ヴェルファイアのサイズって?人気ミニバンとクラス別比較!!

車を買う時、自分の車を正規ディーラーや販売店に下取りに出すと100%大損します。

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。

でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。

その差は51万円!!

僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑)

僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。ほぼ100%近くです。

なぜ、そんなことが起きるかというと、市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。

その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。

例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。

だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。
まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。
査定価格がよかったらグレード上げれますからね!!
査定費用は無料で、スマホ45秒操作するだけで最高額がわかる

LLクラスミニバンの中でも人気の高いヴェルファイアですが、LLサイズは高い…大きいのは魅力的だけど運転しにくそう…コンパクトカーからの乗り換えって無謀?などなど不安もありますよね。

近年は高級感のあるLLクラスの人気は高く、ひと昔前では燃費や運転性能で不安の多かった大型ミニバンは大きく進化しています。家族が増えたり、利便性を考えると、やはりヴェルファイアはとっても魅力的!

そこで、乗りにくそう、取り回しが難しそう、女性だと運転が大変?という疑問を他の人気ミニバンと比べてみました!

スポンサードリンク

ヴェルファイアのサイズはどれくらい?

LLクラスミニバンの代表格であるヴェルファイアは、高級ミニバンの代表ともいえるトヨタの最高傑作で、兄弟といわれているアルファードとサイズはほとんど同じです。大きく違うのは見た目で、アルファードの爽やかさとは違い、ヴェルファイアはとっても「男前」です。

車両重量2トン超えの重厚感、存在感は他を圧倒するものがありますね。その大きさの分、車内はとても広く高級感のある仕様になっていて、動く応接室!と言われるくらいなんです。

マイ(妻)

そんな大きい車運転できるか不安。結構高いし、もうちょっと小さくて値段も手頃なやつってないの?

ケンタ

男にはヴェルファイアへの憧れもあるんだよ!でもまあ確かに、大きすぎて持て余してももったいないよなあ。

という訳で、我が家はワンサイズ下のヴォクシーも選択肢に入れて検討してみることにしました☆

サイズの選び方って?

そもそも、ミニバンはサイズが様々で値段も大きく違ってきますよね。街中で走っているのを見ると全部大きくて、そんなに違いがあるように見えないのですが、実際は大きく違うんです。

ミニバンのクラスは大きく分けて4クラスで、SSクラスのコンパクトミニバンからLLクラスのヴェルファイアまで様々です。

車選びのポイントは家族構成や用途はもちろん、取り回しのしやすさや駐車場に入るのかなど、サイズの問題もいっぱいあります。

代表車種のサイズは?

ヴェルファイアはLLクラスでとっても大きいのですが、数字だけでは分かりにくいのでトヨタの人気車種と比べてみましょう。

LLクラス

トヨタ ヴェルファイア

  • 車両重量㎏ 2,240
  • 全長㎜ 4,935
  • 全幅㎜ 1,850
  • 全高㎜ 1,950
  • ホイールベース㎜ 3,000
  • トレッド フロント㎜ 1,600
    リア㎜ 1,595
  • 最低地上高㎜ 165
  • 室内㎜ 長 3,210 幅 1,590 高 1,400
  • 最小回転半径㎜ 5.6
  • 7or8人乗り
Mクラス

ヴォクシー

  • 車両重量kg 1,620(‐620)
  • 全長㎜ 4,710(-225)
  • 全幅㎜ 1,735(-115)
  • 全高㎜ 1,825(-125)
  • ホイールベース㎜ 2,850(-150)
  • トレッド フロント㎜ 1,500(-10)
    リア㎜ 1,480(-115)
  • 最低地上高㎜ 160(-5)
  • 室内㎜ 長 2,930(-280) 幅 1,540(-50) 高 1,400(±0)
  • 最小回転半径㎜ 5.5(-0.1)
  • 7or8人乗り

※()内はヴェルファイアとの差

SSクラス

トヨタ シエンタ

  • 車両重量㎏ 1,380(-860)
  • 全長㎜ 4,235(-700)
  • 全幅㎜ 1,695(-155)
  • 全高㎜ 1,675(-275)
  • ホイールベース㎜ 2,750(-250)
  • トレッド フロント㎜ 1,480(-120)
    リア㎜ 1,480(-115)
  • 最低地上高㎜ 145(-20)
  • 室内㎜ 長 2,535(-675) 幅 1,470(-120) 高 1,280(-120)
  • 最小回転半径㎜ 5.2(-0.4)
  • 5or6or7人乗り

