数計)の針が一瞬下がってすぐ上がるかどうかを見ると良さそうですよ。一瞬下がってすぐに上がれば問題はないそうです☆

エアコンが壊れたままで販売はされないだろうなんて勝手な判断はしないでください。よっぽどないのかもしれませんが可能性はゼロとは言えないみたいです。

ヴェルファイアの場合はエアコンの修理代は特に高額になることが予想されるので、しっかりチェックしておきましょう。

パワースライドのドアの動作チェックをする

パワースライドドアの修理代も高額になりそうですよ。

チェックすべき項目
  • ドアの開閉速度
  • 最後まで閉まりきるもしくは開ききる
  • 開いている途中で閉まらないか
  • 開閉中の音
  • リモコンのスイッチで開閉が可能か

以上が、パワースライドドアのチェックで確認しておいた方がいい項目になりそうです。

足回りをチェックする

引用:公式HP

ヴェルファイアの場合、車自体が結構な重さになります。そのため、ある程度の距離を走っていると足回りはガタが来ている可能性があります。何かしらのガタが来ている場合は走行中に段差などで異音がするそうです。

ということで、足回りを確認する方法としては試乗が一番だといえます。

試乗を断るような店での購入は控えた方が良さそうです。

ナビ・オーディオのチェックをする

見ただけで大丈夫と判断するのではなく、実際に触って動作確認をしましょう。

画面が点いているといえど、他が動作しないなんてこともあり得ます。バックモニターなどの映り具合もチェックしておいた方がよさそうですよ。

保証の有無をチェックする

保証の有無も必ずチェックしましょう。いくら安くても保証がない中古車は購入を控えてくださいといっても過言ではありません。

NGな保証
  • 保証期間が短い
  • 保証となる対象箇所が少ない
  • 修理が買ったお店じゃないと出来ない

保証があっても、上記のような内容の保証がある中古車も購入は避けてください!!これらの保証はとにかく車を安く売ろうとする販売店がよくやるケースです。

OKな保証
  • 無償で修理が可能
  • 24時間365日受付可能
  • レッカーが無料
  • 全国どこでも修理が可能
  • 修理回数に制限がない

上記のような保証がある中古車は按針して購入ができると言えます。こういった保証が安全で買う人のことをしっかり考えた保障と言えるのです。

つまり、保証によってそのお店の質も分かるということです。「NGな保証」をしているところは店としても質もそんなに良くないと考えてしまってよさそうですよ。車を購入するなら「OKな保証」をしているところにしましょう。

マイ(妻)
でも、保証書ってあんまり見ないよね~

たぶん、こう思う人はいるのでは?僕もあんまり見ません。でも実は保証書ってかなり重要みたいですね。これを機に保証書見直してみた方がいいのかもしれません。

本当に10万キロ走っていても問題ないの?

上記では10万キロ走っていても、いくつかの点をチェックすれば大丈夫といいましたが、10万キロという距離数が距離数なだけにやっぱりちょっと心配という人はいるのはず・・・。

実際、一般的に走行距離が10万キロは中古車の寿命といわれています。しかし、大事なのは走行距離よりも修理の有無やその回数、修理の内容といえそうです。

また、トヨタの車は経年劣化に強く、20万キロを超えていても現役で走っているという事例が海外ではよくあるんですよ☆

マイ(妻)
トヨタは経年劣化に強いのね。さすがトヨタね
ケンタ
海外じゃ20万キロでも現役で走っている車があるんだ!?

それでも、走行距離が15万キロを超えているような車は購入をちょっと考えた方がいいのかもしれません。

中古車の走行距離判断ポイント
  • 価格よりも新しさや綺麗さを重視する・・・3~7万キロ
  • 価格の安さだけを重視する・・・8~12キロ

ちなみに、走行距離が3万キロ以下のものはほとんど市場に出回っていないみたいです。仮にそういう車があっても新車の価格とほとんど変わらない可能性があるみたいですよ。

そればらまだ新車で購入した方が良いですよね(笑)走行距離で3万キロ以下というこだわりがあるようでしたら、中古よりも新車の方が良いといえそうです。

ベルファイアのハイブリッド車について詳しく説明している記事もありますので、気になった方はヴェルファイアを買うならハイブリッド?!ガソリン車との違いは??で確認してみてください☆

スポンサードリンク

まとめ

  • ヴェルファイアは人気車だった
  • 中古車はただ安いだけじゃない
  • ヴェルファイアは10万キロは知っていても結構需要がある
  • 保証は結構重要だった

中古車は安いです。しかし、中古車を買うということはリスクが伴うということを忘れてはいけません。何も考えずに中古車を買うとトータルで新車を買うよりも損をしてしまう可能性があるのです。中古車を買う前はきちんといろいろ考えて買うことが上手な買い物といえそうですよ。

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です