ヴェルファイアをローダウン!ローダウンにも様々なやり方がある!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

最近人気のヴェルファイア。迫力があってなんといってもあのフォルムがかっこよすぎる!でももっとかっこよくする方法があるんですよ☆それは車高を落とすこと=ローダウンです!車をカスタムするならまずは、ローダウンでしょ!と言われるくらい主流になってきているんですよ☆

僕の友人がヴェルファイアを購入したらしく、ローダウンしようか悩んでいるって聞いたので僕なりにローダウンのことについて調べてみたんです★結論から行くとヴェルファイアをローダウンさせると、さらにかっこよくなることがわかりました♪

そこで、友人含めヴェルファイアをローダウンしたいと考えている人に参考になればと思い調べたことをご紹介したいと思います☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ローダウンとは?

まずは基本的なこと、ローダウンとは何か。それはずばり「車高を低くする」ということ。少し前まで車高を極限まで落とす車はシャコタンと呼ばれ、暴走族の人たちが乗っているイメージがありました。

ですが、最近では合法の範囲内で車高を下げたりして、愛車の運動性能をあげたり、よりスポーティなスタイルに改造したりする人が増えていき、ドレスアップの基本と言われるようになりました☆その人の個性が出ている車といった感じですね☆

そんなにもドレスアップの基本と言われるローダウンですが、下げることによりどういったことがあるのか詳しくご紹介していきたいと思います♪

補足

車高を下げる起源は50年代~60年代のアメリカであり、車をより地面に近いところまで下げて街中を走る「ローライダー」と呼ばれる人たちが発祥と言われています。 

車高を低くすることでのデメリット

車高を低くするデメリットとして、やはり一番は乗り心地が悪くなるということです。車高を下げることで地面と車体のクリアランスが狭くなるため、乗り心地にも影響してきます。

クリアランスが狭くなると当然、凸凹した道や舗装されていない道路などで車体の底を擦ってしまったり、段差や駐車場の出入口などの傾斜などで地面にバンパーが当たってしまい、破損したり、最悪バンパーが外れてしまうということが起こりうるんです!

なので出入口の傾斜などに侵入する際、「段切り」と言われる方法で路面への接触を避ける方法をとったりしなければなりません。

段切りとは

段差に対して車体を平行に持っていき、ゆっくりと斜めに侵入しフロントタイヤを段差に乗せる。そしてサイドステップに気を付けながらリアタイヤも段差へゆっくり乗せる。そこまでいけば段切り成功になる。とても繊細かつ慎重に行わなければならない!

ケンタ
車高が低すぎて段差があるところとか慎重に走ってる車、よく見かけるね!段切りっていう方法で切り抜けているんだね☆
友人
そうそう!低すぎると何かと段差に神経使うみたいだね(笑)
ローダウンについての注意!

車高が低すぎると、車検に通らないということがあります。最低地上高9cm以下は車検に合格しません。どこで見るかというと、車種の構造にもよりますが、マフラーサスペンションメンバーであったりすることが多いようです★

車高を低くすることのメリット

低くすることで一番のメリットは、カッコよくなること☆車高を低くすることで、タイヤとフェンダーとの隙間が無くなり、見た目がとてもカッコよくなる。また、低くすることでコーナリングなど車が曲がる時、重心が低いと車が安定するということも挙げらます。

https://www.instagram.com/p/BqryLjUFO2r/?utm_source=ig_web_copy_link

画像を見るとタイヤとフェンダーの隙間がほぼない状態。また車高が地面とすれすれになっていますね☆こういったドレスアップ方法で、同車種のノーマル車高の車と差をつけることができたり、タイヤとフェンダーの隙間などで個性を出すことができますね☆

ローダウン方法~3通りの方法~

ローダウンのメリット・デメリットはわかりましたが、そもそも車高を落とすのにはどうしたらいいのでしょうか?それは足回りを変更すると車高は落ちます。足回りといっても車の足回りにはいろんな部品が取り付けられていますので自分でやろうと思っている人は注意が必要ですよ!

ローダウン方法には3つのやり方があります。それの方法は、「ダウンサス」、「車高調」、「エアサス」の3パターンがあります☆それぞれ詳しくご紹介していきたいと思います♪

ダウンサス

ダウンサスとは、純正サスペンションのスプリングより自由長が短いスプリングのことを言います。このスプリングをを純正のショックアブソーバーに組み合わせることにより、車高が下がるのです。スプリングと取付工賃だけで済むので比較的低コストでローダウンさせることができます☆

ダウンサスのデメリット・メリットはどういったものがあるのでしょうか?