※()内はヴェルファイアとの差

Mクラスのヴォクシーでも街中で見かけると結構な迫力がありますが、ヴェルファイアのほうが一回り大きいので、その重厚感やラグジュアリーさはさすがです。

そして、SSクラスのコンパクトミニバンとして人気なシエンタは、その名の通りコンパクト!ヴェルファイアとは馬とひつじくらい違いますね。

あまりに違いすぎるので、全く違ったファミリー向けです。街乗りがメインだったり、子供がまだ小さかったりすると、SSクラスは活躍しそうですね。確かに外観の数字だけ見るとヴォクシーでも困らなそう!そして、ちょっと小さい分取り回しはしやすそうに見えます。

ヴェルファイアはただ大きいだけじゃない!

引用先:トヨタ公式HP

ヴォクシーと比べると、数字の違いはたった数十センチです。しかし、その違いは乗り心地や居住性に大きく関わっているんですよ大きい分荷物はたくさん入ります。それもLLクラスの大きな利点です。

一番大きな差は車両重量です。差が620㎏もあり、この差が乗り心地を抜群に良くしています。2トン超えの車体は安定感があり、高速道路でも安心して運転できます。車体が大きいだけで、煽られたり、無理な追い抜きをされたりすることも減るのは、特に女性には嬉しいですよね。

安心の理由は、ヴェルファイアはトヨタのToyota Safety Senseを全車標準装備しているため、夜間の見やすさやはみ出し防止などのサポートも充実していて、大きいけれど運転のしやすさもきちんと考慮されているんです!

さらに、重厚感のあるボディは静粛性も高く、防音材と遮音材がしっかり使われているため、のんびりとドライブを楽しむことができますね。また、タイヤの振動も伝わりにくく、揺れで車酔いしてしまう人もコレなら大丈夫かも。

長距離移動の時はなるべくエンジンノイズは聞きたくないですが、ヴェルファイアならきちんと遮断してくれそうです。快適な運転を意識した車なので、スポーツカーのような運転する楽しみより、安心安全に家族をサポートするファミリーカーです。

ヴェルファイアはその存在感も魅力の一つで、内装のラグジュアリーさと運転時の視点の高さは、乗る人に優越感をもたらします。最高級ミニバンの名に恥じない、最高の一台であることは間違いないですね☆

MクラスとLLクラスの差は外見だけでなく、運転する快適さも、一緒に乗る家族の快適さにも直結する大きな差です。運転アシストのオプションもあり、ひと昔前の「ただ大きい運転しにくい車」とは全く別の車に進化しています。

マイ(妻)
ドライブするならやっぱり振動が少ない方がいいよね♪
ケンタ
そうだね!ヴェルファイアって大きい車だから振動も大きいかと思ったけど、気にしなくて良さそうだね!僕の好きな曲を流して気分よく旅行を楽しみたいよ☆
スポンサードリンク

室内サイズ、装飾が別次元!

引用先:トヨタ公式HP

ヴェルファイアの魅力は外観のイケメンさだけではありません!室内の広さやラグジュアリーさは、やはりヴェルファイアの大きな魅力です。

ミニバンの醍醐味のひとつは、居住性ですよね。大人数で旅行に行っても困らない、長距離の移動でも疲れない。その大事な室内サイズを比べてみましょう。

ヴェルファイアの室内サイズ

さすがLLクラスのヴェルファイア!室内サイズは申し分ありません。長さ・幅だけでなく、高さもきっちり確保してあり、さらに乗降口も低床化されています。ヴェルファイアの乗降口の高さは350㎜で、ノンステップバスと同じくらいなんです。

フロアまでにもう一段ありますが、そのステップの幅もきちんと確保されているので、子供を抱っこしての乗り降りや、おじいちゃんやおばあちゃんとの旅行も安心で、3世代みんな安心して使える設計になっています。

引用先:トヨタ公式HP

写真でわかる通り、乗降口以外にも気配りが満載です!開口幅は780㎜もあり、荷物を持っていても楽に通れそうです。

ちなみに、780㎜ってどれくらいなのかというと、よく車の上にのせてある荷物入れの最大積載量50㎏のタイプが全幅780㎜です!なんとあれが横にスポっと通るくらい開くんです!