ダウンサスのデメリット
  • スプリングを交換するだけなので車高の高さ・スプリングの硬さの調節ができない
  • ダウンサスで車高を落とすと純正の時より乗り心地が硬くなる
  • ストロークの量が不足するのでショックアブソーバーの寿命が短くなる
  • ストロークの量が不足してショックアブソーバーの底つきを起こす可能性が高くなる

スプリング=ばねなので、高さ、硬さの調節はできません。また乗り心地が硬くなるということはちょっとした段差でも衝撃が純正の時よりひどいと言えますね。

ケンタ
勢いよく段差に入るとお尻が痛くなることあるよね。それが乗り心地が硬いという意味なんだね。
マイ(妻)
子供もいるから乗り心地いいほうがいいに決まってるじゃない!
ダウンサスのメリット
  • スプリングを変えるだけなので手軽に車高を下げれる
  • スプリングと交換工賃だけなので費用も安く済む
  • 乗り心地が硬くなるので人によっては快適な乗り心地

やはり一番のメリットは費用が安い!ということですね☆メーカーや車種によって異なりますがダウンサス自体の価格は20,000円~50,000円程度です。また取付工賃も整備工場やチューニングショップによりますが20,000~30,000円程度かかります。

トータルで考えても車高調・エアサスよりは費用を抑えることができるみたいですね☆ですが人によっては乗り心地がいい・悪いがあるので注意が必要ですね☆

車高調

引用先:チューニングパーツショップ”タナベ”HP

車高調というのは「車高調整式サスペンション」の略称になります。車高やサスペンション全体の硬さ(減衰力)を自分の好きなように調節することができる便利なサスペンションなんですよ☆

ダウンサスと違う所は自分の好みに合わせて、車高の高さ・硬さが選べれるという所ですね☆また車高調はドレスアップの手段としてメジャーになってきたので、各メーカーから非常にたくさんの種類が販売されているようです♪

その車高調ですが、主に「全長調整式」と「ネジ式」というものがあるそうです。どんな違いがあるのでしょうか?

車高調~全長調整式~

全長調整式、またの名を「フルタップ式車高調」と言います。スプリングの長さを変えずに車高の調整ができる車高調になります。スプリングの長さを変えないので、サスペンションの性能は落とすことなく車高の調整ができるんです☆

全長調整式車高調デメリット
  • 車高調の費用が他の車高調に比べ高価である
  • 車高調整の時にタイヤだけでなく、他にも部品を外さなければならない
  • 他の車高調よりも、頻繁にメンテナンスが必要になる

ブラケットと呼ばれる車体本体への取り付け部分を上下に動かすことで調整できるのですが、いったん部品を取り付けて再度調整しようと思ったときは、再度部品を取り外したりしなければならないので費用がかさむようです。

またほかの車高調よりも頻繁にメンテナンスをしなければならないのでさらに費用がかさみそうですね。

全長調整式車高調メリット
  • 車高を自由に調整できる
  • 車高を変更しても有効ストローク量が変化しないので、正確な調整ができる
  • 調整可能な範囲がネジ式よりも広い

全長調整式車高調はなんといってもスプリングの長さや、有効ストローク量が変わらないので乗り心地に変化が出ないということが一番です☆また車高の調整可能範囲が広いので極限まで下げることもできそうですね☆でも下げすぎはダメですよ!

車高調~ネジ式~

ネジ式、またの名を「ロワシート式車高調」と言います。全長調整式とは違い、スプリングの長さを縮めることで車高の調整をします。ロワシートと呼ばれるスプリングの下にあるパーツを上下に動かすことで車高の調整ができるんですよ☆

ネジ式車高調デメリット
  • 車高を下げれば下げるほど、有効ストローク量が減ってしまう
  • 車高を変化することで、スプリングにかかっている負荷が変化する
  • 上記のデメリットによって、細かなセッティングには向かない

スプリングの長さが変わることで有効ストローク量が減少するため、乗り心地は悪くなります。また車高を大きく下げすぎてしまうと、サスペンションの底つきを感じたり、スプリングに遊びができてしまい、最悪スプリングが働かなくなるそうです。

ネジ式車高調メリット
  • 車高を自由に調整できる
  • 全長調整式に比べて、比較的安価
  • 構成パーツが少ないので、故障の可能性が低い

全長調整式車高調に比べ構成パーツが少ないので、故障の可能性が低いのはもちろん、部品が少ないので重さが軽いこともメリットに含まれます。スポーツ走行などメインで走る車にはもってこいですね☆

エアサス

引用先:ドレスアップ・機能パーツメーカー”イデアル”

エアサスとは「エアサスペンション」を略した言葉で、空気バネのことを意味します。空気を自由に出し入れすることができるので車にかかる負担を減らし、車にも人にも優しい部品です。高級車やバスなどは標準装備されているんですよ☆

エアサスデメリット
  • 他の車高調に比べて値段が高い
  • 利便性と引き換えに、部品点数が多い
  • 空気で動かすのでコンプレッサーやスイッチを取り付けなければならない
  • エア漏れなどの心配も出てくる
  • 構造変更が必要

エアサスはローダウンするのに一番費用が掛かるんです。足回りの部品だけでなく、空気をためるタンクや、空気の圧を見るメーター、空気を集めるコンプレッサー、スイッチなどたくさんの部品を取り付けたり、車内に設置しなければなりません。

また空気を使っているのでエア漏れなど車高調にはないデメリットが多いですね。

補足
エアサスを取り付けた場合、陸運局にて足回りの構造変更の申請が必要になります。これをしないとエアサスを付けたままで車検を受けても合格できません
エアサスメリット
  • 車高調・ダウンサスでは得られない優雅な乗り心地
  • 車高を自由に調整できる
  • スイッチ一つで調整可能

エアサスの一番の魅力は、なんといってもその乗り心地でしょう☆車高調、ダウンサスに比べ衝撃もエアサス内の空気がクッションとなり直接の衝撃が少ないのでとても快適に走行できますよ☆また車高の調整が室内に取り付けたスイッチで調整できるのでとても簡単です。

例えば冬場の高速道道路でチェーン規制がある区間など、ローダウンしている車でチェーンを取り付けるとなるとフェンダーとタイヤの間の隙間が狭いためつけにくくなると思うのですが、エアサスなら車高を一旦あげてチェーンを取り付けたりできるのでとても便利です☆

ローダウンするのにかかる費用は?

ローダウンには3種類の方法があるのがわかりましたが、実際どのくらいの費用が掛かってくるのでしょうか?部品・工賃含めて調べてみました☆

ダウンサスの費用

ヴェルファイアに取り付け可能なダウンサスを調べてみると、いろいろなメーカーが出てきました。まず調べる条件は

  1. ヴェルファイア
  2. 型式 AGH30W

この条件に合うものを調べてみました☆

タナベダウンサス
  • タナベローダウンスプリング”NF210” ヴェルファイア/AGH30W(2WD)

36,000円(税込 38,880円)

フロント:25mm~30mmダウン(スプリングレート/2.8k)

リア:25mm~30mmダウン(スプリングレート/6.0k)

  • タナベローダウンスプリング”DF210”

33,000円(税込み 35,640円)

フロント: 40~45mm ダウン (スプリングレート/2.9k)

リア:40~45mm ダウン (スプリングレート/6.1k)

※メーカー希望小売価格

ヴェルファイアには2種類取り付け可能なダウンサスがありました。この違いは車高がどのくらい下がるかによって選ぶようになっています。ダウンサスでは最大45mmぐらい車高が下がるようですね☆

1円玉の直径が20mmなので1円玉を2枚並べたぐらい車高が下がるということですね☆

車高調の費用

車高調は「全長調整式車高調」と「ネジ式車高調」の2種類あるのでそれぞれの費用を出してみました☆

車高調の費用

タナベ全長調整式車高調”PRO ZT40”

138,000円(税込 149,040円)

フロント:-60~-65mmダウン(スプリングレート/6k)

リア:-65~-70mmダウン(スプリングレート/6k)

タナベネジ式車高調”PRO CR40”

99,800円(税込 107,784円)

フロント:-32~-66mm(スプリングレート/5k)

リア:-29~-71mm(スプリングレート/6k)

※ メーカ希望小売価格

やはり全長調整式車高調がネジ式車高調よりも高いですね。ですが下げ幅はネジ式のほうが気持ち多いようです。値段、下げ幅、乗り心地、どれを取るかはあなた次第です☆

エアサスの費用

最後はエアサスですね。ですが車高調・ダウンサスで調べた「タナベ」ではエアサスを扱っていないのでヴェルファイアをエアサスでローダウンする際人気だった「イデアル」というメーカーのエアサスで調べることにしました☆