あまりにも開きすぎて転びそうだと思った人もご心配なく!ちゃんと長さのあるグリップまで装備されていて、雨の日でも安心して乗り降りできます。

一回り小さいサイズのヴォクシーでも自転車はかろうじて収納できるようですね。でもヴェルファイアと比べるとやっぱり狭く感じます。高さは変わらないので、乗り降りや車内移動は問題なさそうですが、長さと幅が結構違うので、荷物のスペースは変わってきそうです。

長さの違いは数字では280㎜とあまりピンときませんが、ヴォクシーの場合は三列目の座席を畳まないと入らないので、違いは歴然ですね。ママチャリでも余裕で入るのはやっぱりヴェルファイアなんです!

乗降口もヴェルファイアとヴォクシーでは広さが違う!

こちらも乗降口にはトヨタの気配りがきちんと反映されて、高さの違いは10㎜で、開口部はヴォクシーのほうが少し広いようです。普通のワンステップバスの乗降口は530㎜程度なので、どちらも乗り降りに苦労はなさそうですね。

若干太っている人でもドアに挟まれませんので(笑)、急いでいてもイライラする事なくふわふわのシートに座れます!だからといって足元には気を付けてくださいね。車高が高いのでつまずかないように☆

ケンタ

ヴォクシーもそんなに変わらないかと思っていたけど、車内サイズの違いは大きいなぁ。三世代での移動は三列使わないと難しいし、荷物も考えるとやっぱりヴェルファイアくらいサイズがあってもいいんじゃないかな?

マイ(妻)

そうねぇ。思ったよりもサイズが違ったわね。LLクラスってなんだか豪華で高いだけのイメージだったけど、これだけ中身が充実しているなら、私も運転がんばろうかしら!

スポンサードリンク

まとめ

  • ヴェルファイアは高級ミニバンの代表格
  • 走りの安定感もバッチリ
  • 運転サポート搭載で、大きいけど安心
  • 他の人気ミニバンと比べてもサイズは格別
  • 室内も超BIGで可動域もしっかりあって、三列ちゃんと使える
  • 大きいだけじゃなく、乗り降りに関してもきちんと考えられている

走っている姿だけでは感じにくいサイズ感も、比べてみるとヴェルファイアは最強でした。Mクラスと比べると、その室内サイズの大きさにはびっくりで、見た目の違いより、はるかに居住空間の快適さが格段に違うのがよく分かりました。

ヴェルファイアがあれば行動範囲は確実に広がり、移動のストレスはかなり減らすことが出来そう!そして、家族の思い出は飛躍的に増えそうです☆

ミニと言えないくらいのサイズですが、気配りの利いた高級ミニバンの名に恥じない車です。重厚感・存在感いっぱいで、走る楽しみよりもおもてなを意識した一台です。これに乗って、家族でのんびり長距離旅行に出かけましょう☆

新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!!)

正規ディーラーで勤めている友人にディープな値引きの裏情報を聞きました。バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。
↓すぐに使える裏テクニックを手に入れる(実際の値引きも公開)
>>>車の値引き「限界額」を超えるコツ

車の買い換えを考えている方、愛車の下取り価格に満足がいかない方必見です!試す価値あります(買取額50万UP)

車を買い換える時って、正規ディーラーや販売店にそのまま下取りで渡していませんか?これ、めちゃくちゃ損してます。

正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。買取金額はほぼ上がります。僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。

買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。たった1分で何十万円と金額が変わってきます。1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。

それだけ変わればオプションやグレード上げれます

やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。なんせタダですからね。 →今すぐその場で相場がわかる

自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情

自動車保険も買取査定と同じ、知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。

損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、3〜5万の節約に成功します。今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。

「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。正規ディーラーや販売店さんには、あなたが申し込んだ保険会社から少なくとも保険代の20%の成約金が入っているんです。もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。

だから成約金が自分に入らないので、自動車保険自体を安くした方が賢いです。

心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。気にせず安い保険に入るべきです。

ケンタ
アクサダイレクトはおすすめです。サービスもいいし、手厚いです。世界最大級の保険・資産運用グループなので、もし事故をしても弁護士とか強いです。ネット保険ってネットで完結するのがなんだか不安って思う方は面談可能なアクサダイレクトが安心ですね。


アクサダイレクトの無料見積もりをしてみる↓


→本当にいい保険会社を知る 自動車保険一括無料査定ははこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です