エアサスの費用

イデアル”スペシャルスティムレイティブ”KIT

759,900円(税込 820,692円)

フロント、リア:0~-200mmダウン(車種によって異なります)

車高上昇、下降スピード:0.5~1秒程度(Expert機械式4~7秒程度)

めちゃめちゃ高い!全部部品だけの値段なのでこれに工賃が含まれたら・・・軽自動車ぐらい買えそう(笑)でも車好きな人はどうしてもエアサスがいい!という人もいるので、自分に合ったローダウン方法を探しましょうね♪

車名と型式が合えばいいだけではない!
ヴェルファイアとその型式が合えば部品が必ず付く!という訳ではありません☆取り付ける車の年式であったり、

2WDであったり4WDでも違いがあったりと必ず車の車検証を見て調べたり、お店の人に聞くことをおススメします☆

取付工賃はどのくらい?

いざローダウンしよう!と思ってもどこへお願いしたらいいのでしょうか?自分が車を購入した店舗やカーショップでもお願いすればしてくれるので近くのカーショップや整備工場へ足を運んでみましょう☆

オートバックスでは車高調・ダウンサスの取り付けは金額が大まかにありました。金額は20,000円~となっていたので詳しくは電話か店舗へ出向いて聞いてみましょう☆

エアサスについては、交換工賃だけでなく構造変更も必要なので別途費用が掛かります。調べてみると工賃は100,000円~120,000円程度、構造変更費用が約30,000~40,000円程度かかるようです。

補足
エアサスを交換して構造変更の申請をする際、検査した結果によって、車検を受けなおさなければいけません。記載変更という結果になれば、車検はそのままで行けるのですが構造変更になった場合は新たに車検を受けなければなりません。詳しくは取付店などへ聞いてみましょう。

ヴェルファイアをローダウンしている人の口コミ

実際ヴェルファイアをローダウンした人の口コミって気になりますよね?商品の紹介だけではいまいちピンとこないという人のために、口コミを探してみました☆

  • ダウンサスを取り付けたが、段差での突き上げがひどかったので、車高調に変えた。すると突き上げ感も収まり、乗り心地も良くなった。
  • 車高調にしたいが、値段が高くて手が出せないのでダウンサス止まり…乗り心地も車高調のほうがいいんだろうけど、我慢します(笑)
  • ダウンサスは乗り心地が悪いと聞いていたのですが、思ったほどひどくなかったので結果オーライ!
  • ヴェルファイアをローダウンしたことでより迫力が増して、カッコよくなった。
  • エアサスで極限まで車高を下げれるのでイベントで目立つことができた!

ローダウンしている人で一番多く取付しているのは車高調でした☆エアサスはやはりその値段、維持などお金の面で諦めている人が多くみられました。ダウンサスは、比較的安価でできるということで、初めてのローダウンする。という人が多くみられました☆

ですが車高調のほうが断然乗り心地がいい!という口コミが多かったので、僕もローダウンするときは車高調でしてみたいな☆またローダウンのほかにヴェルファイアをカスタムしたという車を見つけました☆気になる人はこちら↓

ヴェルファイアにリムジン仕様があった!全長がなんと7mもある?!

ケンタ
やっぱりヴェルファイアをローダウンすると、迫力も増してカッコよくなるんだよね~☆エアサスも気になるけど結構高いし、我が家の大蔵省が…
マイ(妻)
そりゃ乗り心地がいいに越したことはないけどさすがに軽自動車買える値段は我が家では無理です。
ケンタ
で、ですよね。(汗)

まとめ

  • ローダウンとは車高を落とすこと
  • 車高を落とすことで迫力が増すが、乗り心地が純正に比べて悪くなる
  • ローダウン方法は3パターンある
  • それぞれメリットもあるがデメリットもある
  • エアサスを取り付ける場合、軽自動車が買えるくらいの値段になる。
  • ヴェルファイアをローダウンしている人の中で一番人気が多いのは車高調

ヴェルファイアをローダウンすると、より迫力がでてかっこよくなるのですが、そのローダウンの方法によって下げられる幅が違ったり、乗り心地にも差が出るので自分に合ったローダウン方法を選びましょうね☆

ですが値段もなかなかお高いものもあるのでお財布とちゃんと相談しましょう(笑)また車高を下げすぎると違反になってしまうので、下げすぎには注意が必要ですよ!

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ
スポンサードリンク

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です